基本情報

写真a

大島 邦子

OHSHIMA Kuniko


職名

講師

研究分野・キーワード

障害者,歯根膜,分化

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),新潟大学,課程,1994年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 歯学部,助手,1989年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 医歯学総合病院,講師,2003年10月 ~ 2012年11月

  • 新潟大学 医歯学総合病院 矯正・小児系歯科 小児歯科・障がい者歯科,講師,2012年11月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻,講師,2012年11月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児歯科学会,1989年04月 ~ 継続中,日本国

  • 歯科基礎医学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本障害者歯科学会,2003年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 予防歯科学

  • 口腔解剖学

  • 小児歯科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本障害者歯科学会認定医

  • 日本小児歯科学会専門医指導医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A case of very early onset Crohn’s disease presenting with intractable stomatitis and cheilitis as its major signs. ,Saitoh I, Kurosawa M, Nagai H, Fujii T, Aoyagi Y, Nakakura-Ohshima K, Iwase Y, Hayasaki H, Shirakawa T,Clinical Advances in Periodontics,2018年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • A novel method to evaluate interproximal accessibility of caregivers’ tooth brushing by using “invisibility” eyeglasses,Nakakura-Ohshima K, Hanasaki M, Nogami Y, Murakami N, Nakajima T and Hayasaki H,Dental, Oral and Craniofacial Research,Vol.4,No.4,2018年,英語

    DOI:10.15761/DOCR.1000255,研究論文(学術雑誌),共著

  • Donor-host tissue interaction in the allogenic transplanted tooth germ with special reference to periodontal tissue,(2) Nakaki T, Nakakura-Ohshima K, Nakagawa E, Ishikawa Y, Saito K, Ida-Yonemochi H, Ohshima H,J Oral Biosci,,Vol.60, pp.21-30,2018年,英語

    DOI:10.1016/j.job.2018.02.002,研究論文(学術雑誌),共著

  • Gender difference of tooth brushing motion and force on self-brushing and caregivers’ brushing in dental professionals.,(1) Hanasaki M, Nakakura-Ohshima K, Nakajima T, Nogami Y, and Hayasaki H,Dental, Oral and Craniofacial Research,Vol.4,No.4,2018年,英語

    DOI:10.15761/DOCR.1000258,研究論文(学術雑誌),共著

  • 介助磨きの姿勢に関する検討-歯磨き運動と歯垢除去効果-,村井朋代,大島邦子,野上有紀子,花﨑美華,中島 努,丸山直美,早﨑治明,障歯誌,Vol.39,No.2,2018年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 歯科衛生士講座 障害者歯科学,大島邦子、緒方克也、柿木保明 他,永末書店,2014年03月,日本語

    単行本(学術書),身体障害と口腔の特徴,共著

  • DHstyle増刊号 こどものお口のスペシャリストになろう,大島邦子、奥猛志、田中栄一 他,デンタルダイアモンド社,2012年09月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 子どもの顎関節―その発育と顎関節症,長谷川大子,齋藤一誠,山崎要一,大島邦子,早崎治明,医歯薬出版,2012年01月,日本語

    その他,共著

  • ブックレット41新潟大学 新潟発『食べる』,山田好秋,鈴木敦士,大島邦子他,新潟日報事業社,2005年05月,日本語

    単行本(一般書),共著

  • Functional significance of heat shock protein (Hsp) 25 during pulpal regeneration after cavity preparation and tooth replantation in rat molars. ,Ohshima H,Nakakura-Ohshima K.,Proceeding, Program and Abstract of the 7th International Seminar for JSPS-NRCT Core University Program,2002年04月,英語

    その他,共著,形態系基礎歯科学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 歯磨きについて,早崎治明,大島邦子,新潟歯学会誌,Vol.44,No.1, pp.1-11,2014年06月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 萌出が困難な歯の治療,早崎治明, 大島邦子,東京医学社,小児内科,Vol.43,No.8, pp.1345-1349,2011年08月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 【乳歯冠を再考する】 乳歯冠の海外事情 審美性に配慮した乳歯冠を中心として,早崎治明, 大島邦子, 齊藤一誠, 稲田絵美, 山崎要一,東京臨床出版,小児歯科臨床,Vol.16,No.2, pp.41-44,2011年02月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 歯髄分化能の最近の知見,大島勇人,高森泰彦,鈴木啓展,大島邦子, Jung HS, Cho SW, Cai J,ヒョーロン・パブリシャーズ,日本歯科評論,Vol.69,No.1, pp.47-48,2009年01月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • The Ruffini ending as the primary mechanoreceptor in the periodontal ligament: Its morphology, cytochemical features, regeneration and development,T. Maeda, K. Ochi, K. Nakakura-Ohshima, S.H. Youn and S. Wakisaka,SAGE,Crit Rev Oral Biol Med,Vol.10,No.3, pp.307-327,1999年10月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,歯胚移植を応用した歯根膜静的幹細胞の恒常性維持機構の解明

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,意図的歯根切除と抗菌性薬剤が歯の再植後の歯髄・歯根膜治癒過程に及ぼす影響について

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,歯胚移植術を用いた歯髄形成過程における歯髄幹細胞とWntシグナルの役割の解明

    GFPマウスと野生型マウス間で相互に歯胚移植を行い、歯胚移植後のホスト・ドナー相互作用を検索すると、ドナー由来の間葉細胞、象牙芽細胞、周皮細胞、内皮細胞が歯髄内に維持されていたが、樹状細胞や内皮細胞を含むホスト由来細胞が歯髄内に遊走することが明らかになった。さらに、歯髄内血管の由来を明らかにするために、移植後7、18、21日後にドナー血管およびホスト血管の関与を検索した。ドナーにGFPマウスを用いた場合に、7日でGFP+血管は24%、GFP+/-血管は39%、GFP-血管は37%であったのが、18日後にGFP+血管は23%、GFP+/-血管は74%、GFP-血管は3%であった。一方、ホストにGFPを用いた場合に、7日でGFP+血管は0%、GFP+/-血管は37%、GFP-血管は63%であったのが、21日後にGFP+血管は0%、GFP+/-血管は81%、GFP-血管は19%であった。以上より、歯胚移植後に、ホスト由来の血管が経時的に歯髄内で増加することが明らかになった。

    さらに、BrdUラベル保持細胞と周皮細胞との関連、血管内皮細胞成長因子(VEGF)の役割を検索するために、周皮細胞マーカーNotch3、NG2、及びVEGF免疫組織化学を行った。血管周囲にVEGF、Notch3、NG2発現が見られ、BrdUラベル保持細胞のあるものはVEGF陽性を示した。以上より、BrdUラベル保持細胞を含む血管周囲細胞のVEGF発現が血管新生に重要な役割を果たすことが示唆された。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,歯の他家移植治療法の基盤となる歯根膜細胞の分化誘導法の確立

    の他家移植では、免疫拒絶反応の問題を克服する必要があるが、我々の予備実験により、免疫拒絶反応が起こった場合にも歯周組織が再生することを突きとめた。本研究では、3種類の他家移植実験系を利用し、歯髄細胞と歯根膜細胞間、及び移植歯と移植床の歯根膜細胞間のクロストーク(相互の関わり)を明らかにし、歯の他家移植治療法の臨床応用を視野に入れた歯根膜細胞の分化誘導のメカニズムを解明することを目的とした。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2008年03月,自家および他家移植実験を応用した歯髄分化能の解明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • H22年度新潟大学プロジェクト推進経費,2010年04月 ~ 2011年03月,近交系マウス歯胚他家移植実験を用いた歯髄分化メカニズムの解明

    新潟大学

  • H21年度新潟大学プロジェクト推進経費,2009年04月 ~ 2010年03月,歯胚他家移植実験の確立とBrdUラベリング法による歯の形成過程における組織幹細胞の役割の解明

    これまで我々は、歯の他家移植の臨床応用を視野に、マウスを用いた歯の他家移植実験系を確立している(Anat Rec 292(4), 2009)。しかし、歯根形成期の歯の移植では、歯根形成が阻害されることが判明している。本研究では、歯根形成前の歯胚の他家移植実験系を確立すると共に、組織幹細胞の局在を明らかにすることに成功したBrdUラベリング法(BMC Dev Biol投稿中)を応用することにより、歯胚の他家移植後のBrdUラベル細胞の動態を明らかにし、歯の形成過程におけるドナーである歯髄とホスト組織幹細胞の相互作用を解明することを目的とする。

    新潟大学

  • H20年度新潟大学プロジェクト推進経費,2008年04月 ~ 2009年03月,他家移植実験とブロモデオキシウリジン(BrdU)ラベリング法を応用した外傷歯の歯髄組織幹細胞の動態と分化能の解明

    歯髄には骨形成能を含めた多分化能があると考えられているが、歯の外傷後の歯髄の治癒パターンを調節しているメカニズム、および、歯髄内骨形成に関わる骨芽細胞の由来は不明である。本研究では、我々が確立したマウスを用いた舌下部への歯の移植実験系、さらに、組織幹細胞の局在を明らかにすることに成功したブロモデオキシウリジン(BrdU)ラベリング法を応用することにより、歯の移植後の歯髄治癒過程における歯髄組織幹細胞の動態を明らかにし、外傷を受けた歯髄の治癒機構を解明することを目的とする。

    新潟大学

  • H19年度新潟大学プロジェクト推進経費,2007年04月 ~ 2008年03月,他家移植実験による歯髄幹細胞の多分化能の検索

    小児期は、転倒、転落、衝突などによる外傷が多く、特に、体内で最も硬い組織であり、なおかつ外表面に露出している歯は、その際たる受傷部位である。小児期は骨が軟らかく、歯根も短いため、生えて間もない永久歯が強い衝撃を受けると、完全脱臼・脱落を起こす頻度が高い。近年、脱臼した歯を再植して生着させることが可能となってきたが、その歯の内部に存在し、細胞を分化させ、歯を栄養し、歯根を伸長させ、痛みを伝える歯髄の再生がおこるか否か、またはどのようにおこるかはその予後に大きく影響するにもかかわらず、不明な点が多々残されている。本プロジェクトの目的は、再植後の歯髄の再生過程、特に、歯髄組織幹細胞の由来を明らかにすることである。

    新潟大学

  • 平成14年度新潟大学プロジェクト推進経費,2002年04月 ~ 2003年03月,歯の再植後の歯髄内硬組織形成メカニズムの解明

    骨髄系幹細胞の分裂・増殖を促進する各種成長因子と細胞外基質を封入したシート型生体材料を開発し、高齢者の骨折治癒、口蓋裂を含む先天性疾患や腫瘍性病変等による顎骨切除後の機能形態回復に寄与しようとするものである。

    新潟大学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Collaborative Symposium University of Indonesia - Niigata University,(1) Nakajima T, Nakakura-Ohshima K, Nogami, Y, Murakami N, Saitoh I, Hayasaki H,国際会議,2018年02月,Difference of tooth brushing motion between dental hygienists and mothers -Focusing on self-toothbrushing and caregivers’-toothbrushing.,口頭(一般)

  • 平成29年度新潟歯学会第2回例会,村井朋代,大島邦子,野上有紀子,花崎美華,中島 努,丸山直美,早崎治明,国内会議,2017年11月,介助磨きの姿勢は歯みがき運動と歯垢除去効果に影響する,口頭(一般)

  • 平成29年度新潟歯学会第2回例会,(2) 中木哲朗、大島邦子、石川裕子、斎藤浩太郎、依田浩子、大島勇人,国内会議,2017年11月,他家歯胚移植におけるドナー・ホスト相互作用:歯周組織に着目して,口頭(一般)

  • 平成28年度新潟歯学会第2回例会,花崎美華,中島 努,野上有紀子,大島邦子,早崎治明,国内会議,2017年11月,セルフブラッシングと介助磨きの動作解析 ─性差の観点から─,口頭(一般)

  • 第34回日本障害者歯科学会学術大会,村井朋代,大島邦子,野上有紀子,花崎美華,中島 努,丸山直美,近藤淳子,森岡沙耶香,早崎治明,国内会議,2017年10月,介助磨きの姿勢はブラッシング運動に影響するか,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,「食べる」,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2017年度,「食べる」,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2016年度,高齢者・障害者歯科学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,小児歯科学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,歯の解剖学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>