基本情報

写真a

臼井 聡

USUI Satoshi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

新潟TLOを通して県内企業との共同研究を行っております。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,九州大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部,講師,1996年04月 ~ 1999年02月

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科,准教授,2004年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 理学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1982年01月 ~ 継続中,日本国

  • 光化学協会,1987年01月 ~ 継続中,日本国

  • 有機合成化学協会,1991年01月 ~ 継続中,日本国

  • 大気環境学会,2006年01月 ~ 継続中,日本国

  • 基礎有機化学会,2011年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • デバイス関連化学

  • グリーン・環境化学

  • 有機化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation of benzyl cation in the photosolvolyses of 2-benzyloxynaphthalene derivatives,Satoshi Usui and Takahiro Suzuki,21st IUPAC Conference on Physical Organic Chemisty, p.B30,2012年09月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Substituent Effect on the Rates of α- or β-CF3-2-Arylethyl Acetolysis,Satoshi Usui, Tatsuya Kojima, Ken Hazama, Mie Ohta, Keiko Kato and Mutsuo Okamura,13th Europian Symposium on Organic Reactivity, p.102,2011年09月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Reduction of Nitroaromatics by the Electron Transfer Reaction from Ru(bpy)32+ Using Methyl Viologen As an Electron Mediator,Satoshi Usui, Azusa Araki, Kunihiro Sasaki, and Masahiro Endo,20st IUPAC Conference on Physical Organic Chemisty, p.114,2010年08月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Exalted Resonance Demands in the Substituent Effects on the Acetolyses of 2-Arylethyl trifluoromethanesulfonates Destabilized by CN and CF3 Groups,Satoshi Usui, Shoko Tsuboya, Yukihiro Umezawa, Ken Hazama, and Mutsuo Okamura,,Bulletin of Chemical Society of Japan,Vol.82,No.2, pp.254-260,2009年02月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Substituent Effects on the Acetolysis Rates of Phenylethyl Sulfonates Bearing α- or β-CF3 Group,Satoshi Uusui, Yukihiro Umezawa, Ken Hazama, Shoko Tsuboya, Aiko Tanaka,19th IUPAC Conference on Physical Organic Chemistry, p.220,2008年07月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 財団法人佐々木環境技術振興財団試験研究,2010年09月 ~ 2011年05月,太陽光を用いた環境中のニトロベンゼン誘導体分解除去に関する研究

    民間財団等

  • 財団法人内田エネルギー科学振興財団試験研究,2007年09月 ~ 2008年09月,ルテニウム錯体とビオロゲンを用いた太陽光による芳香族ニトロ化合物の分解システムの構築

    民間財団等

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 有機高分子・ポリメチルビニルアルコール(PMVA)の試作合成,2006年03月,(株)新潟ティーエルオー,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 銅素材への効果的殺菌性付与技術に関数共同研究,2009年04月 ~ 2010年04月,国内共同研究

  • 冷間強加工導線の殺菌・抗菌力に関する研究,2007年09月 ~ 2008年03月,国内共同研究

  • シリコンウエハーの最適加工条件の確立と加工品の評価,2005年06月 ~ 2005年12月,株式会社新潟ティーエルオー,その他

  • シリコンウエハーの加工処理と処理後の特性評価,2004年10月 ~ 2005年03月,株式会社新潟ティーエルオー,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • European Symposium on Organic Reactions XIII,Satoshi Usui, Tatsuya Kojima, Ken Hazama, Mie Ohta, Keiko Kato and Mutsuo Okamura,国際会議,2011年09月,Substituent Effect on the Rates of α- or β-CF3-2-Arylethyl Acetolysis,ポスター(一般)

  • 2010 Internatilnal Chemical Congress on Pacific Basen Societies,Usui, Satoshi; Kojima, Tatsuya; Hazama, Ken; Ohta, Mie; Kato, Keiko; Okamura, Mutsuo,国際会議,2010年12月,Substituent Effects on the Acetolysis Rates of Phenylethyl Sulfonates Bearing α- or β-CF3 Group,ポスター(一般)

  • The 20th IUPAC Conference on Physical Organic Chemistry,Satoshi Usui, Azusa Araki, Kunihiro Sasaki, and Masahiro Endo,国際会議,2010年08月,Reduction of Nitroaromatics by the Electron Transfer Reaction from Ru(bpy)32+ Using Methyl Viologen As an Electron Mediator,ポスター(一般)

  • 12th Kyushu Symposium on Physical Organic Chemistry ,Satoshi USUI, Aiko TANAKA, Shoko TSUBOYA, and Mutsuo OKAMURA,国際会議,2009年12月,Substituent effect on the Acetolysis of α-CN-β-CF3-β-Arylethyl Triflate,ポスター(一般)

  • Faraday Discussion 145: Frontiers in Physical Organic Chemistry,Satoshi USUI*, Aiko TANAKA, Shoko TSUBOYA, and Mutsuo OKAMURA,国際会議,2009年09月,Substituent effect on the Acetolysis of α-CN-β-CF3-β-Arylethyl Triflate,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新潟県弥彦山頂における酸性雪モニタリング,未設定,未設定

  • 化学反応機構の理論研究,未設定,未設定

  • 光化学反応を利用した有機合成反応の開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学実験法,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物質反応化学,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,理学スタディ・スキルズ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,課題研究C,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>