基本情報

写真a

大竹 憲邦

OHTAKE Norikuni


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士,植物栄養学・土壌学,新潟大学,課程,1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 農学部,日本学術振興会特別研究員,1998年04月 ~ 1999年09月

  • 新潟大学 農学部 応用生物化学科,准教授,2007年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 農学部 農学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高等植物における窒素/炭素集積機構の調節,1985年04月 ~ 継続中

    貯蔵タンパク質 集積調節,植物栄養学・土壌学,個人研究,ライフサイエンス基礎科学研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Nitrate on Nodule and Root Growth of Soybean (Glycine max (L.) Merr.)., Akinori Saito, Sayuri Tanabata, Takanari Tanabata, Seiya Tajima, Manabu Ueno, Shinji Ishikawa, Norikuni Ohtake, Kuni Sueyoshi, Takuji Ohyama,International Journal of Molecular Sciences,Vol.15,No.3, pp.4464-4480,2014年01月,英語

    DOI:10.3390/ijms15034464,研究論文(学術雑誌),共著

  • Site of free amino acid accumulation in tulip (Tulipa gesneriana) roots during autumn and winter, Misaki Yamamoto, Toshitaka Ishida, Ryota Tanemura, Shinji Ishikawa, Norikuni Ohtake, Kuni Sueyoshi, Takuji Ohyama,Soil Science and Plant Nutrition,Vol.58,No.2, pp.183-190,2012年01月,英語

    DOI:10.1080/00380768.2012.669352,研究論文(学術雑誌),共著

  • Critical Nitrogen Level Determination in Curcuma alismatifolia Gagnep, C Inkham, K Sueyoshi, N Ohtake, T Ohyama, S Ruamrungsri,European Journal of Horticultural Science ,Vol.01,No.76, pp.188-193,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of Temperature and Nitrogen Sources on Growth and Nitrogen Assimilation of Curcuma alismatifolia Gagnep, C Inkham, K Sueyoshi, N Ohtake, T Ohyama, S Ruamrungsri,Thai Journal of Agritural Science,Vol.44,No.01, pp.145-153,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Nitrogen and Carbon Translocation and Distribution in Curcuma alismatifolia Gagnep. by Labelling Experiment with 15 N and 13 C, T Khuankaew, S Ruamrungsri, S Ito, T Sato, N Ohtake, K Sueyoshi, T Ohyama,Acta horticulturae,Vol.886, pp.131-138,2011年01月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Advances in Biology and Ecology of Nitrogen Fixation, Takuji Ohyama, Atsushi Momose, Norikuni Ohtake, Kuni Sueyoshi, Takashi Sato, Yasuhiro Nakanishi, Constancio A. Asis Jr, Soraya Ruamrungsri, Shotaro Ando , InTech,2014年01月,日本語

    単行本(学術書),Nitrogen Fixation in Sugarcane,共著

  • Effect of Nitrate on Nodulation and Nitrogen Fixation of Soybean,Takuji Ohyama, Hiroyuki Fujikake, Hiroyuki Yashima, Sayuri Tanabata, Shinji Ishikawa, Takashi Sato, Toshikazu Nishiwaki, Norikuni Ohtake, Kuni Sueyoshi, Satomi Ishii, Shu Fujimaki,,InTech,2012年04月,英語

    単行本(学術書),共著

  • A new technology of deep placement of slow release nitrogen fertilizers for promotion of soybean growth and seed yield. ,K. Tewari, Y Nagumo, Y. Takahashi, K. Sueyoshi, N Ohtake, T. Ohyama,Nova science publishers,,2010年01月,英語

    単行本(学術書),共著

  • Accumulation of soybean seed storage protein. in Nitrogen Assimilation in Plants. ,N. Ohtake,Research Signpost ,2010年01月,英語

    単行本(学術書),単著

  • Symbiotic nitrogen fixation and its assimilation in soybean. in Nitrogen Assimilation in Plants. ,T. Ohyama, S. Ito, Y Nagumo, N. Ohtake, K. Sueyoshi Y. Takahashi and T. Sato ,Research Signpost,2010年01月,英語

    単行本(学術書),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,農産物Web市場の発展に関する実験経営学的研究

    米のWeb販売における付加情報として、栽培歴だけでなく、土壌分析結果やSPAD値等植物栄養,土壌肥料的な分析値、さらに食味についても、食味計の値だけではなく、FT-IRを用いた指紋分析値等などを掲載することで、どの程度購買意欲の上昇が見込まれるか調査した。

  • 若手研究(A),2003年04月 ~ 2006年03月,窒素に応答したダイズ種子貯蔵タンパク質遺伝子転写調節因子の同定

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 作物水耕栽培培地からの電気エネルギーの取り出し,2012年10月 ~ 2013年03月,新潟市,受託試験

  • FT-IRによる米の品質調査,2010年04月 ~ 2011年03月,一般受託研究

  • 鉢物輸入時における品質劣化の原因究明とその改善策についての検討,2010年04月 ~ 2011年03月,一般受託研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,植物栄養学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,土壌植物資源科学演習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物理化学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎物理学,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,植物環境応答学特論Ⅱ,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>