基本情報

写真a

池主 雅臣

CHINUSHI Masaomi


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,新潟大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部附属病院,助手,1998年06月 ~ 1999年01月

  • 新潟大学 医学部,講師,1999年11月 ~ 2000年05月

  • 新潟大学 医学部 保健学科,准教授,2004年04月 ~ 2014年03月

  • 新潟大学 保健学研究科 保健学専攻,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 保健学研究科 保健学専攻,准教授,2004年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Non-pharmacological management of ventricular tachycardia.,Chinushi M, Aizawa Y.,Circulation Journal,Vol.supple A, pp.A97-A105,2007年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Incidence and Initial Characteristics of Pilsicainide-induced Ventricular Arrhythmias in Patients with Brugada Syndrome,Chinushi M, Komura S, Izumi D, Furushima H, Tanabe Y, Washizuka T, Aizawa Y,Pacing Clinical Electrophysiology,Vol.30,No.5, pp.662-671,2007年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Multiple premature beats triggered ventricular arrhythmias during pilsicainide infusion in a patient with inferior ST-segment elevation,Chinushi M, Izumi D, Furushima H, Watanabe H, Aizawa Y.,Pacing Clinical Electrophysiology,Vol.29, pp.1445-1448,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Role of autonomic nerve activity in the antiarrhythmic effects of magnesium sulfate in a canine model of polymorphic ventricular tachyarrhythmia associated with prolonged QT interval,Chinushi M, Izumi D, Komura S, Ahara S, Satoh A, Furushima H, Washizuka T, Aizawa Y,Journal of Cardiovascular Pharmacology, pp.121-127,2006年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Shortening of the ventricular fibrillatory intervals after administration of verapamil in a patient with Brugada Syndrome and vasospastic angina,Chinushi M, Tagawa M, Nakamura Y, Aizawa Y.,Journal of Electrocardiology,Vol.39,No.3, pp.331-335,2006年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2007年03月,自律神経と虚血による心室貫壁性電位分布の修飾と心室細動(病的心の立体マッピング)

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2005年03月,交感神経興奮による心室貫壁性電位分布の変化と心室細動(病的心臓の立体マッピング)

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ベプリジルの抗不整脈効果に関する実験的検討,2006年09月 ~ 2008年03月,三共(株) 常務執行役員 研究開発戦略部,その他

  • ニコランジル及びジソミラミドの抗不整脈作用に関する研究,2002年04月 ~ 2004年03月,中外製薬(株),その他

  • QT延長症候群モデルにおけるニコランジルの抗不整脈効果発現機序に関する検討,2001年04月 ~ 2002年03月,中外製薬(株),その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,人体機能構造学Ⅱ,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,循環器機能検査科学,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,情報科学概論演習,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,臨床薬理学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,フィジカルアセスメント,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>