2022/11/29 更新

写真a

ツルマキ タツル
弦巻 立
TSURUMAKI Tatsuru
所属
教育研究院 医歯学系 歯学系列 助教
歯学部 歯学科 助教
医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(歯学) ( 2002年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学  / 歯科麻酔学

経歴

  • 新潟大学   歯学部 歯学科   助教

    2008年1月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 顎顔面再建学   助教

    2008年1月 - 現在

  • 新潟大学   医学部 医学科   助教

    2002年4月 - 2007年3月

 

論文

  • 抗凝固療法継続下で施行した下顎骨悪性腫瘍切除術後に脳梗塞の発症が疑われた1症例

    佐藤 由美子, 田中 裕, 岸本 直隆, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   157 - 157   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 下顎骨骨折の手術終了後に抜管を躊躇した小児全身麻酔の1症例

    沢田 詠見, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   160 - 160   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 脂肪組織由来幹細胞由来cell extract内の神経再生作用のある成分の分析

    今井 有蔵, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   114 - 114   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 腸骨移植術の疼痛による体交困難から無気肺を発症したと考えられた症例

    金丸 博子, 田中 裕, 弦巻 立, 岸本 直隆, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   143 - 143   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 上下顎骨形成術中にソノペットにより経鼻挿管チューブの損傷が生じた1症例

    倉田 行伸, 今井 有蔵, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   145 - 145   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 静脈内鎮静法下インプラント埋入術後、帰宅後に呼吸困難のため救急搬送となった1例

    弦巻 立, 山本 徹, 田中 裕, 岸本 直隆, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   148 - 148   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 麻酔器内の電源供給システムにより、気化器が作動停止した一例

    大塚 有紀子, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   168 - 168   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 遠隔シミュレーションを応用した歯科医院での偶発症対応セミナー

    岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 大塚 有紀子, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   175 - 175   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 確定診断に苦慮した小児の三叉神経痛の1例

    田中 裕, 岸本 直隆, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 山本 徹, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 枝村 美和, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   49 ( 抄録号 )   167 - 167   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • Rapid elevation of brain-derived neurotrophic factor production in the bilateral trigeminal ganglia by unilateral transection of the mental nerve in mice. 国際誌

    Maiko Yamazaki, Tatsuru Tsurumaki, Yurie Yamada, Takeyasu Maeda, Kenji Seo

    Neuroreport   32 ( 8 )   659 - 665   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: Previous spinal nerve injury studies have reported brain-derived neurotrophic factor (BDNF) mRNA upregulation in either the ipsilateral dorsal root ganglion (DRG) neurons or both the contralateral and ipsilateral DRG neurons from early period after peripheral nerve injury. This BDNF elevation induces hyperalgesia in the injured and/or uninjured sites, but this detailed mechanism remains unknown. This study aimed to investigate the BDNF mRNA expression in bilateral DRG neurons caused by unilateral nerve injury and to explore the possible mechanisms by which nitric oxide (NO) mediates BDNF production in the DRG, resulting in contralateral hyperalgesia. METHODS: Early changes in BDNF mRNA expression in the bilateral trigeminal ganglia, within 1 day after mental nerve transection, were examined. Additionally, the effects on BDNF production of the NO synthase inhibitor N(ω)-nitro-l-arginine methyl ester (L-NAME) were investigated in the bilateral trigeminal ganglia. The relationship between injured neurons and BDNF production in the trigeminal ganglia was then assessed using immunohistochemical and retrograde tracing methods. RESULTS: Reverse transcription-PCR analysis demonstrated that unilateral transection of the mental nerve induced a rapid elevation of BDNF mRNA expression, which was inhibited by the intracerebroventricular administration of L-NAME prior to nerve transection. This effect was observed in both the ipsilateral and contralateral sides to the nerve transection. BDNF immunostaining combined with FluoroGold retrograde tracing revealed two types of BDNF-reactive neurons, FluoroGold-labelled and non-FluoroGold-labelled neurons, in the ipsilateral and contralateral sides of the trigeminal ganglia. BDNF-positive cells were also observed in the trigeminal ganglia of other trigeminal nerve branches. CONCLUSIONS: Unilateral nerve injury upregulates BDNF production in the bilateral trigeminal ganglia by NO-mediated and/or indirect activation of afferent neurons, resulting in contralateral hyperalgesia.

    DOI: 10.1097/WNR.0000000000001635

    PubMed

    researchmap

  • 当院でのスプラッシュガードの試用経験

    倉田 行伸, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   141 - 141   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院の全麻酔症例を対象とした周術期支援の取り組み

    佐藤 由美子, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   136 - 136   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 帰室直前に突然の換気困難をきたしたGoldenhar症候群患児の1症例

    氏田 倫章, 岸本 直隆, 倉田 行伸, 弦巻 立, 田中 裕, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   174 - 174   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • チューブホルダーの不適切な使用により蛇管損傷を認めた1症例

    沢田 詠見, 岸本 直隆, 大塚 有紀子, 弦巻 立, 倉田 行伸, 田中 裕, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   171 - 171   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 脳梗塞発症の前駆症状と考えられた非定型歯痛の1例

    田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 岸本 直隆, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   165 - 165   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術中に一回拍出量変化をモニターして狭心症の既往のある血液透析患者の長時間手術を行った症例

    今井 有蔵, 弦巻 立, 岸本 直隆, 田中 裕, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 西田 洋平, 小山 祐平, 氏田 倫章, 沢田 詠見, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   48 ( 抄録号 )   147 - 147   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 全身麻酔下歯科治療前後の口腔衛生指導によってセルフケア意識の向上を認めたADHD患者の1症例

    平原 三貴子, 岩瀬 陽子, 村上 智哉, 黒澤 美絵, 野上 有紀子, 近藤 淳子, 倉田 行伸, 弦巻 立, 瀬尾 憲司, 早崎 治明

    障害者歯科   40 ( 3 )   349 - 349   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における院内歯科救急体制の現況と分析(第2報) 過去7年3ヵ月における検討

    田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 大塚 有紀子, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 氏田 倫章, 岸本 直隆, 瀬尾 憲司, 金丸 博子

    日本歯科麻酔学会雑誌   47 ( 抄録号 )   245 - 245   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 炭酸リチウムによるロクロニウムの作用増強が認められた1症例

    岸本 直隆, 吉川 博之, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 小山 祐平, 今井 有蔵, 氏田 倫章, 西田 洋平, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   47 ( 抄録号 )   249 - 249   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • ケミカルコーピングが疑われた患者にオピオイドを併用して鎮静法管理を行った1症例

    佐藤 由美子, 田中 裕, 金丸 博子, 弦巻 立, 倉田 行伸, 西田 洋平, 今井 有蔵, 小山 祐平, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   47 ( 1 )   16 - 18   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本歯科麻酔学会  

    <p>  We report a case of intravenous sedation using an opioid in a patient with a chemical dependence on a medical narcotic analgesic.</p><p>  A 77-year-old man with rheumatoid arthritis had used an analgesic (TRAMSET<sup>®</sup>) containing tramadol hydrochloride and acetaminophen for intractable chronic pain for a long period of time. Because he had used the analgesic as an anti-anxiety drug and a sleep-inducing drug, we were concerned that he might be chemically dependent on the opioid.</p><p>  A sequestrectomy of the mandible was planned. Because he had experienced discomfort while receiving local anesthetic injections during previous dental treatments, intravenous sedation was scheduled for his operation. During the first attempt at intravenous sedation, midazolam and propofol were used to manage the sedation. When the operation began, the patient began to act out, resulting in an unrested condition. We then stopped the sedation and the operation was postponed. His state of unrest was suspected to have arisen from intense pain. On our second attempt at sedation, we used a sufficient dose of a narcotic analgesic. We provided sufficient local anesthesia, and we tried to relieve the postoperative pain by adding acetaminophen. As a result, the patient was free from any discomfort and intractable pain.</p><p>  Insufficient analgesia and sedation are known to trigger addiction to opioids ; thus, adequate analgesic use during surgery is critical for patient management, even if a patient has a possible chemical dependency. The present case suggests that anesthesiologists should observe the behavior of patients with possible chemical dependencies and should take such behavior into consideration when selecting the analgesic type and administration dose.</p>

    CiNii Article

    researchmap

  • Endotracheal Intubation Complicated by a Palatal Tooth in a Patient With Treacher Collins Syndrome. 査読 国際誌

    Kanemaru H, Tsurumaki T, Kurata S, Tanaka Y, Yoshikawa H, Sato Y, Kodama Y, Suda A, Yamada Y, Seo K

    Anesthesia progress   66 ( 1 )   42 - 43   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2344/anpr-66-02-01

    PubMed

    researchmap

  • 気管支喘息による慢性咳嗽のため全身麻酔管理に苦慮したダウン症候群患者の一例

    金丸 博子, 倉田 行伸, 岸本 直隆, 田中 裕, 弦巻 立, 中村 由紀, 早崎 治明, 瀬尾 憲司

    障害者歯科   39 ( 3 )   348 - 348   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    researchmap

  • プロポフォールによる鎮静法管理が困難なためデクスメデトミジン塩酸塩を併用した歯科治療恐怖症患者の1症例

    倉田 行伸, 弦巻 立, 吉川 博之, 金丸 博子, 小玉 由記, 山田 友里恵, 佐藤 由美子, 田中 裕, 須田 有紀子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 抄録号 )   254 - 254   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • メバロン酸キナーゼ欠損症(高IgD症候群)患者に対して全身麻酔管理下で歯科治療を行った1症例

    吉川 博之, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 抄録号 )   196 - 196   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術前に喉頭蓋嚢胞が発見された患者に対して、気管挿管を行った一症例

    須田 有紀子, 弦巻 立, 田中 裕, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 小玉 由記

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 抄録号 )   208 - 208   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • トラマドール塩酸塩、アセトアミノフェン内服患者への局所麻酔中にアカシジアの発症が疑われた1例

    佐藤 由美子, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 金丸 博子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 今井 有蔵

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 抄録号 )   210 - 210   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術前のCTで鼻腔の狭窄を認めなかったにも関わらず、経鼻挿管が困難であった一症例

    今井 有蔵, 弦巻 立, 小山 祐平, 西田 洋平, 須田 有紀子, 小玉 由記, 金丸 博子, 佐藤 由美子, 吉川 博之, 倉田 行伸, 田中 裕, 岸本 直隆, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 抄録号 )   246 - 246   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 口蓋の転位歯が挿管操作を困難にしたTreacher-Collins症候群患者の1例

    金丸 博子, 弦巻 立, 倉田 行伸, 田中 裕, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 2 )   89 - 91   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    患者は生下時にTreacher-Collins症候群および両側性唇顎口蓋裂を指摘され、1歳時に口唇形成術、2歳時に口蓋形成術が行われていた。16歳時、口蓋形成術後に生じた口蓋部骨欠損のため、全身麻酔下での腸骨移植術が予定された。日本麻酔科学会のガイドラインで術前予測危険クラスIIIであり、気道確保に注意しながら緩徐導入を行い、気管挿管補助器具を使用して気管挿管する方針とした。酸素・亜酸化窒素・セボフルランで緩徐導入を行い、入眠させたところ気道閉塞が生じ、経鼻エアウェイを使用し気道確保を行った。麻酔を深くしようとしたところ自発呼吸がすぐに消失したため、用手マスク換気を行った。ロクロニウム臭化物を投与し筋弛緩を得た後、エアウェイスコープの挿入を試みたが、イントロックが口蓋の転位歯に当たり挿入できなかった。薄型イントロックに変更したものの困難であり、ビデオ喉頭鏡KINGVISIONを使用したところ挿入可能であったが、可動域が制限されたため先端を喉頭蓋谷に移動できなかった。そこで、KINGVISIONで喉頭蓋谷手前の舌根部を挙上し、下咽頭に空隙を確保した状態で気管支ファイバースコープを口腔内から挿入したところ、画面で声帯を確認でき、ファイバースコープを気管内へ進め、それをガイドにスパイラルチューブを気管挿管することができた。手術終了後、喉頭浮腫がないことを確認してスガマデクスナトリウムにより自発呼吸を回復させ、気管チューブを抜管した。18歳時に全身麻酔下でオトガイ形成術と上顎骨移動術を施行した際は、口蓋部の転位歯は抜歯されていた。前回手術を参考に挿管を行うことができ、手術は問題なく終了した。

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01093&link_issn=&doc_id=20180425360011&doc_link_id=%2Feq9shika%2F2018%2F004602%2F011%2F0089-0091%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Feq9shika%2F2018%2F004602%2F011%2F0089-0091%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 歯科麻酔科医が緩和ケアチームへ参加することの役割について 査読

    佐藤由美子, 佐藤由美子, 田中裕, 弦巻立, 倉田行伸, 吉川博之, 金丸博子, 小玉由記, 須田有紀子, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌(Web)   46 ( 2 )   102‐104(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.24569/jjdsa.46.2_102

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 口蓋の転位歯が挿管操作を困難にしたTreacher-Collins症候群患者の1例 査読

    金丸博子, 弦巻立, 倉田行伸, 田中裕, 吉川博之, 佐藤由美子, 小玉由記, 須田有紀子, 山田友里恵, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌(Web)   46 ( 2 )   89‐91(J‐STAGE)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.24569/jjdsa.46.2_89

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性心不全発作を頻発する小児のたこつぼ型心筋症患者の歯科治療時の全身麻酔経験

    田中裕, 倉田行伸, 齊藤陽子, 照光真, 弦巻立, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 3 )   303 - 304   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    5歳9ヵ月女児。出生直後より呼吸不全のため気管挿管・持続陽圧呼吸療法を開始し、1歳時には気管切開術を施行した。2歳時には全身麻酔下に胃瘻形成術を施行し、胃瘻を介した栄養管理を行った。入院を5回繰り返し、入院中は人工呼吸管理下で心不全治療を行った。多数歯の動揺、周囲歯肉の腫脹・排膿に対して抜歯と歯肉整形術が必要であると判断した。心不全が改善して退院したことから、歯科治療を予定した。麻酔法は全身麻酔を選択した。治療終了後は開眼、呼吸状態、バイタルサインの安定、および口腔内の止血状態を確認して帰室させた。術後も特に異常経過はなく、治療4日後に退院した。

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 末梢性三叉神経損傷における触覚閾値低下の予後判定基準について 査読

    倉田 行伸, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    日本ペインクリニック学会誌   20 ( 2 )   93 - 97   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本ペインクリニック学会  

    【目的】今まで外科的顎矯正手術を受けた患者で術後に下歯槽神経の損傷によって生じたと考えられるオトガイ部の触覚閾値が上昇した患者の治癒について検討してきた。そこで本研究では抜歯などの一般的な歯科処置を含む外傷性三叉神経障害を対象として、術後経過の記録から同領域における感覚が自然治癒しにくいと予測できる触覚閾値を後ろ向きに検討した。【方法】顎顔面領域の手術や外傷でオトガイ部に感覚障害を生じた、受傷から初回の触覚閾値測定までの日数が7日から14日であり、受傷から2回目の触覚閾値測定までの日数が21日から56日であった69名を対象とし、初回に対して2回目の触覚閾値が悪化または治癒傾向となった感度、特異度、陽性予測度、陰性予測度を算出し、感覚の自然回復が困難であると予測できる診断効率を比較した。【結果】受傷から1〜2週間の触覚閾値が3.0gのときに感覚の自然回復が困難であると予測できる診断効率が最も高かった。【結論】顎顔面領域の感覚障害では、受傷から1〜2週間の触覚閾値が3.0g以上であると、その後3週間の感覚は自然回復しにくくなることが示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.11321/jjspc.12-0002

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J03612&link_issn=&doc_id=20130716410004&doc_link_id=%2Fca0jjspc%2F2013%2F002002%2F004%2F0093-0097%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fca0jjspc%2F2013%2F002002%2F004%2F0093-0097%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Protracted delay in taste sensation recovery after surgical lingual nerve repair: A case report 査読

    Kenji Seo, Yuji Inada, Makoto Terumitsu, Tatsuo Nakamura, Keiji Shigeno, Yutaka Tanaka, Tatsuru Tsurumaki, Shigenobu Kurata, Hitoshi Matsuzawa

    Journal of Medical Case Reports   7   77   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction. Lingual nerve injury is sometimes caused by dental treatment. Many kinds of treatment have been reported, but many have exhibited poor recovery. Here the authors report changes in somatosensory and chemosensory impairments during a long-term observation after lingual nerve repair. Case presentation. A 30-year-old Japanese woman claimed dysesthesia and difficulty eating. Quantitative sensory test results indicated complete loss of sensation in the right side of her tongue. She underwent a repair surgery involving complete resection of her lingual nerve using a polyglycolic acid tube containing collagen 9 months after the injury. A year after the operation, her mechanical touch threshold recovered, but no other sensations recovered. Long-term observation of her somatosensory and chemosensory function after the nerve repair suggested that recovery of taste sensation was greatly delayed compared with that of somatosensory function. Conclusion: This case shows characteristic changes in somatosensory and chemosensory recoveries during 7 postoperative years and suggests that taste and thermal sensations require a very long time to recover after repair surgery. © 2013 Seo et al.
    licensee BioMed Central Ltd.

    DOI: 10.1186/1752-1947-7-77

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 簡易型熱温度閾値測定装置の開発 査読

    瀬尾 憲司, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 小玉 由記, 金丸 博子, 山崎 麻衣子, 吉川 博之, 加藤 康憲

    ペインクリニック   33 ( 4 )   569 - 572   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:真興交易(株)医書出版部  

    researchmap

  • Preoperative Evaluation of Spatial Relationship Between Inferior Alveolar Nerve and Fibro-osseous Lesion by High Resolution Magnetic Resonance Neurography on 3.0-T System: A Case Report 査読

    Kenji Seo, Makoto Terumistu, Yutaka Tanaka, Tatsuru Tsurumaki, Shigenobu Kurata, Hitoshi Matsuzawa, Ritsuo Takagi

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY   70 ( 2 )   E119 - E123   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC  

    DOI: 10.1016/j.joms.2011.10.004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • 歯学部登院前における麻酔計画立案実習の歯科麻酔学教育効果に関する考察

    瀬尾憲司, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田行伸

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 1 )   31 - 35   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  • プリフォームド気管チューブが曲部で狭窄した2症例 査読

    弦巻 立, 山崎麻衣子, 照光 真, 田中 裕, 倉田行伸, 瀬尾憲司

    臨床麻酔   36 ( 6 )   954 - 956   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 感冒回復後の健康成人の全身麻酔で気管支痙攣が発生し、喘息様気道過敏性亢進を示した症例 査読

    金丸博子, 田中裕, 照光真, 弦巻立, 倉田行伸, 瀬尾憲司

    臨床麻酔   36 ( 2 )   237 - 238   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • 当科における末梢性三叉神経損傷後の知覚障害としびれに対する治療効果の検討

    倉田 行伸, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 塚田 博子, 吉川 博之, 近藤 由記, 長谷川 麻衣子, 三丸 慶子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   507 - 507   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 急劇な心拍上昇から悪性高熱症を疑い,ダントロレンが奏効したと推測された症例 査読

    倉田行伸, 塚田博子, 弦巻 立, 瀬尾憲司, 田中 裕, 豊里 晃, 染矢源治

    日本歯科麻酔学会雑誌   37 ( 2 )   213 - 214   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Endothelium-independent histamine H2 receptor-mediated dilation in rat veins 査読

    Hiroshi Higuchi, Tatsuru Tsurumaki, Honglan Piao, Hirofumi Tsuru, Takako Sano

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   106   166P - 166P   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Functional serotonin and histamine receptor subtypes in porcine ciliary artery in comparison with middle cerebral artery 査読

    Shingo Nagai, Tatsuru Tsurumaki, Haruki Abe, Hiroshi Higuchi

    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   570 ( 1-3 )   159 - 166   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Functional serotonin (5-HT) and histamine receptor subtypes were investigated in porcine middle cerebral and ciliary arteries. An H-1 antagonist, mepyramine, antagonized histamine-induced responses with pK(B) values of 8.91-9.10. In the presence of 1 mu M mepyramine, however, histamine caused dilation through H-2 receptors in the middle cerebral but not in the ciliary artery. A 5-HT2A antagonist, ketanserin, antagonized 5-HT-induced responses, causing rightward shifts in the concentration-response curves with pK(B) values of 8.52-8.71. A 5-HT1B antagonist, SB224289, produced rightward shifts of the concentration-response curves to sumatriptan with pK(B) values (6.66) only in the middle cerebral artery. In contrast, a 5-HT1D antagonist, BRL15572, had no effect in either artery. An RT-PCR study demonstrated the gene expression of the mRNAs of all three receptors (5HT(1B), 5HT(1D) and 5HT(2A)) in both arteries. These results suggest that histamine-induced contraction is mediated only through functional H, receptor in these arteries. Interestingly, there are functional 5-HT2A and 5-HT1B receptor subtypes in the middle cerebral artery, whereas the only functional receptor is 5-HT2A in the ciliary artery. The difference may be important for treatment with 5-HT1B/1D agonists (e.g. for migraine) without ocular side effect. (c) 2007 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2007.05.039

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Potentiation by neuropeptide Y of histamine H-1 receptor-mediated contraction in rat blood vessels 査読

    Honglan Piao, Shingo Nagai, Tatsuru Tsurumaki, Takeshi Niki, Hiroshi Higuchi

    VASCULAR PHARMACOLOGY   46 ( 4 )   260 - 270   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Histamine-induced contraction and its potentiation by neuropeptide Y were investigated in rat blood vessels. Rat arteries and veins constricted with single concentrations of histamine dose-dependently (0.1 - 100 mu M). This histamine-induced contraction immediately desensitized. Histamine H, receptor antagonists, 1 mu M mepyramine and 1 mu M diphenhydrarnine, abolished this transient contraction completely, whereas cimethidine, phentolamine, reserpine and tetrodotoxin failed to inhibit the contraction. Histamine H, receptor mRNA level by reverse transcription-polymerase chain reaction was quite parallel to histamine H, receptor-mediated contraction, indicating that the contraction is mediated through histamine H, receptors in the smooth muscle. Neuropeptide Y (10 nM in arteries and 3 nM in veins, respectively) significantly potentiated histamine H, receptor-mediated contraction via neuropeptide Y-1 receptors in most of rat blood vessels. Since the phospholipase C inhibitors, neomycin (I MM) and 2-nitro-4-carboxyphenyl-N, N-diphenylcarbamate (NCDC, 10 mu M), respectively, specifically abolished the potentiation, the potentiation by neuropeptide Y may depend on activation of phospholipase C. (c) 2006 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.vph.2006.10.010

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mechanism of histamine-induced relaxation in rat veins 査読

    Takako Sano, Tatsuru Tsurumaki, Hong-Lan Piao, Hiroshi Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   103   153P - 153P   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Potentiation by neuropeptide Y of 5HT(2A) receptor-mediated contraction in porcine coronary artery 査読

    Tatsuru Tsurumaki, Shingo Nagai, Xu Bo, Akira Toyosato, Hiroshi Higuchi

    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   544 ( 1-3 )   111 - 117   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Potentiation by neuropeptide Y of serotonin (5-HT)-induced vasoconstriction was investigated in porcine coronary artery. 5-HT caused concentration-dependent contraction through 5-HT2A receptors. Neuropeptide Y (30 nM) significantly increased the 5HT-induced contraction by 16 +/- 5% in arteries with intact endothelium. Removal of the endothelium abolished the Potentiation. A neuropeptide Y-1 antagonist, BIBP3226, blocked this neuropeptide Y-induced potentiation. In vessels with intact endothelium, the potentiation by neuropeptide Y was inhibited by in the presence of a cyclo-oxygenase inhibitor, indomethacin (30 mu M), but not by the presence of ETA or ETB endothelin receptor antagonists or an NO synthase inhibitor, N-G-nitro-L-arginine (L-NNA) (1 mM) at all. A thromboxane A(2) (TXA(2)) synthase inhibitor, ozagrel, and prostanoid TP receptor antagonists, seratrodast and ONO-3708, also inhibited the neuropeptide Y-induced potentiation. In the endothelium-denuded arteries, a prostanoid TP receptor agonist, U-46619 (0.01 - 0.1 nM), potentiated 5-HT-induced contraction. These results indicate that neuropeptide Y potentiates the 5HT-induced contraction, due to release of TXA(2) from the endothelium via neuropeptide Y-1 receptors, in porcine coronary artery. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2006.06.036

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Neuropeptide y selectively potentiates alpha(1)-adrenoceptor mediated contraction through Y-1 receptor subtype in rat femoral artery 査読

    T Tsurumaki, P Honglan, H Higuchi

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY   42   S33 - S37   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    The aim of this study was to investigate the synergism between neuropeptide Y and other vasoconstrictors (phenylephrine and serotonin) and which neuropeptide Y receptor subtype is responsible for the neuropeptide Y-induced potentiation. Exogenous neuropeptide Y (10 nM) potentiated alpha(1)-adrenoceptor-mediated (PE-induced) contraction in rat femoral artery permissively without its direct action, but not in the thoracic aorta. In contrast, neuropeptide Y produced no change in serotonin-induced contraction in both arteries. Increasing concentrations of neuropeptide Y caused dose-dependent potentiation of the phenylephrine-induced contraction in the femoral artery. This potentiation was blocked by a selective neuropeptide Y-Y-1 receptor antagonist, BIBP3226 [(R)-N-2-(diphenylacetyl)-N-[4-hydroxyphenyl)methyl]-argininamide] (1 muM). Semiquantitative reverse transcriptase polymerase chain reaction showed the selective expression of neuropeptide Y-Y-1 receptor mRNA in the femoral artery. These findings indicated that the neuropeptide Y-induced selective potentiation of alpha(1)-adrenoceptor-mediated is mediated through neuropeptide Y-Y-1 receptor in rat femoral artery.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Leptin-induced transactivation of NPY gene promoter mediated by JAK1, JAK2 and STAT3 in the neural cell lines 査読

    O Muraoka, B Xu, T Tsurumaki, S Akira, T Yamaguchi, H Higuchi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   42 ( 7 )   591 - 601   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Neuropeptide Y (NPY) plays an important role in the central and sympathetic regulation of food intake and blood pressure. Although the NPY gene expression is regulated by a number of agents such as leptin, the mechanism responsible for leptin-induced regulation of the transcription of the NPY gene remains to be explored. In this study, the NPY gene promoter was transactivated by leptin in N18TG2, NG108-15 and PC12 cells which expressed the functional leptin receptor. The long isoform of leptin receptor (OB-Rb) could induce the transactivation, but the C-terminal truncated form (OB-Ra) could not. When dominant negative type of STAT3, JAK1 or JAK2 and was co-expressed, the leptin-induced transactivation was suppressed almost completely. The leptin-response element which confers NPY gene transactivation by leptin was determined in the 221-by region of rat NPY gene promoter (-553/-335), where two STAT3-binding site-like elements (TCCAGTA) exist. These results indicated that activation of JAK1, JAK2 and STAT3 is necessary for leptin-induced transactivation of NPY gene through the leptin-response element in these neural cells. (C) 2003 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0197-0186(02)00160-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Neuropeptide Y-induced contraction and its desensitization through the neuropeptide Y receptor subtype in several rat veins 査読

    T Tsurumaki, O Muraoka, T Yamaguchi, H Higuchi

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY   41   S23 - S27   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Exogenous neuropeptide Y produced marked contractions in rat isolated common jugular, brachial, and caudal veins, while it produced little or no contractions in common carotid, brachial, and caudal arteries. Neuropeptide Y (30 nM) produced larger contractions in these veins than did phenylephrine (1 muM), with maximal contractions through the neuropeptide Y receptor and the alpha(1)-adrenoceptor, respectively. In contrast, neuropeptide Y (30 nM) produced smaller contractions than did phenylephrine (1 muM) in the arteries. Pre-treatment with neuropeptide Y (30 nM) showed remarkable desensitization to neuropeptide Y (30 nM). This desensitization lasted for 1 h in the caudal vein or for 2 h in the common carotid and brachial veins. The neuropeptide Y-induced contraction and its desensitization probably occurred through the neuropeptide Y receptor subtype Y-1, because only the neuropeptide Y receptor subtype Y-1 was detected in the smooth muscle by the reverse transcriptase-polymerase chain reaction.

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Marked neuropeptide Y-induced contractions via NPY-Y-1 receptor and its desensitization in rat veins 査読

    T Tsurumaki, T Yamaguchi, H Higuchi

    VASCULAR PHARMACOLOGY   39 ( 6 )   325 - 333   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    The aim of this study was to investigate neuropeptide Y (NPY)-induced vasoconstrictions in rat blood vessels and which NPY receptor subtype is involved in vasoconstrictions. NPY produced marked contractions in rat common jugular, brachial, portal, femoral and tail veins, and vena cava inferior, whereas it produced little or no contractions in rat common carotid, brachial, femoral and tail arteries, and thoracic and abdominal aortae. The maximal NPY induced contractions were larger than maximal phenylephrine (PE)-induced contractions in the veins. These NPY induced contractions were blocked by the Y, antagonists, SRL-21, and BIBP3226 but not by the Y-5 antagonist, L-152804. A Y-2 agonist, NPY (13-36), did not produce contractions. RT-PCR showed that NPY-Y-1 was the only receptor subtype in the veins indicating that NPY induced contractions are mediated through the Y-1 receptor. Pretreatment with NPY showed a rapid and long-lasting desensitization of these contractions. The marked NPY-induced contractions and its desensitization in the veins suggest the physiological relevance of NPY in the venous circulation. (C) 2003 Published by Elsevier Science Inc.

    DOI: 10.1016/S1537-1891(03)00044-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • ケミカルコーピングが疑われた患者にオピオイドを併用して鎮静法管理を行った1症例

    佐藤由美子, 田中裕, 金丸博子, 弦巻立, 倉田行伸, 西田洋平, 今井有蔵, 小山祐平, 瀬尾憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌(Web)   47 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

  • 口蓋の転位歯が挿管操作を困難にしたTreacher-Collins症候群患者の1例

    金丸 博子, 弦巻 立, 倉田 行伸, 田中 裕, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 2 )   89 - 91   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 歯科麻酔科医が緩和ケアチームへ参加することの役割について

    佐藤 由美子, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 金丸 博子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 2 )   102 - 104   2018年4月

  • 亜酸化窒素吸入鎮静時に心因性非てんかん発作を生じたと考えられた1例

    吉川 博之, 弦巻 立, 田中 裕, 小玉 由記, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   46 ( 1 )   16 - 18   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    21歳女。下顎右側犬歯のう蝕に対し保存修復術が予定された。合併症としててんかん、パニック障害、自閉スペクトラム症を認めたが、以前から亜酸化窒素吸入鎮静法を用いててんかん発作を生ずることなく歯科治療を行っていたため同様に治療を行うこととなった。100%酸素の投与後亜酸化窒素濃度を投与したが、痙攣発作と意識消失を生じ、てんかん発作と考えフェニトイン、ジアゼパムを投与したが無効であった。アームドロップテスト陽性であったため心因性非てんかん発作(PNES)の可能性が考えられ、経過観察により徐々に呼びかけに反応し、会話もできるようになった。同日に再び痙攣と意識レベル低下を認めフェニトイン投与により軽快し、その後は問題なく経過し翌日に退院した。通常は治療前に行っていた会話が今回は全くなかったことから、PNESの原因として3ヵ月前のCT撮影中に生じた痙攣と意識消失に対する不安感が考えられた。

    researchmap

  • 経鼻挿管により鼻腔内異物を発見し,気道への迷入を防いだ1例

    吉川博之, 倉田行伸, 田中裕, 弦巻立, 佐藤由美子, 金丸博子, 小玉由記, 須田有紀子, 瀬尾憲司

    関東臨床歯科麻酔懇話会   35th   2018年

     詳細を見る

  • 舌神経障害における舌乳頭萎縮に関連する異常所見の検討

    吉川 博之, 照光 真, 倉田 行伸, 須田 有紀子, 田中 裕, 弦巻 立, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 小玉 由記, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   45 ( 4 )   621 - 621   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 頭頸部腫瘍の放射線治療後に下顎骨骨折をきたした患者の疼痛管理経験

    佐藤 由美子, 瀬尾 憲司, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 金丸 博子, 小玉 由記, 須田 有紀子

    日本歯科麻酔学会雑誌   45 ( 4 )   619 - 619   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 舌部分切除術の術後気道管理に苦慮したBeckwith-Wiedemann症候群患児の1症例

    小玉 由記, 金丸 博子, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 西田 洋平, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   45 ( 4 )   568 - 568   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 生命予後不良であるトリコチオジストロフィー患者の歯科治療に対する全身麻酔

    田中 裕, 齊藤 陽子, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 松井 宏, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   45 ( 4 )   561 - 561   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 笑気吸入鎮静法下の歯科治療時に痙攣と意識消失発作を起こした一例

    弦巻 立, 田中 裕, 倉田 行伸, 吉川 博之, 照光 真, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 小玉 由記, 須田 有紀子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   45 ( 4 )   563 - 563   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 当院における障害者(児)の歯科治療に対する静脈内鎮静法と日帰り全身麻酔の選択の傾向

    倉田 行伸, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 瀬尾 憲司

    障害者歯科   38 ( 1 )   74 - 79   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本障害者歯科学会  

    当院では障害者(児)の歯科治療が安全に行えるように薬物的行動調整法が選択された際に静脈内鎮静法と日帰り全身麻酔が実施されている。そこで、その選択基準の設定に向けて静脈内鎮静法と日帰り全身麻酔の選択の傾向を調査した。2010年4月から2015年3月までの5年間に当院で実施した障害者(児)の静脈内鎮静法のべ264例、日帰り全身麻酔のべ58例を対象とした。症例数は静脈内鎮静法で減少傾向にあったが、日帰り全身麻酔で徐々に増加傾向にあった。年齢(中央値)は静脈内鎮静法で25歳、日帰り全身麻酔で15歳であり、日帰り全身麻酔で有意に低かった。障害の分類は静脈内鎮静法および日帰り全身麻酔ともに知的能力障害、自閉スペクトラム症の順で多く、特筆すべき傾向はなかった。治療本数(中央値)は静脈内鎮静法で2本、日帰り全身麻酔で8本であり、日帰り全身麻酔で有意に多かった。処置時間(中央値)は静脈内鎮静法で55分、日帰り全身麻酔で158.5分であり、日帰り全身麻酔で有意に長かった。麻酔時間(中央値)は静脈内鎮静法で80分、日帰り全身麻酔で229.5分であり、日帰り全身麻酔で有意に長かった。以上より、本院では低年齢は患者本人の理解や協力および体動抑制に伴う心的外傷の点から、治療本数の多さや処置時間の長さは患者自身やその家族の負担軽減の点から日帰り全身麻酔を選択する傾向があり、それに合う基準が必要と考えられた。(著者抄録)

    DOI: 10.14958/jjsdh.38.74

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J02489&link_issn=&doc_id=20170324320013&doc_link_id=10.14958%2Fjjsdh.38.74&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.14958%2Fjjsdh.38.74&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • 顎矯正手術を行った筋緊張性ジストロフィーに伴う顎変形症の1例

    池田 順行, 小原 彰浩, 弦巻 立, 瀬尾 憲司, 齋藤 功, 高木 律男

    日本口腔外科学会雑誌   62 ( 12 )   612 - 617   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本口腔外科学会  

    症例は15歳男児で、11歳頃から前歯部の開咬に気づき、うまく咬めなくなり、矯正治療を開始したが改善が得られなかった。開咬を伴う骨格性下顎前突症と診断し、顎矯正手術を併用した外科的矯正治療を行う方針とした。同時期に心房粗動と左室機能低下の診断を受け、鎮静下で経皮的カテーテル心筋焼灼を行った。また、把握性筋緊張が顕著になり、遺伝子検索で筋緊張性ジストロフィーの診断に至った。手術は、主訴である開咬の改善を図ることを目的とし、時間の短縮と骨片の安定性を考慮して下顎単独のObwegeser-Dal Pont法による下顎枝矢状分割法(SSRO)を選択した。全身麻酔は、悪性高熱症を誘発する可能性のある吸入麻酔薬を避けプロポフォールとレミフェンタニルによる全静脈麻酔とし、筋弛緩薬は非脱分極性のロクロニウム臭化物を選択した。術後2年4ヵ月が経過した現在も経過観察中であるが、開咬と反対咬合は改善し、患者自身の満足も得られている。

    DOI: 10.5794/jjoms.62.612

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における口腔癌患者への歯科麻酔科医師の緩和ケア介入経験

    佐藤 由美子, 照光 真, 瀬尾 憲司, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 新潟大学医歯学総合病院緩和ケアチーム

    日本歯科麻酔学会雑誌   44 ( 4 )   589 - 589   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における歯科外来手術室新設後の全身管理症例の状況

    金丸 博子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   44 ( 4 )   557 - 557   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 他院入院中の長期抗精神病薬服用患者の当院での全身麻酔下歯科治療経験

    吉川 博之, 弦巻 立, 倉田 行伸, 照光 真, 田中 裕, 佐藤 由美子, 金丸 博子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 須田 有紀子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   44 ( 4 )   528 - 528   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 頸部郭清術後に生じた舌の慢性疼痛に対して生体内神経再生治療の適応を検討した1症例

    倉田 行伸, 照光 真, 須田 有紀子, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   44 ( 4 )   516 - 516   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎患者の上下顎骨形成術に対する全身麻酔経験

    平原三貴子, 田中裕, 倉田伸行, 照光真, 弦巻立, 吉川博之, 金丸博子, 佐藤由美子, 山田友里恵, 須田有紀子, 瀬尾憲司

    関東臨床歯科麻酔懇話会   33rd   2016年

     詳細を見る

  • 急速に増大傾向のある喉頭肉芽腫を有した口腔外科手術患者の気道確保に苦慮した1症例

    小玉 由記, 山崎 麻衣子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 金丸 博子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   527 - 527   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 当院における過去5年間の障害者・児および歯科治療非協力児の全身麻酔症例の検討

    倉田 行伸, 田中 裕, 弦巻 立, 照光 真, 金丸 博子, 吉川 博之, 山崎 麻衣子, 小玉 由記, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   571 - 571   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院緩和ケアチームにおける歯科麻酔科医の役割

    佐藤 由美子, 照光 真, 瀬尾 憲司, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 新潟大学医歯学総合病院緩和ケアチーム

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   573 - 573   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • オトガイ神経結紮後のラット三叉神経節におけるNPYとNPY受容体サブタイプ発現の検討

    弦巻 立, 吉川 博之, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   43 ( 4 )   518 - 518   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術中にフェンタニルによる循環抑制が生じたと考えられる1症例

    小玉由記, 弦巻立, 照光真, 田中裕, 倉田行伸, 吉川博之, 山崎麻衣子, 佐藤由美子, 須田有紀子, 平原三貴子, 山田友里恵, 瀬尾憲司

    関東臨床歯科麻酔懇話会   32nd   2015年

     詳細を見る

  • 術後せん妄対策として抑肝散を予防投与した1例

    弦巻 立, 照光 真, 山田 友里恵, 山崎 麻衣子, 金丸 博子, 吉川 博之, 倉田 行伸, 田中 裕, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 5 )   636 - 637   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    症例は81歳女性で、乳癌術後、子宮筋腫の既往があり、糖尿病、高血圧で内服加療中であった。下顎骨悪性腫瘍で下顎骨区域切除・プレートによる再建術・頸部郭清術を受け、手術終了後病棟へ帰室直後から過活動型の術後せん妄を認め、ミダゾラム持続投与で鎮静を行い、入眠してせん妄は消失した。今回、プレートの除去術と周囲の掻爬術が予定された。術後せん妄の可能性を考慮して抑肝散を術前4日間投与し、手術当日は休薬とした。ミダゾラム、フェンタニル、プロポフォールで鎮静を得て気管支ファイバー誘導下に気管挿管を行い、プロポフォール、ロクロニウム臭化物を静注し、胃管を挿入して空気、酸素、セボフルランおよびレミフェンタニル適宜投与で維持した。手術時間は4時間2分、麻酔時間は5時間19分であった。術後回復は良好で不快感なく退室した。病棟へ帰室後も平常通りで、過活動型のせん妄は認めなかった。

    researchmap

  • 下歯槽神経損傷後の三叉神経節におけるNPYとNPY受容体サブタイプ発現の検討

    弦巻 立, 吉川 博之, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   469 - 469   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 心室性期外収縮により一回拍出量変化量から循環血液量の評価が困難になったと考えられた口腔外科手術の1症例

    平原 三貴子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   525 - 525   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 口蓋形成術の実施に伴い先天性ミオパチーの筋生検を行った全身麻酔の1症例

    小玉 由記, 照光 真, 弦巻 立, 田中 裕, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 須田 有希子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   529 - 529   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 下歯槽神経切断後の神経腫形成に対する大建中湯の効果

    吉川 博之, 弦巻 立, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   508 - 508   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 高度両側内頸動脈狭窄と有症候性脳梗塞の既往を有する患者の顎関節受動術に対する全身麻酔の一例

    山田 友里恵, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   512 - 512   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 筋萎縮性側索硬化症患者の下顎骨観血的整復固定術に対する全身麻酔の一例

    金丸 博子, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 須田 有紀子, 平原 三貴子, 山田 友里恵, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   42 ( 4 )   520 - 520   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 3DVR-MRNを用いた外傷後の下歯槽神経に対する体積測定による病変解析

    倉田 行伸, 照光 真, 松澤 等, 田中 裕, 弦巻 立, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   534 - 534   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 頭痛との関連が疑われた原因不明の歯痛に対して五苓散が奏功した3症例の経験

    田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 佐藤 由美子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   555 - 555   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 下顎骨骨髄炎後の下歯槽神経の変性の高磁場MRIによる解析

    照光 真, 松澤 等, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   557 - 557   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術中循環管理に苦慮した4度僧帽弁閉鎖不全を合併したペースメーカー装着患者の全身麻酔経験

    山崎 麻衣子, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 佐藤 由美子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   490 - 490   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 神経損傷によるニューロトロフィンの変化を導くメカニズムについての検討

    吉川 博之, 弦巻 立, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   529 - 529   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 術前検査にてBrugada型心電図を呈した3例の全身管理経験

    佐藤 由美子, 吉川 博之, 倉田 行伸, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 金丸 博子, 弦巻 立, 田中 裕, 照光 真, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   41 ( 4 )   532 - 532   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • Brugada型心電図を呈した3例の全身管理経験

    佐藤由美子, 吉川博之, 倉田行伸, 小玉由記, 山崎麻衣子, 弦巻立, 田中裕, 照光真, 瀬尾憲司

    関東臨床歯科麻酔懇話会   30th   2013年

     詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科診療室における平成23年の外来患者の臨床統計的観察

    山崎 麻衣子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 瀬尾 憲司

    新潟歯学会雑誌   42 ( 2 )   107 - 111   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    (目的)新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科診療室における平成2年度と平成23年の患者内訳と診療詳細を比較・分析し、今後の当科の診療のあり方について検討を行った。(方法)平成23年1月から12月末までに新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科診療室を初診した患者の患者数や主訴などについて歯科麻酔科診療室の患者台帳と診療記録をもとに調査し、さらに平成2年から現在までの患者数に関しては医事課作成の外来患者数の資料をもとに調査し、検討を行った。(結果)平成23年の新患数は247人(平成2年の約2倍)であり、のべ診療数は2617回(5.4倍)にまで増加した。この中で歯科治療の全身管理を依頼して受診した患者は138名と最も多く全体の54%を、次いで痛み疾患と知覚障害を訴えて来院した患者は87名であり35%を占めていた。(結論)精神鎮静法を希望する患者および、他院では診断されなかったまたは治療されない不定愁訴を含む神経障害などを訴えて受診する患者が増加していた。高齢化社会と有病者の増加傾向を背景に、これらの充実化が当診療科へ求められていることであると考えられる。(著者抄録)

    researchmap

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00999&link_issn=&doc_id=20130111530005&doc_link_id=%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004202%2F005%2F0107-0111%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdj2ngtdt%2F2012%2F004202%2F005%2F0107-0111%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 下顎骨区域切除部に移植された腸骨内に下歯槽神経の再生を認めた1例

    吉川 博之, 照光 真, 松澤 等, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   504 - 504   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • Erdheim-Chester病患者の静脈内鎮静法経験

    山崎 麻衣子, 金丸 博子, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 小玉 由記, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   520 - 520   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における院内歯科救急対応システム(デンタルコール)の現況と分析

    田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   557 - 557   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 脊髄小脳変性症患者に対する嚢胞摘出術における全身麻酔経験

    小玉 由記, 吉川 博之, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   562 - 562   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • ラット三叉神経節におけるNPYとNPY受容体サブタイプmRNA発現の検討

    弦巻 立, 吉川 博之, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   40 ( 4 )   499 - 499   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院での歯科麻酔科管理による全身麻酔下障害者歯科治療の現況

    弦巻 立, 照光 真, 田中 裕, 倉田 行伸, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 金丸 博子, 吉川 博之, 瀬尾 憲司

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   65 - 66   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院におけるデンタルコール(院内歯科救急体制)の現状と課題

    田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   65 - 65   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院における院内歯科救急対応システムの現況と分析

    田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 金丸 博子, 吉川 博之, 小玉 由記, 山崎 麻衣子, 瀬尾 憲司

    新潟歯学会雑誌   42 ( 1 )   41 - 49   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟歯学会  

    新潟大学医歯学総合病院歯科外来診療棟では、患者の緊急の容態変化に対して、コードブルーとデンタルコールという2つの救急対応システムを稼動させている。意識喪失や心停止などの重篤な状態に対しては本学救急部で発足したコードブルー体制を機動することとしている。これに対して意識や反応はあるが不安定な状態であり、その対応に困る容態の変化に対しては、歯科麻酔科を中心に発足した歯科版院内救急対応システム、すなわち「デンタルコール」を行っている。また新潟大学医歯学総合病院は医科診療棟と歯科診療棟が離れているため、不必要なコードブルーの稼動は避けなければならない。今回は本学歯科外来診療棟において存在しているこの2つの救急対応体制を共存させている現況を分析し、デンタルコール体制発足後から現在までの5年間における救急症例について、当診療室における過去の救急症例の報告との比較検討を行った。2007年4月のデンタルコール体制発足後から2012年3月までの5年間で発生した偶発症例は29例で、そのうち当診療室が救急対応した症例は26例あった。歯科治療に関連した症例は22例で、その発生状況は歯科治療前が10例と最も多く、次いで治療中7例、治療後5例の順であった。発生時間帯は午前が若干多く午前・午後ともに治療開始の時間帯が最も多くみられた。年齢層は20歳代が7例、次いで50歳代5例と多くみられ、30歳未満の若年者では女性が多く、65歳以上の高齢者では男性が多い傾向がみられた。発生場所は総合診療部が6例と最も多くみられたが、受付や廊下などの診療室外での症例も11例と多くみられた。発生原因は疼痛性ショックが5例と最も多く、次いで過換気症候群、一過性脳虚血発作、てんかん発作がともに3例であった。偶発症の誘因としては、歯科治療中に発症した症例では局所麻酔に関連したものが最も多く、歯科治療以外の症例では全身的合併症の増悪によるものが多数を示した。デンタルコール体制による救急処置自体は全ての症例において比較的迅速かつ的確に行われており重篤な後遺症や死亡症例もなく、有用に機能したと考えられた。しかし依然として院内放送によるデンタルコール機動システムが十分に周知されていないこと、歯科医師の全身管理の知識・技術の未熟さを疑わせる症例があり、今後歯科における院内救急対応システムの改良と歯科医師の緊急に対する意識の向上が必要である。(著者抄録)

    researchmap

  • 上顎嚢胞摘出術の全身麻酔中に発生した換気困難がアナフィラキシー反応によると思われた1症例

    近藤 由記, 弦巻 立, 長谷川 麻衣子, 吉川 博之, 塚田 博子, 倉田 行伸, 田中 裕, 照光 真, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 5 )   652 - 653   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    16歳男。小学生まで軽度の間欠型の喘息があったが、術前の各種検査で異常は認めず、全身麻酔下での上顎嚢胞摘出術が予定された。前投薬は行わず、フェンタニルクエン酸塩、プロポフォール、セボフルラン、ロクロニウム臭化物で全身麻酔導入し、1回換気量は550〜600ml、気道内圧は15〜20cmH2Oであったが、セフォチアムの点滴静注を開始した頃よりSpO2が低下して気道内圧が上昇し、両肺から著明な喘鳴を聴取するようになった。喘息発作を疑い治療を開始したところ、気道内圧は徐々に低下して喘鳴は消失し、気道内圧の上昇に前後して認められた体幹部の膨疹も消失した。本症例では血圧低下を認めず、血液検査のトリプターゼとヒスタミンは正常値であったが、皮膚症状出現からアナフィラキシー反応であった可能性が高く、原因物質としてセフォチアムが考えられた。

    researchmap

  • 重度の身体障害を合併した精神障害者の歯科治療

    中野 久, 前田 雅也, 豊里 晃, 弦巻 立, 倉田 行伸

    障害者歯科   32 ( 3 )   420 - 420   2011年9月

     詳細を見る

  • 精神疾患簡易構造化面接法を用いた口腔顔面痛患者の心身医学的診断の試み

    田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 倉田 行伸, 塚田 博子, 吉川 博之, 近藤 由記, 長谷川 麻衣子, 三丸 慶子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   493 - 493   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科外来における全身管理症例の臨床的検討

    弦巻 立, 長谷川 麻衣子, 塚田 博子, 近藤 由記, 吉川 博之, 倉田 行伸, 田中 裕, 照光 真, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   560 - 560   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 神経損傷の温度感覚障害検査のためのフィードバック制御付き温度刺激装置とその測定法

    近藤 由記, 照光 真, 倉田 行伸, 田中 裕, 弦巻 立, 塚田 博子, 吉川 博之, 長谷川 麻衣子, 三丸 慶子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   505 - 505   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院歯科麻酔科診療室における外来新患患者の検討

    長谷川 麻衣子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 塚田 博子, 吉川 博之, 近藤 由記, 三丸 慶子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   559 - 559   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 気道確保チューブair-QTMを使用して術中に挿管チューブを交換した1症例

    塚田 博子, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 近藤 由記, 長谷川 麻衣子, 三丸 慶子, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   479 - 479   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 損傷末梢神経の異常再生に対する高磁場MRIによる水分子の拡散画像解析

    照光 真, 松澤 等, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 吉川 博之, 近藤 由記, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 4 )   493 - 493   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 口腔外科術後にACTH-ADH放出症候群発作を認めた1例

    弦巻 立, 吉川 博之, 倉田 行伸, 田中 裕, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   39 ( 2 )   224 - 225   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    20歳女。上顎嚢胞の診断で嚢胞摘出術、歯根端切除術が予定された。ターナー症候群、周期性ACTH-ADH放出症候群などの既往を有し、嘔吐発作の頻度は年1〜2回であったが、発作の誘発原因となりうる精神的な緊張を軽減する必要があると考え、術前にはジアゼパムの経口投与、母親同伴の手術室入室などを行い、患者のストレス緩和に努めた。術中の経過は安定しており、抜管後の回復は速やかで疼痛や不快感はなかったが、帰室後に悪心や嘔吐が出現した。その後時間の経過とともに周期性ACTH-ADH放出症候群によると思われる傾眠、鬱傾向を伴う嘔吐を認め、クロルプロマジン静注により悪心・嘔吐は落ち着いた。

    researchmap

  • 精神科病院における障害者歯科診療 : 当センター10年間の診療動態

    中野 久, 前田 雅也, 豊里 晃, 弦巻 立

    障害者歯科   31 ( 3 )   373 - 373   2010年9月

     詳細を見る

  • 静脈路確保が困難であった重症チアノーゼ性心疾患を有する精神遅滞患者の全身管理経験

    田中 裕, 弦巻 立, 富沢 美惠子, 瀬尾 憲司

    障害者歯科   31 ( 3 )   583 - 583   2010年9月

     詳細を見る

  • ラット下歯槽神経におけるセロトニン受容体サブタイプmRNA発現の検討

    弦巻 立, 吉川 博之, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   38 ( 4 )   534 - 534   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 当科における末梢性三叉神経損傷後の知覚障害に対する予後評価基準の再検討

    倉田 行伸, 田中 裕, 照光 真, 弦巻 立, 吉川 博之, 近藤 由記, 瀬尾 有可, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   38 ( 4 )   521 - 521   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • 当科における口腔内局所麻酔持続塗布症例の検討

    吉川 博之, 照光 真, 田中 裕, 弦巻 立, 倉田 行伸, 近藤 由記, 瀬尾 有可, 瀬尾 憲司

    日本歯科麻酔学会雑誌   38 ( 4 )   483 - 483   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本歯科麻酔学会  

    researchmap

  • Histamine-induced relaxation mediated by H-2-receptor and its distribution in rat blood vessels

    HL Piao, T Tsurumaki, S Nagayi, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100   264P - 264P   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Synergistic interaction of neuropeptide Y-Y-1 receptor and alpha (1A)-adrenoceptor on the contractile response in rat arteries

    T Tsurumaki, HL Piao, S Nagai, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100   125P - 125P   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Characterization of histamine- and serotonin-induced contractions in porcine cerebral and ciliary arteries

    S Nagai, T Tsurumaki, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100   279P - 279P   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuropeptide Y-induced potentiation of serotonin-mediated contraction in the porcine coronary artery: involvement of endothelium-generated thromboxane A(2)

    T Tsurumaki, S Nagai, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   97   297P - 297P   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Distribution of histamine H-2-receptor and its participation in contraction in rat blood vessels

    HL Piao, T Tsurumaki, T Yamaguchi, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   97   243P - 243P   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuropeptide Y-induced contraction and synergistic action in cerebral arteries and ciliary arteries

    S Nagai, T Tsurumaki, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   97   297P - 297P   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuropeptide Y-mediated potentiation of serotonin-induced contraction in porcine coronary artery

    K Otani, T Tsurumaki, S Nagai, T Nagatomo, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   214P - 214P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Histamine-induced contraction in rat blood vessels and synergism with neuropeptide Y

    HL Piao, T Tsurumaki, T Yamaguchi, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   146P - 146P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuropeptide Y potentiates alpha(1)-adorenoceptor-mediated contraction through neuropeptide YY1 receptor

    T Tsurumaki, T Yamaguchi, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   221P - 221P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • 1 交感神経コトランスミッターneuropeptide Y (NPY)の血管平滑筋収縮反応性(I.一般演題,第35回新潟高血圧談話会)

    弦巻 立, 朴 紅蘭, 山口 剛, 許 波, 樋口 宗史

    新潟医学会雑誌   117 ( 11 )   675 - 675   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2004180968

  • Neuropeptide Y (NPY) potentiates phenylephrine-induced vasoconstriction but not serotonin-induced one through the NPY-Y-1 receptor.

    T Tsurumaki, HL Piao, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   91   78P - 78P   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Cardioprotective effect of angiotensin II-AT1 receptor antagonists on global ischemia of rat isolated heart.

    A Hasegawa, T Tsurumaki, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   91   138P - 138P   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Synergistic action of neuropeptide Y (NPY) on 5-HT-induced constriction in various regions of porcine coronary artery.

    B Xu, M Okada, T Tsurumaki, H Higuchi

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   91   140P - 140P   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Cardioprotective effect of selective endothelin antagonists on global ischemia of rat isolated heart

    A Hasegawa, T Tsurumaki, A Mitomi, T Yamaguchi, H Higuchi

    JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY   88   261P - 261P   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • Neuropeptide Y-induced desensitization in the contraction of various rat isolated veins

    T Tsurumaki, O Muraoka, T Yamaguchi, H Higuchi

    JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY   88   78P - 78P   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

    researchmap

  • LeptinはJAK-STAT系を介してNPY遺伝子プロモーターを活性化する

    村岡 修, 許 波, 弦巻 立, 樋口 宗史

    神経化学   40 ( 2-3 )   444 - 444   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経化学会  

    researchmap

▶ 全件表示

 

担当経験のある授業科目(researchmap)

  • 薬理学

    2018年4月
    -
    現在
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

  • 歯科麻酔学

    2007年1月
    -
    現在
    機関名:新潟大学歯学部歯学科

     詳細を見る

  • 薬理学

    2001年4月
    -
    2006年3月
    機関名:新潟大学医学部医学科

     詳細を見る

担当経験のある授業科目

  • 全身管理学

    2021年
    -
    現在
    機関名:新潟大学

  • 歯科臨床概論

    2010年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 早期臨床実習ⅡB

    2010年
    -
    2011年
    機関名:新潟大学

  • 歯科麻酔学

    2009年
    -
    現在
    機関名:新潟大学