基本情報

写真a

たなかたまき

TANAKA Tamaki


学系

自然科学系

系列

数理物質科学系列

研究分野・キーワード

最適化理論、オペレーションズ・リサーチ、凸解析学、数理計画、集合最適化

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.gs.niigata-u.ac.jp/~prtana/

プロフィール

日本は数理科学(数学)の研究者が産学連携をする例が余りありませんが、欧米はもちろん、最近は中国などでは増加してきています。当研究室では、日本から、特に日本海側からの最適化に関する、このような発信と若手の育成を目指しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),数学基礎・応用数学,新潟大学,論文,1992年09月

  • 理学修士,数学基礎・応用数学,新潟大学,課程,1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科 情報理工学専攻(旧課程),教授,2001年03月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 理学部 数学科,教授,2001年04月 ~ 2004年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 情報理工学専攻 数理科学,教授,2004年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 理学部 数学科,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 数理物質科学専攻 数理科学,教授,2010年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学理工学部,教授,1997年10月 ~ 2001年02月

  • 弘前大学理学部,助教授,1995年10月 ~ 1997年09月

  • 弘前大学理学部,講師,1993年04月 ~ 1995年09月

  • 弘前大学理学部,助手,1988年07月 ~ 1993年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,1986年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会,1989年03月 ~ 継続中,日本国

  • アメリカ数学会,1993年03月 ~ 2005年11月,アメリカ合衆国

  • 国際多規準意思決定学会,1993年07月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • アメリカ工業及び応用数学会,1995年11月 ~ 2005年11月,アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数理計画

  • 計画数学,最適化理論

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭1級免許(数学)

  • 高等学校教諭2級免許(数学)

  • 中学校教諭1級免許(数学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Continuity of Cone-Convex Functions,Issei Kuwano, Tamaki Tanaka,Optimization Letters,2011年08月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Existence theorems for saddle points of set-valued maps via nonlinear scalarization methods,Issei Kuwano, Tamaki Tanaka, Syuuji Yamada,京都大学数理解析研究所講究録,Vol.1755, pp.210-217,2011年08月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • On Hahn Banach theorem in a partially ordered vector space,Toshikazu Watanabe, Tamaki Tanaka,京都大学数理解析研究所講究録,Vol.1755, pp.177-181,2011年08月,英語

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • On Lusin's Theorem for Non-Additive Measure,Tamaki Tanaka, Toshikazu Watanabe,Advances in Intelligent and Soft Computing, pp.85-92,2011年08月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • On Regularity for Non-Additive Measure,Toshikazu Watanabe, Tamaki Tanaka,Advances in Intelligent and Soft Computing, pp.69-75,2011年08月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Proceedings of the Sixth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis,Shigeo Akashi, Yasunori Kimura, Tamaki Tanaka (Edited),Yokohama Publishers,2010年11月,英語

    その他,1--432,編者

  • Proceedings of the Asian Conference on Nonlinear Analysis and Optimization,Shigeo Akashi, Wataru Takahashi, Tamaki Tanaka,Yokohama Publishers,2009年10月,英語

    その他,1--388,編者

  • Proceedings of the Fifth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis,Sze-Bi Hsu, Hang-Chin Lai, Lai-Jiu Lin, Wataru Takahashi, Tamaki Tanaka, Jen-Chih Yao (Edited),Yokohama Publishers,2008年11月,英語

    その他,1--218,編者

  • Proceedings of the Fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis,Wataru Takahashi, Tamaki Tanaka (Edited),Yokohama Publishers,2007年01月,英語

    その他,1--704 ,編者

  • Proceedings of the Third International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis,Wataru Takahashi, Tamaki Tanaka (Edited),Yokohama Publishers,2004年12月,英語

    その他,1--591 ,編者

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 非線形計画問題の最適性条件,田中 環,現代数学社,BASIC数学,10月号, pp.47-52,1991年10月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,逆凸制約を持つ大域的最適化問題に対する区分的分離超平面を用いた反復解法の開発


    逆凸制約をもつ数理計画問題に対する代表的な解法としては, 外部近似法や分枝限定法などが挙げられる。しかしながら, これらの手法では高々30次元の問題までしか有効な近似解を求めることができない。そこで, 本研究では, 区分的分離超平面生成法を導入することで, 80次元以上の問題に対しても有効な近似解を求めることができる逐次近似解法を提案した。また, 区分的分離超平面生成法を基に, 多目的計画の分野で扱われている重要な問題の一つである弱有効解集合上での最適化問題に対する新たな反復解法の開発を行った。さらに,提案手法の有効性を計算機実験で検証した。

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,集合値計画法における制約想定と求解法の研究

    集合値計画法における制約想定の研究を行い、集合値凸関数を用いた集合値計画問題に対する最弱の制約想定をはじめとして、いくつかの集合値計画問題に対する制約想定を導入した。また求解法に関して良設定の集合値計画問題の研究を行った。

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,多目的配置問題の解析的研究と商品開発システムへの応用

    まず、ファジィ多目的配置問題の安定性を調べた。次に、メンバーシップ関数の集計関数に基づいた準凹性の一般化を提案し、その性質を調べた。次に、レベル集合を用いてファジィ集合列の極限およびファジィ集合値写像の極限と導写像を定義し、それら性質を調べた。これにより、解がファジィ集合として得られるファジィ数理計画問題のモデル構築や安定性や感度分析を考える場合に必要になるファジィ集合値解析の基礎理論が構築された。

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,集合値写像の非線形スカラー化手法の研究と数理計画への応用

    統一的非線形スカラー化関数の遺伝的性質を利用して,集合値写像に対するKy Fanのミニマックス不等式やEgoroffの定理とLusinの定理の一般化を行った。

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2010年03月,集合値計画法における微分概念の研究とその応用

    集合値最適化問題が表現でき、かつ集合値写像の微分概念が自然に定義できるように空間と位相を導入した。そして微分の計算や双対理論を構築するための新しい概念を定義し、解を求めるための方法をより明確にした。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,専門力アクティブ・ラーニング,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,最適化数学B,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,情報社会論,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,最適化数学A,2018年04月 ~ 2018年06月,専任

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>