基本情報

写真a

青木 俊樹

AOKI Toshiki


学系

自然科学系

系列

生産デザイン工学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

光学異性体分離材料、レンズ材料、酸素透過膜材料、光機能性材料などに関して企業との共同研究の経験があります。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  工学部  応用化学科

    大学,1981年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  工学研究科  応用化学専攻山下研究室(高重合化学)

    博士課程,1986年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,名古屋大学,課程,1987年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部,助手,1989年03月 ~ 1995年03月

  • 新潟大学 工学部,助教授,1995年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 工学部 化学システム工学科,教授,2000年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会,1981年04月 ~ 継続中,日本国

  • 有機合成化学協会,1981年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,1981年04月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ化学会,1990年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本膜学会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chiral Teletransmission in the Cis-cisoidal Sequence of Copoly(substituted acetylene)s by Multiple Stage Solvent Exchange of the Copolymer Solution through a Membrane,Lijia Liu*, Yuanyuan Gu, Yudan Wang, Toshiki Aoki*, Guan Wang, Takeshi Kaneko, Masahiro Teraguchi,Polymer,Vol.154, pp.253-257,2018年09月,英語

    DOI:10.1016/j.polymer.2018.09.023,研究論文(学術雑誌),共著

  • Enhanced performances of enantioselective permeation through one-handed helical polymer membranes by enantioselective imine exchange reaction with permeants and by partially decomposed reaction of the membrane,Yanqing Qu, Toshiki Aoki*, Masahiro Teraguchi, Takashi Kaneko,Polymer,Vol.156, pp.39-43,2018年09月,英語

    DOI:10.1016/j.polymer.2018.09.009,研究論文(学術雑誌),共著

  • Synthesis and oxygen permeability of novel graft copolymers consisting of a polyphenylacetylene backbone and long oligosiloxane grafts from phenylacetylene-type macromonomers, , Fengjuan Miao,Yu Zang*, Toshiki Aoki*, Takashi Kaneko, Masahiro Teraguchi, Liqun Ma, Hongge Jia,Polymer,Vol.156, pp.66-70,2018年09月,英語

    DOI:10.1016/j.polymer.2018.09.048,研究論文(学術雑誌),共著

  • Synthesis and Ultrahigh Oxygen Permeability of Silicon-containing cis-cisoidal Poly (substituted phenylacetylene)s,Chenxi Xu, Toshiki Aoki,* Liqun Ma*, Hongge Jia, Massahiro Teraguchi, Takashi Kaneko,Chemistry Letters,Vol.47, pp.1314-1317,2018年08月,英語

    DOI:10.1246/cl.180641,研究論文(学術雑誌),共著

  • Dimesitylboryl-Containing Polydiphenylacetylene with a Large Stokes Shift, High Fluorescence Efficiency, and Fluoride Ion Sensing Ability,Young-Jae Jin, Daichi Araki, Masahiro Teraguchi*, Toshiki Aoki*, Giseop Kwak*,Polymer,Vol.148, pp.310-315,2018年06月,英語

    DOI:10.1016/j.polymer.2018.06.044,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and Function of Chiral π-Conjugated Polymers from Phenylacetylenes,Toshiki Aoki, Takashi Kaneko, Masahiro Teraguchi,John Wiley & Sons, Inc.,2011年06月,英語

    単行本(学術書),共著

  • 主鎖のみに不斉構造を持つ安定キラルらせんフェニルアセチレン高分子の第3の合成法,青木俊樹,シーエムシー出版,2009年01月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • The Polymeric Materials Encyclopedia: Synthesis, Properties, and Applications,Toshiki Aoki and Eizo Oikawa,CRC Press,1996年12月,英語

    単行本(学術書),8、6492-6496,Polyphenylacetylene Derivatives-Based Permselective Membrane,単著

  • 高分子合成化学,山下雄也, 青木俊樹,川上雄資,東京電機大学出版会,1995年12月,日本語

    その他,第15章高分子新素材,共著

  • Chemistry and Industry of Macromolecules,Yuhsuke Kawakami and Toshiki Aoki,Huthig & Wepf,1993年12月,英語

    単行本(学術書),Siloxane Specality Polymers - Membrane Materials for Gas Separation, Chap.7, 213-244,単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Helix-sense-selective polymerization of achiral phenylacetylenes and unique properties of the resulting cis-cisoidal polymers,Liu Lijia*, Yu Zang*, Hongge Jia, Toshiki Aoki*, Takashi Kaneko, Shingo Hadano, Masahiro Teraguchi, Mari Miyata, Geng Zhang, Takeshi Namikoshi,Polymer Reviews,Vol.57,No.1, pp.89-118,2016年06月,日本語

    DOI:10.1080/15583724.2016.1160930 ,総説・解説(学術雑誌),共著

  • Two-dimensional and related polymers: concepts, synthesis and their potential application as separation membrane materials,Yu Zang, Toshiki Aoki,* Masahiro Teraguch, Takashi Kaneko, Liqun Ma, Hongge Jia,Polymer Reviews ,Vol.55,No.1, pp.57-89,2015年01月,英語

    DOI:10.1080/15583724.2014.963235,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 2Dポリマーの合成と分子ふるい膜への利用,藏雨、青木俊樹*、寺口昌宏、金子隆司,膜(MEMBRANE),Vol.39,No.3, pp.118-131,2014年05月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 『2Dポリマー』膜の合成―究極の分子分離膜をめざして,青木俊樹、藏雨、宮田真理、棚木宏幸、中尾和樹、王建军、寺口昌宏,㈱エヌ・ティー・エス,未来材料,Vol.13,No.2, pp.31-38,2013年02月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • らせん選択重合体膜の光トポケミカル超分子膜化,浪越毅、波多野慎悟、寺口昌宏、金子隆司、青木俊樹,㈱化学工業社,化学工業,Vol.61,No.11, pp.846-854,2010年11月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,重合体及び重合体の製造方法,青木俊樹、寺口昌宏、佐藤敬、山本武継

    出願番号( 2010-050924,2010年03月08日 ) 公開番号( 2010-235928,2010年10月21日 ) ,日本国

  • 特許,重合体、気体分離膜、及び重合体の製造方法,青木俊樹、寺口昌宏、佐藤敬、山本武継

    出願番号( 2009-189201,2009年08月18日 ) 公開番号( 2011-038051,2011年02月24日 ) ,日本国

  • 特許,重合体、ハロゲン基を有する重合体膜の製造方法,青木俊樹、寺口昌宏、佐藤敬、山本武継

    出願番号( 2009-055646,2009年03月09日 ) 公開番号( 2010-209187,2010年09月24日 ) ,日本国

  • 特許,ポリフェニルアセチレン膜の芳香環形成による超分子自立膜の製造方法,青木俊樹、浪越毅、波多野慎悟、エディマルワンタ、寺口昌宏、金子隆司、鬼山祥幸

    出願番号( 2009-038313,2009年02月20日 ) 公開番号( 2010-189365,2010年09月02日 ) 登録番号( 第5120787,2012年11月02日 ) ,日本国

  • 特許,置換ポリアセチレン及びその製造方法、置換ポリアセチレン自立膜及びその製造方法、二酸化炭素分離膜、伸縮により可逆的に色変化を呈する膜,青木俊樹、エディマルワンタ、浪越毅、寺口昌宏、金子隆司

    出願番号( 2009-007964,2009年01月16日 ) 公開番号( 2010-163561,2010年07月29日 ) 登録番号( 第5131643,2012年11月16日 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Distinguished Award 2018 for Novel Materials and their Synthesis,2018年10月25日,中華人民共和国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,IUPAC & Organization Committee of IUPAC Novel Materials and their Synthesis,Aoki Toshiki

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2017年04月 ~ 2020年03月,円偏光を不斉源とするキラル増幅らせん選択重合による絶対不斉高分子合成

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2021年03月,SCATを活用した螺旋ポリマーよりの分子内孔含有2D高分子気体分子篩自立膜の合成

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2020年03月,モノマー配列でプログラミングされたらせんキラルポリラジカル高次構造と磁気光学機能

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,光を不斉源とするSCATおよび不斉増幅反応を利用したキラルらせんポリマーの合成

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2017年03月,円偏光SCATによるラセミらせん高分子からのホモキラリティーによるらせん選択重合

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 光学分割膜の医薬品製造用膜および選択徐放性貼り薬膜への実用化検討(研究成果実用化検討(FS)課題),2006年07月 ~ 2007年01月,独立行政法人科学技術振興機構 JSTサテライト新潟,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 機能性芳香族高分子化合物の開発,2006年04月 ~ 2009年03月,住友化学株式会社 筑波研究所,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 14thIUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis(NMS-XIV) ,Aoki Toshiki,国際会議,2018年10月,Guangzhou, China,Synthesis and Oxygen Permeation of Hyperbranched Polymers from SiH-containing Phenylacetylenes,口頭(基調)

  • Industrial Chemistry and Water Treatment2018,Toshiki Aoki,国際会議,2018年05月,NY, USA,Application of the Products by Highly Selective Photocyclicaromatization of cis-cisoidalpoly(substituted phenylacetylene) ,口頭(基調)

  • 13th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis(NMS-XIII) ,Toshiki Aoki,国際会議,2017年10月,Nanjing, China,Synthesis and Permeation of ring-containing 2D polymers,口頭(基調)

  • EMN2D Materials Meeting,Toshiki Aoki,国際会議,2017年08月,Lyon, France, Synthesis and oxygen permselectivity of 2D parts-containing polymer membranes,口頭(招待・特別)

  • Industrial Chemistry and Water Treatment,Toshiki Aoki,国際会議,2017年07月,Las Vegas, USA,Unusual phenomena in helix-sense-selective polymerization of achiral acetylenes,口頭(基調)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 気体分離膜の開発,未設定,未設定

  • 光学活性体センサー機能膜の開発,未設定,未設定

  • キラルポリフェニルアセチレンを用いた膜分離法および選択吸着沈殿法による光学分割,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,化学技術英語,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,高分子化学実験,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研修,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研究,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,論文輪講I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>