基本情報

写真a

清水 研作

SHIMIZU Kensaku


学系

人文社会科学系

系列

教育学系列

職名

教授

生年

1961年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-262-7045

研究室FAX

025-262-7045

プロフィール

作曲家として国内外で幅広く作品制作(コンピュータ音楽、メディア作品を含む)、発表、研究者として音楽を多角的に捉えて作品の意味について研究する一方、工学系の研究者と共に音についての解明を音楽家の見地から研究を行っている。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • ニューイングランド音楽院  音楽学部  音楽理論

    その他,1985年06月,卒業,アメリカ合衆国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • ハーバード大学大学院  音楽  作曲

    博士課程,1997年05月,修了,アメリカ合衆国

  • ニューイングランド音楽院  音楽研究科  作曲

    修士課程,1988年05月,修了,アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D.,音楽,ハーバード大学,論文,1997年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育学部 芸術環境講座,教授,2003年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,教授,2003年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 人間形成研究専攻,教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本音楽著作権協会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本現代音楽協会,1994年04月 ~ 継続中,日本国

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 作曲・コンピュータ音楽,1991年04月 ~ 継続中

    楽曲分析,美学・芸術諸学,未設定,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • 楽譜の意味を伝える,清水研作,新潟大学教育人間科学部紀要,Vol.4,No.1, pp.157-166,2001年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 音楽作品における構造分析と認識そしてコンピュータの役割,清水研作,電子情報通信学会技術研究報告 パターン認識・メディア理解,Vol.134, pp.37-42,2000年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 「音楽理論の新たな可能性」,清水研作単著1997年平成9年6月日本音楽舞踊会議『音楽の世界』11頁,日本音楽舞踊会議『音楽の世界』,Vol.36,No.3, pp.11-12,1997年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • アルト・フルートのための「舞」,清水研作,ヴェリタス出版,2004年12月,日本語

    その他,単著

  • 独奏フルートのための「異なる時空II」,清水研作,音楽之友社,2004年08月,日本語

    その他,単著

  • 声・響き・記号,清水研作他,東海大学出版会,1998年12月,日本語

    その他,13 ,単著

作品 【 表示 / 非表示

  • 2本のフルートとピアノのための「海」,2007年06月

    芸術活動

  • コンピュータ、フルート、朗読のための「彼方へ」,2006年11月

    芸術活動

  • ピアノロのための「星々の記憶へ II」,2006年10月

    芸術活動

  • ピッコロのための「星々の記憶へ I」,2006年06月

    芸術活動

  • 2本のフルートのための「邂逅に」,2006年05月

    芸術活動

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 中国黒竜江省チチハル大学客員教授,2007年12月 ~ 継続中

    その他

  • フルート2本とピアノのための「海」パウエル・フルート・ジャパン委嘱作品,2007年07月

    その他

  • 公開講座ー中国黒竜江省チチハル大学,2007年03月

    その他

  • ピアノのための「星々の記憶へII」 鈴木賢太氏 委嘱作品,2006年10月

    その他

  • ピアノのための「星々の記憶へI」,2006年10月

    その他

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人の生存快適環境に及ぼす響的因子と音楽聴取の関係、及びその因子を制御する研究とその応用,未設定,未設定

  • 音像解析手法による演奏の音響分析とその応用技術の開発,未設定,未設定

  • 公共の場やビルなどの使われていない空間の再利用のためのコンピュータを活用したインスタレーション・システムの開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,人間支援感性科学実験IV,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,音創造演習I,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,卒業研修I,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,楽曲分析法I,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,音楽理論,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

全件表示 >>