基本情報

写真a

星 隆

HOSHI Takashi


学系

自然科学系

系列

材料生産システム系列

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-7401

研究室FAX

025-262-7401

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,東北大学,課程,1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,助手,1998年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 工学部 化学システム工学科,助教,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,助教,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,助教,2004年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Highly Sustainable and Active Catalyst for Suzuki-Miyaura Reaction: Palladium-Supported Ionic Liquid Catalyst(SILC) Coated with Polymer,Hagiwara, Hisahiro; Sato, Kota; Hoshi, Takashi; Suzuki,Toshio;,SYNLETT,Vol.2011,No.17, pp.2545-2550,2011年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Highly Enantioselective Pd-Catalyzed Allylic Alkylation of Indoles Using Sulfur-MOP Ligand,Hoshi, Takashi; Sasaki, Koji; Sato, Shun; Ishii, Yuichi; Suzuki,Toshio; Hagiwara, Hisahiro;,Org. Lett.,Vol.13, pp.932-935,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Immobilization of MacMillan Imidazolidinone as Mac-SILC and its Catalytic Performance on Sustainable Enantioselective Diels-Alder Cycloaddition,Hagiwara, Hisahiro; Kuroda, Toshihiro; Hoshi, Takashi; Suzuki, Toshio;,Adv. Synth. Catal.,Vol.352, pp.909-916,2010年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Immobilization of Pd on Nanosilica Dendrimer as SILC: Highly Active and Sustainable Cluster Catalyst for Suzuki-Miyaura Reaction,Hagiwara, Hisahiro; Sasaki, Hirokazu; Tsubokawa, Norio; Hoshi, Takashi; Suzuki, Toshio; Tsuda, Tetsuya, Kuwabata, Susumu;,SYNLETT,Vol.2010,No.13, pp.1990-1996,2010年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Catalytic Performance of Ruthenium-Supported Ionic-Liquid Catalysts in Sustainable Synthesis of Macrocyclic Lactones,Hagiwara, Hisahiro; Nakamura, Tomomi; Okunaka, Naotaro; Hoshi, Takashi; Suzuki, Toshio;,Helv. Chim. Acta,Vol.93, pp.175-181,2010年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 固定化触媒のルネッサンス,萩原久大,星 隆,株式会社シーエムシー出版,2007年05月,日本語

    単行本(学術書),pp207-223,共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第62回有機合成化学協会関東支部シンポジウム,萩原久大・佐藤紘太・星 隆・鈴木敏夫,国内会議,2011年11月,ポリマーコートPd-SILCを用いる環境対応型鈴木-宮浦反応,口頭(一般)

  • 第62回有機合成化学協会関東支部シンポジウム,星 隆・佐藤 努・萩原久大・鈴木敏夫,国内会議,2011年11月,高度パラジウム触媒活性化配位子R-Phosの機能開明を目的とするかさ高い基質を用いた鈴木-宮浦反応,口頭(一般)

  • 日本化学会第5回関東支部大会,星 隆・石井悠一・佐々木幸司・鈴木敏夫・萩原久大,国内会議,2011年08月,光学活性P,S- 二座配位子Sulfur-MOP を用いる インドールの高エナンチオ選択的パラジウム触媒アリル化反応,ポスター(一般)

  • 日本化学会第91春季年会,萩原久大・中村友美・星 隆・鈴木敏夫,国内会議,2011年03月,イオン液体固定化パラジウム触媒(Pd-SILC) による接触水素化反応,ポスター(一般)

  • 日本化学会第91春季年会,星 隆・本間知之・鈴木敏夫・萩原久大,国内会議,2011年03月,ビフェニレン置換ジシクロヘキシルルテノセニルホスフィン(CyR-Phos)の配位により高度に活性化されたパラジウム触媒を用いる鈴木-宮浦反応,口頭(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ビアリール誘導体を基本骨格とする機能性有機材料の実用的製造法の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2010年度,論文輪講II,2010年10月 ~ 2011年03月,専任

  • 2010年度,応用化学演習IV,2010年10月 ~ 2011年03月,専任

  • 2010年度,卒業研究,2010年10月 ~ 2011年03月,専任

  • 2010年度,論文輪講I,2010年04月 ~ 2010年09月,専任

  • 2010年度,有機化学実験,2010年04月 ~ 2010年09月,専任

全件表示 >>