基本情報

写真a

武田 直也

TAKEDA Naoya


学系

自然科学系

系列

材料生産システム系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),物性Ⅱ,東北大学,課程,1992年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 機能材料工学科,教授,2004年03月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 材料生産システム専攻,教授,2004年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,教授,2017年04月 ~ 継続中

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多極子秩序の研究,1994年01月 ~ 継続中

    多極子,物性Ⅱ,国内共同研究,共同研究

  • 充填スクッテルダイトの研究,1993年01月 ~ 継続中

    充填スクッテルダイト,物性Ⅱ,未設定,科学研究費補助金

  • 有機磁性体の研究,1992年03月 ~ 1996年10月

    有機物、磁性,物性Ⅱ,有機化学,国内共同研究,共同研究

  • 重い電子系の物質開発,1992年01月 ~ 継続中

    重い電子、物質開発,物性Ⅱ,個人研究,その他の研究制度

  • 重い電子系のフェルミ面の研究,1987年01月 ~ 1992年03月

    重い電子、フェルミ面, dHvA効果,物性Ⅱ,機関内共同研究,その他の研究制度

論文 【 表示 / 非表示

  • Vibrational Dynamics of Filled Skutterudite LaT4X12 (T=Fe,Ru,Os, X=As,Sb),M.M.Koza, A.Adroja, N.Takeda, Z.Henkie, T.Cichorek,J.Phys.Soc.Jpn.,Vol.82,No.11, pp.114607/1-11,2013年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Intermediate valence Behavior of Yb2Ni12P7 studied by 31P NMR,T.Koyama, K.Sugiura, K.Ueda, T.Mito, K.Kohara, T.Nakano, R.Satoh, T.Tsuchiya, N.Takeda,J.Korean Physical Society,Vol.63,No.3, pp.416-419,2013年,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Low-temperature magnetic properties of RE2Ni21B6(RE=Er, Tm, Yb and Lu),J.Kitagawa, N.Takeda, M.Ishikawa,J.Alloys and Compounds,Vol.561, pp.101-104,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Magnetic Phase Diagram of Clathrate Compound Ce3Pd20Si6 with Quadrupolar Ordering ,H.Ono, T.Nakano, N.Takeda, G.Ano, M.Akatsu, Y.Nemoto, T.Goto, A.Donni, H.Kitazawa,J.Phys.:Condens.Matter,Vol.25, pp.126003-1-4,2013年,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Magnetic Properties of Cubic compound Ce6Ni6P17 with geometric Frustration,N.Takeda, K.Izumi, H.Ono, S.Yodono, T.Nakano,J.Phys.:Conf.Series,Vol.3991, pp.012071-1-012071-2,2012年12月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • JPSP注目論文賞,2007年04月,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本物理学会,「S.Masaki」,「T.Mito」,「M.Takemura」, 「S.Wada」, 「H.Harima」, 「D.Kikuchi」, 「H.Sato」, 「H.Sugawara」, 「N.Takeda」, 「G-q. Zheng」

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新学術領域研究,2008年04月 ~ 2013年03月,ラットリング物質の探索・創製と電子・格子物性の研究

    ラットリング物質の発見を目指し、ラットリングに起因する新奇現象を解明する。

  • 特定領域研究,2003年04月 ~ 2008年03月,充填スクッテルダイト構造に由来する新奇量子現象の解明

    充填スクッテルダイト化合物の研究をした

  • 基盤研究(C),2000年04月 ~ 2002年03月,Filled Skutterudite型化合物の研究

    Filled Skutterudite型化合物の研究をした

  • 重点領域研究,1994年04月 ~ 1995年03月,有機磁性体の極低温物性(比熱,磁化)

    有機強磁性体を世界で最も多く発見した。

  • 重点領域研究,1993年04月 ~ 1994年03月,有機磁性体の極低温物性

    有機強磁性体の探索を行った。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 新規充填型化合物の合成と熱電材料の探索,2006年04月 ~ 2007年03月,財団法人 内田エネルギー科学振興財団,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • SCES2011,N.Takeda etal.,国際会議,2011年08月 ~ 2011年09月,Cambridge,Magnetic properties of Ce6Ni6P17 with geomeric frustration,ポスター(一般)

  • SCES2011,T.Nakano, R.Sato, K.Tsuchiya, N.Takeda,国際会議,2011年08月 ~ 2011年09月,Cambridge,Pressure effect of transport properties of hexagonal Yb2Ni12P7,ポスター(一般)

  • SCES2011,H.Ono, T.Nakano, N.Takeda etal.,国際会議,2011年08月 ~ 2011年09月,Cambrige,Specific heat of Ce3Pd20Si6 single crystal in magnetic fields,ポスター(一般)

  • International Conference on Heavy Electrons 2010,K.Tsutiya et al.,国際会議,2010年09月,Tokyo,Low-temperature magnetic properties of Ho2Ni12P7,ポスター(一般)

  • International Conference on Heavy Electrons 2010,N.Takeda, T.Nakajo, H.Ono, K.Tatematsu, T.Nakano,国際会議,2010年09月,Tokyo,Physical Properties of Unfilled Skutterudite NiP3,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,量子力学応用・演習,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,卒業研修,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,機能材料工学実験I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,技術英語,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物理学基礎BⅠ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 入試専門委員委員長,2013年04月 ~ 2014年03月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,新潟支部会委員,2010年09月 ~ 継続中

  • 日本物理学会,代議員,2010年09月 ~ 2011年08月

  • 日本物理学会,代議員,2009年09月 ~ 2010年08月

  • 東京大学物性研究所共同利用施設専門委員会,委員,2009年04月 ~ 2011年03月

  • 日本物理学会,新潟支部委員・庶務,2008年09月 ~ 2010年08月

全件表示 >>