基本情報

写真a

松岡 篤

MATSUOKA Atsushi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.katachi.niigata-u.ac.jp/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,大阪市立大学,課程,1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教養部,講師,1987年06月 ~ 1993年02月

  • 新潟大学 教養部,助教授,1993年03月 ~ 1994年03月

  • 新潟大学 理学部,助教授,1994年04月 ~ 2002年03月

  • 新潟大学 理学部 地質科学科,教授,2002年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学沿岸環境科学研究センター,客員研究員,2002年04月 ~ 継続中

  • 放送大学,非常勤講師,2012年04月 ~ 2012年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

  • 層位・古生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An aberrant bi-apical Follicucullus (Albaillellaria) from the late Guadalupian (Middle Permian), with the possible oldest evidence of double malformation in radiolarians. ,Ito, T., Kitagawa, Y., Matsuoka, A.,Journal of Micropalaeontology,Vol.36,No.2, pp.222-223,2017年07月,英語

    DOI:doi:10.1144/jmpaleo2016-016,研究論文(学術雑誌),共著

  • Catalogue of living polycystine radiolarians in surface waters in the East China Sea around Sesoko Island, Okinawa Prefecture, Japan,Matsuoka, A.,Science Reports of Niigata University (Geology),Vol.32, pp.57-90,2017年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Late Silurian radiolarians from a siliceous rock pebble within a conglomerate, Kotaki, Itoigawa, Niigata Prefecture, central Japan.,Ito, T., Kurihara, T., Hakoiwa, H., Ibaraki, Y., Matsuoka, A.,Science Reports of Niigata University (Geology),Vol.32, pp.1-14,2017年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • SEM morphological study of calm shrimp Diestheria (spinicaudatan) of the Jehol Biota of China. ,Li, Y., Teng, X., Matsuoka, A., Li, G.,Science Reports of Niigata University (Geology),Vol.32, pp.15-23,2017年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Phyletic evolution of the mid-Cretaceous radiolarian genus Turbocapsula from southern Tibet and its applications in zonation,Li, X., Mtsuoka, A., Li, Y., Wang, C.,Marine Micropaleontology,,Vol.130, pp.29-42,2017年01月,英語

    DOI:doi:10.1016/j.marmicro.2016.11.002,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Geology of Japan.,Kojima, S., Hayasaka, Y., Hiroi, Y., Matsuoka, A., Sano, H., Sugamori, Y., Suzuki, N., Takemura, S., Tsujimori, T., Uchino, T.,The Geological Society of London.,2016年,英語

    単行本(学術書),2b. Pre-Cretaceous accretionary complexes.,共著

  • ジオパーク -大学から地域へ、そして世界へ- ブックレット新潟大学61,松岡 篤,栗原敏之,新潟日報事業社,2013年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • かたち創造の百科事典,岩田修一,河口洋一郎,かたち創造の百科事典編集委員会,丸善出版,2013年,日本語

    事典・辞書,共著

  • 国立科学博物館叢書13 微化石 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界. 5.5 宇宙プランクトン研究 ,岸本直子, 松岡 篤, 木元克典. 吉野 隆, 石田直人, 栗原敏之,東海大学出版会,2012年08月,日本語

    単行本(学術書), 5.5 宇宙プランクトン研究 ,共著

  • 古生物学事典第2版,日本古生物学会,朝倉書店,2010年01月,日本語

    事典・辞書,編著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 放散虫化石 バルパス物語 (共著),川端清司, 松岡 篤,大阪市立自然史博物館友の会,Nature Study,Vol.57,No.8, pp.2-4,2011年08月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • Earth History of Asia.,Matsuoka, A., Kurihara, T. (eds.),Niigata University,Abstracts of the International Symposium on Earth History of Asia., pp.1-62,2009年01月,英語

    総説・解説(その他),共著

  • 新潟大学理学部のサイエンスミュージアムの紹介,松岡 篤,新潟県高等学校教育会理科部会,新潟県高等学校教育会理科部会, 理科研究集録,Vol.48, pp.61-64,2009年01月,日本語

    総説・解説(その他),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,2億年間の古海洋を探る:生物源シリカの珪素・酸素同位体分析

  • 萌芽研究,2005年04月 ~ 2007年03月,ゲノム解析技術GP法をもちいた浮遊性原生生物における種概念の構築

  • 基盤研究(B),2002年04月 ~ 2005年03月,中・古生代珪質堆積物の酸素同位体・微化石統合層序の確立

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本地質学会第124年学術大会,松岡 篤,国内会議,2017年09月,愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市),第15回国際放散虫研究集会で議論するジュラ・白亜系境界問題,口頭(一般)

  • 10th International Symposium on the Cretaceous,Li, X., Matsuoka, A., Chiari, M., Bertinelli, A., Wang, C.,国際会議,2017年08月,Vienna, Austria,Radiolarian assemblage of Barremian to Aptian interval in the Tethys and the influence of the oceanic anoxic event (OAE) 1a,口頭(一般)

  • 10th International Symposium on the Cretaceous,Matsuoka, A.,国際会議,2017年08月,Vienna, Austria,Stratigraphic potential of radiolarians for determining the Jurassic/Cretaceous boundary: evidence from pelagic sequences in the Pacific and Tethys,口頭(一般)

  • 第83回 形の科学シンポジウム,吉野 隆,松岡 篤,国内会議,2017年06月,野々市市 金沢工業大学扇が丘キャンパス,放散虫 Eucyrtidium hexastichum (Haeckel) の仮足の引張力,口頭(一般)

  • 第83回 形の科学シンポジウム,松岡 篤,国内会議,2017年06月,野々市市 金沢工業大学扇が丘キャンパス,放散虫の普及を考える ―「放散虫の木」構想,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,地学基礎実習b,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,地学実験B,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,古生物学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,地学実験A,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,地学基礎実習a,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 形の科学会,庶務幹事,2012年06月 ~ 継続中

  • 日本地質学会,代議員,2012年05月 ~ 継続中

  • (International Subcommission on Jurassic Stratigraphy),Voting Member,2008年09月 ~ 継続中

  • 形の科学会,FORMA誌,Associate Editor ,2008年06月 ~ 継続中

  • 形の科学会,会長,2008年06月 ~ 2012年06月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 佐渡ジオパーク推進協議会調査・研究部会副部長,2011年08月 ~ 継続中

  • 糸魚川市博物館協議会委員,2011年04月 ~ 継続中

  • 地学オリンピック日本委員会地区コーディネーター,2008年08月 ~ 継続中