基本情報

写真a

大原 謙一

OOHARA Ken-ichi


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

教授

ホームページ

http://astro1.sc.niigata-u.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理,京都大学,課程,1984年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 理学部 物理学科,助教授,1993年05月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 理学部 物理学科,准教授,2007年04月 ~ 2009年09月

  • 新潟大学 自然科学研究科,教授,2009年10月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻 物理学,教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 物理学科,教授,2010年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,1978年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本天文学会,1990年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際天文連合,2000年01月 ~ 継続中,フランス共和国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 天文学

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 相対論的宇宙物理学,1980年04月 ~ 継続中

    数値相対論,素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理,天文学,国際共同研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • Prospects for observing and localizing gravitational-wave transients with Advanced LIGO, Advanced Virgo and KAGRA,B. P. Abbott, et al. (LIGO collaboration, Virgo collaboration, KAGRA collaboration),Living Reviews in Relativity,Vol.21,2018年12月,英語

    DOI:10.1007/s41114-018-0012-9,研究論文(学術雑誌),共著

  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRAにおけるデータ自動転送システムの開発と性能評価,酒井一樹, 神田展行, 大原 謙一, 山本尚弘, 宮川治, 佐々木幸次, 植木聡史, 高橋弘毅,電子情報通信学会論文誌 B,Vol.J101-B,No.9, pp.818-827,2018年09月,日本語

    DOI:10.14923/transcomj.2017JBP3064,研究論文(学術雑誌),共著

  • Probability Distributions of Means of IA and IF for Gaussian Noise and Its Application to an Anomaly Detection,Kazuki Sakai , Masato Kaneyama , Ken-ichi Oohara and Hirotaka Takahashi,Advances in Data Science and Adaptive Analysis,Vol.10, p.1850006,2018年07月,英語

    DOI:10.1142/S2424922X18500067,研究論文(学術雑誌),共著

  • Construction of KAGRA: an underground gravitational-wave observatory,T. Akutsu, et al. (KAGRA collaboration),Prog. Theor. Exp. Phys.,Vol.2018,No.1, p.013F01,2018年01月,英語

    DOI:10.1093/ptep/ptx180,研究論文(学術雑誌),共著

  • Estimation of starting times of quasinormal modes in ringdown gravitational waves with the Hilbert-Huang transform,Sakai Kazuki, Oohara Ken-ichi, Nakano Hiroyuki, Kaneyama Masato, Takahashi Hirotaka,PHYSICAL REVIEW D,Vol.96,No.4, p.044047,2017年08月,その他外国語

    DOI:10.1103/PhysRevD.96.044047,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ニュートリノと重力波,日本物理学会編,裳華房,1997年05月,その他外国語

    その他,重力波の理論とその源,分担執筆

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The Japanese space gravitational wave antenna: DECIGO,Seiji Kawamura, et al. (DECIGO collaboration),Classical and Quantum Gravity,Vol.28,2011年05月,その他外国語

    DOI:10.1088/0264-9381/28/9/094011,総説・解説(国際会議プロシーディングズ),共著

  • Effectiveness of empirical mode decomposition in search for gravitational wave signals ii : An possiblity of constructing an alert system,Ken Ichi Oohara, Jordan B. Camp, Yuta Hiranuma, Alexander Stroeer, Hirotaka Takahashi, Hirotaka Takahashi,Proceedings of the 21st Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan, JGRG 2011, pp.243-246,2011年01月,その他外国語

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ),共著

  • Effectiveness of empirical mode decomposition in search for gravitational wave signals,Yuta Hiranuma, Makoto Saito, Masamoto Saito, Ken Ichi Oohara, Hirotaka Takahashi, Hirotaka Takahashi, Alexander Stroeer, L. Blackburn, Jordan B. Camp,Proceedings of the 20th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan, JGRG 2010, pp.164-167,2010年12月,その他外国語

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ),共著

  • 中性子星の衝突と重力波,大原謙一,数理科学,Vol.31,No.6, pp.43-48,1993年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 特集 重力波 連星中性子星の合体と重力波,大原謙一, 中村卓史,数理科学,Vol.28,No.11, pp.44-52,1990年11月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新学術領域研究,2017年10月 ~ 2022年03月,重力波物理学・天文学:創世記 計画研究A01 重力波データ解析による重力理論の検証

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2019年03月,適応データ解析による重力波探査システムの開発とデータ 解析ライブラリの整備

  • 新学術領域研究,2012年10月 ~ 2017年03月,天体からの重力波検出で開く物理学のフロンティア 計画研究A03 重力波のイベント速報のためのデータ解析の研究

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,バースト的シグナルを含む新しい重力波データ解析手法の開発

    日本で建設が開始されるLCGT や欧米のLIGO, Virgo などのレーザー干渉計重力波観測装置の観測データから重力波信号を検出するための新しい手法の開発を行う。本研究では,連星中性子星の合体の際に放射される重力波のように持続時間が数分間におよぶイベントだけでなく,大質量ブラックホール連星の合体や超新星爆発のようなバースト的なイベントに対しても有効な解析手法を開発し,その有効性を検証する。また,マッチドフィルター解析など,これまでに開発されている解析手法と
    も連携し,リアルタイムでの重力波信号検出プログラムへの実装をめざす。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,数値相対論による重力波テンプレート構築と重力波データ解析法の研究

    コンパクト星のスピン(自転)の効果を含めたコンパクト連星から重力波のデータ解析法の研究及び実装をおこなうことを目的とする。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 内田エネルギー科学振興財団・科学技術知識普及事業助成,2006年04月 ~ 2007年03月,湯川・朝永の学問の系譜

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 4th KAGRA International Workshop,Kenichi Ohara on behalf of KAGRA collaboration,国際会議,2018年06月,Ewha Womans University, Seoul,KAGRA data management : Summary of Phase-I and status,口頭(一般)

  • The 2017 Gravitational Wave Physics and Astronomy Workshop,Kazuki Sakai, Ken-ichi Oohara, Hiroyuki Nakano, Masato Kaneyama and Hirotaka Takahashi,国際会議,2017年05月,Annecy, France,Estimation of starting times of quasi-normal modes in ringdown gravitational waves with the Hilbert-Huang transform,ポスター(一般)

  • 17th KAGRA face-to-face meeting,Ken-ichi Oohara on behalf of KAGRA collaboration,国際会議,2017年,DMG subsystem report: overall and new main storage,口頭(招待・特別)

  • Symposium on New development in astrophysics through multimessenger observations of gravitational wave sources,Ken-ichi Oohara,国際会議,2016年12月,京都大学,Application of the Hilbert-Huang transform to data analysis of gravitational waves,口頭(一般)

  • 14th KAGRA Face to Face Meeting,Ken-ichi Oohara on behalf of DMG,国際会議,2016年08月,富山大学,Technical Problems and Solutions about Data Transfer System,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,複素解析,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,物理学基礎BⅠ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,理学スタディ・スキルズ,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2018年度,宇宙物理学特論Ⅰ,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,複素解析,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 部局セキュリティ・個人情報保護委員会委員長,2006年04月 ~ 継続中

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,新潟支部長,2018年04月 ~ 2020年03月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 公開講座 最新宇宙像,2018年06月 ~ 2018年09月

  • サイエンスカフェにいがた,重力波の初観測から重力波天文学の夜明け,2017年12月

  • 新潟県高校生理数トップセミナー,2017年11月 ~ 2017年12月

  • 新潟経済同友会講演会 重力波の初観測から重力波天文学へ,2017年09月

  • 第12回最新の天文学の普及をめざすワークショップ,2016年10月

全件表示 >>