基本情報

写真a

印南 信宏

INNAMI Nobuhiro


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)やSPP(サイエンスパートナーシッププログラム)、出前講義など行っています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,幾何学,筑波大学,課程,1983年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 数学科,助教授,1988年05月 ~ 1995年03月

  • 新潟大学 理学部 数学科,教授,1995年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,1979年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 測地線の幾何学、微分幾何学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Parallel axiom and the 2-nd order differentiability of Busemann functions,N. Innami, Y. Itokawa, T. Nagano and K. Shiohama,Publ. Math. Debrecen,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Geodesics in a Finsler surface with one-parameter group of motions,N. Innami, T. Nagano and K. Shiohama,Publ. Math. Debrecen,2016年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Angular distribution of diameters for spheres and rays for planes,N. Innami and Y. Uneme,Pacific J. Math.,2015年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The cut locus and Voronoi diagram of a finite set of points in a surface,N. Innami, K. Shiohama and Y. Uneme,Manuscripta Math.,2015年,英語

    DOI:10.1007/s00229-015-0733- y,研究論文(学術雑誌),共著

  • The front of increasing concentric balls and cut locus in a surface,N. Innami, K. Shiohama and Y. Uneme,Diff. Geom. Appl.,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 要点明解 線形数学,印南信宏,田中環,小島秀雄,星明考,吉原久夫,培風館,2017年09月,日本語

    単行本(学術書),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2018年03月,非対称距離空間の測地線の幾何学的研究

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2015年03月,測地線の幾何学の基盤研究と離散数学への応用

    微分幾何学の中で発展してきた測地線の幾何学をもっと条件の弱い空間で扱い,その基盤的な研究を行う。また,最短ネットワーク問題などの離散数学への応用も考える。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2010年03月,最短ネットワーク問題と平面凸ビリヤード問題の測地線の幾何学的方法による研究

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 2005年03月,貼り合わされたリーマン多様体の研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The cut locus 2018,Nobuhiro Innami,国際会議,2018年09月,The asymptotic behavior of geodesic circles in a geodesically convex surface,口頭(一般)

  • 日本数学会年会,印南信宏,国内会議,2018年03月,トーラス上の測地円の漸近挙動,口頭(一般)

  • 、研究会「直観幾何学2018」,印南信宏,国内会議,2018年02月,トーラス上の測地線を参考にした曲面上の測地線,口頭(一般)

  • 研究会「測地線及び関連する諸問 題2018」,印南信宏,国内会議,2018年01月,射影的ランダース変換とカットローカス,口頭(一般)

  • 52nd Symposium on Finsler Geometry,Nobuhiro Innami,国際会議,2017年09月,Limit circles in a torus,口頭(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 2点を結ぶ最短線の研究は、いろいろなところで役立つと思う。新たな応用の開拓に努力したい。,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,幾何学IB,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,専門力アクティブ・ラーニング,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,くらしと数理,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,幾何学IA,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,数学講究,2018年04月 ~ 2019年03月,専任

全件表示 >>