基本情報

写真a

定方 美恵子

SADAKATA Mieko


学系

医歯学系

系列

保健学系列

職名

教授

研究分野・キーワード

母性看護学 助産学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

025-227-2369

研究室FAX

025-227-2369

プロフィール

産学連携の経験はありませんが、冷え症の研究を行っている関係から、衣服や衣服の着方などへの意見収集(テレビ・新聞・ラジオ、下着やパジャマの開発企業)に協力した経験はあります。病気ではないけれども体の不調に苦しむ女性に対して、生活の中から整える養生へのサポートがライフワークです。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),生理学一般,新潟大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 ■廃止組織■ 医療技術短期大学部,助手,1985年04月 ~ 2001年01月

  • 新潟大学 医学部,助手,1999年01月 ~ 2001年01月

  • 新潟大学 医学部 保健学科,講師,2004年04月 ~ 2008年02月

  • 新潟大学 医学部 保健学科,准教授,2008年02月 ~ 2011年10月

  • 新潟大学 保健学研究科 保健学専攻,教授,2011年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟市民病院,職員(医療系),1981年04月 ~ 1985年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護協会,1979年04月 ~ 継続中,日本国

  • 新潟県看護協会,1979年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護科学学会,1986年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本看護研究学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

  • 新潟母性衛生学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 基礎看護学

  • 生涯発達看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 助産師

  • 看護師

  • AMI測定士

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 看護教育研修(千葉大学),1995年10月 ~ 1996年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Prenatal Tobacco and Wood-Fuel Smoke Exposure on Birth Weight in Sri Lanka,Pathirathna ML, Abeywickrama HM, Sekijima K, Sadakata M, Fujiwara N, Muramatsu Y, Wimalasiri KMS, Jayawardene U, de Silva D, Dematawewa CMB.,healthcare,Vol.5,No.4,2017年09月,英語

    DOI:10.3390/healthcare5040064,研究論文(学術雑誌),共著

  • Impact of Second Trimester Maternal Dietary Intake on Gestational Weight Gain and Neonatal Birth Weight Gain and Neonatal Birth Weight,Pathirathna ML, Sekijima K, Sadakata M, Fujiwara N, Muramatsu Y, Wimalasiri KMS,Nutrients,Vol.9,No.6,2017年06月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Effects of pre-pregnancy body mass index and gestational weight gain on birth weight in a teaching hospital in Sri Lanka,3) Pathirathna M.L.,Abeywickrama.H.M.,DissanayakeJ.,SekijimaK.,SadakataM.JayawardeneU.,FujiwaraN,at Third International conference of Asian Studies -2015 at International University of Japan,2015年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 車いすハンドル高さと降板移送をする介助者の上肢負担に関する検討,水谷都、坂本信、川上健作、定方美恵子、小林公一,臨床バイオメカニクス,Vol.36,No.1,2015年,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 新人看護師の‘観察・判断への気づき’を育てる視線解析を用いた教育プログラムの評価,西方真弓、西原亜矢子、定方美恵子、清野由美子、井越寿美子、笠井美香子、佐藤富貴子、川合 功、坂本 信、小浦方 格、田邊裕治,新潟大学保健学雑誌,Vol.11,No.1, pp.25-32,2014年03月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 助産師基礎教育テキスト 2018年版 第2巻 女性の健康とケア,吉沢豊予子、佐々木悦子、鈴木幸子、定方美恵子、高橋眞理、岸田佐智、佐山光子、他,日本看護協会出版会,2018年02月,日本語

    教科書,第2章 3.成熟期女性のケア、第3章 2.ドメスティック・バイオレンスに悩む女性への支援,分担執筆

  • ナーシング・グラフィカ第4版 母性看護学,横尾京子、中込さと子、荒木奈緒、大久保功子、江藤宏美、大石和代、中塚幹也、片岡弥恵子、野沢美江子、谷口珠美、定方美恵子、芹川武大、関島香代子、他,メディカ出版,2015年,日本語

    教科書,第3部 マタニティサイクルにある人々の看護 9章 妊婦の看護 3.妊婦の心理的変化と親となることへの支援、4.妊婦と胎児のアセスメントと看護、5.妊婦の日常生活とセルフケアを支える看護,分担執筆

  • 放送大学教材(テレビ)   改定新版 母性看護学,齋藤いずみ,定方美恵子,三隅順子,千場直美,佐藤陽子,一般財団法人 放送大学教育振興会,2014年06月,日本語

    教科書,分担執筆,生涯発達看護学

  • 看護学テキストNice 母性看護学Ⅰ 概論・ライフサイクル 生涯を通じた性と生殖の健康を支える,大平光子、齋藤いずみ、定方美恵子、長谷川ともみ、三隅順子,南江堂,2014年03月,日本語

    教科書,第1章4.母性看護学の基盤 A.母性看護学実践の基盤となる理論と概念、第4章女性のライフサイクル 3.成熟期,編者,生涯発達看護学

  • ナーシング・グラフィカ30母性看護学ー母性看護の基本,定方美恵子 編集:横尾京子,中込さと子,メディカ出版,2007年03月,日本語

    単行本(学術書),145164頁,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 看護師の人材養成システムの確立 ―‘気づく’を育て伸ばす臨床キャリア開発,新潟大学,文部科学時報,Vol.1635, pp.44-45,2012年03月,日本語

    その他記事,共著

  • マンモグラフイポジショニング時の身体筋活動の測定,内山美枝子、李 よう範、風間清子、皆川靖子、蔡篤儀、定方美恵子、佐山光子,日本放射線技術学会雑誌,Vol.67,No.6, pp.679-682,2011年06月,日本語

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),共著,基礎看護学

  • 文部科学省「看護師の人材養成システムの確立」紹介 Volume6 新潟大学 ‘気づく’を育て伸ばす臨床キャリア開発,佐藤富貴子、佐山光子、井越寿美子、定方美恵子、笠井美香子,看護管理,Vol.26,No.6, pp.0508-0511,2011年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 臨床看護師による演習講師の指導評価とユニフィケーションの再考,齋藤君枝、中村勝、佐藤富貴子、笠井美香子、清水詩子、定方美恵子、関島香代子、西山悦子、渡邊岸子、後藤雅博,新潟大学医学部保健学科紀要,Vol.10,No.1, pp.65-72,2011年03月,日本語

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著,臨床看護学

  • 指導的立場にある看護師の看護研究の基礎と実際 ~研究の難所とサポート~,定方美恵子,月刊 実践手術看護,Vol.3,No.3, pp.99-103,2009年09月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著,基礎看護学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 継続中,看護と工学の協働による次世代型助産実践能力育成プログラムの開発

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,子育て支援としての産後の女性の健康

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2016年03月,更年期にある女性労働者の睡眠障害に対する気功を活用した睡眠介入プログラムの開発

    女性に特有な睡眠障害は女性ホルモンの分泌が関与し、排卵周期、妊娠、更年期に伴って生じやすい。更年期においては女性の約40~60%に睡眠障害の訴えがあると推計される。特に女性労働者は男性労働者に比較し、不眠・睡眠障害の比率は高く、生物学的なホルモンの要因だけでなく、家事労働や仕事上のストレスによる社会心理的要因の影響を受けていると考えられる。
    本研究は更年期の女性労働者の‘睡眠’に注目し、心身の健康を保つための中国のリラクセーション技法である気功を用いた睡眠介入プログラムの効果の全体論的評価、情報提供を行う。

  • 基盤研究(A),2012年04月 ~ 2016年03月,リラクセーション法指導者養成教育プログラムの構築と評価

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2016年03月,高度生殖医療後の妊娠―胎児の成長をめぐる夫婦関係を基盤とした妊娠期ケアの開発

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第33回日本看護科学学会学術集会,水谷 都、川上健作、坂本 信、定方美恵子、小林公一,国内会議,2013年12月,大阪,車いすグリップ高さと移送介助者の身体的負担の検討~坂路移送における上肢関節モーメントの解析を通して~,ポスター(一般)

  • 第8回医療の質・安全学会,定方美恵子、西方真弓、西原亜矢子、清野由美子、井越寿美子、笠井美香子、佐藤富貴子、川合 功、坂本 信、小浦方 格,国内会議,2013年11月,東京,新人看護師の‘観察・判断への気づき’を育てる教育プログラムの評価(1),ポスター(一般)

  • 第8回医療の質・安全学会,西方真弓、西原亜矢子、清野由美子、定方美恵子、井越寿美子、笠井美香子、佐藤富貴子、川合 功、小浦方 格、田邊裕治,国内会議,2013年11月,東京,新人看護師の‘観察・判断への気づき’を育てる教育プログラムの評価(2),ポスター(一般)

  • The8th International Sympojiumu on Advanced Science and Technology in experimental Mechanics,Miyako Mizutani,Kensaku Kawakami,Mieko Sadakata,Koichi Kobayashi,Makoto Sakamoto,国際会議,2013年11月,Sendai,Biomechanical Effects of Push Handle Heights on Upper Limbs during Attendant Propelled Wheelchair Slope Transportation,口頭(一般)

  • The8th International Sympojiumu on Advanced Science and Technology in experimental Mechanics,Hiromu Sasaki,Ko Kawai,Yuji Tanabe,Makoto Sakamoto,Mieko Sadakata,国際会議,2013年11月,Sendai,Eye-Tracking Analysis of Nurses for Development of Nursing Skills in Patient Care,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 冷え症と衣服開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,助産学実習,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,看護研究,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,母性看護学特論Ⅱ,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,助産ケア演習Ⅰ,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,環日本海医療概論,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本母性看護学会,理事,2017年06月 ~ 継続中

  • 新潟県看護協会,副会長,2015年06月 ~ 継続中

  • 日本看護科学学会,社員,2015年02月 ~ 継続中

  • 日本看護研究学会,編集委員会委員,2014年06月 ~ 2018年05月

  • 日本看護研究学会,社員(評議員),2014年06月 ~ 2018年05月

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟県教員 新陽会女性部研修会講演,2011年06月

  • 富山大学大学院特別セミナー,2009年12月

  • 長岡赤十字病院看護部看護研究基礎研修,2009年06月 ~ 継続中

  • 第34回岡山看護技術研究会教育講演会,2008年04月

  • 大学講義体験,2007年12月

全件表示 >>