基本情報

写真a

赤澤 宏平

AKAZAWA Kohei


職名

教授

研究室電話

025-227-2471

研究室FAX

025-227-0850

ホームページ

http://www.med.niigata-u.ac.jp/mic/

プロフィール

統計解析コンサルテーション、統計手法の開発、臨床試験の実践、医療情報システムの開発、情報技術の医学分野への応用を行っております。最近では、米国の臨床試験のコンサルテーションも受け付けております。これらの事例は論文や報告書にまとめておりますので、http://www.med.niigata-u.ac.jp/mic/を参照下さい。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(数理学),統計科学,九州大学,論文,1999年03月

  • 博士(医学),医療社会学,九州大学,論文,1993年07月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,教授,2003年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,教授,2003年10月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,教授,2003年10月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

  • ゲノム情報科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristics linked to the reduction of stigma towards schizophrenia: a pre-and-post study of parents of adolescents attending an educational program,Ling Y, Watanabe M, Yoshii H, Akazawa K,BMC Public Health,Vol.14,No.1, p.258,2014年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Economic impact of combination therapy with infliximab plus azathioprine for drug-refractory Crohn's disease: A cost-effectiveness analysis. ,Saito S, Shimizu U, Nan Z, Mandai N, Yokoyama J, Terajima K, Akazawa K.,Journal of Crohn's and Colitis,Vol.7,No.2, pp.167-174,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Gastric cancer treated in 2002 in Japan: 2009 annual report of the JGCA nationwide registry.,Nashimoto A, Akazawa K, Isobe Y, Miyashiro I, Katai H, Kodera Y, Tsujitani S, Seto Y, Furukawa H, Oda I, Ono H, Tanabe S, Kaminishi M.,Gastric Cancer,Vol.16,No.1, pp.1-27,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Growth of Japanese breastfed infants compared to national references and World Health Organization growth standards.,Tanaka H, Ishii H, Yamada T, Akazawa K, Nagata S, Yamashiro Y.,Acta Paediatrica,Vol.102,No.7, pp.739-743,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Heavy alcohol intake is a risk factor for esophageal squamous cell carcinoma among middle-aged men: A case-control and simulation study.,Kumagai N, Wakai T, Akazawa K, Ling YW, Wang S, Shan B, Okuhara Y, Hatakeyama Y, Kataoka H.,Molecular and Clinical Oncology,Vol.1,No.5, pp.811-816,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 敗血症の診断/治療の実状と 病態・メカニズムをふまえた開発戦略,早川 峰司, 赤澤 宏平 他,技術情報協会,2013年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 成功・失敗の傾向、各疾患の特徴からつかむ臨床試験計画とデザインの設定,青山 朋樹, 赤澤 宏平 他,技術情報協会,2012年,日本語

    単行本(学術書),共著

  • サバイバルデータの解析―生存時間とイベントヒストリデータ,赤澤 宏平, 柳川 尭,近代科学社,2010年07月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 医学統計学の事典,丹後 俊郎, 小西 貞則, 赤澤 宏平, 北村 信隆,朝倉書店,2010年07月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • バイオ統計の基礎―医薬統計入門,柳川 堯, 荒木 由布子,近代科学社,2010年02月,日本語

    単行本(学術書),編著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 病院の経営改善に電子カルテはいかに効果的か,赤澤宏平,(株)エムイー振興協会,新医療,Vol.32,No.7, pp.48-50,2005年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 医療統計手法の開発と統計解析の実践について.,赤澤宏平, 池田充, 本多正幸, 中野正孝,日本医療情報学会,医療情報学,Vol.23,No.3, pp.193-198,2003年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 遺伝子解析の匿名化とその情報管理,赤澤宏平,日本医療情報学会,医療情報学,Vol.in press,2003年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • EBMのインパクト,赤澤宏平,新潟医学会,新潟医学会雑誌,Vol.116,No.5, pp.209-218,2002年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 大学病院における診療情報管理と電子カルテ導入による医療の変革,赤澤宏平, 羽柴正夫, 曹 鵬宇, 山川智子,法とコンピュータ学会,法とコンピュータ,Vol.20, pp.39-45,2002年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2012年04月 ~ 2014年03月,遺伝子発現データに基づく予後予測モデル構築の統計理論の開発と実データによる検証

  • 基盤研究(B),2010年04月 ~ 2013年03月,食道がん発症リスク因子を確証的に同定するための中国疫学調査の実施

  • 特別研究員推奨費,2009年09月 ~ 2011年09月,ゲノムワイド疾患関連遺伝子同定のための遺伝統計学手法の開発

    ゲノムワイド疾患関連遺伝子同定のための遺伝統計学手法の開発

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,疾患関連遺伝子発見のための症例対照研究における統計学的問題とその解決策の検討

    疾患関連遺伝子発見のための症例対照研究における統計学的問題とその解決策の検討

  • 基盤研究(B),2004年04月 ~ 2006年03月,診療コストを算定するための新しい計算方法の開発と病院データに基づく妥当性の検証

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • パナルジン新規投与患者における臨床検査実施率調査,2001年04月 ~ 2002年03月,第一製薬(株),その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 診察情報の利用に関する研究(フェーズ2),2006年04月 ~ 2006年09月,株式会社エヌ・ティ・ティ・データ,その他

  • 診察情報の利用に関する研究,2005年09月 ~ 2006年03月,株式会社エヌ・ティ・ティ・データ,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 統計的調査・分析の企画ならびに統計解析コンサルタント,未設定,未設定

  • 遺伝情報の統計学的な解析方法の開発とその適用,未設定,未設定

  • 臨床試験における薬効評価,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,医学情報学(応用),2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,病院管理学,2016年05月,専任

  • 2016年度,社会保険,2016年05月,専任

  • 2016年度,医学情報学(基礎),2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,医学情報学(応用),2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>