基本情報

写真a

山田 修司

YAMADA Syuuji


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪大学,課程,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 情報理工学専攻,准教授,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 理学部 数学科,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 数学科 情報数理科学,教授,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会,1997年04月 ~ 継続中,日本国

  • システム制御情報学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究普及委員,2005年04月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An Inner Approximation Method for Optimization over the Weakly Efficient Set with Respect to a Closed Convex Cone,K.Ando, S.Yamada, T.Tanaka, T.Tanino,京都大学数理解析研究所講究録,Vol.1755, pp.218-225,2011年08月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Dual and Bidual Problems for a Lipschitz Optimization Problem Based on Quasi-Conjugation,S.Yamada, T.Tanaka, T.Tanino,Journal of Mathematical Analysis and Applications,Vol.378,No.1, pp.198-212,2011年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Pareto-Efficient Target by Obtaining the Facets of the Efficient Frontier in DEA,S.Washio, S.Yamada, T.Tanaka, T.Tanino,Journal of Nonlinear Analysis and Optimization ,Vol.2,No.1, pp.197-207,2011年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Improvement indices keeping the feasibility in deta envelopment analysis,S.Washio, S.Yamada, T.Tanaka, T.Tanino,Journal of Nonlinear and Convex Analysis ,Vol.12,No.1, pp.29-48,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Outer Approximation Method Incorporating the Ferrari's Method for Solving a Quadratic DC Programming Problem,S.Yamada, T.Tanaka, T.Tanino,Journal of Nonlinear and Convex Analysis ,Vol.12,No.1, pp.17-27,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • DC計画法,山田 修司,日本ファジィ学会,日本ファジィ学会誌,Vol.13,No.6, p.67,2001年01月,日本語

    総説・解説(その他),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 1st International Conference of Graduate Students(ICGS2011) With Sisterhood University ,Syuuji Yamada, Tone-Yau HUANG, Tamaka Tanaka, Tetsuzo Tanino ,国際会議,2011年10月,National Changhua University of Education(Jin-De Campus) , No.1, Jin-De Road, Changhua City, Changhua County, Taiwan (R.O.C.),An outer approximation method for solving a fractional programming problem,口頭(一般),数学基礎・応用数学

  • 京都大学数理解析研究所研究集会「非線形解析学と凸解析学の研究」,山田修司, 田中環, 谷野哲三,国内会議,2011年08月,京都大学数理解析研究所,混合整数計画問題に対する最適化について,口頭(一般),数学基礎・応用数学

  • The 1st International Congress on Natural Sciences (ICNS2011) with Sisterhood Universities,Syuuji Yamada, Tamaka Tanaka, Tetsuzo Tanino ,国際会議,2011年08月,Pukyong National University(Daeyeon Campus), 599-1, Daeyeon-3dong, Namgu, Busan, Republic of Korea,An iterative solution method for a canonical dc programming problem,口頭(一般),数学基礎・応用数学

  • The seventh international conference on nonlinear analysis and convex analysis,Syuuji Yamada, Tamaka Tanaka, Tetsuzo Tanino ,国際会議,2011年08月,Pukyong National University (Daeyoen Campus), 559-1, Daeyoen-3dong, Nam-gu, Busan 608-737, Republic of KOREA ,Duality for Lipschitz optimization over the weakly efficient set based on quasi-conjugation,口頭(一般),数学基礎・応用数学

  • the 19th Triennial Conference of the International Federation of Operational Research Societies,Syuuji Yamada, Tamaka Tanaka, Tetsuzo Tanino ,国際会議,2011年07月,the new Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia ,Successive approximation algorithms for solving a canonical DC programming problem,口頭(一般),数学基礎・応用数学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,数学講究,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,プログラミング概論,2016年04月 ~ 2016年08月,専任

  • 2016年度,計算システム実習,2016年04月 ~ 2016年08月,専任

  • 2016年度,プログラミング演習,2016年04月 ~ 2016年08月,専任

  • 2016年度,最適化概論,2016年04月 ~ 2016年08月,専任

全件表示 >>