基本情報

写真a

田山 英治

TAYAMA Eiji


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

有機合成化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://chem.sc.niigata-u.ac.jp/~tayama/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 宇都宮大学  工学部  応用化学科

    大学,1997年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学研究科  化学専攻

    修士課程,1999年03月,修了,日本国

  • 北海道大学  理学研究科  化学専攻

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士「化学」,合成化学,北海道大学,課程,2002年03月

  • 理学修士「化学」,合成化学,北海道大学,課程,1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 自然構造科学専攻 物質化学,助手,2004年04月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 自然構造科学専攻 物質化学,助教,2007年04月 ~ 2008年07月

  • 新潟大学 理学部 化学科 有機物質化学,准教授,2008年08月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,1996年04月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ化学会,2003年08月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 有機合成化学協会,2004年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本薬学会,2004年01月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 合成化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural and Mechanistic Studies of the Base-Induced Sommelet-Hauser Rearrangement of N-α-Branched Benzylic Azetidine-2-carboxylic Acid-Derived Ammonium Salts,Tayama, E.; Watanabe, K.; Sotome, S.,Organic & Biomolecular Chemistry,Vol.15,No.31, pp.6668-6678,2017年08月,英語

    DOI:10.1039/C7OB01391D,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学,合成化学

  • Diaza [1,4] Wittig-Type Rearrangement of N-Allylic-N-Boc-Hydrazines into γ-Amino-N-Boc-Enamines,Tayama, E.; Kobayashi, Y.; Toma, Y.,Chemical Communications,Vol.52,No.69, pp.10570-10573,2016年08月,英語

    DOI:10.1039/C6CC04626F,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学,合成化学

  • Ring-Strain Effects in Base-Induced Sommelet–Hauser Rearrangement: Application to Successive Stereocontrolled Transformations,Tayama, E.; Watanabe, K.; Matano, Y.,European Journal of Organic Chemistry, pp.3631-3641,2016年06月,英語

    DOI:10.1002/ejoc.201600600,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学,合成化学

  • Ring-Substitution, Enlargement, and Contraction by Base-Induced Rearrangements of N-Heterocyclic Ammonium Salts,Tayama, E.,Heterocycles,Vol.92,No.5, pp.793-828,2016年03月,英語

    DOI:10.3987/REV-16-837,研究論文(学術雑誌),単著,有機化学,合成化学

  • Regioselective Synthesis of Secondary 1,3-Dienamides by Successive Eliminations,Tayama, E.; Saito, S.,Tetrahedron,Vol.72,No.5, pp.599-604,2016年02月,英語

    DOI:10.1016/j.tet.2015.11.065,研究論文(学術雑誌),共著,有機化学,合成化学

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Ring-Substitution, Enlargement, and Contraction by Base-Induced Rearrangements of N-Heterocyclic Ammonium Salts,Tayama, E.,Heterocycles,Vol.92,No.5, pp.793-828,2016年03月,英語

    DOI:10.3987/REV-16-837,総説・解説(学術雑誌),単著,有機化学,合成化学

  • Recent Advances in the Base-Induced Sommelet-Hauser Rearrangement of Amino Acid-Derived Ammonium Ylides,Tayama, E.,The Chemical Record ,Vol.15,No.4, pp.789-800,2015年07月,英語

    DOI:10.1002/tcr.201500009,総説・解説(学術雑誌),単著,有機化学,合成化学

  • 第四級アンモニウムイリドを中間体とする塩基促進型Sommelet-Hauser転位の新しい展開,田山 英治,有機合成化学協会誌,Vol.72,No.4, pp.418-428,2014年04月,日本語

    DOI:10.5059/yukigoseikyokaishi.72.418,総説・解説(学術雑誌),単著,有機化学,合成化学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会研究企画賞(第一製薬),2004年12月21日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,有機合成化学協会,田山英治,有機化学,合成化学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,キラルカリックスアレーンの創製と不斉包接を利用する光学活性非天然型アミノ酸の合成

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,窒素原子の不斉化学研究・構築法開発と合成反応への展開

  • 特定領域研究,2006年04月 ~ 2007年03月,立体選択的脱離反応を機軸とした、効率的炭素炭素結合形成反応の実現

  • 若手研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,新規不斉触媒骨格の構築を志向したキラル四級窒素合成法の開発

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 財団法人内田エネルギー科学振興財団・試験研究費助成,2015年04月 ~ 2016年03月,希少金属代替を目的とする「銅-酸触媒」新機能開発と高付加価値有機分子合成

    民間財団等

  • 財団法人ユニオンツール育英奨学会・科学技術研究費助成,2015年04月 ~ 2016年03月,ジアザ [1,4] Wittig転位を鍵とする非天然型β-アミノ酸合成法の開発

    民間財団等

  • 日揮・実吉奨学会研究助成金,2013年09月 ~ 2014年08月,希少金属代替を目的としたジアゾ化合物の新規活性化法開発と高度分子変換

    民間財団等

  • 財団法人ユニオンツール育英奨学会・科学技術研究費助成 ,2013年04月 ~ 2014年03月,非天然型アミノ酸の新規合成法開発を目的としたキラル有機塩基触媒不斉転位反応の開発

    民間財団等

  • 住友財団・基礎科学研究助成,2011年11月 ~ 2012年11月,ジアゾ化合物の芳香族置換反応における「銅-酸」共触媒システムの開発

    民間財団等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学基礎実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,有機化学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,理学スタディ・スキルズ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,コミュニケーション演習,2017年04月 ~ 2018年03月,専任

全件表示 >>