基本情報

写真a

中野 優

NAKANO Masaru


学系

自然科学系

系列

生命・食料科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.agr.niigata-u.ac.jp/~mnakano/index.html

プロフィール

現在、遠縁種間交雑による花き園芸植物の新品種作出について企業との共同研究を行っています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士,遺伝育種科学,千葉大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,助手,1994年04月 ~ 1996年03月

  • 新潟大学 農学部,助教授,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 生命・食料科学専攻,准教授,2004年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 農学部 農業生産科学科,准教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 農学部 農学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物細胞分子生物学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本育種学会,1987年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸科学

  • 遺伝育種科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Flower color alteration in the liliaceous ornamental Tricyrtis sp. by RNA interference-mediated suppression of the chalcone synthase gene(共著),Yukiko Kamiishi, Masahiro Otani, Hiroki Takagi, Dong-Sheng Han, Shiro Mori, Fumi Tatsuzawa, Hiroaki Okuhara, Hitoshi Kobayashi, Masaru Nakano,Molecular Breeding,Vol.30, pp.671-680,2012年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),研究の総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学,応用分子細胞生物学

  • Chromosome doubling of Lychnis spp. by in vitro spindle toxin treatment of nodal segments,Takahiro Nonaka, Eriko Oka, Megumi Asano, Sachiko Kuwayama, Hiromu Tasaki, Dong-Sheng Han, Toshinari Godo and Masaru Nakano,Scientia Horticulturae,Vol.129, pp.832-839,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Genomic in situ hybridization (GISH) analysis of intergeneric hybrids in Colchicaceae,Daisuke Nakazawa, Tomonari Kishimoto, Takeru Sato, Tomoka Saito, Junji Amano, Sachiko Kuwayama, Hajime Okuno, Toshinari Godo, Yusuke Watanabe, Dong-Sheng Han and Masaru Nakano,Euphytica,Vol.181, pp.197-202,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Plant regeneration via direct and indirect adventitious shoot formation and chromosome-doubled somaclonal variation in Titanotrichum oldhamii (Hemsl.) Solereder,Hiroki Takagi, Shintaro Sugawara, Tomoka Saito, Haruka Tasaki, Lu Yuanxue, Guan Kaiyun, Dong-Sheng Han, Toshinari Godo and Masaru Nakano,Plant Biotechnology Reports,Vol.5, pp.187-195,2011年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),総括,共著,園芸科学

  • Effect of picloram, an auxin-like plant growth regulator, on callus induction from mature seeds of Iris species,Toshinari Godo, Masaru Nakano, Yunguang Shen, Zhonglang Wang and Kaiyun Guan,Bulletin of the Botanic Gardens of Toyama,Vol.15, pp.17-21,2010年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),組織培養,共著,園芸科学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Intergeneric hybridization among colchicaceous ornamentals, Gloriosa spp., Littonia modesta and Sandersonia aurantiaca via ovule culture,Junji Amano, Daisuke Nakazawa, Sachiko Kuwayama, Yoko Mizuta, Hajime Okuno, Yusuke Watanabe, Toshinari Godo, Dong-Sheng Han and Masaru Nakano,International Academic Printing,Plant Biotechnology,Vol.26, pp.535-541,2009年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Recent advance in wide hybridization and embryo rescue of floricultural plants in Japan,Masaru Nakano and Masahiro Mii,International Academic Printing,Plant Biotechnology,Vol.25, p.509,2008年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Agrobacterium-mediated transformation in Liliaceous ornamental plants,Sakae Suzuki and Masaru Nakano,Japan International Research Center for Agricultural Sciences,Japan Agricultural Research Quarterly,Vol.36, pp.119-127,2002年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Preparation of microprotoplasts for partial genome transfer via microprotoplast fusion in Liliaceous ornamental plants,Hiroyuki Saito and Masaru Nakano,Japan International Research Center for Agricultural Sciences,Japan Agricultural Research Quarterly,Vol.36, pp.129-135,2002年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • Application of plant biotechnology for breeding of flower crops in the genus Dianthus,Masaru Nakano and Masahiro Mii,The Japanese Association for Plant Tissue Culture,Plant Tissue Culture Letters,Vol.10, pp.115-122,1993年01月,英語

    総説・解説(学術雑誌),総括,共著,遺伝育種科学,園芸科学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2004年04月 ~ 2007年03月,単子葉花き園芸植物における形質転換技術を用いた花形の改変

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 2004年03月,ユリ科植物におけるマイクロプロトプラストを用いた形質導入のための基礎的研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ジベレリン生合成経路関連遺伝子を用いた形質転換による有用花き園芸植物の開発,2005年07月 ~ 2009年03月,独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構・花き研究所,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 組織培養による優良系統の大量増殖システムの開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,植物生産学実験実習Ⅰ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,植物生産学演習Ⅱ,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,作物及び園芸学概論,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,植物組織培養学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,実地見学,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>