基本情報

写真a

石川 文洋

ISHIKAWA Fumihiro


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),横浜国立大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 自然構造科学専攻,助教,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,助教,2010年04月 ~ 2012年11月

  • 新潟大学 理学部 物理学科 物性科学,准教授,2012年11月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,准教授,2012年11月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,准教授,2012年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1996年01月 ~ 継続中,日本国

  • 応用物理学会,1995年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 鉄砒素化合物の超伝導に対する圧力効果,2007年04月 ~ 継続中

    鉄ニクタイド超伝導体,物性Ⅱ,機関内共同研究,科学研究費補助金

    鉄砒素系化合物BaFe2As#D2#Dの圧力誘起超伝導などの鉄ニクタイド化合物の圧力下における物性を明らかにし、その超伝導機構の解明を目的とした。

  • Pr247の超伝導特性に対する圧力効果,2004年03月 ~ 継続中

    Pr247,物性Ⅱ,機関内共同研究,科学研究費補助金

    擬一次元伝導を示す、Pr2Ba4Cu7O15-d
    還元試料で出現する超伝導相における高圧下物性の測定を行った。

  • Fe2VAlの巨大熱電能と磁気特性,2004年03月 ~ 継続中

    熱電能,物性Ⅱ,個人研究,(選択しない)

    ホイスラー合金Fe2VAlの熱電能に対する組成依存性を測定し、
    100μV/K以上もある巨大な熱電能を調査した。

  • MnAs、MnAs0.9Sb0.1の磁気転移を伴う構造相転移,2002年12月 ~ 2004年02月

    磁場中X線回折,物性Ⅱ,個人研究,(選択しない)

    磁気冷凍材料であるMnAs、MnAs0.9Sb0.1の室温付近の磁気転移が、構造相転移を伴う一次転移であることを明らかにした。

  • Co系金属間化合物の多重極限下における遍歴電子メタ磁性,1995年04月 ~ 継続中

    遍歴電子磁性,物性Ⅱ,個人研究,(選択しない)

    YCo3などのCo系金属間化合物の磁性をパルス強磁場を用いた高磁場磁化測定を行い、遍歴電子メタ磁性の機構解明を行った。CoをNiで置換した擬二元系における磁性は、遍歴的な磁性を示した。
    また、Lu(Co, Ga)2のメタ磁性転移を様々な温度で測定し、ランダウ係数の温度依存性を実験的に明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Pressure effect on critical temperature for superconductivity and lattice parameters of AlB2-type ternary silicide YbGa1.1Si0.9,Ayako Ohmura, Koji Fujimaki, Fumihiro Ishikawa, Yuh Yamada, Naohito Tsujii, and Motoharu Imai,Physical Review B,Vol.84, p.104520, 1-7.,2011年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Pressure-induced phase transition of Bi2Te3 to a bcc structure,Mari Einaga, Fumihiro Ishikawa, Ayako Ohmura, Atsuko Nakayama, Yuh Yamada, and Satoshi Nakano,Physical Review B,Vol.83, p. 092102, 1-4 ,2011年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Weak itinerant ferromagnetism in Heusler-type Fe2VAl0.95, ,K. Sato, T. Naka, M. Taguchi, T. Nakane, F. Ishikawa, Y. Yamada, Y. Takaesu, T. Nakama, A. de Visser, and A. Matsushita, ,Physical Review B,Vol.82, p.104408, 1-8.,2010年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Pressure-Induced Superconductivity in Eu0.5Ca0.5Fe2As2: Wide Zero-Resistivity Region Due to Suppression of Eu Magnetic Order and Chemical Pressure, ,Akihiro Mitsuda, Tomohiro Matoba, Fumihiro Ishikawa, Yuh Yamada, and Hirofumi Wada, ,Journal of Physical Society of Japan,Vol.79, p. 073704,1-4.,2010年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • New superconducting phase of Bi2Te3 under pressure above 11 GPa,M Einaga, Y. Tanabe, A. Nakayama, A. Ohmura, F. Ishikawa, and Yuh Yamada,Journal of Physics: Conference Series ,Vol.215, p.012036,1-4.,2010年03月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 継続中,10 GPa 級圧力装置によるプラセオ系銅酸化物超伝導体のホール効果測定

    超伝導を示す擬一次元伝導体であるPr2Ba4Cu#R7RO#R15-dの圧力下における超伝導性を明らかにする目的で、10GPaまでの圧力下でのホール効果測定を可能とする装置の開発を行った。

  • 若手研究(A),2007年04月 ~ 継続中,鉄オキシニクタイド超伝導体の単結晶育成と高圧下物性の研究

    鉄系超伝導体の既存物質や多層構造を持つ新物質の単結晶育成を行う。
    単結晶に対する異方的な圧力の効果として転移温度の上昇があり、
    このことから鉄系超伝導体に置ける転移温度の記録更新を目指す。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • ユニオンツール助成金,2010年06月

  • 内田エネルギー助成金,2010年06月

  • ユニオンツール助成金,2007年06月

  • 内田エネルギー助成金,2007年06月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会2011年秋季大会,石川文洋, 大河原佑太, 中山敦子, 大村彩子, 山田裕, 名嘉節, 松下明行,国内会議,2011年09月,非化学量論組成を持つ Fe2VAl1+δ の磁気的性質,口頭(一般)

  • The 26th International Conference on Low Temperature Physics,F. Ishikawa, Y. Okawara, A. Ohmura, A. Nakayama, Yuh Yamada, T. Naka and A. Matsushita,,国際会議,2011年08月,Effect of nonstoichiometric aluminum composition on magnetic properties of Fe2VAl system,ポスター(一般)

  • 会第51回高圧討論会,石川文洋, 藤巻孔二, 榮永茉利, 大村彩子, 中山 敦子, 山田裕, 松下明行, 名嘉節, 中西剛司,国内会議,2010年10月,磁化測定を目指した超小型改良ブリッジマンアンビル型圧力セルの開発,ポスター(一般)

  • 日本物理学会 第65回年次大会,石川文洋、江口直也、児玉通大、藤巻孔二、榮永茉利 、中山敦子、大村彩子、的場智広、光田暁弘、和田裕文、山田裕 、中野智志,国内会議,2010年03月,BaFe2As2の圧力誘起超伝導に対する異方的圧力効果,口頭(一般)

  • 第49回高圧討論会,石川文洋、田辺祐実子、大村彩子、中山敦子、山田裕、松下明行、名嘉節、中西剛司,国内会議,2009年11月,強化プラスチックを用いた磁化測定用改良ブリッジマンアンビル型圧力セルの開発II,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,自然科学基礎実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物性物理学I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,日本事情自然系A,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物理学基礎BⅠ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2016年度,固体物性物理学Ⅰ,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • ダブルホーム制学生支援プロジェクト担当,2008年10月 ~ 継続中