基本情報

写真a

大庭 昌昭

OBA Masaaki


学系

人文社会科学系

系列

教育学系列

職名

准教授

生年

1968年

研究分野・キーワード

体育科教育、コーチング、水泳

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(体育学),スポーツ科学,筑波大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 教育人間科学部,講師,1998年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,講師,1999年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 教育人間科学部 学校教育課程,助教授,2000年04月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,准教授,2000年04月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 教育学研究科 教科教育専攻,准教授,2007年04月 ~ 2009年04月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本バイオメカニクス学会,1992年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本スポーツ産業学会,1993年01月 ~ 継続中,日本国

  • 新潟県体育学会,1998年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本水泳・水中運動学会,1999年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 体育科教育学

  • スポーツ方法学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 牽引泳による着衣時水泳運動の動力学的負荷,木村隆彦, 鈴木淳也 他,運動とスポーツの科学,Vol.19,No.1, pp.207-212,2013年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • キック動作の違いが泳速度調節に及ぼす影響,大庭昌昭,日本体育学会体育方法専門分科会会報,No.38, pp.59-61,2012年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • ジュニアアスリート競泳選手の牽引水泳Semi-Tethered Swimming時パワーと自転車エルゴメータ駆動時最大無酸素パワーの関係,塩野谷明, 立川厚太郎, 西條暁里, 大庭昌昭,トレーニング科学,Vol.23,No.3, pp.275-285,2011年10月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effect of subjective effort on stroke timing in Breaststroke Swimming,M. Ohba, S. Sato, Y. shimoyama, D. Sato,Proceeding of XIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming, pp.274-275,2010年06月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 主観的努力度の変化が泳速度に及ぼす影響,大庭昌昭・佐藤慎哉・下山好充・佐藤大輔,スポーツ方法学研究(日本体育学会体育方法専門分科会会報),Vol.23,No.2, pp.113-116,2010年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教師を目指す学生必携 保健体育科教育法(杉山重利・高橋健夫・園山和夫[編]),杉山重利他,大修館書店,2009年11月,日本語

    教科書,小学校の体育の授業<水泳系>,共著

  • デジタル版 中学校体育科教育指導法授業資料集,高橋健夫他,(株)ニチブン,2008年11月,日本語

    教科書,楽しみながら技能の定着を図る授業の考え方(水泳) 及び 6. 評価の考え方・進め方(水泳),共著

  • デジタル版新しい小学校体育授業の展開(小学校体育科教育実践講座)(理論編2)(監修:永島惇正・高橋建夫・細江文利),品田龍吉・・・・・大庭昌昭・・・・・,(株)ニチブン,2006年05月,日本語

    その他,第4章5-4「水泳」の学習評価(136-141),共著

  • アクアフィットネスインストラクター指導教本,野村武男・佐竹弘靖・下永田修二・富樫泰一・小野寺昇・渡部厚一・曽根博仁・板倉友紀・山田信博・目崎登・金岡恒治・菅野篤子・上田千穂子・須藤明治・工藤明子・谷口綾子・目黒伸良・稲垣裕美・大庭昌昭・西牟田武弘,社団法人日本スイミングクラブ協会,2000年12月,日本語

    その他,第7章1水中運動の施設の概要(227-229),単著

  • スイミングイーブンファースター(監訳)野村武男・田口正公,野村武男・田口正公・中谷弘幸・青葉貴明・萬久博敏・下山好充・大庭昌昭・青柳美由季・下永田修二・洲雅明・田井村明博・松波勝・石川雄一,ベースボールマガジン社,1999年06月,日本語

    その他,65 ,単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 今,地域に問われていること(地域で育む青少年の体験活動),大庭昌昭,新潟県教育月報, pp.6-9,2003年03月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 全国国公立学生選手権水泳競技大会,2002年12月

    その他

  • 日本学生選手権水泳競技大会,2002年12月

    その他

  • The 9th FINA World Swimming Championships FUKUOKA 2001 (Routine Analysis in Synchronised Swimming - Biomechanical Analysis of Routines -),2001年12月

    その他

  • 日本学生選手権水泳競技大会(監督),2000年10月

    その他

  • 全国国公立水泳競技大会,2000年08月

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会体育方法専門分科会 優秀賞,2012年08月23日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本体育学会体育方法専門分科会,大庭昌昭

  • 日本体育学会体育方法専門分科会 最優秀賞,2010年09月09日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本体育学会体育方法専門分科会,大庭昌昭, 佐藤慎哉, 佐藤大輔, 下山好充

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,グレーディング能力を基にした平泳ぎの動作分析

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,高強度領域における主観的努力度の変化が平泳ぎパフォーマンスに及ぼす影響

    スポーツ選手は、競技中、自身の主観的な運動感覚を手かがりに物理的出力強度を調節・段階づけしており、競泳競技など記録系競技では重要な能力となる。水泳運動中のグレーディングに関わり表出する主観と客観のズレの要因を解明することを研究全体の目標としており、本研究においては、高強度水泳運動中のグレーディングに関与する泳動作特性(ストロークパラメータ・速度変化・上下肢のタイミングなど)を明らかにすることで、競泳レースにおける努力度利用に関する実践的示唆を与えることによるパフォーマンス向上の可能性を検証する。

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 新型パドル装着によるストローク動作に与える影響に関する検討,2011年01月 ~ 2011年09月,丸善建材,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • XIIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming,Masaaki OHBA, Yoshimitsu SHIMOYAMA, Shozo Tsubakimoto,国際会議,2014年04月 ~ 2014年05月,Australian Institute of Sport, Canberra, Australia,Effect of swimming speed on breaststroke movement in a swimming flume,ポスター(一般)

  • XIth International Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming,M. Ohba, S. Sato, Y. shimoyama, D. Sato,国際会議,2010年06月,Oslo, Norway,Effect of subjective effort on stroke timing in Breaststroke Swimming,ポスター(一般)

  • International Conference of Aquatic Space Activities,Masaaki OHBA, Yoshimitsu SHIMOYAMA, Takeo NOMURA,国際会議,2008年03月,つくば国際会議場,The effect of subjective effort on turning motion in breaststroke turn,ポスター(一般)

  • Xth World Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming,M. Ohba, M. Takahashi, Y. shimoyama, T. Nomura,国際会議,2006年06月,Porto, Portugal,Effect of teaching points on turn motion of breaststroke for beginning-swimmers,ポスター(一般)

  • IXth World Symposium on Biomechanics and Medicine in Swimming,Masaaki OHBA, Akira SHIONOYA2, Takeo NOMURA,国際会議,2002年06月,Method of Applying 600 meter Swimming Tests to Training,ポスター(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,健康スポーツ科学講義b,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,健康スポーツ科学実習 Ib,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,保健体育科教育学演習I,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,水泳,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,体育方法学演習IC,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 公認スポーツ指導者賞,2014年01月,新潟県体育協会

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 新潟県体育学会,理事,1999年04月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第64回国民体育大会水泳競技会競技役員,2009年09月