基本情報

写真a

松岡 篤

MATSUOKA Atsushi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.katachi.niigata-u.ac.jp/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,大阪市立大学,課程,1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教養部,講師,1987年06月 ~ 1993年02月

  • 新潟大学 教養部,助教授,1993年03月 ~ 1994年03月

  • 新潟大学 理学部,助教授,1994年04月 ~ 2002年03月

  • 新潟大学 理学部 地質科学科,教授,2002年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学沿岸環境科学研究センター,客員研究員,2002年04月 ~ 継続中

  • 放送大学,非常勤講師,2012年04月 ~ 2012年09月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

  • 層位・古生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Catalogue of living polycystine radiolarians in surface waters in the East China Sea around Sesoko Island, Okinawa Prefecture, Japan,Matsuoka, A.,Science Reports of Niigata University (Geology),Vol.32, pp.57-90,2017年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Late Silurian radiolarians from a siliceous rock pebble within a conglomerate, Kotaki, Itoigawa, Niigata Prefecture, central Japan.,Ito, T., Kurihara, T., Hakoiwa, H., Ibaraki, Y., Matsuoka, A.,Science Reports of Niigata University (Geology),Vol.32, pp.1-14,2017年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Phyletic evolution of the mid-Cretaceous radiolarian genus Turbocapsula from southern Tibet and its applications in zonation,Li, X., Mtsuoka, A., Li, Y., Wang, C.,Marine Micropaleontology,,Vol.130, pp.29-42,2017年01月,英語

    DOI:doi:10.1016/j.marmicro.2016.11.002,研究論文(学術雑誌),共著

  • Review of microfossil-bearing clasts within upper Mesozoic strata in East Asia: staged denudation of mid-Mesozoic accretionary complexes.,Ito, T., Sakai, Y., Feng, Q., Matsuoka, A.,Ofioliti,Vol.42,No.1, pp.39-54,2017年,英語

    DOI:doi:10.4454/ofioliti.v42i2.447,研究論文(学術雑誌),共著

  • A New subspecies of Pseudoalbaillella Globosa(Middle Permian radiolaria) and its morphological variation.,Ito, T., Feng, Q., Matsuoka, A.,微体古生物学報,Vol.33,No.4, p.33,2016年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • The Geology of Japan.,Kojima, S., Hayasaka, Y., Hiroi, Y., Matsuoka, A., Sano, H., Sugamori, Y., Suzuki, N., Takemura, S., Tsujimori, T., Uchino, T.,The Geological Society of London.,2016年,英語

    単行本(学術書),2b. Pre-Cretaceous accretionary complexes.,共著

  • ジオパーク -大学から地域へ、そして世界へ- ブックレット新潟大学61,松岡 篤,栗原敏之,新潟日報事業社,2013年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • かたち創造の百科事典,岩田修一,河口洋一郎,かたち創造の百科事典編集委員会,丸善出版,2013年,日本語

    事典・辞書,共著

  • 国立科学博物館叢書13 微化石 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界. 5.5 宇宙プランクトン研究 ,岸本直子, 松岡 篤, 木元克典. 吉野 隆, 石田直人, 栗原敏之,東海大学出版会,2012年08月,日本語

    単行本(学術書), 5.5 宇宙プランクトン研究 ,共著

  • 古生物学事典第2版,日本古生物学会,朝倉書店,2010年01月,日本語

    事典・辞書,編著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 放散虫化石 バルパス物語 (共著),川端清司, 松岡 篤,大阪市立自然史博物館友の会,Nature Study,Vol.57,No.8, pp.2-4,2011年08月,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • Earth History of Asia.,Matsuoka, A., Kurihara, T. (eds.),Niigata University,Abstracts of the International Symposium on Earth History of Asia., pp.1-62,2009年01月,英語

    総説・解説(その他),共著

  • 新潟大学理学部のサイエンスミュージアムの紹介,松岡 篤,新潟県高等学校教育会理科部会,新潟県高等学校教育会理科部会, 理科研究集録,Vol.48, pp.61-64,2009年01月,日本語

    総説・解説(その他),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,2億年間の古海洋を探る:生物源シリカの珪素・酸素同位体分析

  • 萌芽研究,2005年04月 ~ 2007年03月,ゲノム解析技術GP法をもちいた浮遊性原生生物における種概念の構築

  • 基盤研究(B),2002年04月 ~ 2005年03月,中・古生代珪質堆積物の酸素同位体・微化石統合層序の確立

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本古生物学会2016年年会,,松岡 篤, Li, X,国内会議,2016年06月,福井県永平寺町 福井県立大学,現生多節ナセラリア(放散虫) Eucyrtidium属の生物学,口頭(一般)

  • 形の科学会第81回シンポジウム,松岡 篤, 大河内春香,国内会議,2016年06月,統計数理研究所, 東京都立川市,放散虫のカレンダー,ポスター(一般)

  • 形の科学会第81回シンポジウム,松岡 篤,国内会議,2016年06月,統計数理研究所, 東京都立川市,放散虫の収斂現象,ポスター(一般)

  • 形の科学会第81回シンポジウム,手嶋吉法, 星野 捷, 渡辺 宏, 木元克典, 松岡 篤,国内会議,2016年06月,統計数理研究所, 東京都立川市,有孔虫骨格の拡大模型の開発,ポスター(一般)

  • 日本地球惑星科学連合2016年大会,松岡 篤,国際会議,2016年05月,幕張メッセ、千葉,InterRad 15の日本開催(2017年10月)と放散虫の普及活動. ,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,地学基礎実習b,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,地学実験B,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,古生物学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,地学実験A,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,地学基礎実習a,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 形の科学会,庶務幹事,2012年06月 ~ 継続中

  • 日本地質学会,代議員,2012年05月 ~ 継続中

  • (International Subcommission on Jurassic Stratigraphy),Voting Member,2008年09月 ~ 継続中

  • 形の科学会,FORMA誌,Associate Editor ,2008年06月 ~ 継続中

  • 形の科学会,会長,2008年06月 ~ 2012年06月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 佐渡ジオパーク推進協議会調査・研究部会副部長,2011年08月 ~ 継続中

  • 糸魚川市博物館協議会委員,2011年04月 ~ 継続中

  • 地学オリンピック日本委員会地区コーディネーター,2008年08月 ~ 継続中