基本情報

写真a

井上 誠

INOUE Makoto


学系

医歯学系

系列

口腔生命科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),新潟大学,課程,1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻,准教授,2006年10月 ~ 2008年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 摂食環境制御学,教授,2008年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 歯学部 歯学科,教授,2008年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 英国レスター大学,大学等非常勤研究員,1999年12月 ~ 2001年11月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 新潟歯学会,1994年01月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,1995年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生理学会,1997年01月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究会,1998年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本顎口腔機能学会,1999年07月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 顎口腔機能学

  • 社会系歯学

  • 機能系基礎歯科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 嚥下機能解明のための食品学的アプローチ,2007年12月 ~ 継続中

    嚥下,機能系基礎歯科学,未設定,JST地域イノベーション創出総合支援事業

  • 嚥下障害評価方法の確立にむけた総合研究,2007年04月 ~ 継続中

    嚥下障害,社会系歯学,未設定,共同研究

  • 咀嚼・嚥下機能に関わる顎運動ならびに筋電図学的研究,1995年04月 ~ 継続中

    筋電図,機能系基礎歯科学,未設定,科学研究費補助金

  • 摂食嚥下機能に関わる神経生理学的研究,1995年04月 ~ 継続中

    嚥下,機能系基礎歯科学,国際共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • How do tablet properties influence swallowing behaviours?,Yamamoto Shinya, Taniguchi Hiroshige, Hayashi Hirokazu, Hori Kazuhiro, Tsujimura Takanori, Nakamura Yuki, Sato Hideaki, Inoue Makoto,J Pharm Pharmacol,Vol.66,No.1, pp.32-39,2014年01月,英語

    DOI:10.1111/jphp.12155,研究論文(学術雑誌),共著

  • Tongue pressure modulation for initial gel consistency in a different oral strategy.,Yokoyama Sumiko, Hori Kazuhiro, Tamine Ken-ichi, Fujiwara Shigehiro, Inoue Makoto, Maeda Yoshinobu, Funami Takahiro, Ishihara Sayaka, Ono Takahiro,PLoS One,Vol.9,No.3, p.e91920,2014年,英語

    DOI:10.1371/journal.pone.0091920, ,研究論文(学術雑誌),共著

  • Role of tongue pressure production in oropharyngeal swallow biomechanics.,Hori Kazuhiro, Taniguchi Hiroshige, Hayashi Hirokazu, Magara Jin, Minagi Yoshitomo, Li Qiang, Ono Takahiro, Inoue Makoto,Physiol Rep,Vol.1,No.6, p.e00167,2013年11月,英語

    DOI:10.1002/phy2.167,研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of pharyngeal water stimulation on swallowing behaviors in healthy humans.,Nakamura Yuki, Hatakeyama Aya, Kitada Yasuyuki, Tsujimura Takanori, Taniguchi Hiroshige, Inoue Makoto,Exp Brain Res,Vol.230,No.2, pp.197-205,2013年10月,英語

    DOI:10.1007/s00221-013-3641-y,研究論文(学術雑誌),共著

  • One step polymerizing technique for fabricating a hollow obturator.,Hori Kazuhiro, Miyamoto Tetsuo, Ono Takahiro, Yamamoto Masaaki, Shiroshita Naoko, Maeda Yoshinobu, Inoue Makoto,J Prosthodont Res,Vol.57,No.4, pp.294-297,2013年10月,英語

    DOI:10.1016/j.jpor.2013.08.003,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 咀嚼・嚥下機能の検査法(共著),井上 誠,有限会社 八木出版,2007年03月,日本語

    単行本(学術書),共著,機能系基礎歯科学

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科ブックレット新潟大学編集委員会編.ブックレット新潟大学「食べる」介護編(共著),井上 誠,新潟日報事業社,2006年09月,日本語

    単行本(一般書),共著,社会系歯学

  • これからの非常食・災害食に求められるもの(共著),井上 誠,株式会社 光琳,2006年06月,日本語

    単行本(一般書),共著,社会系歯学

  • よくわかる顎口腔機能(共著),井上 誠,医歯薬出版株式会社,2005年07月,日本語

    単行本(学術書),共著,機能系基礎歯科学

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科ブックレット新潟大学編集委員会編,ブックレット新潟大学 続「食べる」―食べるの科学―(共著),井上 誠,新潟日報事業社,2003年10月,日本語

    単行本(一般書),共著,社会系歯学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品工業展アカデミックプラザ賞,2008年05月,日本国,その他の賞,日本食品機械工業会,井上 誠,リハビリテーション科学・福祉工学,機能系基礎歯科学

  • 第3回日本顎口腔機能学会奨励賞,2002年07月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本顎口腔機能学会,井上 誠,機能系基礎歯科学

  • 第13回歯科基礎医学会賞,2000年09月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,歯科基礎医学会,井上 誠,機能系基礎歯科学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,咀嚼中枢と嚥下中枢の機能的相互作用の解明

    摂食嚥下機能に関わる神経筋活動の記録ならびに食品物性などの条件がこれらの活動に与える影響を調べる.

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2007年03月,咀嚼・嚥下機能に関わる脳幹内介在神経の局在とその機能的役割に関する研究

  • 基盤研究(C),2002年04月 ~ 2005年03月,三叉神経運動核周囲核の咀嚼運動時における機能的役割の解明に関する研究

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 末梢刺激による嚥下機能促通効果がもつ臨床効果を目指した研究,未設定,未設定

  • 高齢者食品・嚥下機能食品の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,「食べる」,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,統合科目Ⅱ,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2017年度,統合科目Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,高齢者・障害者歯科学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,口腔機能管理学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • FD委員,2007年04月 ~ 継続中

  • 学務委員,2007年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会,評議員,2006年01月 ~ 継続中

  • 日本顎口腔機能学会,評議員,2004年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • これからの災害食・非常食のために,2007年09月

  • 新潟摂食・嚥下リハビリテーション懇話会,2006年01月 ~ 継続中