基本情報

写真a

佐藤 努

SATO Tsutomu


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.agr.niigata-u.ac.jp/~satot/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士,生物有機化学,新潟大学,課程,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部 応用生物化学科,准教授,2004年09月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2004年09月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2004年09月 ~ 継続中

  • 新潟大学 農学部 農学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Biosynthesis of Sesterterpene, Head-to-tail Triterpene, and Sesquarterpene in Bacillus clausii: Identification of Multifunctional Enzymes and Analysis of Isoprenoid Metabolites,Daijiro Ueda, Hiroaki Yamaga, Mizuki Murakami, Yusuke Totsuka, Tetsuro Shinada, and Tsutomu Sato,ChemBioChem,Vol.16,No.9, pp.1371-1377,2015年06月,英語

    DOI:10.1002/cbic.201500138,研究論文(学術雑誌),共著

  • Cyclization of Squalene from Both Termini: Identification of an Onoceroid Synthase and Enzymatic Synthesis of Ambrein,Ueda, D., Hoshino, T., Sato, T.,J. Am. Chem. Soc.,Vol.135, pp.18335-18338,2013年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Enzymatic syntheses of unnatural head-to-tail pentacyclic triterpenes by tetraprenyl-beta-curcumene cyclase,W. Okamoto, T. Sato,Tetrahedron Lett.,Vol.54, pp.6747-6750,2013年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Identification of novel sesterterpene/triterpene synthase from Bacillus clausii,T. Sato, H. Yamaga, S. Kashima, Y. Murata, T. Shinada, C. Nakano, and T. Hoshino,ChemBioChem,Vol.14,No.7, pp.822-825,2013年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Insight into the pathway for biosynthesis of sesquarterpenes in nonpathogenic Mycobacterium species: Identification of heptaprenylcycli-14E,18E-diene,Sato, T., Ono, E., Nakajima, M., Nakano, C., Hoshino, T.,Tetrahedron Lett.,Vol.53, pp.2522-2524,2012年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 龍涎香の主成分アンブレインの酵素合成,上田大次郎、星野力、佐藤努,Aroma Research,Vol.16,No.2, pp.142-143,2015年06月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 龍涎香の主成分アンブレインの酵素合成,上田大次郎、星野力、佐藤努,バイオサイエンスとインダストリー,Vol.72,No.5, pp.410-411,2014年09月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • Unique biosynthesis of sesquarterpenes (C35 terpenes),Sato, T.,日本農芸化学会,Biosci. Biotechnol. Biochem.,Vol.77,No.6, pp.1155-1159,2013年06月,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 今日の話題、ユニークなセスクアテルペン(C35テルペン)生合成経路:今までに類のない新型と二機能性テルペン環化酵素の同定,佐藤努,日本農芸化学会,化学と生物,Vol.50,No.9, pp.522-523,2012年09月,日本語

    総説・解説(その他),単著,生物有機化学

  • 味噌の優れた機能~味噌漬けで焼肉・焼魚の「コゲ」の害が減る~味噌にはマウス肝障害の抑制作用がある~,石原和夫、鈴木裕行、曽根英行、川村 堅、別所ちひろ、小林恭子、白井絵梨香、田中亜美、五十嵐由香、小林亜希、佐藤 努、星野 力,全国味噌技術会,味噌の科学と技術,Vol.57,No.2, pp.56-66,2009年02月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回酵素応用シンポジウム研究奨励賞,2015年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,天野エンザイム,佐藤 努

  • 農芸化学会奨励賞,2012年03月22日,日本国,国内外の国際的学術賞,日本農芸化学会,佐藤努

  • Bioscience, Biotechnology and Biochemistry論文賞,2002年03月24日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本農芸化学会,佐藤努,星野力

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,セスクアテルペン生合成酵素を基軸とする新規テルペノイド類創出系路の開拓

    スクアテルペン生合成酵素を基軸として新規テルペノイド類創出系路を開拓する。

  • 新学術領域研究,2013年04月 ~ 2015年03月,新規酵素群の探索を軸とするイソプレノイド分子多様性の拡充

    新規酵素群の探索を軸としてイソプレノイド分子多様性を拡充する。

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,新規C35テルペン環化酵素の発掘からゲノムマイニング及び非天然型創製への展開

    本研究では、新型(既知酵素と類似性なし)を含めた3種類のC35テルペン環化酵素の発掘を達成する。そして、類似酵素のゲノムマイニング(ゲノムから取得した酵素遺伝子の生合成による新規天然物の発見)を行うとともに、変異型酵素や基質アナログを用いて非天然型テルペノイドの創製を進める。本研究により、テルペノイド化合物ライブラリーの拡大を行い、新しい有用物質の開発等につなげることを目的とする。

  • 新学術領域研究,2011年04月 ~ 2013年03月,メタゲノム由来モジュールライブラリーを用いた非天然型ペプチドの創出

    本研究において、当該分野では新しい技術を用いて巨大なNRPS遺伝子を操作し、メタゲノム由来の膨大な数のモジュールライブラリーを用いることで、メタゲノム研究で課題となっている異宿主発現の問題を回避しつつ、今までに類がない数の多様性創出法を提案する。

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,細菌の生産するC35テルペンの新型環化酵素の発掘および生理機能・生物活性の解析

    既存のテルペンの分類に当てはめられない環状C35テルペンが、マイコバクテリアと枯草菌から2008年に続々と発見された。それらの細菌内での機能や他生物に対する活性は殆ど不明である。また、生合成酵素に関しても新規性が高く、新型が存在することが示唆された。本研究は、新型を含めたC35テルペン生合成酵素を発掘し、それを利用して新規C35テルペンの探索や生理機能・生物活性の解析を行うことを目的とする。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • A-step(探索タイプ),2015年01月 ~ 2015年12月,龍涎香主成分アンブレインの大量酵素合成法の開発

    JST

  • 財団法人農芸化学研究奨励会研究奨励金,2010年04月 ~ 2011年03月,新規C35 テルペン環化酵素の発掘からゲノムマイニング及び非天然型創出への展開

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金新学術領域研究生合成マシナリー第6回公開シンポジウム,佐藤 努,国内会議,2013年12月,新規酵素群の探索を軸とするイソプレノイド分子多様性の拡充,ポスター(一般)

  • 第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会,上田大次郎・岡本 渉・山本彩乃・遠塚悠輔・品田哲郎・仲野千秋・佐藤 努,国内会議,2013年10月,セスクアテルペン環化酵素の部位特異的変異および非天然型テルペンの創出,口頭(一般)

  • 第23回イソプレノイド研究会例会,山鹿宏彰・遠塚悠輔・品田哲郎・仲野千秋・佐藤 努,国内会議,2013年09月,Bacillus clausii由来のE型プレニル鎖伸長酵素の機能同定による非環状テルペン生合成経路,口頭(一般)

  • 第23回イソプレノイド研究会例会,上田大次郎・小野恵梨・尾崎真夢・仲野千秋・佐藤 努,国内会議,2013年09月,Mycobacterium属由来のセスクアテルペン生合成経路の解析,口頭(一般)

  • 第23回イソプレノイド研究会例会,岡本 渉・山本彩乃・上田大次郎・仲野千秋・佐藤 努,国内会議,2013年09月,セスクアテルペン生合成:テトラプレニル-β-クルクメン合成酵素の部位特異的変異およびテトラプレニル-β-クルクメン環化酵素による非天然型トリテルペンの創出,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,分子生命科学演習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,有機化学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,生物機能物質化学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎化学,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,微生物天然物化学,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>