基本情報

写真a

井上 佳世子

INOUE Kayoko (NOZAWA-INOUE Kayoko)


学系

医歯学系

系列

歯学系列

職名

特任准教授

研究室住所

高度口腔機能教育研究センター

研究分野・キーワード

口腔解剖学,組織学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-0557

研究室FAX

025-227-0996

ホームページ

http://www.caos-niigata-univ.net/

特記事項

Nozawa-Inoue Kayoko

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),形態系基礎歯科学,新潟大学,課程,1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,助手,1998年04月 ~ 2001年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学,助手,2001年04月 ~ 2006年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学,准教授,2006年04月 ~ 2008年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,特任准教授,2009年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 新潟歯学会,1994年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎関節学会,1994年07月 ~ 2011年11月,日本国

  • 日本口腔外科学会,1995年06月 ~ 2005年12月,日本国

  • 歯科基礎医学会,1996年05月 ~ 2020年03月,日本国

  • 国際歯科研究学会,1998年04月 ~ 2019年12月,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態系基礎歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 顎関節滑膜の発生学的・形態学的研究,1998年04月 ~ 継続中

    顎関節,形態系基礎歯科学,個人研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • Differential response properties of peripherally and cortically evoked swallows by electrical stimulation in anesthetized rats.,Tsujimura T, Tsuji K, Magara J, Sakai S, Suzuki T, Nakamura Y, Nozawa-Inoue K, Inoue M.,Brain Research Bulletin,Vol.122, pp.12-18,2016年04月,英語

    DOI:10.1016/j.brainresbull.2016.02.015.,研究論文(学術雑誌),共著

  • Contribution of synovial lining cells to synovial vascularization of the rat temporomandibular joint.,Nozawa-Inoue K, Harada F, Magara J, Ohazama A, Maeda T,Journal of Anatomy,Vol.228,No.3, pp.520-529,2016年03月,英語

    DOI:10.1111/joa.12426 ,研究論文(学術雑誌),共著

  • Excess NF-kB induces ectopic odontogenesis in embryonic incisor epithelium.,Blackburn J, Kawasaki K, Porntaveetus T, Kawasaki M, Otsuka-Tanaka Y, Miake Y, Ota MS, Watanabe M, Hishinuma M, Nomoto T, Oommen S, Ghafoor S, Harada F, Nozawa-Inoue K, Maeda T, Peterková R, Lesot H, Inoue J, Akiyama T, Schmidt-Ullrich R, Liu B, Hu Y, Page A, Ramírez Á, Sharpe PT, Ohazama A,Journal of Dental Research,Vol.94,No.1, pp.121-128,2015年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A histological study of deformation of the mandibular condyle caused by distraction in a rat model.,Sakagami N, Kobayashi T, Nozawa-Inoue K, Oda K, Kojima T, Maeda T, Saito C,Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology,Vol.118,No.3, pp.284-294,2014年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Zoledronic acid impairs re-epithelialization through down-regulation of integrin αvβ6 and transforming growth factor beta signalling in a three-dimensional in vitro wound healing model.,Saito T, Izumi K, Shiomi A, Uenoyama A, Ohnuki H, Kato H, Terada M, Nozawa-Inoue K, Kawano Y, Takagi R, Maeda T,International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,Vol.43,No.3, pp.373-380,2014年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士書き込み式学習ノート①専門基礎科目編 I編1章解剖学,井上佳世子,他,医歯薬出版社,2018年01月,日本語

    教科書,共著

  • 口腔組織・発生学 第2版 第8章 III.顎関節の発生.,野澤-井上佳世子,前田健康,医歯薬出版,2015年02月,日本語

    教科書,共著

  • ネッタ-頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス(原著第2版改訂) 9章 顎関節,井上佳世子(前田健康監訳),医歯薬出版,2014年04月,日本語

    単行本(学術書),共訳

  • 口腔組織発生学 第8章 3.顎関節の発生,野澤-井上佳世子,前田健康(脇田 稔,前田健康,中村浩彰,網塚憲生編),医歯薬出版,2014年,日本語

    教科書,分担執筆

  • ネッター 頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス 9章 顎関節,井上佳世子(前田健康監訳),医歯薬出版,2012年02月,日本語

    単行本(学術書),共訳

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Synovial lining cells in the temporomandibular joint.,Nozawa-Inoue K,Japanese Association for Oral Biology,J. Oral Biosci.,Vol.48,No.3, pp.198-209,2006年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),研究計画の立案遂行,論文執筆,単著

  • Ultrastructural images of enamel tufts in human permanent teeth.,Amizuka, N., Uchida, T., Nozawa-Inoue, K., Kawano, Y., Suzuki, A., Li, M., Nasu, M., Kojima, T., Sakagami, N., Ozawa, H. and Maeda, T.,Japanese Association for Oral Biology,J. Oral Biosci.,Vol.47,No.1, pp.33-41,2005年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共同研究につき抽出不可能,共著

  • Synovial type B cells in the temporomandibular joint.,Nozawa-Inoue, K., Ikeda, N., Suzuki, A., Amizuka, N. and Maeda, T.,Japanese Association for Oral Biology,J. Oral Biosci.,Vol.46,No.6, pp.519-522,2004年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),研究計画の立案遂行,論文執筆,共著

  • ラット顎関節におけるエストロゲン受容体αの局在,野澤井上佳世子,網塚憲生,前田健康,山田一穂,小澤英浩,メディカルレビュー社,The Bone,Vol.18,No.3, pp.251-255,2004年12月,日本語

    総説・解説(商業誌),共同研究につき抽出不可能,共著

  • 骨代謝回転に応じた骨基質の微細構造変化と骨原性細胞の分化.,網塚憲生,下村淳子,李 敏啓,那須真樹子,坂上直子,野澤-井上佳世子,前田健康,ライフサイエンス出版,日本骨粗鬆症学会雑誌,Vol.12,No.4, pp.14-18,2004年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共同研究につき抽出不可能,共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 歯科基礎医学会優秀ポスター発表賞,2006年09月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,歯科基礎医学会,鈴木晶子,野澤-井上佳世子,河野芳朗,前田健康,形態系基礎歯科学

  • 歯科基礎医学会賞,2005年09月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,歯科基礎医学会,井上佳世子,形態系基礎歯科学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2017年03月,ヒト顎関節オルガノイド作製への挑戦.

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,顎関節滑膜表層細胞におけるデスミン陽性B型細胞の血管新生への関与

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,顎関節滑膜における線維芽細胞様B型細胞の分類確立~筋特異的分子に着目して~

  • 若手研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,顎関節滑膜表層細胞におけるカベオラの存在意義

    顎関節滑膜表層細胞のうち,B型細胞にはその細胞膜に多数のカベオラが存在する.これまでB型細胞は分泌機能をもつ特殊な線維芽細胞とみなされてきたが,その他にも受容器としてあるいはバリアーとしての役割を持つ可能性が考えられ,そのシグナル伝達の場としてのカベオラに着目し,形態学的,分子生物学的にその存在意義を検索する.

  • 若手研究(B),2004年04月 ~ 2006年03月,顎関節滑膜表層細胞におけるp38ストレス応答経路

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,組織学総論,2020年10月 ~ 2021年03月,専任

  • 2020年度,人体発生学,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

  • 2020年度,組織学各論,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

  • 2020年度,口腔組織発生学,2020年04月 ~ 2020年09月,専任

  • 2019年度,人体発生学,2019年04月 ~ 2019年09月,専任

全件表示 >>