基本情報

写真a

松尾 正之

MATSUO Masayuki


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,京都大学,課程,1987年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 物理学科,助教授,2000年03月 ~ 2005年01月

  • 新潟大学 理学部 物理学科,教授,2005年02月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Fluctuation properties of strength function associated with the giant quadrupole resonance in 208Pb,H. Aiba, M. Matsuo, S. Nishizaki, T. Suzuki,Phys. Rev.,Vol.C 83 , p.024314,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Persistent contributino of unbound quasiparticles to the pair correlation in the continuum Skyrme-Hatree-Fock-Bogoliubov approach,Y.Zhang, M. Matsuo, J.Meng,Phys. Rev.,Vol.C 83, p.054301,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Microscopic desription of large-amplitude shape-mixing dynamics with inertial functions derived in local quasiparticle random-phase approximation,N. Hinohara, K. Sato, T. Nakatsukasa, M. Matsuo,Phys. Rev.,Vol.C 82, p. 064313,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A Model Analysis of Triaxial Deformation Dynamics in Oblate-Prolate Shape Coexistence Phenomena,Koichi Sato, Nobuo Hinohara, Takashi Nakatsukasa, Masayuki Matsuo, and Kenichi Matsuyanagi,Prog. Theor. Phys.,Vol.123, pp.129-155,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Open problems in nuclear structure near drip lines,M. Matsuo, T. Nakatsukasa,J. Phys. ,Vol.G 37, p.064017,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,原子核密度汎関数理論で解明する弱束縛中性子の集団ダイナミックス

    原子核密度汎関数理論で解明する弱束縛中性子の集団ダイナミックス

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2013年03月,密度汎関数アプローチによる全核種精密計算

    密度汎関数アプローチによる全核種精密計算

  • 新学術領域公募研究,2009年04月 ~ 2011年03月,連続領域での光・ニュートリノ核反応:元素合成素過程への核子多体論アプローチ

    連続領域での光・ニュートリノ核反応:元素合成素過程への核子多体論アプローチ

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,中性子過剰原子核に現れるダイニュートロン相関とエキゾチック集団励起

    中性子過剰原子核に現れるダイニュートロン相関とエキゾチック集団励起

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2008年03月,弱束縛核子多体問題への平均場アプローチ‐ダイニュートロン相関と集団相関‐

    弱束縛核子多体問題への平均場アプローチ‐ダイニュートロン相関と集団相関‐

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 原子核の密度汎関数理論と集団励起,2009年04月 ~ 継続中,理化学研究所、筑波大学,国内共同研究

  • 原子核形状の大振幅集団運動,2000年01月 ~ 継続中,京都大学、理化学研究所,国際共同研究

  • 高速回転する原子核における秩序・カオス転移,1989年10月 ~ 継続中,ミラノ大学、コペンハーゲン大学,国際共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Nordic Conference on Nuclear Physics 2011,M.Matsuo,国際会議,2011年06月,Stockholm, Sweden,Pair correlation and pair collectivity in neutron-rich nuclei,口頭(招待・特別)

  • RIBF Symposium `` Probing Neutron-Proton Pair Correlations'',M.Matsuo,国際会議,2010年11月,RIKEN,Spatial correlation and enhanced pair transfers,口頭(一般)

  • University of Aizu-JUSTIPEN-EFES Symposium `` Cutting-Edge Physics of Unstable Nuclei'',M. Matsuo,国際会議,2010年11月,Aizu,Pairing in neutron-rich nuclei: spatial correlation and two-neutron transfer,口頭(一般)

  • Japan-Italy EFES-2010 Workshop on Correlations in Reactions and Continuum,M.Matsuo,国際会議,2010年09月,Turin, Italy,Continuum Response in Neutron Rich Nuclei: Photo Absorption and Pair Transfer,口頭(一般)

  • Nuclear Structure 2010,M.Matsuo,国際会議,2010年08月,Berkeley, USA,Anomalous Pair Vibrational States in Neutron-Rich Sn Isotopes Beyond A=132,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,原子核物理学I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,量子力学演習I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,量子力学I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,原子核物理特論III,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,計算物理学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>