基本情報

写真a

長崎 啓祐

NAGASAKI Keisuke


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),小児科学,新潟大学,論文,2004年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 医歯学総合病院 小児科,特任助教,2007年04月 ~ 2009年12月

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学,助教,2010年01月 ~ 2014年12月

  • 新潟大学 医学部 医学科,助教,2010年01月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合病院 小児科,講師,2015年01月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between Compound Heterozygous Mutations of SLC34A3 and Hypercalciuria.,Abe Yuki, Nagasaki Keisuke, Watanabe Toru, Abe Tokinari, Fukami Maki,Horm Res Paediatr,2014年06月,英語

    DOI:10.1159/000360291,研究論文(学術雑誌),共著

  • Aromatase excess syndrome: a rare autosomal dominant disorder leading to pre- or peri-pubertal onset gynecomastia.,Fukami Maki, Miyado Mami, Nagasaki Keisuke, Shozu Makio, Ogata Tsutomu,Pediatr Endocrinol Rev,Vol.11,No.3, pp.298-305,2014年03月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Long-term follow-up study for a patient with Floating-Harbor syndrome due to a hotspot SRCAP mutation.,Nagasaki Keisuke, Asami Tadashi, Sato Hidetoshi, Ogawa Yohei, Kikuchi Toru, Saitoh Akihiko, Ogata Tsutomu, Fukami Maki,Am J Med Genet A,Vol.164A,No.3, pp.731-735,2014年03月,英語

    DOI:10.1002/ajmg.a.36314,研究論文(学術雑誌),共著

  • Aromatase excess syndrome in a family with upstream deletion of CYP19A1.,Shihara Daizou, Miyado Mami, Nakabayashi Kazuhiko, Shozu Makio, Ogata Tsutomu, Nagasaki Keisuke, Fukami Maki,Clin Endocrinol (Oxf),2013年09月,英語

    DOI:10.1111/cen.12329,研究論文(学術雑誌),共著

  • A pineal region germ cell tumor with rapid enlargement after a long-term follow-up: case report.,Jinguji Shinya, Fukuda Masafumi, Nagasaki Keisuke, Fujii Yukihiko,Neurosurgery,Vol.72,No.4, pp.E687-93; discussion E693,2013年04月,英語

    DOI:10.1227/NEU.0b013e318284708a,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>