基本情報

写真a

生越 章

OGOSE Akira


職名

特任教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

複数の企業と合同で肉腫を中心とした遺伝子診断、遺伝子治療の開発と、新規人工骨の開発をおこなっている。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),新潟大学,課程,1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部附属病院,医員,1998年11月 ~ 1999年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,准教授,2004年10月 ~ 2014年09月

  • 新潟大学 医学部 医学科,准教授,2004年10月 ~ 2014年09月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター,特任教授,2014年10月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Margin-free spondylectomy for extended maligant spine tumors,Hasegawa K, Homma T, Hirano T, Ogose A, Hotta T, Yajiri Y, Nagano J, Inoue Y,Spine 2007;32:142-148,Vol.32, pp.142-148,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 神経性腫瘍,生越章 堀田哲夫,川島寛之,守田哲郎,畠野宏史,整形災害外科 2007,Vol.50, pp.679-686,2007年12月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Activating Gs alpha mutation rarely occurs in Musculoskeletal tumors other than fibrous dysplasia,Gu W, Ogose A, Matsuba A, Kawashima H, Hotta T, Kudo N, Hoshino M, Kondo N, Mera H, Endo N,Anticancer Res 2006; 26:1611-1614.,Vol.26, pp.1611-1614,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • High dose glucocorticoid hampers bone formation and resorption after bone marrow ablation in rat.,Kondo N, Tokunaga K, Ito T, Arai K, Amizuka N, Miniqi L, Kitahara Hm Ito M, Naito M, Shu-Ying J, Oda K, Murai Tm Takano R, Ogose A, Endo N,Microsc Res Trch 2006;69:839-846,Vol.69, pp.839-846,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Histological assessment in grafts of highly purified beta-tricalcium phosphate (OSferion ) in human bones,Ogose A, Kondo N, Umezu H, Hotta T, Kawashima H, Tokunaga K, Ito T, Kudo N, Hoshino M, Gu W, Endo N,Biomaterials,Vol.27, pp.1542-1549,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2008年03月,自家骨とリン酸カルシウムを複合させる新規骨移植法の開発

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子治療の実用化,未設定,未設定

  • 遺伝子診断の実用化,未設定,未設定

  • 人工骨や処理骨に対する特殊加工の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2007年度,運動器系,2007年04月 ~ 2008年03月,専任