基本情報

写真a

藤澤 延行

FUJISAWA Nobuyuki


学系

自然科学系

系列

材料生産システム系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

可視化情報研究センターでは、工学、医学から芸術学にいたる広範囲の対象の可視化技術の開発と応用を実施しています。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,東北大学,課程,1983年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部,教授,1997年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Critical Consideration on Wall Thinning Rate by Liquid Droplet Impingement Erosion,N. Fujisawa, R. Morita, A. Nakamura and T. Yamagata,E-Journal of Advanced Maintenance,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Experimental and Numerical Study on Onset of Inflow in Near Field of Buoyant Jet at Low Froude Number ,A. Maeda, N. Fujisawa, T. Syuto and T. Yamagata,Journal of Visualization,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Experiments on Liquid Droplet Impingement Erosion by High-speed Spray,N. Fujisawa, T. Yamagata, K. Hayashi and T. Takano ,Nuclear Eng. Design,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Mass Transfer Measurements behind an Orifice in a Circular Pipe Flow for Various Combinations of Swirl Intensity and Orifice Bias,T. Takano, T. Yamagata, A. Ito and N. Fujisawa,J. Power Energy Systems,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Quantitative Visualization of Temperature Field in Non-luminous Flame by Flame Reaction Technique,M. Ohkubo, Y. Nakagawa, T. Yamagata and N. Fujisawa,Journal of Visualization,2012年01月,英語

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 熱流体の可視化と計測,藤澤延行,コロナ社,2003年12月,日本語

    単行本(学術書),1164 ,単著

  • エレクトロニクス,液晶で温度速度の同時計測,オーム社,1999年12月,日本語

    単行本(学術書),43-45,単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ASV visualization award,2011年06月,日本国,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,Asian Society of Visualization,「郷野達也」「首藤智明」「山縣貴幸」「藤澤延行」,流体工学

  • JOV Award,2007年07月,日本国,国内外の国際的学術賞,可視化情報学会,藤澤延行,流体工学

  • JOV Portfolio Award,2007年07月,日本国,国内外の国際的学術賞,可視化情報学会,藤澤延行,流体工学

  • 可視化情報学会功労賞,1999年07月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,可視化情報学会,藤澤延行,流体工学

  • 流れの可視化学会技術賞,1989年07月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,流れの可視化学会,藤澤延行、白井紘行、斎川雄司,流体工学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,完全3次元温度場・速度場の時系列同時計測法の開発と乱流熱対流の組織構造研究

    完全3次元温度場・速度場の時系列同時計測法の開発と乱流熱対流の組織構造研究

  • 基盤研究(C),2004年04月 ~ 2006年03月,感温液晶ステレオ温度・速度同時計測法による乱流ベナール対流の統計量と組織構造

  • 基盤研究(C),2000年04月 ~ 2002年03月,感温液晶を用いた温度・速度3成分の3次元同時計測と乱流対流の組織構造研究

    液晶を用いた温度・速度3成分の3次元同時計測と乱流対流の組織構造研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 室内温度の非接触多点同時計測法に関する研究,2006年05月 ~ 2007年03月,株式会社コロナ,その他

  • 梨に加わる流体力に関する研究,2004年10月 ~ 2005年03月,有限会社オーシーサービス,その他

  • 燃焼騒音の制御に関する研究,2003年06月 ~ 2006年03月,株式会社コロナ,その他

  • 燃焼装置における流れ場のPIV計測と騒音制御に関する研究,2002年06月 ~ 2003年03月,株式会社コロナ,その他

  • 燃焼装置における騒音と環境生成物の制御に関する研究,2001年07月 ~ 2002年03月,株式会社コロナ,その他

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 空気力学的騒音の低減技術,未設定,未設定

  • 燃焼診断技術,未設定,未設定

  • 熱流体流動現象の可視化と温度・速度の非接触計測技術,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,機械工学実験I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,可視化工学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,可視化情報計測論,2017年04月 ~ 2017年09月,専任

  • 2016年度,くらしを支える機械システム工学,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,機械情報可視化論,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>