基本情報

写真a

印南 信宏

INNAMI Nobuhiro


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)やSPP(サイエンスパートナーシッププログラム)、出前講義など行っています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,幾何学,筑波大学,課程,1983年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 数学科,助教授,1988年05月 ~ 1995年03月

  • 新潟大学 理学部 数学科,教授,1995年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,1979年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 測地線の幾何学、微分幾何学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Metric spheres in the projective spaces with constant holomorphic sectional curvature,N. Innami, Y. Mashiko and K. Shiohama,Tsukuba J. Math.,Vol.35,No.1, pp.79-90,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,幾何学

  • The Steiner ratio conjecture of Gilbert-Pollak may still be open,N. Innami, B.H. Kim, Y. Mashiko and K. Shiohama,Algorithmica,Vol.57, pp.869-872,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,幾何学

  • Circular billiards and parallel axiom in convex billiards,Shinetsu Tamura and Nobuhiro Innami,Tsukuba J. Math,Vol.33,No.3, pp.147-160,2009年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,幾何学

  • Steiner ratios for length spaces having ends,Shinetsu Tamura and Nobuhiro Innami,Nihonkai Math. J.,Vol.19,No.2, pp.105-110,2008年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著,幾何学

  • Compression theorems for surfaces and their applications,Nobuhiro Innami,J. Math. Soc. Japan,Vol.59,No.3, pp.825-835,2007年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2015年03月,測地線の幾何学の基盤研究と離散数学への応用

    微分幾何学の中で発展してきた測地線の幾何学をもっと条件の弱い空間で扱い,その基盤的な研究を行う。また,最短ネットワーク問題などの離散数学への応用も考える。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2010年03月,最短ネットワーク問題と平面凸ビリヤード問題の測地線の幾何学的方法による研究

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 2005年03月,貼り合わされたリーマン多様体の研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 研究集会「部分多様体幾何とリー群作用2011」,印南信宏,国内会議,2011年09月,東京理科大学森戸記念館,平面凸ビリヤードの不変円の微分可能性について,口頭(一般)

  • 幾何学阿蘇研究集会,印南信宏,国内会議,2011年08月,休暇村南阿蘇,2次元トーラス上の測地円の漸近挙動,口頭(一般)

  • 研究集会「リーマン幾何と幾何解析」,印南信宏,国内会議,2011年02月,筑波大学,ラジアル曲率によるトポノゴフの比較定理,口頭(一般)

  • 研究会「直観幾何学」,印南信宏,国内会議,2011年02月,熊本大学,曲面上の三角形についての圧縮定理とその応用,口頭(一般)

  • 2010 NIMS Workshop on Differential Geometry, Gravitation and String theory,Nobuhiro Innami,国際会議,2010年08月,Ewha Womans Univ.,Steiner ratios for surfaces (1), (2),口頭(招待・特別)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 2点を結ぶ最短線の研究は、いろいろなところで役立つと思う。新たな応用の開拓に努力したい。,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,数理科学コース演習,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,数学講究,2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,数理科学文献詳読Ⅱ(数学),2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,数理科学セミナーⅡ(数学),2016年04月 ~ 2017年02月,専任

  • 2016年度,数理物質科学特定研究Ⅱ(数学),2016年04月 ~ 2017年02月,専任

全件表示 >>