基本情報

写真a

馬場 暁

BABA Akira


学系

自然科学系

系列

情報電子工学系列

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),新潟大学,課程,1999年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 超域研究機構,准教授,2007年04月 ~ 2011年03月

  • 新潟大学 研究推進機構 超域学術院,准教授,2011年04月 ~ 2013年09月

  • 新潟大学 研究推進機構 超域学術院,准教授,2013年10月 ~ 2015年09月

  • 新潟大学 工学部 電気電子工学科 電子物性デバイス,准教授,2015年10月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 工学部 工学科,准教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • ドイツ・マックスプランク高分子研究所,博士研究員,1999年11月 ~ 2002年12月

  • シンガポール国立大学 材料科学科,TPプロジェクト研究員,2003年01月 ~ 2003年07月

  • 米国・アラバマ大学バーミングハム校 化学科,博士研究員,2003年07月 ~ 2004年06月

  • 米国・ヒューストン大学 化学科,リサーチアソシエイトスタッフ,2004年06月 ~ 2006年12月

  • (独)産業技術総合研究所光技術研究部門,招聘研究員,2007年01月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会,1997年03月 ~ 継続中,日本国

  • 電気学会,1997年05月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • 米国材料学会,2011年12月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機・分子エレクトロニクス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Rh blood phenotyping (D, E, e, C, c) microarrays using multichannel surface plasmon resonance imaging,Chinnawut Pipatpanukul, Sasaki Takeya, Akira Baba, Ratthasart Amarit, Armote Somboonkaew, Boonsong Sutapun, Pimpun Kitpoka, Mongkol Kunakorn, Toemsak Srikhirin,Biosensors and Bioelectronics,Vol.Vol. 102, pp.267-275,2018年04月,英語

    DOI:10.1016/j.bios.2017.10.049,研究論文(学術雑誌),共著

  • Controlling surface plasmon optical transmission by stretching a silver-coated elastomeric grating substrate,Chutiparn Lertvachirapaiboon, Yuya Ito, Akira Baba, Kazunari Shinbo, and Keizo Kato,Plasmonics,2018年03月,英語

    DOI:10.1007/s11468-018-0768-5,研究論文(学術雑誌),共著

  • Surface plasmon resonance-enhanced photoelectrochemical sensor for detection of an organophosphate pesticide chlorpyrifos,Treenet Thepudom, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Kazunari Shinbo, Keizo Kato, Futao Kaneko, Teerakiat Kerdcharoen, and Akira Baba,MRS Communications,Vol.Vol. 8,No.1, pp.107-112,2018年03月,英語

    DOI:10.1557/mrc.2017.131,研究論文(学術雑誌),共著

  • Development of Graphene Oxide/Poly(3,4- ethylenedioxythiophene)/Poly(styrene sulfonate) Thin Film-based Electrochemical Surface Plasmon Resonance Immunosensor for Detection of Human Immunoglobulin G,Chammari Pothipor, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Kazunari Shinbo, Keizo Kato, Futao Kaneko, Kontad Ounnunkad and Akira Baba,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.57,No.2S2, pp.02CA07-1-02CA07-7,2018年01月,英語

    DOI:10.7567/JJAP.57.02CA07,研究論文(学術雑誌),共著

  • Transmission Surface Plasmon Resonance Techniques and their Potential Biosensor Applications,Chutiparn Lertvachirapaiboon, Akira Baba, Sanong Ekgasit, Kazunari Shinbo, Keizo Kato and Futao Kaneko,Biosensors and Bioelectronics,Vol.99, pp.399-415,2018年01月,英語

    DOI:10.1016/j.bios.2017.07.069,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • SPR イメージング法のバイオセンサー応用:高密度集積型DNA マイクロアレイの開発, 表面科学,玉田薫,伊藤正照,中村史夫,馬場暁,表面化学会,2006年01月,日本語

    単行本(学術書),第27巻 第 1 号 pp. 21-26,共著

  • 電気化学-表面プラズモン共鳴法による導電性高分子超薄膜界面のその場測定とセンサー応用,馬場 暁,Rigoberto Advincula, Wolfgang Knoll,応用物理,2005年12月,日本語

    単行本(学術書),第74巻 第12号 pp.1603-1608,共著

  • Simultaneous Observation of The Electropolymerization Process of Conducting Polymers by Surface Plasmon Resonance Spectroscopy, Surface Plasmon Enhanced Light Scattering and Cyclic Voltammetry, In "Novel Methods to Study Interfacial Layers" Edited by D. Mobius and R. Miller,Akira Baba, Rigoberto C. Advincula and Wolfgang Knoll,Elsevier Science, Studies in Interface Science,2001年12月,英語

    単行本(学術書),Vol. 11, pp55-70,共著

  • 表面プラズモン励起を利用した有機薄膜評価,馬場 暁, 金子双男, Rigoberto C. Advincula and Wolfgang Knoll,有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌,2000年12月,日本語

    単行本(学術書),Vol. 11, No. 2, pp.159 -166,共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • PERCH-CIC Congress X: 2018 International Congress for Innovation in Chemistry,Akira Baba, Chutiparn Lertvachirapaiboon, Kazunari Shinbo, Keizo Kato,国際会議,2018年07月,Pattaya, Chonburi, Thailand,Investigation of Plasmonic Systems for Improvement of Organic Solar Cells and Biosensors [Invited Talk],口頭(招待・特別)

  • The 29th International Conference on Molecular Electronics and Devices (IC ME&D 2018),A. Baba, C. Lertvachirapaiboon, K. Shinbo, K. Kato,国際会議,2018年05月,Daegu, Korea,Development of Surface Plasmon Enhanced Photo-electric Conversion Systems [Invited Talk],口頭(招待・特別)

  • The 4th International Conference on Advanced Electromaterials (ICAE 2017),A. Baba, C. Lertvachirapaiboon, K. Shinbo, K. Kato, F. Kaneko,国際会議,2017年11月,Jeju, Korea,Surface Plasmon Resonance Excitation Based Organic Device Applications [Invited Talk],口頭(招待・特別)

  • Materia Manila 2017,A. Baba, C. Lertvachirapaiboon, K. Shinbo, K. Kato, F. Kaneko,国際会議,2017年10月,Manila, Philippine,Surface Plasmon Resonance Enhanced Organic Devices and Biosensor Applications [Invited Talk],口頭(招待・特別)

  • IUMRS-ICAM 2017 The 15th International Conference on Advanced Materials,A. Baba, C. Lertvachirapaiboon, K. Shinbo, K. Kato, F. Kaneko,国際会議,2017年08月 ~ 2017年09月,Kyoto, Japan,Plasmonic-Gold Quantum Dots Hybrid Nanostructures for Improvement of Organic Solar Cells [Invited Talk],口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,電子デバイス工学,2018年06月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,卒業研修,2018年04月 ~ 2018年08月,専任

  • 2018年度,有機エレクトロニクス特論,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2018年度,分子エレクトロニクス特論,2018年04月 ~ 2018年09月,専任

  • 2017年度,電子デバイス工学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

全件表示 >>