基本情報

写真a

松岡 史郎

MATSUOKA Shiro


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

スペシエーション法をはじめとして超微量無機成分分析法の開発を行っており、それに付随して目的成分の分離・濃縮法の研究も行っています。産学で連携して行えるテーマがあれば、積極的に参加したいと考えております。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  理学部  化学科

    大学,1988年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),分析化学,九州大学,論文,1998年02月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科,准教授,2004年04月 ~ 2012年03月

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科,教授,2012年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学教養部化学教室,助手,1989年04月 ~ 1994年03月

  • 九州大学大学院理学研究科,助手,1994年04月 ~ 1999年03月

  • 九州大学大学教育研究センター,助手,1999年04月 ~ 2003年03月

  • 米国ユタ大学医学部麻酔科(VAメディカルセンター),研究員,2001年04月 ~ 2002年03月

  • 九州大学高等教育総合開発研究センター,助手,2003年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会,1989年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分析化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高感度な現場分析法開発,2010年04月 ~ 継続中

    ,国内共同研究,(選択しない)

  • 磯焼けの原因究明に関する研究,2004年04月 ~ 継続中

    磯焼け 鉄 状態分析,分析化学,環境動態解析,国内共同研究,基礎科学研究

  • 天然水中に存在する超微量金属元素のスペシエーション,1990年04月 ~ 継続中

    スペシエーション, 天然水, 金属イオン, 酸化状態,分析化学,国内共同研究,基礎科学研究

  • 固相流れ分析法の開発と超微量成分分析への応用,1989年04月 ~ 継続中

    固相流れ分析法, 超微量金属イオン, 天然水,分析化学,国内共同研究,基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Speciation of dissolved chromium and the mechanisms controlling its concentration in natural water,Sulistyo Saputro, Kazuhisa Yoshimura, Shiro Matsuoka, Kô Takehara, Narsitod, Jun Aizawa, Yoshika Tennichi ,Chemical Geology,Vol.365, pp.33-41,2014年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Solid-phase Spectrophotometry for On-site Analysis of Trace Elements in Natural Water,Sarenqiqige, Sulistyo SAPUTRO, Satsuki KAI, Makoto SATODA, Shiro MATSUOKA and Kazuhisa YOSHIMURA,ANALYTICAL SCIENCES,Vol.29,No.6, pp.677-680,2013年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Mineralogical and geomicrobial examination of soil contamination by radioactive Cs due to 2011 Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident,Junji Akai, Nao Nomura, Shin Matsushita, Hisaaki Kudo, Haruo Fukuhara, Shiro Matsuoka, Jinko Matsumoto,Physics and Chemistry of the Earth,Vol.58-60, pp.57-67,2013年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Development and Validation of a Sensitive and Fast Solid-phase Spectrophotometric Procedure for Phenol Determination in Pharmaceuticals,Jadranka Vuković, Shiro Matsuoka, Kazuhisa Yoshimura, Renata Jurišić Grubešić, Dario Kremer, Nataša Šantić,Analytical Sciences ,Vol.28,No.4, pp.397-402,2012年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Selective Determination of Trace Iron in Different Oxidation States in Natural Water by Flow Injection–Solid Phase Spectrometry,S. MATSUOKA, Y. TENNICHI, T. ITO, K. HORI, and K. YOSHIMURA,Analytical Sciences,Vol.28,No.3, pp.225-230,2012年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 製品中に含まれる (超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ,松岡史郎, Sarenqiqige, 吉村和久,株式会社 技術情報協会,2014年02月,日本語

    単行本(学術書),第1章第7節 固相分光法による超微量成分分析 -水中の溶存微量成分の簡易高感度分析法、溶存クロムなどの分析事例,共著

  • Chlorine: Properties, Applications and Health Effects, Chapter 8: "Analytical methods of chlorine and the substances produced by the chlorine treatments",S. Saputro, K. Yoshimura, K. Takehara, S. Matsuoka, Narsito (Roger Mangione and Dana Carlile (Eds.)),Nova Science Publishers Inc.,2011年10月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 分析化学便覧(改訂第6版),日本分析化学会編,丸善出版,2011年09月,日本語

    事典・辞書,吸光光度法(8.4.3 項),イオン交換(8.7.1),共著

  • Handbook of Inorganic Chemistry Research, Chapter 8: "Complexation of Boric Acid with Polyhydroxy Compounds and its Relevance to Practical Aspects ",K. Yoshimura, Y. Miyazaki, S. Matsuoka, K. Takehara, T. Fujimori (Desiree A. Morrison (Ed.)),Nova Science Pub Inc,,2010年09月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 理系のための基礎化学,増田芳男・澤田 清 編著 増田芳男・徳江郁雄・島倉紀之・工藤久昭・佐藤敬一・丸山健二・湯川靖彦・松岡史郎・澤田 清・後藤真一 執筆,化学同人,2006年04月,日本語

    単行本(学術書),6・1節,6.2節,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ホウ酸-アゾメチンH 錯生成系の化学とホウ酸の電気化学的定量への応用,竹原 公,宮崎 義信,藤森 崇夫,松岡 史郎,吉村 和久,九州大学中央分析センター,九州大学中央分析センター報告,No.30, pp.10-20,2012年12月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 固相分光法とその微量溶存成分のスペシエーション分析への応用,松岡史郎,Sarenqiqige,吉村和久,日本分析化学会,ぶんせき,Vol.444,No.12, pp.713-719,2011年12月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 化学発光を用いたCrの酸化状態別分析法,松岡史郎,日本分析化学会,ぶんせき,Vol.369,No.12, p.671,2007年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 天然水中に存在する微量元素のスペシエーション--無機イオンの酸化状態別定量法を中心に,松岡史郎 吉村和久,日本分析化学会,ぶんせき,Vol.2, pp.87-93,2007年02月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • 11B NMRによるホウ素選択性高分子の機能性に関する研究,吉村和久・邵 超英・松岡史郎・宮崎義信・坂下寛文,九州大学中央分析センター,九州大学中央分析センター報告,Vol.20, pp.2-11,2002年12月,日本語

    総説・解説(その他),共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,ホウ素の分析方法,吉村和久, 竹原 公, 秋本 裕, 松岡史郎, 宮崎義信, 川嶋建史

    出願番号( 特願2007-330664,2007年10月21日 ) 公開番号( 特開2009-150836,2009年07月09日 ) ,国立大学法人九州大学, 国立大学法人新潟大学, 国立大学法人福岡教育大学, タカオカ化成工業株式会社,日本国

  • 特許,ホウ素結合剤,吉村和久, 武村裕之, 松岡史郎, 松尾英信

    出願番号( 特願2002-253221,2002年08月30日 ) 公開番号( 特開2004-89824,2004年03月25日 ) ,株式会社産学連携機構九州,日本国

  • 特許,ホウ酸分析方法及び分析装置と超純水製造方法及び製造装置,吉村和久, 邵 超英, 宮崎義信, 松岡史郎, 北見勝信, 平山順也

    出願番号( 特願2002-108043,2002年04月10日 ) 公開番号( 特開2003-302389,2003年10月24日 ) ,栗田工業株式会社,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • フローインジェクション分析進歩賞,2003年11月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,(社)日本分析化学会FIA分析研究懇談会,松岡史郎

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2017年03月,河川水中に存在するマンガンの溶存状態

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2014年03月,藻場の磯焼けと沿岸海水中に存在する鉄化学種濃度との関連

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2008年03月,磯焼けの原因究明を目的とした沿岸海水中の溶存超微量鉄のスペシエーション

  • 奨励研究(A),1998年04月 ~ 2000年03月,受光部に光ファイバ−を装着した分光器を用いた低光量領域における固相の透過光測定

     

  • 奨励研究(A),1996年04月 ~ 1997年03月,固相分光法の顕微分光法への応用

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 環境問題研究助成,日本生命財団,2010年07月

  • 試験研究費,佐々木環境技術振興財団 ,2008年07月

  • 試験研究費,財団法人 内田エネルギー科学振興財団,2004年07月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • オンサイトでも可能な超微量成分分析法の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学実験法,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,地球環境化学,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,理学スタディ・スキルズ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,化学基礎B,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会,関東支部常任幹事,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 日本分析化学会,関東支部新潟地区部会幹事,2005年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 国土交通省北陸地方整備局北陸技術事務所水質アドバイザー,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟市環境審議会委員副委員長,2012年08月 ~ 継続中

  • 新潟県大規模小売店舗立地審議会委員,2011年11月 ~ 継続中

  • 新潟市環境影響評価審査会委員,2011年06月 ~ 継続中

  • 新潟県廃棄物処理法に定める専門家会議委員,2010年07月 ~ 継続中

全件表示 >>