基本情報

写真a

児玉 泰光

KODAMA Yasumitsu


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.dent.niigata-u.ac.jp/surgery2/surgery2.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 歯学博士,新潟大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,臨床研修医,2003年10月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科 顎顔面外科診療室,研究生,2004年04月 ~ 2005年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科 顎顔面外科診療室,医員,2005年04月 ~ 2005年07月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科,助教,2005年08月 ~ 2012年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 口腔外科系歯科 顎顔面口腔外科,助教,2012年11月 ~ 2014年10月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 佐渡市立両津病院,医員,2004年04月 ~ 2005年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会,1999年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口蓋裂学会,1999年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎変形症学会,2000年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔科学会,2000年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔腫瘍学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Bcl11b transcription factor plays a role in the maintenance of the ameloblast-progenitors in mouse adult maxillary incisors.,Katsuragi Y, Anraku J, Nakatomi M, Ida-Yonemochi H, Obata M, Mishima Y, Sakuraba Y, Gondo Y, Kodama Y, Nishikawa A, Takagi R, Ohshima H, Kominami R,Mech Dev,Vol.130,No.9-10, pp.22-27,2014年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Radiation-induced undifferentiated high-grade pleomorphic sarcoma (malignant fibrous histiocytoma) of the mandible: report of a case arising in the background of long-standing osteomyelitis and review of the literature,Koyama T, Kobayashi T, Maruyama S, Abe T, Swelam WM, Kodama Y, Hoshina H, Takagi R, Hayashi T, Saku T,Pathol Res Pract,Vol.210,No.12, pp.1123-1129,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evaluation of speech and morphological changes after maxillary advancement for patients with velopharyngeal insufficiency due to repaired cleft palate using a nasometer and lateral cephalogram,Kudou K, Takagi R, Kodama Y, Terao E, Asahito K, Saito I.,Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,Vol.26, pp.22-27,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Ghost cell odontogenic carcinoma arising in the background of a benign calcifying cystic odontogenic tumor of the mandible: Report of a case and review of the literature,Arashiyama T, Kodama Y, Kobayashi T, Hoshina H, Takagi R, Hayashi T, Cheng J, Saku T,Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,Vol.114,No.3, pp.e35-40,2013年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Severe destruction of the temporomandibular joint with complete resorption of the condyle associated with synovitis, acne, pustulosis, hyperostosis, and osteitis syndrome.,Kodama Y, Tanaka R, Kurokawa A, Ohnuki H, Sultana S, Hayashi T, Iizuka T, Takagi R,Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,Vol.116,No.2, pp.e128-133,2013年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,p53ノックアウトマウス人工授精凍結胚を用いた口蓋裂発生メカニズムの解析

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2013年03月,fNIRSを用いて口蓋裂言語を光脳機能学的に解析する

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2011年03月,p53ノックアウトマウスを用いた新規口唇口蓋裂感受性遺伝子の検索

  • 若手研究(B),2006年04月 ~ 2008年03月,口唇口蓋裂発生メカニズムとp53遺伝子依存性アポトーシスの先駆的研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,口腔外科学Ⅰ,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2014年度,口腔外科学Ⅰ,2014年04月 ~ 継続中,専任

  • 2008年度,早期臨床実習Ⅱ,2008年04月 ~ 継続中,専任

  • 2008年度,選択実習Ⅱ,2008年04月 ~ 継続中,専任

  • 2014年度,臨床予備実習,2005年04月 ~ 継続中,専任