基本情報

写真a

伊藤 明子

ITO Akiko


職名

特任准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2282

研究室FAX

025-227-0783

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,免疫学,新潟大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部附属病院,助手,2003年03月 ~ 2003年09月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助教,2003年10月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 皮膚科,講師,2010年04月 ~ 2011年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 皮膚科,特任准教授,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 皮膚科,講師,2013年04月 ~ 2017年09月

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 同種皮膚移植片拒絶反応のメカニズムの解析,2004年04月 ~ 2006年03月

    皮膚、同種移植片、拒絶反応、CD4、NK細胞,免疫学,皮膚科学,国内共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 日用品および職業性接触皮膚炎の話題,伊藤 明子,日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌,Vol.1,No.1, pp.28-34,2018年01月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 診断・検査マニュアル-不変の知識と最新の情報—「接触皮膚炎」,伊藤 明子,Monthly Book Derma,Vol.286, pp.1-10,2018年,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Guide for medical professionals (i.e., dermatologists) for the management of Rhododenol-induced leukoderma,Nishigori C, Aoyama Y, Ito A, Suzuki K, Suzuki T, Tanemura A, Ito M, Katayama I, Oiso N, Kagohashi Y, Sugiura S, Fukai K, Funasaka Y, Yamashita T, Matsunaga K. ,J Dermatol,Vol.42,No.2, pp.113-128,2017年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A multi-institutional joint study of contact dermatitis related to hair colouring and perming agents in Japan,Ito A, Nishioka K, Kanto H, Yagami A, Yamada S, Sugiura M, Yasunaga C, Yoshii K, Kobayashi H, Adachi A, Ikezawa Y, Washizaki K, Inui S, Miyazawa H, Oiso N, Nakata T, Matsunaga K,Contact Dermatitis,Vol.77,No.1, pp.42-48,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • このひとのキャリアを聞きたい!「一歩高いところを目指すためにアドバイス」,伊藤明子, 岸部麻里, 高山かおる, 多田弥生, 塩原哲夫, 矢上晶子, 青山裕美, 市原麻子, 東 裕子, 松村由美, 峠岡里沙, 秀 道広,日本皮膚科学会雑誌,Vol.127,No.13, pp.2779-2784,2017年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2018 手湿疹・汗疱,伊藤 明子,医薬ジャーナル,2018年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 医師と患者のためのパッチテスト・アレルゲン解説書 パラフェニレンジアミン,伊藤 明子,秀潤社,2017年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 医師と患者のためのパッチテスト・アレルゲン解説書 カインミックス,伊藤 明子,秀潤社,2017年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • Ⅳ型アレルギー検査(パッチテスト) 伊藤明子:患者さんも知りたいアレルギーの知識 日常生活で遭遇するアレルギーとその検査法,伊藤 明子,医薬ジャーナル社,2016年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • そこが知りたい達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏技 Ready-to-useのパッチテストパネル活用法,伊藤 明子,全日本病院出版会,2016年,日本語

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 掌蹠膿疱症における一般的な検査と治療,伊藤 明子,秀潤社,Visual Dermatology,2017年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 接触皮膚炎の最新情報,伊藤 明子,マルホ皮膚科セミナー「ラジオNIKKEI」放送内容集,Vol.233, pp.15-19,2015年,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • the prize of the Best Poster Presentation,2007年10月03日,オーストラリア,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,The Austrasian College of Dermatologist,Akiko Ito,分析化学,皮膚科学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2004年04月 ~ 2007年03月,同種皮膚移植片拒絶反応のメカニズムの解明

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Australasian coolege of dermatologists biennial spring conferance in association with the in ternational contact dermatitis symposium(ICSD) and the Asia-Pacific Environmental and occupational dermatitis symposium(APEODS),Akiko Ito, Tomoko Imura, Kazumi Sasaki, Keiko Kakihara, Ayumi Mori, Masaaki Ito,国際会議,2007年09月,Australia,Allergic contact dermatitis due to di-n-octyltin oxide dimaleate and adipic polyester in vinyl chloride,ポスター(一般),分析化学,皮膚科学

  • 日本皮膚科学会,伊藤明子 伊藤雅章 ロドデノール特別委員会,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,岡山,32. ロドデノール化粧品誘発性脱色素斑のその後 二次調査結果より「経過と治療」,口頭(一般)