2022/09/29 更新

写真a

ヤマザキ タケシ
山崎 剛志
YAMAZAKI Takeshi
所属
教育研究院 人文社会科学系 経済学系列 教授
経済学部 経済学科 教授
現代社会文化研究科 共生社会研究専攻 教授
経済科学部 教授
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(経済学) (Ph.D. in Economics) ( 2000年6月   ニューヨーク州立大学バッファロー校 (アメリカ合衆国) )

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 公共経済、労働経済

経歴(researchmap)

  • 新潟大学   経済学部   教授

    2014年3月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学   経済学部   准教授

    2002年4月 - 2014年2月

      詳細を見る

  • 岐阜聖徳学園大学   経済情報学部   助教授

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 共生社会研究専攻   教授

    2014年3月 - 現在

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 経済経営専攻   教授

    2014年3月 - 現在

  • 新潟大学   経済学部 経済学科   教授

    2014年3月 - 現在

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 共生社会研究専攻   准教授

    2012年4月 - 2014年2月

  • 新潟大学   現代社会文化研究科 経済経営専攻   准教授

    2012年4月 - 2014年2月

  • 新潟大学   経済学部 経済学科   准教授

    2007年4月 - 2014年2月

  • 新潟大学   経済学部 経済学科   助教授

    2002年4月 - 2007年3月

▶ 全件表示

学歴

  • ニューヨーク州立大学バッファロー校   経済学研究科   博士課程

    1995年9月 - 2000年6月

      詳細を見る

所属学協会

 

論文

  • Existence of Unique Equilibrium in Cournot Mixed Oligopoly 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    International Game Theory Review   20 ( 3 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • On the Unique Existence of Nash Equilibrium in Cournot Mixed Oligopoly with Linear Demand and Quadratic Cost Functions

    Takeshi Yamazaki

    The Journal of Economics, Niigata University   102   51 - 61   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • On the Nash Equilibrium of Asymmetric Public-Good Contests 査読

    Takeshi Yamazaki

    in Pierre von Mouche and Federico Quartieri (eds), Equilibrium Theory for Cournot Oligopolies and Related Games: Essays in Honour of Koji Okuguchi, Springer Series in Game Theory   269 - 279   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Heterogeneity and Number of Players in Rent-Seeking, Innovation, and Patent-Race Games 査読

    Noriaki Matsushima, Takeshi Yamazaki

    in Pierre von Mouche and Federico Quartieri (eds), Equilibrium Theory for Cournot Oligopolies and Related Games: Essays in Honour of Koji Okuguchi, Springer Series in Game Theory   281 - 294   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • SUFFICIENT AND NECESSARY CONDITIONS FOR EQUILIBRIUM UNIQUENESS IN AGGREGATIVE GAMES 査読

    Pierre von Mouche, Takeshi Yamazaki

    JOURNAL OF NONLINEAR AND CONVEX ANALYSIS   16 ( 2 )   353 - 364   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:YOKOHAMA PUBL  

    Sufficient and necessary conditions for an aggregative game to have a unique Nash equilibrium are identified. In particular, an improvement of a result of Gaudet and Salant (1991) for Cournot oligopolies is obtained. The results are proved by exploiting the general relation between Nash equilibria and fixed points of the (virtual) aggregate cumulative best reply correspondence.

    Web of Science

    researchmap

  • Global stability of Nash equilibrium in aggregative games 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    International Game Theory Review   16 ( 4 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Publishing Co. Pte Ltd  

    If an aggregative game satisfies the generalized Hahn conditions, then there exists a unique Nash equilibrium which may not be interior and is globally asymptotically stable under two alternative continuous adjustment processes with non-negativity constraints.

    DOI: 10.1142/S0219198914500145

    Scopus

    researchmap

  • On the Unique Existence of Nash Equilibrium in Smooth Asymmetric Contests

    Takeshi Yamazaki

    The Journal of Economics, Niigata University   95   99 - 115   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • Group-Size Effects on the Endogenous Tariff

    Takeshi Yamazaki

    The Journal of Economics, Niigata University   93   53 - 73   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • On the Existence and uniqueness of Pure-Strategy Nash Equilibrium in Rent-Seeking Games with Risk-Averse Players : A Cumulative-Best-Reply Approach

    Takeshi Yamazaki

    The Journal of Economics, Niigata University   88 ( 88 )   51 - 66   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学経済学会  

    Yamazaki (2009) proves that if each player's measure of absolute risk aversion is non-increasing in his or her wealth, then there exists a unique pure-strategy Nash equilibrium in a general rentseeking game with risk-averse players, where their attitude toward risk and production functions for lotteries can differ among players. We examine cumulative best replies of players in the game to prove the same result, while Yamazaki (2009) studies share functions of the players to prove the result.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/12631

  • The uniqueness of pure-strategy Nash equilibrium in rent-seeking games with risk-averse players 査読

    Takeshi Yamazaki

    PUBLIC CHOICE   139 ( 3-4 )   335 - 342   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    This article proves that if each player's measure of absolute risk aversion is nonincreasing in his/her wealth, then there exists a unique pure-strategy Nash equilibrium in the general rent-seeking game, where risk-averse players can coexist with risk-neutral players, attitude toward risk can differ among players, and concave production functions for lotteries are not necessarily the same among players.

    DOI: 10.1007/s11127-009-9396-0

    Web of Science

    researchmap

  • Global stability of unique Nash equilibrium in Cournot oligopoly and rent-seeking game 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    JOURNAL OF ECONOMIC DYNAMICS & CONTROL   32 ( 4 )   1204 - 1211   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    A sufficient condition is derived for the global stability of a unique interior Nash equilibrium in an aggregative game. The condition is applied to investigate the global stability of the Nash - Cournot equilibrium in Cournot oligopoly without product differentiation and that of the Nash equilibrium in rent-seeking games. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jedc.2007.05.003

    Web of Science

    researchmap

  • On the existence and uniqueness of pure-strategy nash equilibrium in asymmetric rent-seeking contests 査読

    Takeshi Yamazaki

    JOURNAL OF PUBLIC ECONOMIC THEORY   10 ( 2 )   317 - 327   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    There can be three types of heterogeneity among players in a rent-seeking contest. First, effectiveness of player's effort on the winning probabilities may differ among players. Secondly, players may evaluate the rent or prize of the rent-seeking contest differently. Thirdly, players may face different financial constraints. This article proves under standard assumptions in the literature that there exists a unique pure-strategy Nash equilibrium in a general asymmetric rent-seeking contest with these three types of heterogeneity among players.

    DOI: 10.1111/j.1467-9779.2008.00364.x

    Web of Science

    researchmap

  • 交通モード選択モデルにおける最適補助金

    山崎 剛志

    新潟大学経済論集   84 ( 84 )   85 - 104   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:新潟大学経済学会  

    道路等の交通社会資本は公共財あるいは準公共財であり,交通サービスの供給には外部性と不完全競争の問題を伴うことが良く知られている。それ故に交通サービスの供給に対しては政府あるいは公的主体の関与が正当化される。政府の財政補助(公共負担)のあり方が交通社会資本の権威に与える影響は非常に大きいが,交通サービス供給者の異質性により財政補助に歪みが生じる可能性がある。本稿は公共交通と私的交通の二つの選択枝がある交通モード選択モデルにおける実現可能な最適解を考えてみる。また,実現可能な最適解と比較することにより,政府の偏った財政補助の影響について考察する。

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10191/6630

  • Stability of equilibrium in Bertrand and Cournot duopolies 招待 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    International Game Theory Review   6 ( 3 )   381 - 390   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We analyze the global stability of the equilibria in Bertrand and Cournot duopolies. Assuming a set of sufficient conditions for the global stability of the Bertrand duopoly equilibrium, we derive additional conditions which are sufficient for the global stability of the Cournot duopoly equilibrium. We use the relationships among the first and second order partial derivatives of the ordinary and inverse demand functions in deriving our results.

    DOI: 10.1142/S0219198904000265

    Scopus

    researchmap

  • Tarriff rate as a public good 査読

    Takeshi Yamazaki

    Review of International Economics   12 ( 1 )   95 - 107   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    If domestic firms lobby for protection, the tariff rate is a public good to all domestic firms, whether they engage in lobbying or not. This paper analyzes how the endogenous tariff rate as a public good depends on the group size in two-stage lobbying models. The result depends not only on whether domestic firms lobby cooperatively or not, but also on whether domestic firms incur indirect lobbying costs or not. This paper shows that if free riding is not very serious and if the number of domestic firms is small compared to the number of foreign firms, entry of a domestic firm is likely to increase the equilibrium tariff rate. © Blackwell Publishing Ltd 2004.

    DOI: 10.1111/j.1467-9396.2004.00433.x

    Scopus

    researchmap

  • Aggregate Welfare of the Anas-Arnott Housing Model

    Takeshi Yamazaki

    Review of Economics and Information Studies, Gifu Shotoku Gakuen University   2 ( 1 )   376 - 390   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    Anas and Arnott (1991) formulate an elegant housing market model. Anas and Amott (1996) derive the utilitarian social welfare function corresponding to the Anas-Amott model (1991). They make use of this function to analyze the Anas-Amott model. This paper shows some properties of this social welfare function.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Paradoxical Results in a Lobbying Model of Protection

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    Review of Economics and Information Studies, Gifu Shotoku Gakuen University   1 ( 1 )   27 - 35   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    Okuguchi and Yamazaki (1998) generalized Long and Soubeyran's lobbying model of protection. They also constructed a simple numerical example with the linear inverse demand and cost functions to illustrate a paradoxical result in which entry of a new domestic firm leads to an increase in the domestic incumbents' profits. This paper shows that the paradoxical result occurs even if cost functions are quadratic. Numerical examples in this paper, together with the one in Okuguchi and Yamazaki (1998), indicate that the paradoxical result is more likely if the number of domestic firms is small and if the number of foreign firms is large. JEL Classification Number: D43, D72, F13, L13

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • Two-Stage Cournot Oligopolies with Industry-Wide Externalities 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    Seoul Journal of Economics   9 ( 1 )   1 - 15   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Ad valorem and Specific Taxes, and Optimal Pigouvian Tax within Cournot Oligopoly 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    Keio Economic Studies   31 ( 2 )   25 - 32   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:慶應義塾大学  

    First, we analyze the effects of a shift from specific to ad valorem taxation within Cournot oligopoly under general conditions on demand and cost functions. Second, we analyze the optimal Pigouvian tax rate for controlling emission of pollution within Cournot oligopoly also under general conditions. The second analysis is an adaptation of the analytical method adopted in the first analysis.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • General Analysis of Horizontal Merger 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    Seoul Journal of Economics   7 ( 3 )   279 - 290   1994年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Bertrand and Hierarchical Stackelberg Oligopolies with Product Differentiation 査読

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    Keio Economic Studies   31 ( 1 )   75 - 80   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:慶應義塾大学  

    A hierarchical Stackelberg model where firms' entry is sequential is formulated for price-adjusting oligopoly with product differentiation. The firms' equilibrium prices, outputs and profits are derived and compared in relationship to the order of the firms' entry into the market. These equilibrium values are also compared with those for the non-hierarchical Bertrand oligopoly where all firms' decisions are simultaneously made.

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • 不完全競争下における間接税の比較分析

    山崎 剛志

    経済と経済学、東京都立大学   74   79 - 91   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

  • クールノー複占とベルトラン複占の安定性

    山崎 剛志

    経済と経済学、東京都立大学   69   101 - 108   1991年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • Equilibrium Theory for Cournot Oligopolies and Related Games, Essays in Honour of Koji Okuguchi

    Pierre von Mouche, Federico Quartieri, Eds( 担当: 分担執筆)

    Springer  2016年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:294   担当ページ:pp. 7~13, pp. 269~279, and pp. 281~294   記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

  • Aggregative Games, Lobbying Models, and Endogenous Tariffs

    Takeshi Yamazaki( 担当: 単著)

    NUSS (Niigata University Scholars Series) Vol.13, Graduate School of Modern Society and Culture, Niigata University  2013年10月  ( ISBN:9784902140132

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    researchmap

MISC

  • On the Works of Professor Koji Okuguchi

    Takeshi Yamazaki

    in Pierre von Mouche and Federico Quartieri (eds), Equilibrium Theory for Cournot Oligopolies and Related Games: Essays in Honour of Koji Okuguchi, Springer Series in Game Theory   7 - 13   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    researchmap

講演・口頭発表等

  • Public-Good Contests with Player Identification 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    42nd Conference of the EARIE (European Association for Research in Industrial Economics)  2015年8月  European Association for Research in Industrial Economics

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Munich, Germany  

    researchmap

  • Group-Size Effects in Asymmetric Public-Good Contests 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    PET15 (2015 Conference of the Association for Public Economic Theory)  2015年7月  APET (Association for Public Economic Theory)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Luxembourg, Luxembourg  

    researchmap

  • Asymmetry between Two Players in a Dynamic Race 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    PET13 (2013 Conference of the Association for Public Economic Theory)  2013年7月  APET (Association for Public Economic Theory)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisbon, Portugal  

    researchmap

  • Asymmetry Between Two Players in a Simple Model of a Race with Uncertainty 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    50th Anniversary Conference of the Public Choice Society  2013年3月  Public Choice Society

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New Orleans, LA, USA  

    researchmap

  • Heterogeneity and Number of Firms in Rent Seeking, Innovation, and Patent Race Games 国際会議

    Noriaki Matsushima, Takeshi Yamazaki

    PET10 (2010 Conference of the Association for Public Economic Theory)  2010年6月  APET (Association for Public Economic Theory)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Istanbul, Turkey  

    researchmap

  • Global Stability of Nash Equilibrium under Generalized Hahn Conditions 国際会議

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    36th Conference of the EARIE (European Association for Research in Industrial Economics)  2009年9月  European Association for Research in Industrial Economics

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Ljubljana, Slovenia  

    researchmap

  • Group-Size Effects on Endogenous Tariff in a Lobbying Contest Model 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    35th Conference of the EARIE (European Association for Research in Industrial Economics)  2008年9月  European Association for Research in Industrial Economics

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toulouse, France  

    researchmap

  • Global Stability of Unique Nash Equilibrium in Cournot Oligopoly and Public Good Game 国際会議

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    PET08 (2008 Conference of the Association for Public Economic Theory)  2008年6月  APET (Association for Public Economic Theory)

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul, Korea  

    researchmap

  • Global Stability of Unique Nash Equilibrium in Cournot Oligopoly and Rent-Seeking Game 国際会議

    Koji Okuguchi, Takeshi Yamazaki

    34th Conference of the EARIE (European Association for Research in Industrial Economics)  2007年9月  European Association for Research in Industrial Economics

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Valencia, Spain  

    researchmap

  • Global Stability of Unique Nash Equilibrium in Cournot Oligopoly and Rent-Seeking Game 国際会議

    Koji Okuguchi, Presenter, Takeshi Yamazaki

    6th International ISDG (International Society on Dynamic Games) Workshop  2007年9月  International Society on Dynamic Games

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rabat, Morocco  

    researchmap

  • Existence, Uniqueness and Efficiency of Dynamic Housing Market Equilibrium 国際会議

    A. Anas (Pr, R. J. Arnott, T. Yamazaki

    47th Annual North American Meetings of the RSAI (Regional Science Association International)  2000年11月  Regional Science Association International

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, IL, USA  

    researchmap

  • Sweeney Equilibria with a Continuum of Quality Levels 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    46th Annual North American Meetings of the RSAI (Regional Science Association International)  1999年11月  Regional Science Association International

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal, Canada  

    researchmap

  • Two-Stage Lobbying Model of Protection 国際会議

    Koji Okuguchi, Presenter, Takeshi Yamazaki

    26th Conference of the EARIE (European Association for Research in Industrial Economics)  1999年9月  European Association for Research in Industrial Economics

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Torino, Italy  

    researchmap

  • Hotelling Model with Spatial Search 国際会議

    Takeshi Yamazaki

    44th Annual North American Meetings of the RSAI (Regional Science Association International)  1997年11月  Regional Science Association International

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Buffalo, NY, USA  

    researchmap

▶ 全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 動学的レント・シーキングの理論と応用

    2012年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • レント・シーキングと内生的関税率

    2007年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

 

担当経験のある授業科目

  • 演習II

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習I

    2022年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学特論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学演習

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 上級ミクロ経済理論

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 上級ミクロ経済学研究

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 入門ミクロ経済学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 金融論Ⅰ

    2020年
    機関名:新潟大学

  • 経済経営総合演習

    2016年
    機関名:新潟大学

  • 経済学への招待

    2014年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠA(山崎剛志)

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡA(山崎剛志)

    2014年
    -
    2016年
    機関名:新潟大学

  • インターンシップ

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡB(山崎剛志)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠB(山崎剛志)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文(山崎剛志)

    2014年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • 上級ミクロ経済学研究

    2012年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 卒業論文

    2011年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • スタディスキルズ(経済学科)

    2009年
    -
    2017年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学入門

    2009年
    -
    2015年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学Ⅱ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学Ⅰ

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡA

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅡB

    2008年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠB

    2008年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 演習ⅠA

    2008年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済理論演習

    2008年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済理論特論

    2008年
    -
    2020年
    機関名:新潟大学

  • 入門ミクロ経済学

    2008年
    -
    2019年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅱ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅲ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅲ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅱ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 上級ミクロ経済理論

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 特定研究Ⅰ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 課題研究Ⅰ

    2008年
    -
    2014年
    機関名:新潟大学

  • 演習IIB

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 演習IA

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 演習IIA

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 現代ミクロ経済理論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学基礎

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 演習IB

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学I特論

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 現代ミクロ経済理論I

    2007年
    機関名:新潟大学

  • 現代ミクロ経済理論II

    2007年
    機関名:新潟大学

  • ミクロ経済学I演習

    2007年
    機関名:新潟大学

▶ 全件表示