基本情報

写真a

小澤 鉄太郎

OZAWA Tetsutaro


職名

特任教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助手,2004年05月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助教,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 神経内科,講師,2009年04月 ~ 2014年11月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻,講師,2009年04月 ~ 2014年11月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,講師,2009年04月 ~ 2014年11月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本自律神経学会,1992年07月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経学会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経病理学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際パーキンソン病・運動障害疾患学会,2002年05月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 第4回新潟医師臨床研修指導医講習会,2007年09月

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多系統萎縮症の臨床および分子病態の研究,2002年05月 ~ 継続中

    多系統萎縮症,パーキンソン症候群,小脳失調,自律神経障害,分子病態,臨床病理学的相関,神経内科学,国際共同研究,国際研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Minimal change multiple system atrophy: An aggressive variant?,Ling H, Asi YT, Petrovic IN, Ahmed Z, Prashanth LK, Hazrati LN, Nishizawa M, Ozawa T, Lang A, Lees AJ, Revesz T, Holton JL.,Movement Disorders,Vol.30,No.7, pp.960-967,2015年04月,英語

    DOI:10.1002/mds.26220,研究論文(学術雑誌),共著

  • Safety of unsedated PEG placement using transoral ultrathin endoscopy in patients with amyotrophic lateral sclerosis,Sato Y, Goshi S, Kawauchi Y, Nishigaki Y, Mizuno KI, Hashimoto S, Takeuchi M, Kobayashi M, Ozawa T, Nishizawa M, Aoyagi Y.,Nutritional Neuroscience,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The circulating level of leptin and blood pressure in patients with multiple system atrophy,Ozawa T, Tokunaga J, Arakawa M, Ishikawa A, Takeuchi R, Yokoseki A, Sone H, Nishizawa M.,Journal of the Neurological Sciences,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Reversible hemichorea caused by hydrocephalus with right sylvian hematoma following subarachnoid hemorrhage,Takado Y, Ozawa T, Nishimak K, Maruya J, Ishiguro H, Nishizawa M, Minakawa N,Journal of Neurology and Translational Neuroscience,2013年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,神経内科学

  • Patient with insidious hypoactive delirium associated with pregabalin,Naomi Mezaki, Tomohiko Ishihara, Tetsutaro Ozawa, Ryoko Takeuchi, Osamu Onodera, Takayoshi Shimohata, Masatoyo Nishizawa,Neurology and Clinical Neuroscience (Online Early View),2013年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,神経内科学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針 私はこう治療している 2018版,小澤鉄太郎,医学書院,2018年01月,日本語

    単行本(学術書),自律神経障害(多系統萎縮症を含む),分担執筆

  • 自律神経機能検査 第5版(日本自律神経学会編),小澤鉄太郎,文光堂,2015年10月,日本語

    単行本(学術書),消化管ホルモン,分担執筆

  • アクチュアル脳・神経疾患の臨床 小脳と運動失調:小脳はなにをしているか,小澤鉄太郎,中山書店,2013年03月,日本語

    単行本(学術書),MSA-CとMSA-Pをめぐって,分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Multiple system atrophy: clinicopathological characteristics in Japanese patients,Tetsutaro Ozawa and Osamu Onodera,日本学士院,Proceedings of the Japan Academy Ser B. ,Vol.93, pp.251-258,2017年05月,英語

    DOI:10.2183/pjab.93.016,総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • Laryngeal stridor in multiple system atrophy: clinicopathological features and causal hypotheses,Tetsutaro Ozawa, Kanako Sekiya, Naotaka Aizawa, Kenshi Terajima, Masatoyo Nishizawa,Elsevier,Journal of the Neurological Sciences,Vol.361 , pp.243-249,2016年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,神経内科学

  • The COQ2 mutations in Japanese multiple system atrophy: Impact on the pathogenesis and phenotypic variation,Tetsutaro Ozawa,Wily,Movement Disorders,Vol.29,No.2, p.184,2014年02月,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著,神経内科学,人類遺伝学,実験病理学

  • 多系統萎縮症:中枢から末梢まで,小澤鉄太郎、竹内亮子、西澤正豊,中外医学社,Clinical Neuroscience,Vol.32,No.12, pp.1407-1410,2014年01月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • Difference in MSA phenotype distribution between populations: genetics or environment?,Ozawa T, Revesz T, Paviour D, Lees AJ, Quinn N, Tada M, Kakita A, Onodera O, Wakabayashi K, Takahashi H, Nishizawa M, Holton JL.,Journal of Parkinson's Disease ,Vol.2,No.1, pp.7-18,2012年03月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著,神経内科学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Dedication and Service as EDITORIAL BOARD MEMBER (International Parkinson and Movement Disorder Society),2012年06月,アメリカ合衆国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,International Parkinson and Movement Disorder Society,Tetsutato Ozawa

  • Kurt Jellinger Prize 2007,2007年09月,ドイツ連邦共和国,国内外の国際的学術賞,ドイツ神経病理・神経解剖学会,Tetsutaro Ozawa,神経内科学

  • 平成17年度有壬記念学術奨励賞(臨床・予防医学部門),2005年04月,日本国,その他の賞,新潟大学医学部学士会,小澤鉄太郎,神経内科学

  • The Best Poster Prize at the 106th Meeting of the British Neuropathological Society,2005年01月,グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国),国際学会・会議・シンポジウム等の賞,英国神経病理学会,Tetsutaro Ozawa,神経内科学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,シヌクレイノパチー患者における腸内細菌バイオマーカーの解析

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 継続中,シヌクレイノパチーにおける消化管病理のスペクトラム:中枢病変との相関を解析

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,消化管神経変性の病態解明:環境に近接する神経系へのアプローチ

  • 基盤研究(C),2007年10月 ~ 2009年03月,多系統萎縮症の病理学的強調部位を決定する分子遺伝学的要因の検討

    MSA剖検脳における病変の半定量的評価を既報(Ozawa T, et al. Brain 2004;127:2657-2671)に準じて行い,それら剖検脳より抽出したゲノムDNAにおいて,トリプレットリピート病の原因遺伝子を網羅的に検索し,閾値の境界領域あるいは正常範囲で比較的長いトリプレットリピートが,MSAの病理学的サブグループの決定に寄与するかを検討する.

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ネスレ栄養科学会議研究助成,2012年04月 ~ 2013年03月,高齢者の「食の細さ」に関与する消化管神経と腸—脳軸機能の変化を解析する

    民間財団等

  • 加藤記念難病研究助成基金,2010年07月 ~ 2011年06月,腸内細菌に近接する神経組織における異常蛋白蓄積メカニズムの解明:神経難病への新たなアプローチ

    民間財団等

  • 財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団,2008年04月 ~ 2009年03月,高齢臥床患者の消化管における神経変性:その機能障害と分子病態の解明

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第56回日本神経学会学術大会,Tetsutaro Ozawa,国内会議,2015年05月,Difference in MSA phenotype distribution across populations,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 17th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,Tetsutaro Ozawa,国際会議,2013年06月,シドニー・オーストラリア,Challenges in the antemortem diagnosis of multiple system atrophy,口頭(招待・特別),神経内科学

  • The 52nd Annual Meeting of the German Society of Neuropathology and Neuroanatomy,Tetsutaro Ozawa,国際会議,2007年09月,ドイツ,Multiple system atrophy: overview of the phenotype spectrum,口頭(招待・特別)

  • 8th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience,Tetsuraro Ozawa, Jun Tokunaga, Musashi Arakawa, Atsushi Ishikawa, Ryoko Takeuchi, Akio Yokoseki, Masatoyo Nishizawa,国際会議,2013年08月,ドイツ,Abnormal ghrelin secretion contributes to gastrointestinal symptoms in multiple system atrophy patients,ポスター(一般)

  • 20th World Congress of the International Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies,Naotaka Aizawa, Akio Tsuchiya, Sugata Takahashi, Hideaki Nakayama,Takayoshi Shimohata, Tetsutaro Ozawa, Masatoyo Nishizawa,国際会議,2013年06月,ソウル・韓国,Two cases of multiple system atrophy with floppy epiglottis,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,神経内科学,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2014年度,神経内科学,2014年10月 ~ 2015年02月,専任

  • 2013年度,神経内科学,2013年10月 ~ 2014年02月,専任

  • 2012年度,神経内科学,2012年10月 ~ 2013年02月,専任

  • 2011年度,神経内科学,2011年10月 ~ 2012年03月,専任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会指導医,2009年04月 ~ 継続中

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際パーキンソン病・運動障害疾患学会,学会誌Movement Disorders編集委員,2010年01月 ~ 2012年12月

  • 日本自律神経学会,評議員,2014年10月 ~ 継続中

  • 日本神経学会,専門医認定委員,2017年01月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 英文誌Acta Neuropathologica (Springer)編集委員,2008年01月 ~ 2010年12月

  • 英文誌Movement Disorders (Wiley) 編集委員,2010年01月 ~ 2012年12月

  • 平成26年度難病患者地域支援対策推進事業 難病医療講演会,2014年07月