基本情報

写真a

増子 正義

MASUKO Masayoshi


職名

准教授

生年

1966年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2761

研究室FAX

025-227-0800

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),新潟大学,課程,1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院,医員,2003年10月 ~ 2005年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,助教,2005年04月 ~ 2013年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 高密度無菌治療部,准教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻,准教授,2013年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本血液学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本造血細胞移植学会,2004年04月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ血液学会,2006年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本輸血細胞治療学会,2006年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 総合内科専門医

  • 血液専門医

  • 造血細胞移植学会認定医

  • 輸血細胞治療学会認定医

  • がん治療認定医

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Patients with acute myeloid leukemia undergoing allogeneic hematopoietic cell transplantation: trends in survival during the past two decades.,Yanada M, Masuko M, Mori J, Aoki J, Mizuno S, Fukuda T, Kakihana K, Ozawa Y, Ota S, Kanamori H, Mori T, Nakamae H, Eto T, Shiratori S, Maeda T, Iwato K, Ichinohe T, Kanda Y, Tanaka J, Atsuta Y, Yano S,Bone marrow transplantation,Vol.54,No.4, pp.578-586,2019年04月,英語

    DOI:10.1038/s41409-018-0301-7,研究論文(学術雑誌),共著

  • Gemcitabine, Dexamethasone, and Cisplatin Regimen as an Effective Salvage Therapy for High-grade B-cell Lymphoma with MYC and BCL2 and/or BCL6 Rearrangements.,Mitobe M, Kawamoto K, Suzuki T, Kiryu M, Tamura S, Nanba A, Suwabe T, Tanaka T, Fuse K, Shibasaki Y, Masuko M, Miyoshi H, Ohshima K, Sone H, Takizawa J,Internal medicine (Tokyo, Japan),Vol.58,No.4, pp.575-580,2019年02月,英語

    DOI:10.2169/internalmedicine.1686-18,研究論文(学術雑誌),共著

  • Cladribine treatment for Erdheim-Chester disease involving the central nervous system and concomitant polycythemia vera: A case report.,Tamura S, Kawamoto K, Miyoshi H, Suzuki T, Katagiri T, Kasami T, Nemoto H, Miyakoshi S, Kobayashi H, Shibasaki Y, Masuko M, Takeuchi K, Ohshima K, Sone H, Takizawa J,Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH,Vol.58,No.4, pp.161-165,2018年12月,英語

    DOI:10.3960/jslrt.18015,研究論文(学術雑誌),共著

  • Refinement of the Glasgow Prognostic Score as a pre-transplant risk assessment for allogeneic hematopoietic cell transplantation.,Shibasaki Y, Suwabe T, Katagiri T, Tanaka T, Ushiki T, Fuse K, Sato N, Yano T, Kuroha T, Hashimoto S, Narita M, Furukawa T, Sone H, Masuko M,International journal of hematology,Vol.108,No.3, pp.282-289,2018年09月,英語

    DOI:10.1007/s12185-018-2463-x,研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of eculizumab treatment on quality of life in patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria in Japan.,Ueda Y, Obara N, Yonemura Y, Noji H, Masuko M, Seki Y, Wada K, Matsuda T, Akiyama H, Ikezoe T, Chiba S, Kanda Y, Kawaguchi T, Shichishima T, Nakakuma H, Okamoto S, Nishimura JI, Kanakura Y, Ninomiya H,International journal of hematology,Vol.107,No.6, pp.656-665,2018年06月,英語

    DOI:10.1007/s12185-018-2409-3,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 新潟県医師会学術奨励賞,2013年,日本国,その他の賞,新潟県医師会,増子正義

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本血液疾患免疫療法学会,評議員,2018年10月 ~ 継続中

  • 日本血液学会,評議員,2016年09月 ~ 継続中

  • 日本造血細胞移植学会,評議員,2013年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 日本骨髄バンク関東地区代表協力医師,2013年04月 ~ 継続中