基本情報

写真a

中村 和利

NAKAMURA Kazutoshi


学系

医歯学系

系列

基礎医学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,福島県立医科大学,課程,1994年03月

  • 公衆衛生学修士,ミシガン大学,課程,1992年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医学部,助手,1996年04月 ~ 2000年03月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻,准教授,2004年04月 ~ 2010年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 地域疾病制御医学専攻 地域予防医学,教授,2011年01月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医学部 医学科,教授,2011年01月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Contamination of the Shinano River water with mutagenic substances after the Niigata Chuetsu Earthquake,Fujimoto T, Tsuchiya Y, Shibuya N, Taiyoji M, Nishiwaki T, Nakamura K, Yamamoto M,Tohoku Journal of Experimental Medicine,Vol.211,No.2, pp.171-180,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • The usefulness of day-service in maintaining general nutritional status in elderly Japanese: a longitudinal study,Nishiwaki T, Ueno K, Hasegawa M, Nakamura K,Tohoku Journal of Experimental Medicine,Vol.211,No.1, pp.15-21,2007年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Antivacterial effects of Chitosan Solution against Legionella pneumophila, Escherichia coli and Staphylococcus aureus,Fujimoto T, Tsuchiya Y, Terao M, Nakamura K, Yamamoto M,International Journal of Food Microbiology,Vol.112,No.2, pp.96-101,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Bone mineral density and correlating demographic, lifestyle, and biochemical parameters in community dwelling Japanese elderly women aged 69 years and older,Nakamura K, Saito T, Nishiwaki T, Ueno K, Nashimoto M, Okuda Y, Tsuchiya Y, Oshiki R, Muto K, Yamamoto M,Osteoporosis International,Vol.17,No.8, pp.1202-1207,2006年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • EAT(Eating Attitude Test)による摂食障害の程度と骨密度の関係,北川郁美, 中村和利,Osteoporosis Japan,Vol.14,No.2, pp.87(253)-90(256),2006年12月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域保健におけるエビデンスに基づく骨折・骨粗鬆症予防ガイドライン,中村和利,日本公衆衛生協会,2004年12月,日本語

    その他,単著

  • Serum 25-hydroxyvitamin D levels of elderly women in a community in Japan. In: Kobayashi I, Kusuhara S, Hidehiro O, eds. Study on biomineralization in Niigata University,Nakamura K,Niigata University,2001年12月,英語

    その他,2 ,単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Efficacy of optimization of vitamin D in preventing osteoporosis and osteoporotic fractures: a systematic review,Nakamura K, Iki M,Environmental Health and Preventive Medicine,Environmental Health and Preventive Medicine,Vol.11,No.4, pp.155-170,2006年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Ethnic differences between Asians and Caucasians in the incidence of osteoporotic fractures: a review,Ishikawa M, Nakamura K, Tamura T, Akiyama S, Tsuchiya Y,Acta Medica et Biologica,Vol.54,No.3, pp.63-66,2006年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • Vitamin D and prevention of osteoporosis: Japanese perspective,Nakamura K,Environmental Health and Preventive Medicine,Vol.11,No.6, pp.271-276,2006年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • Vitamin D insufficiency in Japanese populations: from the viewpoint of the prevention of osteoporosis,Nakamura K,Journal of Bone and Mineral Metabolism,Journal of Bone and Mineral Metabolism,Vol.24,No.1, pp.1-6,2006年12月,英語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本人における潜在性ビタミンD不足,中村和利,CLINICAL CALCIUM,CLINICAL CALCIUM,Vol.16,No.7, pp.12(1096)-17(1101),2006年12月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2008年03月,骨折をアウトカムとして行う骨粗鬆症の遺伝および環境リスク要因の解明

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 米国ニコルス社製25水酸化ビタミンD測定試薬の性能評価,2004年09月 ~ 2005年03月,協和メデックス(株),その他

  • 若年女性の最大骨量獲得に対するカルシウム摂取量とビタミンD受容体遺伝子多型との交互作用-陰膳法(Duplicate Portion Sampling)を用いて-,2004年05月 ~ 2005年03月,(社)日本酪農乳業協会,その他

  • 骨粗鬆症骨折予防を目指したカルシウムおよびビタミンDの栄養状態に関するコホート研究-ベースライン調査-,2003年04月 ~ 2004年03月,(社)全国牛乳普及協会会長,その他

  • 若年女性のカルシウム及びビタミンD摂取量と骨密度の関連について,2002年04月 ~ 2003年03月,(社)全国牛乳普及協会,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,環境医学,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,疫学,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,病気と遺伝学,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,医学と社会,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

  • 2016年度,環境医学,2016年04月 ~ 2016年09月,専任

全件表示 >>