基本情報

写真a

山内 健

YAMAUCHI Takeshi


学系

自然科学系

系列

材料生産システム系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),応用生物化学,筑波大学,課程,1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,准教授,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 工学部 機能材料工学科 材料開発工学,教授,2010年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会 ,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 電気化学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高分子材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of the stimulus response of hydroxyapatite/calcium alginate composite gels,S. Obara, T. Yamauchi, and N. Tsubokawa,Polymer. Journal,Vol.42,No.1, pp.1-6,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Immobilization of flame retardant onto silica nanoparticle surface and properties of epoxy resin filled with the flame retardant-immobilized silica,T. Yamauchi, A. Yuuki, G. Wei., K. Shirai, K. Fujiki, N. Tsubokawa,J. Polym. Sci.: Part A: Polym. Chem.,Vol.47,No.6, pp.145-152,2009年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Preparation and properties of smart nano-materials from thermo-sensitive polymer grafted carbon nanotubes,T. Yamauchi, H. Sato, M. Ando, S. Obara, N. Tsubokawa,Electrochemical Society Transactions,Vol.16,No.47, pp.13-22,2009年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Preparation of antibacterial polymer-grafted silica nanoparticle and surface properties of composites filled with the silica (2),T. Kawahara, Y. Takeuchi, G. Wei, K. Shirai, T. Yamauchi, N. Tsubokawa,Polymer Journal,Vol.41,No.9, pp.744-751,2009年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Preparation and electromagnetic wave-sensitivity of poly(N-isopropylacrylamide) gels containing polymer-grafted carbon microcoils,T. Yamauchi, S. Sato, S. Obara, N. Tsubokawa, K. Kawabe, Y. Hishikawa, and S. Motojima,Network Polymer,Vol.30,No.3, pp.149-155,2009年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代バイオミメティック研究の最前線―生物多様性に学ぶ―,下村政嗣 他,シーエムシー出版,2011年09月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 未来を動かすソフトアクチュエータ,長田義仁,他 ,シーエムシー出版,2010年04月,日本語

    単行本(学術書),共著

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地域イノベーション創出総合支援事業「シーズ発掘試験」,2006年09月 ~ 2007年02月,薬剤徐放機能を付与したスマート・バイオメディカルマテリアルの開発

    独立行政法人科学技術振興機構 JSTサテライト新潟

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 導電性高分子のインテリジェント化と触覚センサの開発,2004年08月 ~ 2005年03月,(財) にいがた産業創造機構,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会第78回大会,山内 健,安藤正人,坪川紀夫,国内会議,2011年03月,横浜国立大学 横浜市,カーボンナノチューブへの熱応答性高分子のグラフト化と刺激応答特性の評価,口頭(一般)

  • International Chemical Congress of Pacific Basin Scieties 2010,T. Yamauchi, G. Endo, N. Tsubokawa,国際会議,2010年12月,Hawaii, U.S.A,Preparation of polypyrrole fibers by electro polymerization and its application to biomimetic actuator ,口頭(一般)

  • 5 th World Congress on Biomimetics, Artificial Muscles and Nano-Bio,T. yamauchi他,国際会議,2009年11月,千里中央健康センター(大阪),Preparation and evaluation of the gel with arrayed micro rods for biomimetic actuator,口頭(招待・特別)

  • 成型加工シンポジア2009,山内 健, 佐藤丈夫, 坪川 紀夫,国内会議,2009年11月,長崎市長崎大学,導電性高分子ファイバーのアクチュエータ機能評価,口頭(一般)

  • Satellite Symposium on Biomimetic Surface Engineering-Biomimetic Material Design based on Biodiversity Inventory,T. yamauchi,国際会議,2009年10月,東京,Material design using TRIZ problem solving techniques for sustainable engineering,口頭(招待・特別)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • マイクロ電極を利用した環境センサおよび医用センサの開発,未設定,未設定

  • 高分子ゲルを反応場に利用したスマート・ソフトマテリアルの開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,卒業研修,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎高分子化学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,技術英語,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,総合工学概論,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,複合材料設計,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会,北陸支部幹事,2009年04月 ~ 継続中

  • 高分子学会 ,北陸支部理事,2006年04月 ~ 2007年03月