基本情報

写真a

染矢 俊幸

SOMEYA Toshiyuki


学系

医歯学系

系列

医学系列

職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,精神神経科学,滋賀医科大学,論文,1990年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合研究科,教授,2001年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2001年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 災害・復興科学研究所,副所長,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 医学部,副学部長,2014年02月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of GWAS-identified genetic variants on maximum QT interval in patients with schizophrenia receiving antipsychotic agents: A 24-hour Holter ECG study.,Watanabe J, Fukui N, Suzuki Y, Sugai T, Ono S, Tsuneyama N, Saito M, Tajiri M, Someya T,J Clin Psychopharmacology,Vol.37,No.4, pp.452-455,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan. ,Kushima I, Aleksic B, Nakatochi M, Shimamura T, Shiino T, Yoshimi A, Kimura H, Takasaki Y, Wang C, Xing J, Ishizuka K, Oya-Ito T, Nakamura Y, Arioka Y, Maeda T, Yamamoto M, Yoshida M, Noma H, Hamada S, Morikawa M, Uno Y, Okada T, Iidaka T, Iritani S, Yamamoto T, Miyashita M, Kobori A, Arai M, Itokawa M, Cheng MC, Chuang YA, Chen CH, Suzuki M, Takahashi T, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Watanabe Y, Nunokawa A, Someya T, Ikeda M, Toyota T, Yoshikawa T, Numata S, Ohmori T, Kunimoto S, Mori D, Iwata N, Ozaki N,Mol Psychiatry,Vol.22,No.3, pp.430-440,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Rare FBXO18 variations and risk of schizophrenia: Whole-exome sequencing in two parent-affected offspring trios followed by resequencing and case-control studies. ,Hoya S, Watanabe Y, Hishimoto A, Nunokawa A, Inoue E, Igeta H, Otsuka I, Shibuya M, Egawa J, Sora I, Someya T,Psychiatry Clin Neurosci ,Vol.71,No.8, pp.562-568,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Rare PDCD11 variations are not associated with risk of schizophrenia in Japan. ,Hoya S, Watanabe Y, Hishimoto A, Nunokawa A, Kaneko N, Muratake T, Shinmyo N, Okuda I, Okuda S, Inoue E, Igeta H, Shibuya M, Egawa J, Orime N, Sora I, Someya T,Psychiatry Clin Neurosci,Vol.71,No.11, pp.780-788,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Rare genetic variants in CX3CR1 and their contribution to the increased risk of schizophrenia and autism spectrum disorders. ,Ishizuka K, Fujita Y, Kawabata T, Kimura H, Iwayama Y, Inada T, Okahisa Y, Egawa J, Usami M, Kushima I, Uno Y, Okada T, Ikeda M, Aleksic B, Mori D, Someya T, Yoshikawa T, Iwata N, Nakamura H, Yamashita T, Ozaki N,Transl Psychiatry,Vol.7,No.8,2017年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般臨床医・精神科医のためのうつ病診療エッセンシャルズ,染矢俊幸,メディカルレビュー社,2017年,日本語

    単行本(学術書),単著

  • エスシタロプラムのすべて(小山司監修, 樋口輝彦, 平安良雄編).,茂木崇治, 須貝拓朗, 染矢俊幸,先端医学社,2016年,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • DSM-5 診断トレーニングブック.,髙橋三郎(監訳), 染矢俊幸, 北村秀明, 渡部雄一郎(訳),医学書院,2015年,日本語

    その他,共訳

  • DSM-5 診断面接ポケットマニュアル.,髙橋三郎(監訳), 染矢俊幸, 北村秀明(訳).,医学書院,2015年,日本語

    その他,共訳

  • 精神・心理機能評価ハンドブック(山内俊雄, 鹿島晴雄編).,保谷智史, 染矢俊幸,中山書店,2015年,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Clozapineと尿失禁との関連について知りたい,恩田啓伍, 渡邉純蔵, 染矢俊幸,臨床精神薬理,Vol.20,No.9, pp.1069-1070,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Clozapine投与による妊婦, 授乳婦, 児への影響について,有波浩, 小野信, 染矢俊幸,臨床精神薬理,Vol.20,No.7, pp.807-810,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • ω3脂肪酸は自閉スペクトラム症に有効か?,橋尻洸陽, 斎藤摩美, 染矢俊幸,臨床精神薬理,Vol.20,No.11, pp.1307-1309,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 社交不安症に対するvenlafaxineの有効性について教えてほしい,森川亮, 斎藤摩美, 染矢俊幸,臨床精神薬理,Vol.20,No.3, pp.317-319,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 第二世代抗精神病薬を内服中に授乳をする場合の乳児の薬物摂取量と影響について,吉永清宏, 渡邉純蔵, 染矢俊幸,臨床精神薬理,Vol.20,No.1, pp.67-68,2017年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年日本臨床精神神経薬理学会学会奨励賞,2016年,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本臨床精神神経薬理学会学会,須貝拓朗, 鈴木雄太郎, 山崎學, 下田和孝, 森隆夫, 尾関祐二, 松田ひろし, 菅原典夫, 古郡規雄, 岡本呉賦, 寒河江豊昭, 染矢俊幸

  • 第68回新潟日報文化賞学術部門,2015年,日本国,出版社・新聞社・財団等の賞,新潟日報社,染矢俊幸

  • 2014年日本臨床精神神経薬理学会学会奨励賞,2014年,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本臨床精神神経薬理学会学会,鈴木雄太郎, 常山暢人, 福井直樹, 須貝拓朗, 渡邉純蔵, 小野信, 斎藤摩美, 井上義政, 染矢俊幸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2018年03月,神経発達障害のシナプス病態解明 -シグナル伝達経路異常の網羅的・定量的解析-.

  • 基盤研究(B),2014年04月 ~ 2018年03月,「心の理論」の脳基盤を介した自閉症の病態解明およびサルの自閉症モデル動物の作成.

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2016年03月,自閉症スペクトラム障害の脳内ネットワークによる類型化および療育のオーダーメイド化.

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,PDD・ARMSの有病率に関する大規模調査と長期追跡による生物学的マーカーの探索.

    PDD・ARMSの有病率に関する大規模調査と長期追跡による生物学的マーカーの探索.

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,新規抗精神病薬がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響.

    新規抗精神病薬がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金,2010年04月 ~ 2013年03月,治療抵抗性統合失調症に対する治療戦略のためのデータベース構築に関する研究.

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2008年04月 ~ 2011年03月,国内外の精神科医療における疾病分類に関する研究.

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2005年04月 ~ 2008年03月,ゲノム医学を活用した統合失調症及び気分障害に対する個別化治療法の開発

    厚生労働省

  • 厚生労働科学研究費補助金,2004年04月 ~ 2005年03月,ゲノム医学を活用した統合失調症及び気分障害に対する個別化治療法の開発

    厚生労働省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 抗うつ薬の臨床効果・副作用に関する薬理ゲノム研究,2007年04月 ~ 2008年03月,国立精神・神経センター,その他

  • 抗うつ薬の臨床効果・副作用に関する薬理ゲノム研究,2006年08月 ~ 2007年03月,支出負担行為担当官 国立精神・神経センター 運営局,その他

  • 抗うつ薬の臨床効果・副作用に関する薬理ゲノム研究,2005年09月 ~ 2006年03月,国立精神・神経センター,その他

  • 感情障害の治療ガイドライン強化に関する臨床実証的研究,2002年04月 ~ 2003年03月,国立精神・神経センター,その他

  • 感情障害の薬物治療ガイドライン強化に関する実証的研究,2001年04月 ~ 2002年03月,国立精神・神経センター,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症の末消血による診断及び病型分類法の確立,2006年04月 ~ 2007年03月,株式会社エスアールエル,その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 22nd World Congress of the International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions,Egawa J, Watanabe Y, Inoue E, Xing J, Kushima I, Okuda S, Hoya S, Okada T, Uno Y, Ishizuka K, Sugimoto A, Igeta H, Nunokawa A, Sugiyama T, Ozaki N, Someya T,国際会議,2016年09月,Calgary,Resequencing and association analysis of CLN8 with autism spectrum disorder in a Japanese population.,ポスター(一般)

  • 29th European College of Neuropsychopharmacology Congress,Sugai T, Suzuki Y, Yamazaki M, Shimoda K, Mori T, Ozeki Y, Matsuda H, Sugawara N, Yasui-Furukori N, Minami Y, Okamoto K, Sagae T, Someya T,国際会議,2016年09月,Vienna,High prevalence of underweight and under-nutrition in Japanese inpatients with schizophrenia: A nationwide survey.,ポスター(一般)

  • 29th European College of Neuropsychopharmacology Congress,Ono S, Suzuki Y, Fukui N, Sugai T, Watanabe J, Tsuneyama N, Saito M, Tajiri M, Someya T,国際会議,2016年09月,Vienna,The differences of incretin concentration after oral glucose tolerance test in patients with schizophrenia.,ポスター(一般)

  • 29th European College of Neuropsychopharmacology Congress,Fukui N, Suzuki Y, Ono S, Sugai T, Watanabe J, Tsuneyama N, Saito M, Tajiri M, Someya T,国際会議,2016年09月,Vienna,Association between GIPR gene and lipid profiles in schizophrenia patients treated with antipsychotics.,ポスター(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,精神神経系,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

  • 2016年度,精神神経系,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2015年度,精神神経系,2015年10月 ~ 2016年02月,専任

  • 2014年度,精神神経系,2014年10月 ~ 2015年02月,専任

  • 2013年度,精神神経系,2013年10月 ~ 2014年02月,専任

全件表示 >>