基本情報

写真a

西山 晃史

NISHIYAMA Akihito


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

講師

生年

1975年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2050

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  応用生物化学科

    大学,1998年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),応用微生物学,東北大学,課程,2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,助教,2007年03月 ~ 2010年06月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,講師,2010年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 米国微生物学会,2007年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本感染症学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • C-terminal intrinsically disordered region-dependent organization of the mycobacterial genome by a histone-like protein.,1. Savitskaya A, Nishiyama A, Yamaguchi T, Tateishi Y, Ozeki Y, Nameta M, Kon T, Kaboso SA, Ohara N, Peryanova OV, Matsumoto S,Scientific Reports,Vol.8, p.8197,2018年05月,英語

    DOI:10.1038/s41598-018-26463-9,研究論文(学術雑誌),共著,細菌学(含真菌学)

  • Mycobacterial DNA-binding protein 1 is critical for long term survival of Mycobacterium smegmatis and simultaneously coordinates cellular functions.,2. Enany S, Yoshida Y, Tateishi Y, Ozeki Y, Nishiyama A (共同責任著者), Savitskaya A, Yamaguchi T, Ohara Y, Yamamoto T, Ato M, Matsumoto S,Scientific Reports,Vol.7,No.1, p.6810,2017年07月,英語

    DOI:10.1038/s41598-017-06480-w,研究論文(学術雑誌),共著,細菌学(含真菌学)

  • Emergence of Panton-Valentine leukocidin-positive ST59 methicillin-susceptible Staphylococcus aureus with high cytolytic peptide expression in association with community-acquired pediatric osteomyelitis complicated by pulmonary embolism,Sawanobori E, Hung WC, Takano T, Hachuda K, Horiuchi T, Higuchi W, Hung WW, Iwao Y, Nishiyama A, Reva I, Reva G, Teng LJ, Yamamoto T,J Microbiol Immunol Infect,2014年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Virulence gene and expression analysis of community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus causing iliopsoas abscess and discitis with thrombocytopenia,Hung WC, Mori H, Tsuji S, Iwao Y, Takano T, Nishiyama A, Reva I, Yamamoto T,Journal of Infection and Chemotherapy,Vol.19,No.5, pp.1004-1008,2013年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A New Local Variant (ST764) of the Globally-Disseminated ST5 Lineage of Hospital-Associated Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA), Carrying the Virulence Determinants of Community-Associated MRSA,Takano T, Hung WC, Shibuya M, Higuchi W, Iwao Y, Nishiyama A, Reva I, Khokhlova OE, Yabe S, Ozaki K, Takano M, Yamamoto T,Antimicrobial Agents and Chemotherapy,Vol.57,No.4, pp.1589-1595,2013年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,細菌における天然変性蛋白質のヒストンコード機構による形質制御の証明

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,結核菌の潜在化機構の解析と、潜在化の維持による結核制圧戦略の構築

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,結核菌抗原による形質細胞様樹状細胞の活性化を介する新しい結核防御免疫機構の解明

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,生体防御と感染(細菌学),2013年04月 ~ 継続中,専任