基本情報

写真a

武井 延之

TAKEI Nobuyuki


職名

准教授

生年

1960年

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

025-227-0815

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,上智大学,課程,1989年01月

  • 理学修士,上智大学,課程,1985年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 脳研究所,講師,1998年07月 ~ 1999年03月

  • 新潟大学 脳研究所 基礎神経科学部門,助教授,1999年04月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 脳研究所 基礎神経科学部門,准教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻,准教授,2007年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 医歯学総合研究科 医科学専攻,准教授,2007年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際放射線神経生物学会,,日本国

  • 日本神経化学会,1988年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経化学・神経薬理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Advanced glycation end products induce brain-derived neurotrophic factor release from human platelets through the src-family kinase activation.,1) Furukawa K, Fuse I, Iwakura Y, Sotoyama H, Hanyu O, Nawa H, Sone H, Takei N,Cardiovasc. Diabetol.,Vol.16,No.1, p.20,2017年02月,英語

    DOI:0.1186/s12933-017-0505-y,研究論文(学術雑誌),共著,神経化学・神経薬理学,代謝学,内分泌学

  • Somatic Mutations in MTOR Cause Focal cortical dysplasia Type IIb,1) Nakashima M, Saitsu H, Takei N, Tohyama J, Kato M, Kitaura H, Shiina M, Shirouzu H, Masuda H, Watanabe K, Ohba C, Tsurusaki Y, Miyake N, Zheng YJ, Sato T, Takebayashi H, Ogata K, Kameyama S, Kakita A, Matsumoto N ,Ann. Neurol,Vol.78,No.3, pp.375-386,2015年09月,英語

    DOI:10.1002/ana.24444,研究論文(学術雑誌),共著,ゲノム医科学,神経解剖学・神経病理学,神経化学・神経薬理学

  • Neuropathologic implication of peripheral neuregulin-1 and EGF Signals in dopaminergic dysfunction and behavioral deficits relevant to Schizophrenia: Their target cells and time window ,Nawa H, Sotoyama H, Iwakura Y, Takei N, Namba H.,Biomed Res Int.,2015年05月,英語

    DOI:10.1155/2014/697935,研究論文(学術雑誌),共著

  • A possible link between BDNF and mTOR in control of food intake.,Takei N, Furukawa K, Hanyu O, Sone H, NawaH ,Front. Psychol.,2014年,英語

    DOI:10.3389/fpsyg.201401093 ,研究論文(学術雑誌),共著,神経化学・神経薬理学,神経生理学・神経科学一般,機能生物化学

  • mTOR signaling and its roles in normal and abnormal brain development.,Takei Nobuyuki, Nawa Hiroyuki,Front Mol Neurosci,Vol.7, p.28,2014年,英語

    DOI:10.3389/fnmol.2014.00028,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • サイトカイン・増殖因子キーワード事典,武井延之,羊土社,2015年04月,日本語

    単行本(学術書),分担執筆

  • 脳神経科学イラストレイテッド第三版,武井延之,羊土社,2013年04月,日本語

    単行本(学術書),神経栄養因子,分担執筆

  • 「RNAと生命」,武井延之,共立出版 東京,2006年12月,日本語

    その他,7 ,共著

  • 「細胞増殖因子と再生医療」,那波宏之,武井延之,メディカルレビュー社 大阪,2006年12月,日本語

    その他,6 ,共著

  • 「脳神経外科学大系」(第1巻 神経科学),武井延之,中山書店 東京,2006年12月,日本語

    その他,8 ,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • mTORとてんかん,北浦弘樹、武井延之、中島光子、松本直道、柿田明美,Epilepsy,Vol.10, pp.97-102,2016年11月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 「基礎の基礎」神経細胞特異的翻訳調節機構,武井延之,学研メディカル秀潤社,細胞工学,Vol.31, pp.642-645,2012年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 「翻訳調節と脳高次機能」 神経特異的翻訳調節機構,武井延之,学研メディカル秀潤社,細胞工学,Vol.31, pp.687-691,2012年06月,日本語

    総説・解説(商業誌),単著

  • 統合失調症とマイクロRNA,渡部雄一郎、武井延之、那波宏之、染矢俊幸,先端医学社,分子精神医学,Vol.11, pp.179-184,2011年07月,日本語

    総説・解説(商業誌),共著

  • 脳における神経栄養因子の働き,武井延之,日本農芸化学会,化学と生物,Vol.46, pp.24-31,2008年,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,mTOR阻害剤による口内炎の発症機序の解明」

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2018年03月,神経発達に伴う細胞サイズ制御機構の解明と病態モデルの確立

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2018年03月,冬眠特異的タンパク質HPの機能評価と受容体同定に向けたシマリスの繁殖と神経幹細胞培養系の確立

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,神経細胞のサイズ制御の機構とその破綻による病態の解析

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2014年03月,皮質異形成の病態機序:体細胞変異仮説の検証

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • A-STEP,2011年04月 ~ 2012年03月,抗肥満と抗認知症作用を持つ機能性食品としてのアミノ酸誘導体、ペプチドの探索•開発

    JST

  • 厚生労働科学研究費補助金,2001年04月 ~ 2003年03月,遺伝性精神遅滞症脆弱X症候群の分子機構解析とその治療への応用

    厚生労働省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 7th International Society of Radiation Neurobiology Conference,Kobayashi Y, Irie K, Kawase A, Takei N, Nawa H.,国際会議,2017年02月,Yuzawa, Niigata,Anticancer activity of antipsychotics on brain tumor,ポスター(一般)

  • 第59回日本神経化学会,山田新太郎、関島恒夫、那波宏之、武井延之,国内会議,2016年09月,冬眠期のシマリス神経細胞におけるAMPKを上流とした翻訳の抑制,ポスター(一般)

  • 7th ISN Special Conference,Takei N, Yokomaku D, Ushiki D and Nawa H,国際会議,2016年06月,Coimbra, Portugal,Epidermal growth factor downregulates presynaptic maturation and suppresses synapse formation in vitro and in vivo.,ポスター(一般)

  • BMB2015(日本生化学会/日本分子生物学会合同年会),武井延之,国内会議,2015年12月,神戸国際会議場,mTORシグナル系と脳形成異常,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 25th ISN Biennial Meeting,Takei N, Yokomaku D, Ushiki T, Nawa H,国際会議,2015年08月,Cairns, Australia,EGF downregulates presynaptic maturation and suppresses synapse formation in vitro and in vivo.,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際放射線神経生物学会,理事,2013年01月 ~ 継続中

  • 日本神経化学会,評議員,2001年 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • Scientific Reports 誌 Handling Editor,2011年 ~ 継続中

  • Neurochemical Research誌 編集委員,2009年 ~ 継続中