基本情報

写真a

山崎 和久

YAMAZAKI Kazuhisa


学系

医歯学系

系列

口腔生命科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

歯周病と全身疾患の関連についての公開講座を行っています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士,新潟大学,課程,1985年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学,准教授,1999年09月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 歯学部附属病院,助手,1985年04月 ~ 1988年09月

  • 新潟大学 歯学部附属病院,講師,1988年01月 ~ 1999年08月

  • 新潟大学 歯学部,教授,2004年04月 ~ 2010年04月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命福祉学専攻 口腔生命福祉学,教授,2010年05月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Sublingual vaccine with GroEL attenuates atherosclerosis.,Hagiwara M, Kurita-Ochiai T, Kobayashi R, Hashizume-Takizawa T, Yamazaki K, Yamamoto M,J Dent Res,Vol.93,No.4, pp.382-387,2014年04月,英語

    DOI:10.1177/0022034514523784,研究論文(学術雑誌),共著

  • Natural killer T cells mediate alveolar bone resorption and a systemic inflammatory response in response to oral infection of mice with Porphyromonas gingivalis.,Aoki-Nonaka Y, Nakajima T, Miyauchi S, Miyazawa H, Yamada H, Domon H, Tabeta K, Yamazaki K,J Periodontal Res,Vol.49,No.1, pp.69-76,2014年02月,英語

    DOI:10.1111/jre.12080,研究論文(学術雑誌),共著

  • Th2 cytokines efficiently stimulate periostin production in gingival fibroblasts but periostin does not induce an inflammatory response in gingival epithelial cells.,Nakajima Mayuka, Honda Tomoyuki, Miyauchi Sayuri, Yamazaki Kazuhisa,Arch Oral Biol,Vol.59,No.2, pp.93-101,2014年02月,英語

    DOI:10.1016/j.archoralbio.2013.10.004,研究論文(学術雑誌),共著

  • Oral pathobiont induces systemic inflammation and metabolic changes associated with alteration of gut microbiota.,Arimatsu Kei, Yamada Hitomi, Miyazawa Haruna, Minagawa Takayoshi, Nakajima Mayuka, Ryder Mark I, Gotoh Kazuyoshi, Motooka Daisuke, Nakamura Shota, Iida Tetsuya, Yamazaki Kazuhisa,Sci Rep,Vol.4, p.4828,2014年,英語

    DOI:10.1038/srep04828,研究論文(学術雑誌),共著

  • Age-related alterations in gene expression of gingival fibroblasts stimulated with Porphyromonas gingivalis.,Domon H, Tabeta K, Nakajima T, Yamazaki K,J Periodontal Res,2013年10月,英語

    DOI:10.1111/jre.12134,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 萌芽研究,2005年04月 ~ 2008年03月,歯周病原細菌の免疫監視からのエスケープ機構と慢性感染の成立

  • 基盤研究(B),2004年04月 ~ 2007年03月,歯周炎浸潤T細胞の網羅的解析による結合組織・骨組織破壊機構の解明

  • 萌芽研究,2002年04月 ~ 2004年03月,新たな歯周疾患感受性遺伝子の同定

  • 基盤研究(B),2001年04月 ~ 2004年03月,歯周疾患と動脈硬化症の関連に関する分子生物学的・免疫学的研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 慢性炎症性歯周疾患におけるNKT細胞の機能解析,2005年05月 ~ 2007年07月,キリンビール株式会社医薬カンパニー,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病マウスの作成,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,健康福祉学入門,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2016年度,歯科衛生学Ⅰ,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,臨床歯科学Ⅰ,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,臨床歯科学Ⅱ,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,障害者福祉論Ⅱ,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>