基本情報

写真a

柄沢 直之

KARASAWA Naoyuki


学系

自然科学系

系列

電気情報工学系列

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

少しでも地域社会発展のために協力できればと思います。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(工学),新潟大学,課程,1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 工学部 情報工学科,助教,2004年04月 ~ 2017年03月

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,助教,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 自然科学研究科 電気情報工学専攻,助教,2010年04月 ~ 継続中

  • 新潟大学 工学部 工学科,助教,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会,1995年10月 ~ 継続中,日本国

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.,2007年02月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 通信・ネットワーク工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Consideration on Efficient Message Delivery of Probe Epidemic Transmission in Delay Tolerant Networks,Naoyuki Karasawa, Arata Kato, Kazuyuki Miyakita, Keisuke Nakano and Hiroshi Tamura,Proceedings of The 29th International Technical Conference on Circuit/Systems Computers and Communications (ITC-CSCC 2014), pp.815-818,2014年07月,英語

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • Analysis and Modelling of Willingness to Receive Reward for Relay in Ad Hoc Networks,Naoyuki KARASAWA, Kyoko YAMORI, Kenji DONKAI, Yoshiaki TANAKA,IFIP International Federation for Information Processing, Volume 252, Integration and Innovation Orient to E-Society Volume 2,2007年10月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 大規模ブルートゥースネットワークの新たな構成法:MBNET,間瀬憲一,松井貴宏,長谷川貴史,八木啓之,柄沢直之,電子情報通信学会論文誌(B),Vol.vol. J89-B, no. 8, pp.1441-1452,2006年08月,日本語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Connectivity Experiments in a Bluetooth-Based Multi-Hop Networks,Hirofumi ASANO, Naoyuki KARASAWA, Kenichi MASE,The 6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC'03),Vol.MA7-4,2003年09月,英語

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Wireless LAN with wireless multihop backbone network (WMLAN),Kenichi Mase, Naoyuki Karasawa, Miho Kusumi, Keisuke Nakano and Masakazu Sengoku,Proceedings of the 2001 IEEE International Conference on Wireless LANs and Home Networks (ICWLHN'01), pp.349-358,2001年12月,英語

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 社団法人電子情報通信学会論文賞,1997年05月,日本国,国内外の国際的学術賞,社団法人電子情報通信学会,Keisuke NAKANO, Naoyuki KARASAWA, Masakazu SENGOKU, Shoji SHINODA, Takeo ABE

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2003年04月 ~ 2005年03月,ネットワーク環境に応じた無線マルチホップ端末の自律制御・調整方式の研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2014年電子情報通信学会総合大会,柄沢直之,加藤新,宮北和之,中野敬介,国内会議,2014年03月,DTNにおけるプローブエピデミック伝送の情報伝達率に関する考察,口頭(一般)

  • 電子情報通信学会第4回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会,柄沢直之,加藤新,宮北和之,中野敬介,国内会議,2013年12月,DTNにおけるプローブエピデミック伝送に関する考察,口頭(一般)

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地域社会のための無線アドホックネットワークの研究開発,未設定,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,情報工学基礎実習I,2017年04月 ~ 2017年08月,専任

  • 2017年度,リメディアル演習,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,コンピュータ基礎,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2017年度,コンピュータ基礎,2017年04月 ~ 2017年06月,専任

  • 2016年度,情報工学実験II,2016年10月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会,信越支部学生会顧問,2008年04月 ~ 2009年05月

  • 電子情報通信学会,2009年電子情報通信学会ソサイエティ大会実行委員,2007年12月 ~ 2009年09月

  • 電子情報通信学会,The 16th International Workshop on Communications Quality & Reliability (CQR 2002) Technical Program Committee Secretariat,2001年03月 ~ 2002年05月