基本情報

写真a

副島 浩一

SOEJIMA Kouichi


学系

自然科学系

系列

環境科学系列

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東京都立大学,課程,1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 自然科学研究科,助手,1996年08月 ~ 2001年12月

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科,准教授,2004年04月 ~ 2015年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 環境科学専攻,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 理学部 自然環境科学科 地球環境科学,教授,2015年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Formation of slow electrons in the Auger decay of core-ionized water molecules,Y. Hikosaka, K. Yamamoto, M. Nakano, T. Odagiri, K. Soejima, I. H. Suzuki, P. Lablanquie, F. Penent, K. Ito,Journal of Chemical Physics,Vol.137, pp.191101-1-191101-5,2012年11月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Auger decay of Ar 2p satellite states studied with a multielectron coincidence method,M. Nakano, Y. Hikosaka, P. Lablanquie, F. Penent, S.M. Huttula, I. H. Suzuki, K. Soejima, N. Kouchi, K. Ito,Physical Review A,Vol.85, pp.043405-1-043405-8,2012年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evidence of single-photon two-site core double ionization of C2H2 molecules,P. Lablanquie, T.P.Grozdanov,M. tnik, S.Carniato,P.Selles, L.Andric,J.Palaudoux,F.Penent, H.Iwayama,E.Shigemasa,Y.Hikosaka,K.Soejima, M. Nakano, I.H.Suzuki, K. Ito,Physical Review Letters,Vol.107, pp.193004-1-193004-4,2011年07月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Energy correlation among three photoelectrons emitted in core-valence-valence triple photoionization of Ne(共著),Y. Hikosaka, P. Lablanquie, F. Penent, J. Palaudoux, L. Andric, K. Soejima, E. Shigemasa, I. H. Suzuki, M. Nakano, K. Ito,Physical Review Letters,Vol.107, pp.113005-1-113005-4,2011年05月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Decay pathways after Xe 3d inner shell ionization using a multi-electron coincidence technique,I. H. Suzuki, Y. Hikosaka, E. Shigemasa, P. Lablanquie, F. Penent, K. Soejima, M. Nakano, N. Kouchi, K. Ito,Jornal of Physics B,Vol.44, pp.075003-1-075003-8,2011年04月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 円二色性ダイナミックススコープ,副島浩一,A Study of a new BL-16 SX beam line,Vol.2, p.50,2006年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 円二色性ダイナミックススコープの確立,副島浩一,A Study of a new BL-16 SX beam line,Vol.1, p.36,2005年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • He原子の光二重電離カイラル電子対の生成,副島浩一,日本物理学会誌,Vol.57, p.408,2002年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著

  • Heの二重光電離過程にあらわれる円二色性,副島浩一,原子衝突協会会報,Vol.190, p.16,2000年12月,日本語

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 二重光電離過程にあらわれる円二色性,副島浩一,日本放射光学会誌,Vol.13, p.40,2000年12月,日本語

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • PF懇談会,2007年04月 ~ 継続中

    その他

  • 日本放射光学会,2000年03月 ~ 継続中

    その他

  • 日本物理学会,1983年01月 ~ 継続中

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手奨励賞,2002年01月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本放射光学会,副島浩一

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,専門力アクティブ・ラーニング,2017年06月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎物理学実験,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,基礎量子力学,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,自然科学実験法,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,物理学基礎BⅠ,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

全件表示 >>