基本情報

写真a

石田 美紀

ISHIDA Minori


学系

人文社会科学系

系列

人文科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

映像、表象、身体、技術、ジェンダー

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  文学部

    大学,1995年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  人間・環境学研究科

    博士課程,2005年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学),映像文化,京都大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 人文学部 文化コミュニケーション論講座,准教授,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 人文学部 人文学科,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 現代文化専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 環東アジア研究センター,准教授,2018年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院人間・環境学研究科,日本学術振興会特別研究員,2003年04月 ~ 2006年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 大正イマジュリィ学会,2006年11月 ~ 継続中,日本国

  • 美学会,1995年08月 ~ 継続中,日本国

  • 日本映像学会,1997年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本アニメーション学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 美学・芸術諸学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 芸術に打ち込む娘たち―占領期の高峰秀子,石田美紀,ユリイカ,Vol.47,No.6, pp.169-177,2015年04月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 高倉健を分有する,石田美紀,ユリイカ,Vol.47,No.2, pp.168-175,2015年02月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 戦闘美少女と叫び、そして百合,石田美紀,ユリイカ,Vol.46,No.15, pp.181-189,2014年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 阿部寛―顔との闘い,石田美紀,ユリイカ,2014年07月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 田中絹代と小津映画,石田美紀,ユリイカ,2013年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 密やかな教育〈やおい・ボーイズラブ〉前史,石田美紀,洛北出版,2008年11月,日本語

    単行本(学術書),単著

  • 入門・現代ハリウッド映画講義,石田美紀,藤井仁子,碓井みちこ,韓燕麗,鷲谷花,山本直樹,山口菜穂子,人文書院,2008年03月,日本語

    単行本(学術書),第四章 新しい身体と場所―『ロード・オブ・ザ・リング』三部作と映画史,共著

  • 現代の起点 第一次世界大戦 3 精神の変容,山室信一、岡田暁生、小関隆、藤原辰史、石田美紀他,岩波書店,2014年06月,日本語

    単行本(学術書),コラム アメリカ映画の世紀,共著

  • 感性学―触れ合う心・感じる身体,栗原隆, 石田美紀他,東北大学出版会,2014年04月,日本語

    単行本(学術書),娯楽と教育、そして絵 ―挿絵画家・高畠華宵の場合,共著

  • 懐かしさは未来とともにやってくる―地域映像アーカイブの理論と実践,原田健一, 石井仁志,石田美紀他,学文社,2013年09月,日本語

    単行本(学術書),第4章 地域の肖像 ―新潟県観光映画と中俣正義 ,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ルキーノ・ヴィスコンティ監督映画『イノセント』解説,石田美紀,ルキーノ・ヴィスコンティ監督映画『イノセント』DVD/BD,2014年11月,日本語

    その他記事,単著

  • ヴィットーリオ・デ・シーカ監督映画『自転車泥棒』解説,石田美紀,ヴィットーリオ・デ・シーカ監督映画『自転車泥棒DVD/BD,2013年11月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • 現代日本の魔女,石田美紀,愛知県美術館,魔術/美術―幻視の技術と内なる異界―,2012年,日本語

    総説・解説(その他),共著

  • イタリアの国民的女優 アンナ・マニャーニの演技にイタリア人は戦後の自画像を見た,石田美紀,国際交流基金 山川出版社,をちこち,No.21, pp.35-37,2008年02月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学人文科学奨励賞 阿部賞,2009年08月,日本国,その他の賞,新潟大学人文学部,石田美紀

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,デジタル技術時代の映画俳優身体表象に関する領域横断的研究

    実写映像とCGをスムーズに融合させるデジタル技術の出現により、21世紀初頭の物語映画において、身体表象はかつてない変容を被っている。これまで可視的存在に徹してきた俳優の身体はCGを纏い、その彼方に消滅する。可視的かつ不可視的である新しい身体表象をアニメーションにおける声優、さらにはゲームにおけるキャラクターと比較対照させ、映画史におけるその意義を明らかにするとともに、実写映像を中心に構築されてきた映画史そのものを再構築する。

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月,現代スペクタクル映画におけるCGI表現に関する映画史横断的研究

    1990年代後半から2000年代にかけて、実写物語映画には、CGI表現が多用されている。しかしながら、CGIについて、従来の映画学・映画批評は嫌悪や忌避しか表明してこなかった。本研究は、CGI表現の歴史的位置づけを行い、新しい映像の詩学としての可能性を明らかにする。それゆえ、対象となるのは、2000年代のハリウッド映画だけでなく、1910年代前半のイタリア・スペクタクル史劇、1910年代後半のG・W・グリフィス作品、および1990年代初頭のハリウッド映画である。これらの時空間が多岐にわたる映像作品を横断的に比較検討し、表現と技術、物語と視覚、実写映像とアニメーション映像について考察する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ANIMEのアイデンティティ:表現・物語・メディア,石田美紀,国際会議,2015年04月,.「ロトスコープと《アニメ》:『惡の華』を中心に」,口頭(一般)

  • Society for Cinema and Media Studies,Minori Ishida,国際会議,2014年03月,Post-3.11: Representing Disaster ,"The Lack of Media: the Invisible Domain after 3.11",口頭(一般)

  • まどか☆マギカ大討論会 魔法少女は世界を救うか?,斉藤綾子、広瀬正浩、石田美紀,国内会議,2013年09月,まどか☆マギカ大討論会 魔法少女は世界を救うか? 魔法少女は世界を救うか?,口頭(一般)

  • 美学 v.s .マンガ,篠原資明、竹宮惠子、蘆田裕史、石田美紀,国内会議,2012年05月,京都大学,美学 v.s .マンガ,口頭(一般)

  • The International Convention on Manga, Animation, Game and Media Art (ICOMAG),Ishida Minoiri, OGUMA Eiji, Ryan HOLMBERG,国際会議,2012年03月 ~ 2013年03月,Commons of Imagination―What Today’s Society Can Share through Manga and Animation―,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,イタリア語スタンダード IB,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,表現文化論演習,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,表象文化論概説,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,日本文化入門 2,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,メディア・表現文化研究法,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 京都国立近代美術館 ルノワール+ルノワール展関連シンポジウム,2008年07月

  • 京都大学人文科学研究所主催人文研アカデミー「第一世界大戦と芸術―音楽・美術・映画・文学」,2008年05月 ~ 2008年06月

  • にいがた国際映画祭実行委員会,2008年04月 ~ 2009年04月