基本情報

写真a

福島 治

FUKUSHIMA Osamu


学系

人文社会科学系

系列

人文科学系列

職名

准教授

研究分野・キーワード

社会心理学、人格心理学

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  文学研究科  心理学

    博士課程,1996年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),社会心理学,東北大学,課程,1996年03月

  • 修士(文学),社会心理学,東北大学,課程,1993年03月

  • 教育学修士,教育心理学,東京学芸大学,課程,1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 人文学部,助教授,2004年10月 ~ 2007年03月

  • 新潟大学 人文学部 行動科学講座,准教授,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 新潟大学 人文学部 人文学科,准教授,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 現代社会文化研究科 現代文化専攻,准教授,2012年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本社会心理学会,1990年02月 ~ 継続中,日本国

  • 日本グループ・ダイナミックス学会,1990年07月 ~ 継続中,日本国

  • 東北心理学会,1991年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心理学会,1991年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本パーソナリティ心理学会,1992年06月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 関係文脈内の自己と他者の特性表象の重複:石井(2009)の再現研究,福島 治,社会心理学研究,Vol.33,No.2, pp.73-83,2017年12月,日本語

    DOI:10.14966/jssp.1616,研究論文(学術雑誌),単著

  • 対人葛藤において推測された対立者の心的状態が解決方略に及ぼす影響,小嶋かおり,福島治,大渕憲一,応用心理学研究,Vol.43,No.2, pp.123-133,2017年11月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 性格特性評定の個人内変動と自己愛との関連,福島治,東北心理学研究,Vol.65, p.32,2016年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 自己概念の変動性を表す指標の比較,福島治,日本社会心理学会第55回大会発表論文集, p.14,2014年07月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 共感と援助の動機,福島治,栗原隆(編) 感性学,2014年03月,日本語

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 自己概念のゆらぎ:対人関係におけるその分化と変動,福島治,知泉書館,2019年02月,日本語

    単行本(学術書),単著,社会心理学,教育心理学

  • 紛争・暴力・公正の心理学,大渕憲一、福島治ほか,北大路書房,2016年02月,日本語

    単行本(学術書),7章 対人葛藤 pp.77-87,分担執筆

  • 展望 現代の社会心理学2 コミュニケーションと対人関係(pp.212-230),相川充・高井次郎ほか,誠信書房,2010年04月,日本語

    単行本(学術書),家庭の人間関係,共著

  • 自己意識的感情の心理学(共著),有光興記,菊池章夫ほか,北大路書房,2009年10月,日本語

    単行本(学術書),共著

  • 対人葛藤の解決 大渕憲一(編) 葛藤と紛争の社会心理学(pp.40-49),大渕憲一, 福島治, 小嶋かおり ほか,北大路書房,2008年09月,日本語

    単行本(学術書),pp.40-49,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,自己と他者の特性情報集合の連合に関する研究

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,自己と他者の特性集合情報間の認知的リンクに関する研究

    自己の特性情報は他者を条件として分化した集合構造を保持しており、特定他者の特性集合と、それと対応する自己の特性集合の間にある認知的リンクにより、一方の活性化で他方も活性化することを実証的に検討している。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2009年03月,自己と他者の特性概念間の認知的リンクに関する研究

    自己表象と他者表象について、特性概念のレベルでの認知的リンクの有無を検討した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 15th European Congress of Psychology,Osamu Fukushima,国際会議,2017年07月,Amsterdam,Variability in narcissists' self-concepts: Effects of recent interpersonal acceptance and rejection,ポスター(一般)

  • The 14th European Congress of Psychology,Osamu Fukushima,国際会議,2015年07月,Narcissists' variability in self-concepts across time and situations,ポスター(一般)

  • 日本社会心理学会第54回大会,福島治,国内会議,2013年11月,沖縄国際大学,文脈特定的な自己概念の評定における矛盾度,ポスター(一般)

  • 日本心理学会第77回大会,福島治,国内会議,2013年09月,札幌コンベンションセンター/札幌市産業振興センター,バトソン『利他性の人間学』を読む,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 東北心理学会第67回大会,福島治,国内会議,2013年05月,八木山キャンパス,多母集団モデルを利用した多面的自己概念評定の安定性分析の試み,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,心理学概論B,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,心理学概説B,2019年06月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,心理学実験A,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,心と社会,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

  • 2019年度,心理学演習,2019年04月 ~ 2019年08月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本パーソナリティ心理学会,学会誌編集委員,2008年10月 ~ 2010年09月

  • 日本グループ・ダイナミックス学会,学会誌編集委員,2000年10月 ~ 2003年02月

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 新潟県高大連携事業,2008年06月

  • 新発田市市民公開講座,2007年11月

  • 新潟大学人文学部公開講座,2006年07月

  • 三条市成人大学講座,2006年06月

  • 高大連携,2006年06月