基本情報

写真a

松田 康伸

MATSUDA Yasunobu


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

消化器内科、腫瘍学

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,消化器内科学,新潟大学,課程,1998年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部,助手,2001年09月 ~ 2003年09月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助手,2003年10月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助教,2007年04月 ~ 2007年09月

  • 新潟大学 医学部 保健学科,准教授,2007年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 保健学研究科 保健学専攻,准教授,2007年10月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部 バイオメディカル教育研究センター腫瘍生化学講座,研究員,1993年05月 ~ 1994年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器内視鏡学会,1989年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本内科学会,1989年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本肝臓学会,1991年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本癌学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本消化管学会,2005年02月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 肝がんにおける分子標的薬耐性機構の解析,2010年01月 ~ 継続中

    消化器内科学,未設定,その他の研究制度

  • 肝がんにおける細胞周期調節機構の解析,1999年01月 ~ 継続中

    消化器内科学,個人研究,その他の研究制度

  • 肝細胞増殖因子 (hepatocyte growth factor)による肝再生機構,1990年01月 ~ 継続中

    消化器内科学,病態医化学,個人研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Increase of fucosylated alpha-fetoprotein fraction at the onset of autoimmune hepatitis and acute liver failure.,Yamagiwa Satoshi, Tamura Yasushi, Takamura Masaaki, Genda Takuya, Ichida Takafumi, Ishikawa Toru, Kamimura Tomoteru, Takahashi Toru, Suda Takeshi, Matsuda Yasunobu, Nomoto Minoru, Aoyagi Yutaka,Hepatol Res,2014年02月,英語

    DOI:10.1111/hepr.12318,研究論文(学術雑誌),共著

  • Clinical significance of cell cycle inhibitors in hepatocellular carcinoma.,Matsuda Yasunobu, Wakai Toshifumi, Kubota Masayuki, Takamura Masaaki, Yamagiwa Satoshi, Aoyagi Yutaka, Osawa Mami, Fujimaki Shun, Sanpei Ayumi, Genda Takuya, Ichida Takafumi,Med Mol Morphol,Vol.46,No.4, pp.185-192,2013年12月,英語

    DOI:10.1007/s00795-013-0047-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of rapamycin on granulation formation in response to centrally doubled coiled stents as a tracheal substitute.,Kubota Masayuki, Matsuda Yasunobu, Fujimaki Shun, Osawa Mami, Wakai Toshifumi, Nakaya Kengo,J Pediatr Surg,Vol.48,No.12, pp.2416-2424,2013年12月,英語

    DOI:10.1016/j.jpedsurg.2013.08.013,研究論文(学術雑誌),共著

  • Hepatitis B virus X induces cell proliferation in the hepatocarcinogenesis via up-regulation of cytoplasmic p21 expression.,Yano Masahiko, Ohkoshi Shogo, Aoki Yo-hei, Takahashi Hiromichi, Kurita Sou, Yamazaki Kazuhide, Suzuki Kenta, Yamagiwa Satoshi, Sanpei Ayumi, Fujimaki Shun, Wakai Toshifumi, Kudo Shin-ei, Matsuda Yasunobu, Aoyagi Yutaka,Liver Int,Vol.33,No.8, pp.1218-1229,2013年09月,英語

    DOI:10.1111/liv.12176,研究論文(学術雑誌),共著

  • P21-activated kinase-2 is a critical mediator of transforming growth factor-beta-induced hepatoma cell migration.,Sato Munehiro, Matsuda Yasunobu, Wakai Toshifumi, Kubota Masayuki, Osawa Mami, Fujimaki Shun, Sanpei Ayumi, Takamura Masaaki, Yamagiwa Satoshi, Aoyagi Yutaka,J Gastroenterol Hepatol,Vol.28,No.6, pp.1047-1055,2013年06月,英語

    DOI:10.1111/jgh.12150,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Encyclopedia of Cancer,Ichida T, Matsuda Y.,Springer Publishing,2020年01月,英語

    事典・辞書,Hepatocellular carcinoma – etiology, risk factors and prevention,共著

  • Hepatocellular Carcinoma - Future Outlook,Matsuda Y, Wakai T, Kubota M, Osawa M, Fujimaki S.,InTech publisher,2013年10月,英語

    単行本(学術書),orafenib-Inhibited Signaling: Emerging Evidence of RAF Independent Pathways as Potential Therapeutic Targets in Hepatocellular Carcinoma.,共著

  • Hepatocellular Carcinoma – Basic Research,Matsuda Y, Wakai T.,InTech publisher,2012年02月,英語

    単行本(学術書),Molecular Mechanism of DNA Damage Response Pathway During Hepatic Carcinogenesis.,共著

  • Encyclopedia of Cancer,Matsuda Y.,Springer Publishing,2012年01月,英語

    事典・辞書,p27,単著

  • Encyclopedia of Cancer,Matsuda Y. Wakai T.,Springer Publishing,2012年01月,英語

    事典・辞書,sorafenib,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,サイトカイン干渉シグナルに着目したチロシンキナーゼ阻害薬併用療法の開発

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,DNA障害の修復機構をマーカーとした新しいインターフェロン治療の開発

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2013年03月,臓器移植における再生間葉系肝幹細胞門脈内投与による新たな免疫寛容誘導法の確立

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,クローン病狭窄症に対するRNA干渉技術を用いた内視鏡治療法開発

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,胆管癌における53BP1を介したDNA損傷修復機構の解明及びその臨床的意義

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • C型肝炎に対するインターフェロン・リバビリン併用療法の治療マーカーの探索同定,2005年01月 ~ 2005年03月,株式会社バイオマーカーサイエンス,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,臨床薬理学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,フィジカルアセスメント,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,卒業研究,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,病態生理学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,スタディスキルズ (検査),2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>