基本情報

写真a

小山 諭

KOYAMA Yu


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

教授

生年

1961年

研究分野・キーワード

成人・老年看護学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2361

研究室FAX

025-227-2361

プロフィール

外科代謝栄養学,乳腺・内分泌外科学を専門にしています。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  医学部

    大学,1988年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),新潟大学,課程,1998年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部附属病院,医員,1988年04月 ~ 1999年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,助教,2004年04月 ~ 2013年05月

  • 新潟大学 医学部 医学科,助教,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 機能再建医学,准教授,2013年06月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 医学部 保健学科 看護学専攻,教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会,1988年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床外科学会,1990年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本外科学代謝栄養会,1990年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本静脈経腸栄養学会,1991年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本乳癌学会,1995年07月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会指導医

  • 甲状腺外科専門医

  • 日本乳癌学会乳腺専門医

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 乳癌外科的治療に関する研究,2000年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,総合研究

  • 侵襲下における栄養管理,2000年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,総合研究

  • 消化管におけるAquaporinに関する研究,1995年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,遺伝子科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Amplification of genomic DNA for Decoy Receptor 3 predicts post-resection disease recurrence in breast cancer patients.,1) Kanbayashi C, Koyama Y, Ichikawa H, Sakata E, Hasegawa M, Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Wakai T.,W J Oncol,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Aquaporin 8 mRNA Expression After Intestinal Resection in Rat.,2) Koyama Y, Kameyama H, Sakata J, Kobayashi T, Minagawa M, Kosugi S, Yamamoto T, Akazawa K, Wakai T.,Open J Gastroenterol ,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Non-sentinel lymph node metastasis is hard to predict by clinicopathological factors if SLN metastasis in two or fewer nodes in breast cancer.,3) Hasegawa M, Koyama Y, Sakata J, Tatsuda K, Sakata E, Chie Toshikawa C, Manba N, Ikarashi M, Wakai T.,J Curr Surg,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Is early enteral nutrition initiated within 24 hours better for the postoperative course in esophageal cancer surgery?,4) Manba N, Koyama Y, Kosugi S, Ishikawa T, Ichikawa H, Minagawa M, Kobayashi T, Wakai T.,J Clinl Med Res ,2014年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Enhanced Aquaporin8 expression after subtotal colectomy in rat.,Nakano M, Koyama Y, Nogami H, Yamamoto T, Wakai T. ,Open Journal of Gastroenterology ,2013年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 静脈経腸栄養ガイドライン第3版,小山 諭,照林社,2013年05月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • NSTハンドブック-疾患・病態別の栄養管理-,小山 諭,畠山勝義,医薬ジャーナル,2008年11月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • NST活動のための栄養療法データブック,小山 諭,畠山勝義,中山書店,2008年10月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • コメディカルのための静脈系腸栄養ハンドブック,小山 諭,南江堂,2008年03月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • キーワードでわかる臨床栄養,小山 諭,畠山勝義,羊土社,2007年07月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【在宅静脈経腸栄養 今日の進歩】 (Part-3)誤嚥性肺炎の予防対策 誤嚥性肺炎と予防対策.,小山 諭,小山 諭,臨床栄養 別冊JCNセレクト8 在宅静脈経腸栄養 今日の進歩,Vol.小山 諭,2013年08月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 経腸栄養適正化のモニタリング[SCCM/ASPEN栄養管理ガイドラインD1-6].,小山 諭,救急・集中治療 ,2012年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 栄養療法に必要な水・電解質代謝の知識】 (Part-3)病態時の栄養管理と水・電解質管理 回腸瘻患者の栄養管理と水・電解質管理の基本的考え方.,小山 諭,臨床栄養 別冊JCNセレクト6 栄養療法に必要な水・電解質代謝の知識,2011年10月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 【EBN Evidence-Based Nutrition エビデンスにもとづく栄養ケア】 (Part-1)ガイドラインの活用法 ESPENガイドラインの概要 静脈栄養.,小山 諭,臨床栄養 別冊JCNセレクト5 EBN エビデンスにもとづく栄養ケア.,2011年07月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • エネルギー源としての脂肪乳剤投与 最近の知見と本邦の現状.,小山 諭,Intensivist,2011年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 萌芽研究,2002年04月 ~ 2005年03月,ビタミンD受容体の遺伝子多型と胃切除後骨障害に関する臨床研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,セルフケア・リハビリテーション看護演習,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,臨床薬理学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,フィジカルアセスメント,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,スタディスキルズ (看護),2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,医療英語(看護),2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学代謝栄養会,評議員,編集委員,国際委員,総務/規約委員員、教育委員,2005年07月 ~ 継続中

  • 日本静脈経腸栄養学会,専門医,評議員,ガイドライン長委員,編集委員,実験研究ワーキング委員, NutritionDay参加委員,2004年02月 ~ 継続中