基本情報

写真a

大屋 靖成

OYA Yasunari


学系

人文社会・教育科学系

系列

地域社会支援系列

職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程単位修得終了,理論経済学,東京大学,課程,1989年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 経済学部,講師,1991年04月 ~ 1994年03月

  • 新潟大学 経済学部,助教授,1994年04月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 経済学部 経済学科,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 経済経営専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本経済学会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本計量経済学会,1986年11月 ~ 2011年03月,日本国

  • アメリカ経済学会(American Economic Association),1991年12月 ~ 2007年03月,アメリカ合衆国

  • 計量経済学会(Econometric Society),1993年01月 ~ 1998年03月,その他

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 理論経済学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An Econometric Analysis:Trade Deficits and Domestic Economy in the US,大屋靖成,新潟大学経済論集,No.74, pp.91-106,2003年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • Contradiction of American Trade Deficit and Its Economic Prosperity,大屋靖成,新潟大学経済論集,2002年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • The Efficiency Analysis of Japanese Postal Pricing,Robert Albon,新潟大学経済論集,1994年03月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Asset Bubbleのミクロ的基礎,大屋靖成,経済経営研究,Vol.11,No.3, pp.1-19,1990年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 価格引き上げの遅滞と消費者の利益,大屋靖成,調査月報,1990年12月,日本語

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本企業のダイナミズム,宇沢弘文 他,東京大学出版会,1991年03月,日本語

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 政権交代とともに変わる米国経済理論の潮流,大屋靖成,世界週報,1993年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • バブルのミクロ的理論分析,大屋靖成,郵政研究所,調査月報,1991年04月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 戦後日本の経済学者 宇沢弘文,大屋靖成,経済セミナー,1985年08月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,演習ⅠA,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,市場と組織の理論,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,演習ⅡA,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2016年度,演習ⅠB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,演習ⅡB,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>