2021/10/25 更新

写真a

イトウ マサヒロ
伊藤 正洋
ITO Masahiro
所属
医歯学総合病院 循環器内科 特任教授
職名
特任教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2001年3月   新潟大学 )

経歴

  • 新潟大学   医歯学総合病院 循環器内科   特任教授

    2021年4月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合病院 不整脈センター   特任准教授

    2019年4月 - 2021年3月

  • 新潟大学   医学部 医学科   准教授

    2012年3月 - 2021年3月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 器官制御医学   准教授

    2012年3月 - 2019年3月

  • 新潟大学   第一内科   助教

    2009年4月 - 2012年2月

  • 新潟大学   第一内科   特任助教

    2008年1月 - 2009年3月

▶ 全件表示

 

論文

  • Aortic Regurgitation Presenting with Recurrent Detachment of a Prosthetic Valve, as the First Presenting Symptom of Cardiovascular Behçet's Disease. 査読

    Takayama T, Ozawa T, Sanada A, Watanabe T, Ito M, Hirono S, Aizawa Y, Minamino T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 6 )   823 - 827   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9603-17

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Percutaneous coronary intervention for a patient with left main coronary compression syndrome 査読

    Ryutaro Ikegami, Kazuyuki Ozaki, Takuya Ozawa, Satoru Hirono, Masahiro Ito, Tohru Minamino

    Internal Medicine   57 ( 10 )   1421 - 1424   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Internal Medicine  

    Left main coronary compression syndrome rarely occurs in patients with severe pulmonary hypertension. A 65-year-old woman with severe pulmonary hypertension due to an atrial septal defect suffered from angina on effort. Cardiac computed-tomography and coronary angiography revealed considerable stenosis of the left main coronary artery (LMA) caused by compression between the dilated main pulmonary artery trunk and the sinus of valsalva. Stenting of the LMA under intravascular ultrasound imaging was effective for the treatment of angina. We herein report the diagnosis and management of this condition with a brief literature review.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9534-17

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • ロシア医学生外科オリンピックから学ぶシミュレーション医学教育

    伊藤 正洋, 若槻 華子, 加畑 雄大, Razvina Olga, 山川 詩保子, 澁谷 雅子, 日比野 浩, Tashkinov Nikolai V, 土田 正則, 佐藤 昇, 鈴木 利哉, 牛木 辰男

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5   89 - 92   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    ロシア極東医科大学で開催された"Student Surgical Olympiad"極東地区予選に参加した。大会は、学生の外科領域への興味を促すこと、外科領域へ進むことを希望する学生に早期から実践的外科技術を修得させることを目的としていた。大会は外科手技を中心とした16課題で3日間に渡り行われ、上位2チームにはモスクワで行われる本選への出場権が与えられた。課題達成に必要な医療知識、手技は臨床に即した内容であった。参加学生の熱意は非常に高く、学生外科サークルを通じた事前の十分な準備により、課題への対応が可能となっていた。専門性の高い知識、技能を低学年から修得するためのサポート体制、学生オリンピックの開催は、シミュレーション教育の普及、進歩に寄与し、学生の能動的学習を促す効果がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 循環器内科学臨床実習における血管内治療シミュレーション実習の効果

    伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 中坊 亜由美, 田中 智美, 南野 徹

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5   56 - 61   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    診療参加型臨床実習の充実は医学教育における課題の一つである。新潟大学医学部循環器内科学講座では、平成27年度より医学科5年次の循環器内科学臨床実習において、血管内治療シミュレーション実習を開始した。実習は5-6名の学生グループを1名の教員が指導し、(1)主訴、心電図を基にした症例検討、(2)カテーテル手技の説明、(3)シミュレータを用いた冠動脈へのカテーテル挿入、冠動脈造影検査、(4)冠動脈内ステント留置を行うために必要な手技の理解、実施、(5)冠動脈病変へのステント留置、(6)振り返りを90分で行った。終了直後のアンケートでは、実習内容、学習意欲向上への寄与、循環器内科学への関心増加に対して、本実習は学生から高い評価を得た。自由意見として、知識の理解を深くし、基礎医学と臨床医学の統合促進に有効であることを示唆する記載が多かった。血管内治療シミュレータを卒前教育に用いることにより、臨床実習で行うことが困難である検査、治療の経験学習が可能となり、現場教育を補うことができる可能性が示唆された。(著者抄録)

    researchmap

  • 高校生に対するシミュレータ実習を含む体験講座の効果

    伊藤 正洋, 鈴木 利哉, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 井口 清太郎, 土田 正則, 佐藤 昇, 竹林 浩秀, 牛木 辰男

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   3   17 - 20   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    新潟大学医学部医学科(本学科)では、医学への興味を高め、本学科への進学希望者を増加させることを目的として、シミュレータ体験を中心とした体験講座を開催している。その効果を検討するため、2012-2013年度に体験講座に参加した高校生87人、ならびに2014年度の本学科入学者123人に対して、アンケート調査を実施し、解析した。高校生に対するシミュレータ実習を含む体験講座の評価は良く、参加者の医療関係職を希望する気持ちの強さは有意に増加した(P<0.001)。2014年度本学科入学者のうち69人(56%)は、全国の医学科で開催されている体験講座に参加した経験があり、そのなかで本学科の体験講座に参加した34人中28人の学生は、医学科進学を考える上で影響を受けたと回答した。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • Basic Life Support(BLS)講習会インストラクターにおける一般性自己効力感の検討

    福島 仁美, 伊藤 正洋, 安達 豊美, 三間 渉, 齊藤 寛文, 柴田 修

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   2   14 - 17   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    自己効力感とは、行動特性を示す概念のひとつであり、ある状況において適切な行動を成し遂げられるという予期および確信、と定義される。自己効力感には課題や場面を限定して影響を及ぼす自己効力感(task-specific self-efficacy)と、一般化した日常場面における行動に影響する自己効力感(generalized self-efficacy)の2つの水準があり、自己の達成体験や、他者の達成体験を観察する代理体験などにより高めることが可能と言われている。我々はBasic Life Support(BLS)講習会インストラクター27名の一般性自己効力感尺度(generalized self-efficacy scale:GSES)について測定を行い、性別、職種、職業従事年数、BLS講習会インストラクション回数との関連を検討した。インストラクターのGSES得点が9.2±3.3点であるのに対して、対照としてGSES得点を検討したBLS講習会スタッフ、受講者はそれぞれ7.4±3.9点、5.4±3.5点であり、インストラクターは受講者に比し有意に高値であった(p<0.01)。インストラクターのGSES得点と、性別、職種、職業従事年数の間に有意な関係は認めなかったが、インストラクション回数で3群に分けた場合、10回未満では5.6±2.7点、10回以上50回未満10.4±3.0点、50回以上10.0±2.3点となり、10回未満の群と他の2群間で有意差を認めた(p=0.02、p=0.04)。以上よりBLSインストラクターとしての活動を通じ、一般性自己効力感が高められる可能性が示唆された。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • Relative Refractoriness of Left Ventricular Contraction Underlies Human Tachycardia-Induced Mechanical and Electrical Alternans 査読

    Takeshi Kashimura, Makoto Kodama, Tohru Watanabe, Komei Tanaka, Yuka Hayashi, Yukako Ohno, Hiroaki Obata, Masahiro Ito, Satoru Hirono, Haruo Hanawa, Tohru Minamino

    PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY   37 ( 2 )   197 - 206   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    BackgroundMechanical alternans (MA) and electrical alternans (EA) are predictors of cardiac events. Experimental studies have suggested that refractoriness of calcium cycling underlies these cardiac alternans. However, refractoriness of left ventricular contraction has not been examined in patients with cardiac alternans.
    MethodsIn 51 patients with miscellaneous heart diseases, incremental right atrial pacing was performed to induce MA and EA. MA was quantified by alternans amplitude (AA: the difference between left ventricular dP/dt of a strong beat and that of a weak beat), and AA at 100/min (AA100) and maximal AA (AAmax) were measured. EA was defined as alternation of T wave morphology in 12-lead electrocardiogram. Relative refractoriness of left ventricular contraction was examined by drawing the mechanical restitution curve under a basal coupling interval (BCL) of 600 ms (100/min) and was assessed by the slope at BCL (mechanical restitution). Postextrasystolic potentiation (PESP) was also examined and the slope of PESP curve (PESP) was assessed as a property to alternate strong and weak beats.
    ResultsMA and EA were induced in 19 patients and in none at 100/min or less, and at any heart rate in 32 and in 10, respectively. AA100 and AAmax correlated positively with mechanical restitution and negatively with PESP. Patients with EA had a significantly larger mechanical restitution and a significantly larger absolute value of PESP than those without.
    ConclusionsIn patients with MA and EA, the left ventricular contractile force during tachycardia is under relative refractoriness and prone to cause large fluctuation of contractile force.

    DOI: 10.1111/pace.12230

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Mechanical alternans in human idiopathic dilated cardiomyopathy is caused with impaired force-frequency relationship and enhanced poststimulation potentiation. 査読

    Takeshi Kashimura, Makoto Kodama, Komei Tanaka, Keiko Sonoda, Satoru Watanabe, Yukako Ohno, Makoto Tomita, Hiroaki Obata, Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Satoru Hirono, Haruo Hanawa, Yoshifusa Aizawa

    Heart and vessels   28 ( 3 )   336 - 44   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Mechanical alternans (MA) is frequently observed in patients with heart failure, and is a predictor of cardiac events. However, there have been controversies regarding the conditions and mechanisms of MA. To clarify heart rate-dependent contractile properties related to MA, we performed incremental right atrial pacing in 17 idiopathic dilated cardiomyopathy (DCM) patients and in six control patients. The maximal increase in left ventricular dP/dt during pacing-induced tachycardia was assessed as the force gain in the force-frequency relationship (FG-FFR), and the maximal increase in left ventricular dP/dt of the first post-pacing beats was examined as the force gain in poststimulation potentiation (FG-PSP). As a result, MA was induced in 9 DCM patients (DCM MA(+)) but not in the other 8 DCM patients (DCM MA(-)), and not in any of the control patients. DCM MA(+) had significantly lower FG-FFR (34.7 ± 40.9 vs 159.4 ± 103.9 mmHg/s, P = 0.0091) and higher FG-PSP (500.0 ± 96.8 vs 321.9 ± 94.9 mmHg/s, P = 0.0017), and accordingly a wider gap between FG-PSP and FG-FFR (465.3 ± 119.4 vs 162.5 ± 123.6 mmHg/s, P = 0.0001) than DCM MA(-) patients. These characteristics of DCM MA(+) showed clear contrasts to those of the control patients. In conclusion, MA is caused with an impaired force-frequency relationship despite significant poststimulation potentiation, suggesting that MA reflects ineffective utilization of the potentiated intrinsic force during tachycardia.

    DOI: 10.1007/s00380-012-0251-8

    PubMed

    researchmap

  • Estimation of paracrine signaling using quantitative RT-PCR from multiple patchy lesion samples 査読

    Shuang Jiao, Haruo Hanawa, Tomoyasu Suzuki, Ying Hua Hu, Kaori Yoshida, Minako Ogura, Yukako Ohno, Masahiro Ito, Takeshi Kashimura, Hiroaki Obata, Makoto Kodama

    MOLECULAR AND CELLULAR PROBES   27 ( 2 )   109 - 113   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    We investigated whether correlations between mRNA levels of cytokines versus other proteins from patchy lesion could estimate cytokine paracrine signaling in vivo. Experiments with rat experimental autoimmune myocarditis (EAM), a patchy myocarditis model, indicated IL-1 and other protein levels were correlated, indicating paracrine signaling pathways in vivo. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.mcp.2012.08.002

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A mutant mRNA expression in an endomyocardial biopsy sample obtained from a patient with a cardiac variant of Fabry disease caused by a novel acceptor splice site mutation in the invariant AG of intron 5 of the α-galactosidase A gene. 査読

    Watanabe T, Hanawa H, Suzuki T, Jiao S, Yoshida K, Ogura M, Ohno Y, Hayashi Y, Ito M, Kashimura T, Obata H, Sato A, Ozawa T, Kodama M, Sakuraba H, Minamino T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   52 ( 7 )   777 - 780   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.52.9213

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Acute Heart Failure Syndrome Associated With Snow Shoveling 査読

    Masahiro Ito, Takashi Yamamoto, Kenichi Takaku, Nanako Tsutsui, Mayumi Sasagawa, Satoru Hirono, Toshiya Suzuki, Makoto Kodama

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   53 ( 6 )   394 - 395   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT HEART JOURNAL ASSOC  

    There have been only a few reports regarding the relation between snow shoveling and acute heart failure syndromes (AHFS). We present a case series of 5 patients who presented with AHFS, all within 5 days after shoveling snow. Although all patients underwent examination at a regular out-patient clinic, no patient had prior signs or symptoms of heart failure. The condition of all patients had gradually deteriorated, with no abrupt onset of dyspnea after shoveling snow. Four of the 5 patients demonstrated a preserved ejection fraction on echocardiography. Snow shoveling may lead to AHFS in patients who are at risk for developing heart failure. (Int Heart J 2012; 53: 394-395)

    DOI: 10.1536/ihj.53.394

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Improvement of anemia with decreasing hepcidin levels following valve replacement for severe tricuspid regurgitation 査読

    Tomoyasu Suzuki, Haruo Hanawa, Limin Ding, Masahiro Ito, Takeshi Kashimura, Hiroaki Obata, Ying Hua Hu, Shuang Jiao, Osamu Namura, Makoto Kodama

    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY   88 ( 6 )   551 - 552   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    DOI: 10.1111/j.1600-0609.2012.01781.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of Patients With Pulmonary Arterial Hypertension With Versus Without Right-Sided Mechanical Alternans 査読

    Masahiro Ito, Makoto Kodama, Takeshi Kashimura, Hiroaki Obata, Wataru Mitsuma, Satoru Hirono, Makoto Tomita, Yukako Ohno, Naohito Tanabe, Yoshifusa Aizawa

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   109 ( 3 )   428 - 431   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC  

    The clinical implications of mechanical alternans in patients with pulmonary arterial hypertension (PAH) remain unknown. In this study, the prevalence, characteristics, and prognostic implications of mechanical alternans in patients with PAH were investigated. Thirty-two consecutive patients with PAH confirmed by cardiac catheterization from 2000 to 2010 were included in this cohort study. During cardiac catheterization, 8 patients (25%) showed mechanical alternans at rest. All alternans were detected in the right ventricle and pulmonary trunk. Serum level of brain natriuretic peptide (584 +/- 177 vs 238 +/- 252 pg/ml, p = 0.001), World Health Organization functional class (3.5 +/- 0.5 vs 2.9 +/- 0.4, p = 0.02), mean pulmonary arterial pressure (59 +/- 10 vs 47 +/- 18 mm Hg, p = 0.03), mean right atrial pressure (10 +/- 4 vs 5 +/- 4 ram Hg, p = 0.01), right ventricular end-diastolic pressure (15 +/- 5 vs 9 +/- 5 mm Hg, p = 0.01), and heart rate at catheterization (96 +/- 17 vs 70 +/- 11 beats/min, p = 0.003) were significantly higher in patients with alternans than in those without. Twelve-month mortality of patients with alternans was higher than in patients without alternans (p = 0.03): the 12-month survival rate after cardiac catheterization was 37% for the alternans group and 75% for the group without alternans. In conclusion, isolated right-sided mechanical alternans is not an uncommon event in patients with PAH. The existence of alternans is associated with the severity of PAH and right ventricular dysfunction and implies a poor prognosis in the short term. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved. (Am J Cardiol 2012;109:428-431)

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2011.09.034

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Post-exercise Cardiac Asystole in a Young Competitive Athlete 査読

    Masahiro Ito, Kanae Hasegawa, Masaaki Arakawa, Masaomi Chinushi

    INTERNAL MEDICINE   51 ( 8 )   979 - 979   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.7100

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Clinical and cardiac features of patients with subarachnoid haemorrhage presenting with out-of-hospital cardiac arrest 査読

    Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Makoto Kodama, Hiroki Takano, Makoto Tomita, Naoki Saito, Hiroshi Oya, Nobuo Sato, Satomi Ohashi, Hidenori Kinoshita, Junichiro James Kazama, Tadayuki Honda, Hiroshi Endoh, Yoshifusa Aizawa

    RESUSCITATION   82 ( 10 )   1294 - 1297   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Background: Subarachnoid haemorrhage (SAH) is known as one of the aetiologies of out-of-hospital cardiac arrest (OHCA). However, the mechanisms of circulatory collapse in these patients have remained unclear.
    Methods and results: We examined 244 consecutive OHCA patients transferred to our emergency department. Head computed tomography was performed on all patients and revealed the existence of SAH in 14 patients (5.9%, 10 females). Among these, sudden collapse was witnessed in 7 patients (50%). On their initial cardiac rhythm, all 14 patients showed asystole or pulseless electrical activity, but no ventricular fibrillation (VF). Return of spontaneous circulation (ROSC) was obtained in 10 of the 14 patients (14.9% of all ROSC patients) although all resuscitated patients died later. The ROSC rate in patients with SAH (71%) was significantly higher than that of patients with either other types of intracranial haemorrhage (25%, n = 2/8) or presumed cardiovascular aetiologies (22%, n = 23/101) (p < 0.01). On electrocardiograms, ST-T abnormalities and/or QT prolongation were found in all 10 resuscitated patients. Despite their electrocardiographic abnormalities, only 3 patients showed echocardiographic abnormalities.
    Conclusions: The frequency of SAH in patients with all causes of OHCA was about 6%, and in resuscitated patients was about 15%. The initial cardiac rhythm revealed no VF even though half had a witnessed arrest. A high ROSC rate was observed in patients with SAH, although none survived to hospital discharge. (C) 2011 Published by Elsevier Ireland Ltd.

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2011.05.019

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Takotsubo cardiomyopathy after delivery in an oestrogen-deficient patient 査読

    Akinori Sato, Nobue Yagihara, Makoto Kodama, Wataru Mitsuma, Hitoshi Tachikawa, Masahiro Ito, Haruo Hanawa, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   149 ( 2 )   E78 - E79   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Takotsubo cardiomyopathy is characterised by a reversible left ventricular wall motion abnormality that is observed as apical ballooning without significant coronary arterial stenosis; it occurs predominantly in postmenopausal women. Here, we report a case of Takotsubo cardiomyopathy after delivery in a patient with oestrogen deficiency due to Turner's syndrome. This case shows the pathogenic role of an inadequate oestrogen level in Takotsubo cardiomyopathy. (C) 2009 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2009.04.007

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Role of mineralocorticoid receptor on atrial structural remodeling and inducibility of atrial fibrillation in hypertensive rats 査読

    Shinpei Kimura, Masahiro Ito, Makoto Tomita, Makoto Hoyano, Hiroaki Obata, Limin Ding, Masaomi Chinushi, Haruo Hanawa, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    HYPERTENSION RESEARCH   34 ( 5 )   584 - 591   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Hypertension is well known to increase atrial fibrillation (AF) and the development of AF is associated with atrial chamber remodeling. Although mineralocorticoid receptor (MR) inhibition provides cardiovascular protection, the role of MR on atrial structural remodeling and inducibility of AF in hypertension remains unclear. Here, we investigated roles of the MR on atrial structural remodeling and inducibility of AF in hypertensive rats by using MR antagonist eplerenone (EPL). Dahl salt-sensitive (DS) rats were fed a normal-salt or a high-salt (HS) diet from 7 weeks, and a non-antihypertensive dose of EPL or vehicle was administrated from 13 weeks, at which time myocytes hypertrophy, interstitial fibrosis in the atrium and AF inducibility had increased, until 20 weeks. There was no significant difference in systolic blood pressure between DS+HS (186 +/- 4mmHg) and DS+HS+EPL (184 +/- 5mmHg) at 20 weeks. Burst atrial pacing demonstrated decreased AF inducibility in DS+HS+EPL (0 of 10) compared with DS+HS (7 of 10). Fibrosis and myocytes hypertrophy in the atrium were decreased in DS+HS+EPL with the reduction of atrial inflammatory cytokines. These beneficial effects of EPL were associated with less atrial oxidative stress, as assessed by 4-hydroxy-2-nonenal staining, and reduced activation of the Rho GTPase Rac1 in the atrium. Thus, MR has important roles in atrial structural remodeling and AF inducibility in Dahl rats. The effects of MR are associated, at least in part, with activation of Rac1-oxidative stress/inflammatory axis. Hypertension Research (2011) 34, 584-591; doi:10.1038/hr.2010.277; published online 20 January 2011

    DOI: 10.1038/hr.2010.277

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Force-frequency relationship as a predictor of long-term prognosis in patients with heart diseases 査読

    Komei Tanaka, Makoto Kodama, Masahiro Ito, Makoto Hoyano, Wataru Mitsuma, Mahmoud M. Ramadan, Takeshi Kashimura, Satoru Hirono, Yuji Okura, Kiminori Kato, Haruo Hanawa, Yoshifusa Aizawa

    HEART AND VESSELS   26 ( 2 )   153 - 159   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Adequate evaluation of the nature of the residual failing myocardium, as well as the severity of myocardial injury, is important for managing patients with heart failure. The aim of this study was to investigate the myocardial function and the prognosis of patients with heart diseases using the force-frequency relationship (FFR). We enrolled 76 patients with sinus rhythm who had miscellaneous heart diseases and performed incremental right atrial pacing at the time of diagnostic cardiac catheterization. The first derivatives of left ventricular pressure (dP/dt) were recorded using a micro manometer-tipped catheter during the study. To represent properties of FFR, two parameters-the peak force rate (PFR) and force gain (FG)-were estimated. PFR was defined as the heart rate at which dP/dt became maximum. FG was defined as the difference between dP/dt at PFR and dP/dt at the basal heart rate. FG decreased as the severity of left ventricular (LV) dysfunction increased (372.0 +/- A 110.7, 209.5 +/- A 29.1 and 116.3 +/- A 13.1 mmHg/s for normal LV function, mild LV dysfunction and severe LV dysfunction groups, P < 0.05, respectively). PFR correlated with cardiac index (r = 0.375, P = 0.001). FG correlated with LV end systolic volume index (r = -0.297, P = 0.010) and LV ejection fraction (r = 0.539, P < 0.001). Furthermore, pulmonary arterial wedge pressure [hazard ratio (HR) 1.126, P < 0.01] and FG (HR 0.992, P = 0.061) tended to be independent predictors for cardiovascular death. Analysis of FFR, especially FG, seems to be useful to evaluate the nature of the failing myocardium and the prognosis of patients with heart diseases.

    DOI: 10.1007/s00380-010-0040-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sulfated Polysaccharide Fucoidan Ameliorates Experimental Autoimmune Myocarditis in Rats 査読

    Komei Tanaka, Masahiro Ito, Makoto Kodama, Makoto Tomita, Shinpei Kimura, Makoto Hoyano, Wataru Mitsuma, Satoru Hirono, Haruo Hanawa, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS   16 ( 1 )   79 - 86   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS INC  

    Homing of cardiac myosin-specific CD4-positive T cells into the myocardium is the initial pathologic event of experimental autoimmune myocarditis (EAM). Subsequently, various bystander inflammatory cells are recruited into the myocardium crossing vascular endothelial cell walls. Sulfated polysaccharide fucoidan binds selectin nonselectively and blocks its function. Therefore, this study was designed to evaluate whether in vivo fucoidan treatment can improve EAM. A 21-day infusion of physiological saline or fucoidan was administrated intraperitoneally to the rats with sham operation (sham-saline, n = 5; sham-fucoidan, n = 6) or those with cardiac myosin injection (EAM-saline, n = 10; EAM-fucoidan, n = 10). After 3 weeks, fucoidan treatment improved left ventricular ejection fraction (79.04 +/- 2.81 vs 65.94% +/- 3.22%; P < .01 vs EAM-saline) with a reduced ratio of heart weight to body weight (4.016 +/- 0.239 vs 4.975 +/- 0.252 mg/g; P < .05 vs EAM-saline) in EAM. Furthermore, fucoidan treatment decreased serum levels of BNP (292.0 +/- 53.4 vs 507.4 +/- 89.2 ng/mL; P < .05 vs EAM-saline) and the myocarditis area (31.66 +/- 1.53 vs 42.51% +/- 3.24%; P < .01 vs EAM-saline) in EAM. These beneficial effects of fucoidan were accompanied by inhibition of both macrophage and CD4-positive T-cell infiltration into the myocardium. Fucoidan, a nonselective selectin blocker, attenuates the progression of EAM. This observation may be explained, at least in part, by blocking the extravasation of inflammatory cells into the myocardium.

    DOI: 10.1177/1074248410378751

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Effects of Combination Therapy With Warfarin and Bucolome for Anticoagulation in Patients With Atrial Fibrillation 査読

    Hiroaki Obata, Hiroshi Watanabe, Masahiro Ito, Satoru Hirono, Haruo Hanawa, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    CIRCULATION JOURNAL   75 ( 1 )   201 - 203   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE CIRCULATION SOC  

    Background: Bucolome, a nonsteroidal antiinflammatory drug, enhances the effects of warfarin. In the present study, the effects of combination therapy (bucolome+warfarin) vs. warfarin alone on atrial fibrillation were investigated.
    Methods and Results: Combined therapy resulted in a decrease in the warfarin dose to approximately one-third. The fluctuations of the international normalized ratio and the time in therapeutic range were similar in both groups. There was no adverse effect in either group. Interestingly, uric acid was lower in the bucolome group.
    Conclusions: Bucolome enhanced the effects of warfarin, resulting in a decreased dose of warfarin without adverse effects and it showed similar anticoagulant stability to warfarin alone. (Circ J 2011; 75: 201-203)

    DOI: 10.1253/circj.CJ-10-0842

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Sudden Cardiac Arrest after Subarachnoid Hemorrhage 査読

    Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Hiroaki Obata, Makoto Kodama

    INTERNAL MEDICINE   50 ( 17 )   1859 - 1859   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.5704

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Isolated Right-sided Pulsus Alternans in Pulmonary Arterial Hypertension 査読

    Masahiro Ito, Makoto Kodama, Tomomi Nagao, Yoshifusa Aizawa

    INTERNAL MEDICINE   50 ( 11 )   1257 - 1257   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.5285

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Inducibility of atrial fibrillation depends not on inflammation but on atrial structural remodeling in rat experimental autoimmune myocarditis 査読

    Makoto Hoyano, Masahiro Ito, Shinpei Kimura, Komei Tanaka, Kazuki Okamura, Satoru Komura, Wataru Mitsuma, Satoru Hirono, Masaomi Chinushi, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    Cardiovascular Pathology   19 ( 5 )   e149 - e157   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction: There is increasing evidence to support a link between inflammation and atrial fibrillation (AF). However, the role of inflammation on new-onset AF is still to be elucidated. Methods: Rats underwent induction of experimental autoimmune myocarditis (EAM). Atrial structural change was evaluated by echocardiography and histological analysis. Electrophysiological data and the in vivo atrial response to burst atrial pacing were evaluated in the acute (2 weeks after EAM induction) and chronic phases (8 weeks after induction). In addition, atrial pacing after 2, 4, and 6 h after lipopolysaccharide (LPS) infusion, when the expression of gap junctions was modified, were challenged with young healthy rats. Results: AF was induced in 11 of 15 chronic phase EAM rats but not in either acute phase EAM rats or LPS infusion rats (P&lt
    .01). Echocardiography showed dilatation of both atrium and ventricle and a decrease in the ejection fraction in the chronic phase. Histology revealed severe inflammatory lesions only in the acute phase. Interstitial atrial fibrosis as well as the area of atrial myocyte increased in the chronic phase but not in the acute phase. Conclusions: AF could be induced in the chronic phase of myocarditis rats, but not in the acute phase of myocarditis rats or in rats with LPS infusion. Acute inflammation per se did not increase the occurrence of AF induction. Atrial structural remodeling caused by inflammation and hemodynamic effects is necessary to induce AF. © 2010 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.carpath.2009.07.002

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Adiponectin/C-reactive protein interplay in healthy individuals and in patients with coronary artery disease 査読

    Mahmoud M. Ramadan, Makoto Kodama, Masahiro Ito, Nader El-Shahat, Mahmoud M. Yousif, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   144 ( 1 )   82 - 84   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2008.12.040

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Intravascular Ultrasonic Imaging of Vulnerable Plaque in a Bare Metal Stent 10 Years After Implantation 査読

    Kanae Hasegawa, Masahiro Ito, Masato Oda, Satoru Hirono, Takuya Ozawa, Komei Tanaka, Hiroaki Obata, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    CIRCULATION   122 ( 13 )   1341 - 1341   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.110.969840

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Inverted Takotsubo contractile pattern caused by pheochromocytoma with tall upright T-waves, but not typical deep T-wave inversion 査読

    Shinpei Kimura, Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Hiromi Suzuki, Yukio Hosaka, Satoshi Hirayama, Osamu Hanyu, Satoru Hirono, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   139 ( 2 )   E15 - E17   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    We describe a 36-year-old woman with inverted Takotsubo cardiomyopathy caused by pheochromocytoma crisis. In the acute phase, her electrocardiogram showed ST segment depression in lead II, III, aVF and V2 through V5. On day 14, tall upright T-waves were observed in leads V2 through V5 despite heart failure and basal to midventricular ballooning improved on day 4, and all electrocardiographic abnormalities finally normalized after surgical removal of the pheochromocytomas. This is the first report of electrocardiographic course of inverted Takotsubo cardiomyopathy, and these findings seem as if the inverted electrocardiographic findings are contrary to those of apical ballooning. (C) 2008 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2008.06.073

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Thromboembolism in Takotsubo cardiomyopathy 査読

    Wataru Mitsuma, Makoto Kodama, Masahiro Ito, Shinpei Kimura, Komei Tanaka, Makoto Hoyano, Satoru Hirono, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   139 ( 1 )   98 - 100   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Background: Most patients with Takotsubo cardiomyopathy show a favorable outcome. Although several complications have been reported, the frequency of thromboembolism has not been clarified.
    Methods: Clinical characteristics and complications of 21 consecutive patients (18 female, aged 72 years) with Takotsubo cardiomyopathy during the past 9 years were investigated.
    Results: The most major complication was heart failure (52%). Thromboembolism was found in 3 patients (14%) and this was the second most frequent cardiovascular complication. One of the 3 patients showed left ventricular thrombus and the other 2 experienced cardioembolic stroke. All 3 patients visited the emergency department more than 48 h after initial chest pain occurred.
    Conclusions: This study indicates that thromboembolism is a common complication in the acute phase of Takotsubo cardiomyopathy, and anticoagulation therapy should be performed in all patients until wall motion abnormalities improve. Takotsubo cardiomyopathy should be considered one of the important causes of cardioembolic stroke. (C) 2008 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2008.06.089

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Poor R-Wave Progression in the Precordial Leads in Left-Sided Spontaneous Pneumothorax 査読

    Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Tadayuki Honda, Makoto Kodama, Hiroshi Endoh, Yoshifusa Aizawa

    CIRCULATION   120 ( 21 )   2122 - 2122   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.109.885137

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Long-term Carperitide Treatment Attenuates Left Ventricular Remodeling in Rats With Heart Failure After Autoimmune Myocarditis 査読

    Komei Tanaka, Masahiro Ito, Makoto Kodama, Makoto Hoyano, Shinpei Kimura, Wataru Mitsuma, Satoru Hirono, Takeshi Adachi, Kenichi Watanabe, Mikio Nakazawa, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR PHARMACOLOGY   54 ( 3 )   232 - 239   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    The effect of carperitide, recombinant human atrial natriuretic peptide, on chronic heart failure (HE) has not been clarified. We investigated the beneficial effects of chronic carperitide treatment in rats with HE after experimental autoimmune myocarditis. A 28-day infusion of carperitide (n = 14) or vehicle (n = 14) was administrated to the rats 4 weeks after experimental autoimmune myocarditis induction. After 4 weeks, the myocardial levels of cyclic guanosine monophosphate (cGMP), left ventricular function, myocyte hypertrophy, interstitial fibrosis, myocardial capillary vessel density, and activity of one prominent substrate of cGMP, vasodilator-stimulated phosphoprotein (VASP) that may enhance angiogenesis, were measured. Carperitide treatment increased the myocardial levels of cGMP and attenuated the functional severity along with a decreased myocyte cross-sectional area, interstitial fibrosis, and an increased capillary to myocyte ratio. Furthermore, carperitide treatment enhanced the phosphorylation of VASP at Set-239, which was preferentially phosphorylated by cGMP-dependent protein kinase but not Ser157, which was preferentially phosphorylated by cyclic adenosine monophosphate-dependent protein kinase. Long-term carperitide treatment attenuates ventricular remodeling and ameliorates the progression of chronic FIE The effects of carperitide treatment are associated with increased neovascularization among the residual myocytes and an increase of VASP activation.

    DOI: 10.1097/FJC.0b013e3181b0cf50

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Evaluation of oxidized low-density lipoprotein in the coronary circulation of patients with coronary artery disease, and its association with percutaneous coronary intervention. 査読

    Ramadan MM, Kodama M, Hirono S, Okura Y, Mitsuma W, Ito M, Aizawa Y

    International journal of cardiology   134 ( 3 )   e117 - 9   2009年5月

  • Irreversible dilated cardiomyopathy after surgical resection of pheochromocytomas associated with von Hippel-Lindau disease 査読

    Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Satoru Fujita, Akinori Sato, Takashi Washizuka, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   131 ( 3 )   E95 - E96   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Pheochromocytoma occasionally can lead to left ventricular dysfunction, which is known to be transient. Here, we described a patient showing irreversible dilated cardiomyopathy after surgical resection of pheochromocytomas associated with von Hippel-Lindau disease. (C) 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2007.07.067

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Comparative Effects of Olmesartan and Azelnidipine on Atrial Structural Remodeling in Spontaneously Hypertensive Rats 査読

    Kazuki Okamura, Masahiro Ito, Komei Tanaka, Masaomi Chinushi, Takeshi Adachi, Wataru Mitsuma, Satoru Hirono, Mikio Nakazawa, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    PHARMACOLOGY   83 ( 6 )   360 - 366   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    The differential effects between olmesartan (OM), an angiotensin 2 type 1 receptor blocker (ARB), and azelnidipine (AZ), a calcium channel blocker (CCB), on atrial structural remodeling were studied in spontaneously hypertensive rats (SHR). Eight weeks after treatment, both OM and AZ decreased systolic blood pressure to similar levels. Histological analysis revealed that both OM and AZ had decreased the size of the atrial myocytes and interstitial fibrosis in the atrium, and that the effects of OM were greater than those of AZ. These beneficial effects of OM were associated with less atrial oxidative stress, as assessed by 3-nitrotyrosine staining, and less activation of Rac1, a regulatory component in NADPH oxidase. These results suggest that the ARB was more effective than the CCB in ameliorating atrial structural remodeling due to the suppression of oxidative stress. Copyright (C) 2009 S. Karger AG, Basel

    DOI: 10.1159/000218103

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Preservation of renal function in response to cardiac resynchronization therapy. 査読

    Kimura S, Ito M, Chinushi M, Tanaka K, Tanabe Y, Hosaka Y, Komura S, Okada S, Iijima K, Furushima H, Fuse K, Sato M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 11 )   1794 - 1799   2008年11月

  • Health-related quality of life of outpatients with systolic and isolated diastolic dysfunction: Sado Heart Failure Study. 査読

    Ohno Y, Okura Y, Ramadan MM, Taneda K, Suzuki K, Tomita M, Hao K, Kimura S, Hoyano M, Mitsuma W, Tanaka K, Kashimura T, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Kodama M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 9 )   1436 - 1442   2008年9月

  • Gene expression profiles of cardiomyocytes in rat autoimmune myocarditis by DNA microarray and increase of regenerating gene family 査読

    Ritsuo Watanabe, Haruo Hanawa, Tsuyoshi Yoshida, Masahiro Ito, Manabu Isoda, He Chang, Ken Toba, Kaori Yoshida, Mayuko Kojima, Keita Otaki, Limin Ding, Kazuhisa Hao, Kiminori Kato, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    TRANSLATIONAL RESEARCH   152 ( 3 )   119 - 127   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Cardiomyocytes with myocarditis compared with the normal state are thought to change the expressions of various genes greatly, some of which may be new biomarkers or new biologic medicinal products. However, until now, little comprehensive analysis has been made of gene-expression changes in cardiomyocytes with myocarditis. In this study, we performed a DNA microarray analysis by using cardiomyocytes from rat experimental autoimmune myocarditis (EAM). On day 0, rats were immunized with porcine cardiac myosin and cardiomyocytes were isolated and purified from EAM hearts and normal hearts by a method that is hardly thought to change gene expressions in cardiomyocytes. RNA from normal cardiomyocytes and cardiomyocytes of EAM on day 18 was analyzed for 7711 gene expressions by DNA microarray. Some gene expressions showed over 10-fold changes. In particular, the regenerated gene (Reg)2/pancreatitis-associated protein (PAP)l messenger RNA (mRNA) level most markedly increased in the genes, which were clearly expressed in cardiomyocytes rather than in noncardiomyocytes, and it was approximately 2000-fold greater in cardiomyocyles under active myocarditis than normal by real-time reverse transcription polymerase chain reaction analysis. Moreover, we demonstrated that Reg2/PAP1 proteins determined by Western blot analysis and immunohistochemistry and other Reg/PAP family gene expressions were remarkably increased in EAM hearts; in addition, interleukin (IL)-6 expression was significantly related to Reg2/PAP1. It seemed that these data were useful as a reference database of gone-expression changes in cardiomyocytes with myocarditis. The Reg/PAP family, which was found to show dramatically increasing gene expressions by DNA microarray analysis, was suspected to play an important role in myocarditis.

    DOI: 10.1016/j.trsl.2008.07.006

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A pilot-controlled study of myeloperoxidase-specific anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody (MPO-ANCA) in the coronary circulation 査読

    Mahmoud M. Ramadan, Hitoshi Tachikawa, Makoto Kodama, Akiko Okawara, Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Takeshi Kashimura, Taruna Ikrar, Satoru Hirono, Yuji Okura, Kazuo Suzuki, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   128 ( 1 )   114 - 116   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Hereby we report our observations derived from a pilot-study of 39 subjects ( 30 patients with coronary artery disease [ CAD] and 9 non-CAD controls). In this work, we aimed to evaluate MPO-ANCA titer in the human coronary circulation for the first time; and examine its possible association with CAD and some cytokines/inflammatory markers. We found higher mean coronary MPO-ANCA titer in CAD subjects than in non-CAD controls; beside significant positive correlations between MPO-ANCA titers and both C-reactive protein and interleukin-6 levels. Thus, we might suggest the possible involvement of MPO-ANCA in coronary atherogenesis indirectly through modulating some pro-inflammatory cytokines/markers; that a large-scale study of MPO-ANCA in CAD patients may be warranted in the future. (C) 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2007.04.119

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Impending epidemic: future projection of heart failure in Japan to the year 2055. 査読

    Okura Y, Ramadan MM, Ohno Y, Mitsuma W, Tanaka K, Ito M, Suzuki K, Tanabe N, Kodama M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 3 )   489 - 491   2008年3月

  • Relationship between insulin-like growth factor-I and brain natriuretic peptide in patients with acromegaly after surgery. 査読

    Ito M, Kodama M, Tsumanuma I, Ramadan MM, Hirayama S, Kamimura T, Kashimura T, Fuse K, Hirono S, Okura Y, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 12 )   1955 - 1957   2007年12月

  • Longitudinal change in renal function in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy without renal insufficiency at initial diagnosis. 査読

    Tanaka K, Ito M, Kodama M, Maruyama H, Hoyano M, Mitsuma W, Iino N, Hirono S, Okura Y, Gejyo F, Tanabe N, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 12 )   1927 - 1931   2007年12月

  • Free-floating ball thrombus in the left ventricle with dilated cardiomyopathy 査読

    Akiko Sanada, Koichi Fuse, Masahiro Ito, Takeshi Kashimura, Makoto Kodama, Masakazu Sogawa, Jun-ichi Hayashi, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   122 ( 2 )   E6 - E7   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2006.11.053

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Serial electrocardiographic findings in women with takotsubo cardiomyopathy 査読

    Wataru Mitsuma, Makoto Kodama, Masahiro Ito, Komei Tanaka, Takao Yanagawa, Noboru Ikarashi, Kanako Sugiura, Shinpei Kimura, Nobue Yagihara, Takeshi Kashimura, Koichi Fuse, Satoru Hirono, Yuji Okura, Yoshifusa Aizawa

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   100 ( 1 )   106 - 109   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC  

    This study aimed to clarify detailed and serial electrocardiographic findings in patients with Takotsubo cardiomyopathy from onset to recovery. Nine consecutive women aged 65 to 84 years (mean 74) with Takotsubo cardiomyopathy were investigated. Standard 12-lead electrocardiograms were recorded during hospitalization and ST-segment elevation and T-wave inversion were manually measured daily in each patient. All 9 patients had 4 phases found electrocardiographically. Phase 1 was characterized by ST-segment elevation immediately after onset. Subsequently, T-wave inversion was observed from days 1 to 3 (phase 2), then inverted T waves improved transiently from days 2 to 6 (phase 3). After this phase, giant inverted T waves with QT prolongation appeared and persisted 2 months until recovery (phase 4). Serum creatine kinase levels were increased only at onset. Left ventricular wall motion abnormalities evaluated using echocardiography improved gradually after phase 3 in all patients. Second T-wave inversions (phase 4) were significantly deeper than those of the first one (phase 2; p <0.05). In conclusion, 4 electrocardiographic phases in patients with Takotsubo cardiomyopathy were shown. This observation may be helpful to understand the pathophysiologic process of Takotsubo cardiomyopathy. (C) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2007.02.062

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Characterization of outpatients with systolic dysfunction in a Japanese community by total enumeration. 査読

    Okura Y, Ohno Y, Suzuki K, Taneda K, Ramadan MM, Mitsuma W, Tanaka K, Kashimura T, Ito M, Ishizuka O, Kato K, Hanawa H, Honda Y, Kodama M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 7 )   1004 - 1012   2007年7月

  • Angiopoietin-1, angiopoietin-2 and tie-2 in the coronary circulation of patients with and without coronary collateral vessels. 査読

    Mitsuma W, Kodama M, Hirono S, Ito M, Ramadan MM, Tanaka K, Hoyano M, Saigawa T, Kashimura T, Fuse K, Okura Y, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 3 )   343 - 347   2007年3月

  • Serum endostatin in the coronary circulation of patients with coronary heart disease and its relation to coronary collateral formation 査読

    Wataru Mitsuma, Makoto Kodama, Haruo Hanawa, Masahiro Ito, Mahmoud M. Ramadan, Satoru Hirono, Hiroaki Obata, Shinsuke Okada, Fumihiro Sanada, Takao Yanagawa, Takeshi Kashimura, Koichi Fuse, Naohito Tanabe, Yoshifusa Aizawa

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   99 ( 4 )   494 - 498   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC-ELSEVIER SCIENCE INC  

    The role of endostatin in coronary heart disease (CHD) is not well known. This study aimed to investigate the dynamics of endostatin, an antiangiogenic growth factor, within the coronary circulation and to elucidate its relation to coronary collateral formation in patients with CHD. We recruited 72 subjects with suspected or previously diagnosed CHD. Blood samples from the left ventricular (LV) cavity and coronary sinus (CS) were obtained during coronary angiography, and the serum concentration of endostatin was measured by enzyme-linked immunosorbent assay kits. Patients were then divided into 2 groups: the normal group (n = 15) defined as patients with atypical chest pain and no evidence of organic cardiac diseases and the CHD group (n = 57) defined as patients with >= 75% coronary stenosis at coronary angiography and chest pain on exertion. Endostatin in CS sera was significantly elevated in patients with CHD compared with normal subjects (median 79.7 [interquartile range 46.2 to 130.3] vs median 49.6 [interquartile range 29.1 to 84.5] ng/ml, p = 0.02). Spillover of endostatin (CS - LV value) from the coronary circulation in patients with CHD with severe stenosis was higher than in those with moderate stenosis (28.2 [4.8 to 48.61 vs 7.3 [-37.0 to 25.6] ng/ml, p = 0.01). In addition, endostatin production within the coronary circulation was higher in patients with poorly developed collaterals than in those with well-developed collaterals. In conclusion, endostatin is suggested to be produced from the coronary circulation in patients with CHD and may play an important role in the regulation of the growth of coronary collateral vessels. (c) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2006.09.095

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Plasma brain natriuretic peptide during myeloablative stem cell transplantation 査読

    Masayoshi Masuko, Masahiro Ito, Tori Kurasaki, Toshio Yano, Jun Takizawa, Ken Toba, Sadao Aoki, Ichiro Fuse, Makoto Kodama, Tatsuo Furukawa, Yoshifusa Aizawa

    INTERNAL MEDICINE   46 ( 9 )   551 - 555   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    Objective Cardiovascular complication is one of the serious complications in stem cell transplantation (SCT). We measured plasma brain natriuretic peptide (BNP) concentrations in patients who received SCT to evaluate possible cardiac toxicity of the regimens employed in SCT.
    Patients Ten patients with allogeneic SCT and 5 patients with autologous SCT using myeloablative conditioning regimens were enrolled. The preparative chemotherapy for 8 patients with allogeneic SCT included cyclophosphamide (60 mg/kg i.v. for 2 days) and other drugs and that for autologous SCT included cyclophosphamide (50 mg/kg for 2 days) and other drugs. Total body irradiation (TBI) was employed only in the patients who received allogeneic SCT.
    Method Plasma BNP was measured using a radioimmunoassay for human BNP before and after SCT.
    Results In 13 of 15 patients, BNP levels were elevated after SCT. In patients who received a total body irradiation (TBI) of 13.2 Gy, BNP levels were higher than those without irradiation (p=0.01). The BNP level reached a peak within 6 months after SCT in most patients and fell thereafter. But 7 of the 15 patients (46.7%) had an abnormally high level of plasma BNP even after 6 months of SCT which suggests subclinical myocardial damage.
    Conclusion A rise in plasma BNP was frequently observed after SCT, and may be considered to represent cardiac damage caused by the preparative chemotherapy and/or total body irradiation. Since a rise was noted 6 months after SCT, long-term evaluation of cardiac function is important.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.46.6188

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Impact of percutaneous coronary intervention on the levels of interleukin-6 and C-reactive protein in the coronary circulation of subjects with coronary artery disease 査読

    Mahmoud M. Ramadan, Makoto Kodama, Wataru Mitsuma, Masahiro Ito, Takeshi Kashimura, Taruna Ikrar, Satoru Hirono, Yuji Okura, Yoshifusa Aizawa

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   98 ( 7 )   915 - 917   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EXCERPTA MEDICA INC  

    Many clinical studies have evaluated the inflammatory response (mainly interleukin [IL]-6 and C-reactive protein [CRP]) after percutaneous coronary intervention (PCI) in patients with coronary artery disease (CAD). The aim of this study was to verify the source of possible elevation of IL-6 and CRP after PCI using coronary sinus sampling. We studied 87 subjects who underwent coronary angiography for diagnostic, therapeutic, or follow-up purposes. Blood samples were taken by the PCI team during the catheterization study from the coronary sinus. We measured coronary IL-6 levels by sandwich enzyme-linked immunosorbent assay, and high-sensitivity CRP levels were measured by latex immunonephelometry. The subjects were then classified according to their coronary angiographic findings into non-CAD (no evidence of significant organic CAD), mild CAD (I vessel narrowed), and severe CAD ( 2 vessels narrowed) groups. PCI (including stent deployment) was performed in 16 patients with CAD. The mean coronary IL-6 value was higher in the severe than in the mild CAD group (3.67 +/- 2.48 vs 2.3 +/- 1.15 pg/ml, p = 0.027). The mean coronary IL-6 value was higher in the subjects who underwent PCI than in those who did not (2.9 +/- 1.23 vs 1.87 +/- 0.9 pg/ml, p = 0.037), and the same was found regarding CRP (1.244 +/- 0.72 vs 0.498 +/- 0.51 mg/L, p = 0.032). The coronary IL-6 values correlated positively with the coronary CRP values (r = 0.374, p = 0.017). In conclusion, the increase in coronary IL-6 and CRP levels after PCI in patients with CAD might be attributed to their release from the coronary atheroma secondary to the direct mechanical effect applied on the atheroma itself by balloon inflation and stent deployment. (c) 2006 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2006.04.034

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Cardioprotective effects of recombinant human erythropoietin in rats with experimental autoimmune myocarditis 査読

    W Mitsuma, M Ito, M Kodama, K Fuse, K Kamura, S Minagawa, K Kato, H Hanawa, K Toba, M Nakazawa, Y Aizawa

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   344 ( 3 )   987 - 994   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Erythropoietin (EPO) has been known to have cytoprotective effects on several types of tissues, presumably through modulation of apoptosis and inflammation. The effect of EPO on myocardial inflammation, however, has not yet been clarified. We investigated the cardioprective effects of EPO in rats with experimental autoimmune myocarditis (EAM). Seven-week-old Lewis rats immunized with cardiac myosin were treated either with EPO or vehicle and were examined on day 22. EPO attenuated the functional and histological severity of EAM along with suppression of mRNAs of tumor necrosis factor (TNF)-alpha and interleukin (IL)-6 in the hearts as well as a reduction of apoptotic cardiomyocytes. The EPO receptor (EPO-R) was upregulated in the myocardium of EAM compared with that of healthy rats. These results may suggest that EPO ameliorated the progression of EAM by modulating myocardial inflammation and apoptosis. (c) 2006 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2006.03.230

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ventricular fibrillation in two cases with dilated cardiomyopathy and mechanical alternans 査読

    M Kodama, MM Ramadan, W Mitsuma, K Okamura, T Kashimura, H Tachikawa, M Ito, K Fuse, S Hirono, Y Okura, K Kato, H Hanawa, K Watanabe, Y Aizawa

    PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY   28 ( 12 )   1347 - 1349   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Clinical implication of mechanical alternans is yet unclear. It may suggest the risk for sudden death in patients with chronic heart failure. Two cases with dilated cardiomyopathy showed mechanical alternans during, diagnostic cardiac catheterization. They suddenly died due to ventricular fibrillation before the induction of beta-blocker therapy. Patients with mechanical alternans should be treated under intense monitoring until the induction of beta-blocker therapy.

    DOI: 10.1111/j.1540-8159.2005.00276.x

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Images in cardiovascular medicine. Transient giant negative T waves associated with cardiac involvement of diffuse large B-cell lymphoma. 査読

    Ito M, Tsuchiyama J, Chinushi M, Kodama M, Aizawa Y

    Circulation   112 ( 20 )   e322 - 3   2005年11月

  • Pericardial abscess detected by Gallium-67 scintigraphy 40 years after cardiac surgery 査読

    W Mitsuma, M Ito, S Fujita, K Tsuchida, M Takahashi, J Hayashi, M Kodama, Y Aizawa

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   46 ( 6 )   1119 - 1122   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INTERNATIONAL HEART JOURNAL ASSOCIATION  

    A 45-year-old female who had cardiac Surgery 40 years earlier was transferred to our hospital because of refractory fever. Echocardiography showed an intrapericardial mass. Gallium-67 (Ga-67) scintigraphy revealed abnormal accumulation at the same site of the intrapericardial mass and thoracoscopy revealed that the mass was a pericardial abscess (PA). After surgical resection, drainage and antibiotic therapy, her fever subsided and the abnormal accumulation of Ga-67 disappeared. This case showed a very rare clinical Course of PA and the importance of Ga-67 scintigraphy for its diagnosis.

    DOI: 10.1536/ihj.46.1119

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Disruption of coordinated cardiac hypertrophy and angiogenesis contributes to the transition to heart failure 査読

    Shiojima, I, K Sato, Y Izumiya, S Schiekofer, M Ito, RL Liao, WS Colucci, K Walsh

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   115 ( 8 )   2108 - 2118   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC CLINICAL INVESTIGATION INC  

    Although increased external load initially induces cardiac hypertrophy with preserved contractility, sustained overload eventually leads to heart failure through poorly understood mechanisms. Here we describe a conditional transgenic system in mice characterized by the sequential development of adaptive cardiac hypertrophy with preserved contractility in the acute phase and dilated cardiomyopathy in the chronic phase following the induction of an activated Akt1 gene in the heart. Coronary angiogenesis was enhanced during the acute phase of adaptive cardiac growth but reduced as hearts underwent pathological remodeling. Enhanced angiogenesis in the acute phase was associated with mammalian target of rapamycin-dependent induction of myocardial VEGF and angiopoietin-2 expression. Inhibition of angiogenesis by a decoy VEGF receptor in the acute phase led to decreased capillary density, contractile dysfunction, and impaired cardiac growth. Thus, both heart size and cardiac function are angiogenesis dependent, and disruption of coordinated tissue growth and angiogenesis in the heart contributes to the progression from adaptive cardiac hypertrophy to heart failure.

    DOI: 10.1172/JCI24682

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Amiodarone improves cardiac sympathetic nerve function to hold norepinephrine in the heart, prevents left ventricular remodeling, and improves cardiac function in rat dilated cardiomyopathy 査読

    H Tachikawa, M Kodama, K Watanabe, T Takahashi, ML Ma, T Kashimura, M Ito, S Hirono, Y Okura, K Kato, H Hanawa, Y Aizawa

    CIRCULATION   111 ( 7 )   894 - 899   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Background - It is unclear how amiodarone therapy exerts its effects on left ventricular remodeling and cardiac sympathetic nerve function in chronic heart failure. We investigated long-term effects of amiodarone on rat dilated cardiomyopathy after healing of cardiac myosin - induced autoimmune myocarditis.
    Methods and Results - Rats were treated with oral amiodarone or vehicle for 6 weeks. We determined cardiac function, left ventricular remodeling, and cardiac sympathetic nerve function with iodine-125-labeled metaiodobenzylguanidine ([I-125]MIBG). Amiodarone treatment improved left ventricular pressure, central venous pressure, and rate of isovolumetric contraction and decreased ventricular weight (P < 0.005). Expression of cytokine mRNA was unchanged; expression of atrial natriuretic peptide, collagen III, and transforming growth factor-β(1) mRNA was decreased in amiodarone-treated rats (P < 0.05). Phenotype of myosin heavy chain was moved toward that of normal rats by amiodarone. Initial myocardial uptake of MIBG decreased by 67% (P < 0.001) and washout rate accelerated by 221% in rats with chronic heart failure compared with normal rats. Whereas amiodarone decreased the initial uptake by 71% in normal rats, amiodarone decelerated the early washout and the late washout and improved the late myocardial distribution of MIBG in rats with chronic heart failure (257% compared with vehicle-treated rats with chronic heart failure; P < 0.01). In proportion to MIBG distributions, cardiac tissue catecholamines were increased by amiodarone treatment.
    Conclusions - Long-term amiodarone treatment prevented left ventricular remodeling and improved cardiac function in rat dilated cardiomyopathy. Long-term amiodarone treatment also restored cardiac sympathetic tone to hold norepinephrine in the heart.

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000155610.49706.D2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Akt3 overexpression in the heart results in progression from adaptive to maladaptive hypertrophy. 査読 国際誌

    Taniyama Y, Ito M, Sato K, Kuester C, Veit K, Tremp G, Liao R, Colucci WS, Ivashchenko Y, Walsh K, Shiojima I

    Journal of molecular and cellular cardiology   38 ( 2 )   375 - 385   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2004.12.002

    PubMed

    researchmap

  • Short-term prognostic value of initial serum levels of interleukin-10 in patients with acute myocarditis 査読

    K Fuse, M Kodama, Y Okura, M Ito, K Kato, H Hanawa, Y Aizawa

    EUROPEAN JOURNAL OF HEART FAILURE   7 ( 1 )   109 - 112   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The disease course of acute myocarditis has a wide spectrum and the predictors of the prognosis in patients with acute myocarditis have not yet been established. In the pathogenesis of myocarditis, the cytokine environment is important. In this study, we examined the predictive values of serum levels of interleukin-10 (IL-10) and IL-12 in the short-term prognosis of patients with acute myocarditis. Twenty-four consecutive patients who had been diagnosed as having acute active myocarditis were analyzed and monitored for 2 months. The patients with myocarditis were divided into the survival group (n=16) and the non-survival group (n-8). Initial serum levels of IL-10 (P=0.0015) and IL-12 (P=0.012) in the non-survival group were significantly higher than those of the survival group, and there was a significant correlation between IL-10 and IL-12 levels (P<0.0001). The univariate analyses showed that increased serum levels of IL-10 (hazard ratio 1.041, F=0.0004) and IL-12 (hazard ratio 1.128, P-0.0346) were significant predictors of mortality. In the Kaplan-Meier analysis, high levels of IL-10 ( greater than or equal to7.0 pg/ml) (P=0.0239) strongly predicted high mortality. In conclusion, the elevation in serum IL-10 levels at the initial phase appeared to predict poor short-term prognosis in patients with acute myocarditis. (C) 2004 European Society of Cardiology. Published by Elsevier B.V All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j,ejheart.2004.03.006

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Adiponectin-mediated modulation of hypertrophic signals in the heart 査読

    R Shibata, N Ouchi, M Ito, S Kihara, Shiojima, I, DR Pimentel, M Kumada, K Sato, S Schiekofer, K Ohashi, T Funahashi, WS Colucci, K Walsh

    NATURE MEDICINE   10 ( 12 )   1384 - 1389   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Patients with diabetes and other obesity-linked conditions have increased susceptibility to cardiovascular disorders(1). The adipocytokine adiponectin is decreased in patients with obesity-linked diseases(2). Here, we found that pressure overload in adiponectin-deficient mice resulted in enhanced concentric cardiac hypertrophy and increased mortality that was associated with increased extracellular signal-regulated kinase (ERK) and diminished AMP-activated protein kinase (AMPK) signaling in the myocardium. Adenovirus-mediated supplemention of adiponectin attenuated cardiac hypertrophy in response to pressure overload in adiponectin-deficient, wild-type and diabetic db/db mice. In cultures of cardiac myocytes, adiponectin activated AMPK and inhibited agonist-stimulated hypertrophy and ERK activation. Transduction with a dominant-negative form of AMPK reversed these effects, suggesting that adiponectin inhibits hypertrophic signaling in the myocardium through activation of AMPK signaling. Adiponectin may have utility for the treatment of hypertrophic cardiomyopathy associated with diabetes and other obesity-related diseases.

    DOI: 10.1038/nm1137

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Statins inhibit beta-adrenergic receptor-stimulated apoptosis in adult rat ventricular myocytes via a Rac1-dependent mechanism 査読

    M Ito, T Adachi, DR Pimentel, Y Ido, WS Colucci

    CIRCULATION   110 ( 4 )   412 - 418   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Background-3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A inhibitors (statins) inhibit myocyte hypertrophy in vitro and ameliorate the progression of cardiac remodeling in vivo, possibly because of inhibition of the small GTPase Rac1. The role of Rac1 in mediating myocyte apoptosis is not known. beta-Adrenergic receptor (betaAR)-stimulated myocyte apoptosis is mediated via activation of c-Jun NH2-terminal kinase (JNK), leading to activation of the mitochondrial death pathway. We hypothesized that betaAR-stimulated apoptosis in adult rat ventricular myocyte (ARVMs) is mediated by Rac1 and inhibited by statins.
    Methods and Results-betaAR stimulation increased apoptosis, as assessed by transferase-mediated nick-end labeling, from 5 +/- 1% to 24 +/- 2%. betaAR stimulation also increased Rac1 activity. Adenoviral overexpression of a dominant-negative mutant of Rac1 inhibited betaAR-stimulated apoptosis, JNK activation, cytochrome C release, and caspase-3 activation. Cerivastatin likewise inhibited the betaAR-stimulated activation of Rac1, decreased betaAR-stimulated apoptosis to 11 +/- 2%, and inhibited JNK activation, cytochrome C release, and caspase-3 activation.
    Conclusions-betaAR stimulation causes Rac1 activation, which is required for myocyte apoptosis and leads to activation of JNK and the mitochondrial death pathway. Cerivastatin inhibits betaAR-stimulated activation of Rac1 and thereby inhibits JNK-dependent activation of the mitochondrial death pathway and apoptosis. The beneficial effects of statins on the myocardium may be mediated in part via inhibition of Rac1-dependent myocyte apoptosis.

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000136088.18960.E6

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Pressure overload-induced myocardial hypertrophy in mice does not require gp91(phox) 査読

    M Maytin, DA Siwik, M Ito, L Xiao, DB Sawyer, R Liao, WS Colucci

    CIRCULATION   109 ( 9 )   1168 - 1171   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Background - Reactive oxygen species (ROS) may mediate pressure overload - induced myocardial hypertrophy. NADPH oxidase may be involved in this process, because its expression and activity are upregulated by pressure overload and because myocardial hypertrophy caused by a subpressor infusion of angiotensin is attenuated in mice deficient in the gp91(phox) catalytic subunit of NADPH oxidase.
    Methods and Results - To test the role of NADPH oxidase - dependent ROS in mediating pressure overload - induced myocardial hypertrophy, we subjected transgenic mice lacking gp91phox to chronic pressure overload caused by constriction of the ascending aorta. Contrary to our hypothesis, neither myocardial hypertrophy nor NADPH-dependent superoxide generation was decreased in gp91(phox)-deficient mice after aortic constriction. Aortic constriction caused an exaggerated increase in p22(phox) and p47(phox) mRNA in gp91(phox)-deficient mice.
    Conclusions - These results indicate that gp91(phox) is not necessary for pressure overload - induced hypertrophy in the mouse and suggest the involvement of another source of ROS, possibly an NADPH oxidase that does not require the gp91(phox) subunit.

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000117229.60628.2F

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Analysis of postextrasystolic relaxation response in the human heart 査読

    K Kato, M Kodama, S Hirono, Y Okura, H Hanawa, T Shiono, M Ito, K Fuse, K Tsuchida, S Maruyama, T Yoshida, S Abe, M Hayashi, A Nasuno, T Saigawa, T Ozawa, Y Aizawa

    MOLECULAR AND CELLULAR BIOCHEMISTRY   251 ( 1-2 )   43 - 46   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KLUWER ACADEMIC PUBL  

    Postextrasystolic potentiation is the phenomenon in which ventricular contractile force is strengthened by a preceding premature beat. However, the response of diastolic function after an extrasystole is unknown. We studied 58 patients with chronic heart failure (CHF) and two control subjects to evaluate the response of relaxation following extrasystole. At cardiac catheterization, from the derivative of the left ventricular (LV) pressure, the ratio of LV peak negative dP/dt (-dP/dt) of a postextrasystole to a basal beat was calculated and defined as the postextrasystolic relaxation response (PRR). PRR was compared with parameters of left ventriculography: LV end-diastolic volume index (EDVI), LV end-systolic volume index (ESVI), and LV ejection fraction (EF). The PRRs of the two control subjects were 0.80 and 0.84. The mean PRR of the CHF patients was 0.99 +/- 0.15. In all subjects, including patients and controls, correlation analysis between ( EDVI, ESVI, and EF) and PRR yielded the following: (a) EDVI vs. PRR: R = 0.273, p = 0.036; (b) ESVI vs. PRR: R = 0.446, p < 0.001; and (c) EF vs. PRR: R = -0.520, p < 0.001. Thus, normal or non-failing human hearts showed a decline of -dP/dt in postextrasystole compared with the basal beats, but failing hearts had potentiated relaxation following an extrasystole.

    DOI: 10.1023/A:1025461311420

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Ultrastructural and cytobiological studies on possible interactions between PTHrP-secreting tumor cells, stromal cells, and bone cells 査読

    M Ito, N Amizuka, S Tanaka, Y Funatsu-Ozawa, S Kenmotsu, K Oda, T Nakajima, H Ozawa

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   21 ( 6 )   353 - 362   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG TOKYO  

    Parathyroid hormone-related peptide (PTHrP) induces pathological bone resorption in an endocrine manner, resulting in hypercalcemia of malignancy. However, the histopathological aspect of the action of PTHrP secreted by tumor cells on bone resorption has not well been documented. Therefore, we studied cell-cell interactions between bone cells, stromal cells, and PTHrP-secreting tumor cells (EC-GI-10) morphologically. Tumor cells injected subcutaneously into the parietal region formed a tumor mass, invading the bone marrow. The tumor mass was surrounded by a membrane structure consisting of stromal cells. These stromal cells were positive for alkaline phosphatase (ALPase). Tartrate-resistant acid phosphatase (TRAPase)-positive osteoclasts were localized close to the ALPase-positive cells, and numerous osteoclasts were observed on the neighboring bone surfaces. PTHrP, vascular endothelial growth factor (VEGF), and matrix metalloproteinase (MMP)-9 were detected in the tumor cells. Using RT-PCR, expression of interleukin (IL)-1alpha, IL-1beta, and PTHrP, which are strong bone resorption factors, was detected in the tumor cells. Some ALPase-positive cells localizing on the neighboring bone surfaces and endothelial cells revealed PTH/PTHrP receptor immunoreactivity. Ultrastructurally, numerous blood vessels were observed between the tumor nests and the stromal cells. The nests were surrounded by a basement membrane, but it was discontinuous, therefore permitting direct contact between the tumor cells and the stromal cells. These results indicate that PTHrP secreted by tumor cells appears to stimulate osteoclast differentiation and bone resorption in a paracrine manner through PTH/PTHrP receptor-immunopositive cells. IL-1alpha, IL-1beta, VEGF, and MMP-9 may also be involved in facilitating osteoclast formation and the subsequent bone resorption.

    DOI: 10.1007/s00774-003-0429-3

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Time course of gene expression in rat experimental autoimmune myocarditis. 査読

    Hanawa H, Abe S, Hayashi M, Yoshida T, Yoshida K, Shiono T, Fuse K, Ito M, Tachikawa H, Kashimura T, Okura Y, Kato K, Kodama M, Maruyama S, Yamamoto T, Aizawa Y

    Clinical science (London, England : 1979)   103 ( 6 )   623 - 632   2002年12月

     詳細を見る

  • Shoshin beriberi with vasospastic angina pectoris possible mechanism of mid-ventricular obstruction: possible mechanism of mid-ventricular obstruction. 査読

    Ito M, Tanabe Y, Suzuki K, Kumakura M, Aizawa Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   66 ( 11 )   1070 - 1072   2002年11月

  • Limited role of coronary angioplasty and stenting in coronary spastic angina with organic stenosis 査読

    Y Tanabe, E Itoh, K Suzuki, M Ito, Y Hosaka, Nakagawa, I, M Kumakura

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   39 ( 7 )   1120 - 1126   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    OBJECTIVES We investigated the efficacy of percutaneous coronary intervention (PCI) in patients with coronary spastic angina (CSA) and severe organic stenosis.
    BACKGROUND Coronary spasm occurs at the site of organic stenosis in most patients with CSA and severe stenosis, whereas multivessel spasm occurs frequently in those with normal coronary arteries. The incidence of multivessel spasm and the efficacy of PCI in patients with CSA and severe stenosis have not been fully elucidated.
    METHODS Forty-five patients with CSA and severe stenosis underwent spasm provocative testing with intracoronary acetylcholine before and 7 3 months after PCI (20 patients had angioplasty and 25 patients had stenting), when all patients were free of restenosis.
    RESULTS Spasm was induced at the site of severe stenosis in 30 patients (66.7%) with (n = 12) or without (n = 18) spasm induced in another vessel. In the remaining 15 patients, spasm was induced at a different site in the stenotic vessel and/or in another vessel. Repeat provocative tests were performed in 43 of 45 patients. Although spasm was never induced at exactly the same site of the initial stenosis that had been dilated, spasm was induced at a different site in the dilated vessel and/or in another vessel, in 33 (76.7%) of 43 patients. Multivessel spasm occurred in 28 (62.2%) of 45 patients on one or both provocations.
    CONCLUSIONS Spasm was frequently induced at a site different from the initial stenosis, even in the absence of restenosis after PCI. Calcium antagonists should be continued in most patients with CSA who show no restenosis after PCI. (C) 2002 by the American College of Cardiology Foundation.

    DOI: 10.1016/S0735-1097(02)01746-1

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

MISC

  • 聴覚障害のある医学生への支援

    澁谷 雅子, 能登 宏, 伊藤 正洋, 佐藤 昇, 土田 正則, 牛木 辰男, 染矢 俊幸, 鈴木 利哉

    医学教育   49 ( Suppl. )   213 - 213   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • シムリンピックの教育インパクト-4年間を振り返って- シムリンピック運営経験が新潟大学の医学教育活性化に与えた影響

    伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉

    医学教育   49 ( Suppl. )   25 - 25   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 医学教育分野別評価試行から正式評価に向けた新潟大学医学部改善報告書の準備

    鈴木 利哉, 澁谷 雅子, 伊藤 正洋, 赤石 隆夫, 中村 和利, 佐藤 昇, 土田 正則, 西條 康夫, 染矢 俊幸, 味岡 洋一, 牛木 辰男

    医学教育   48 ( Suppl. )   157 - 157   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 新潟大学医学科新カリキュラムの概要と実施状況について

    澁谷 雅子, 伊藤 正洋, 鈴木 利哉, 遠藤 直人, 佐藤 昇, 土田 正則, 西條 康夫, 牛木 辰男

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5   127 - 128   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 医学科5年生に対する血管内治療トレーニングシミュレータVISTを用いた循環器内科学クリニカルクラークシップ

    伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 鈴木 利哉, 高橋 昌, 中坊 亜由美, 南野 徹

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   5   128 - 128   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 外科卒前教育改善の参考となるロシア医学生外科オリンピック

    伊藤 正洋, 鈴木 利哉, 澁谷 雅子, 山川 詩保子, Olga Razvina, 日比野 浩, 土田 正則, 佐藤 昇, 牛木 辰男

    医学教育   48 ( Suppl. )   186 - 186   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 心臓病学の卒前教育プログラム改革における認定の役割(The Role of the Accreditation in the Reform of Undergraduate Education Program of Cardiology)

    伊藤 正洋

    日本循環器学会学術集会抄録集   81回   SS11 - 3   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 新潟大学医学部への志望動機 入学時と2年進級時のアンケート調査より

    伊藤 正洋, 澁谷 雅子, 遠藤 直人, 佐藤 昇, 土田 正則, 牛木 辰男, 鈴木 利哉, 新潟大学医学部医学科学務委員会

    医学教育   47 ( Suppl. )   215 - 215   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 医学生への精神面の支援の取り組み

    澁谷 雅子, 伊藤 正洋, 渡部 雄一郎, 遠藤 直人, 佐藤 昇, 土田 正則, 牛木 辰男, 鈴木 利哉, 新潟大学医学科学務委員会

    医学教育   47 ( Suppl. )   233 - 233   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • シミュレータを用いた高校生に対する新潟大学医学科体験講座の効果

    伊藤 正洋, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 鈴木 利哉

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   3   69 - 69   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 共用試験の成績と医師国家試験の合否に関する検討

    伊藤 正洋, 鈴木 利哉, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 遠藤 直人, 佐藤 昇, 牛木 辰男

    医学教育   45 ( Suppl. )   140 - 140   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • Basic Life Support(BLS)講習会インストラクターにおける自己効力感の検討

    福島 仁美, 伊藤 正洋, 安達 豊美, 三間 渉, 齊藤 寛文, 柴田 修

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   2   80 - 81   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 新潟大学における聴診法に関するシミュレーション教育の問題点

    伊藤 正洋, 鈴木 利哉, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 高橋 姿

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   2   73 - 74   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 重症三尖弁閉鎖不全症の弁置換後にヘプシジンの低下と伴に貧血の改善した1例

    鈴木 友康, 塙 晴雄, 柏村 健, 焦 爽, 大野 由香子, 林 由香, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 南野 徹, 名村 理

    新潟医学会雑誌   127 ( 7 )   394 - 394   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 有用かつ低コストの骨髄穿刺シミュレータ

    鈴木 利哉, 伊藤 正洋, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 増子 正義, 古川 達雄, 鳥羽 健, 奈良 信雄

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   1   21 - 21   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本シミュレーション医療教育学会  

    researchmap

  • 1 重症三尖弁閉鎖不全症の弁置換後にヘプシジンの低下と伴に貧血の改善した1例(Ⅱ.テーマ演題, 第273回新潟循環器談話会)

    鈴木 友康, 塙 晴雄, 柏村 健, 焦 爽, 大野 由香子, 林 由香, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 南野 徹, 名村 理

    新潟医学会雑誌   127 ( 7 )   394 - 394   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 家族性肺動脈性肺高血圧症の1例

    萱森 裕美, 若杉 崇幸, 小田 雅人, 小幡 裕明, 渡部 裕, 柏村 健, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 富川 千絵, 羽尾 和久, 渡辺 律雄, 小川 理, 清水 博

    新潟医学会雑誌   126 ( 8 )   437 - 437   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1 家族性肺動脈性肺高血圧症の1例(I.一般演題, 第270回新潟循環器談話会)

    萱森 裕美, 若杉 崇幸, 小田 雅人, 小幡 裕明, 渡部 裕, 柏村 健, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 富川 千絵, 羽尾 和久, 渡辺 律雄, 小川 理, 清水 博

    新潟医学会雑誌   126 ( 8 )   437 - 437   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 骨髄穿刺シミュレータを用いたクリニカルクラークシップの有用性

    鈴木 利哉, 伊藤 正洋, 渡部 雄一郎, 赤石 隆夫, 増子 正義, 古川 達雄, 鳥羽 健, 奈良 信雄

    医学教育   43 ( Suppl. )   64 - 64   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    researchmap

  • 下大静脈フィルターによる血管損傷の1例

    萱森 裕美, 小田 雅人, 小幡 裕明, 小澤 拓也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   126 ( 5 )   271 - 271   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 心電図同期下CTによる疣贅描出が診断に有用であったリード感染症の1例

    園田 桂子, 伊藤 正洋, 小幡 裕明, 和泉 大輔, 池主 雅臣, 池田 洋平, 堀 祐郎, 吉村 宣彦

    Journal of Arrhythmia   28 ( Suppl. )   391 - 391   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    researchmap

  • 救命できたaborted sudden deathの集計

    林 由香, 藤木 伸也, 萱森 裕美, 渡辺 達, 園田 桂子, 飯嶋 賢一, 小田 雅人, 佐藤 光希, 小幡 裕明, 和泉 大輔, 小澤 拓也, 渡部 裕, 柏村 健, 伊藤 正洋, 古嶋 博司, 廣野 暁, 池主 雅臣, 塙 晴雄, 小玉 誠, 柳川 貴央, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    新潟医学会雑誌   126 ( 5 )   269 - 269   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 5 下大静脈フィルターによる血管損傷の1例(I.一般演題,第269回新潟循環器談話会)

    萱森 裕美, 小田 雅人, 小幡 裕明, 小澤 拓也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   126 ( 5 )   271 - 271   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 救命できた aborted sudden death の集計(I.一般演題,第269回新潟循環器談話会)

    林 由香, 藤木 伸也, 萱森 裕美, 渡辺 達, 園田 桂子, 飯嶋 賢一, 小田 雅人, 佐藤 光希, 小幡 裕明, 和泉 大輔, 小澤 拓也, 渡部 裕, 柏村 健, 伊藤 正洋, 古嶋 博司, 廣野 暁, 池主 雅臣, 塙 晴雄, 小玉 誠, 柳川 貴央, 本多 忠幸, 遠藤 裕

    新潟医学会雑誌   126 ( 5 )   269 - 269   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ミネラルコルチコイド受容体と器質的心房リモデリング

    伊藤 正洋

    Pharma Medica   30 ( 4 )   91 - 91   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 上行大動脈置換・下行大動脈解離腔遺残症例に貧血と腎不全を主徴として発症したWegener肉芽腫症

    長谷川 奏恵, 小幡 裕明, 渡部 裕, 伊藤 正洋, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   175 - 175   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 2 上行大動脈置換・下行大動脈解離腔遺残症例に貧血と腎不全を主徴として発症したWegener肉芽腫症(I.一般演題1,第268回新潟循環器談話会)

    長谷川 奏恵, 小幡 裕明, 渡部 裕, 伊藤 正洋, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   126 ( 3 )   175 - 175   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 肺高血圧症における右心系交互脈について

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 柏村 健, 小幡 裕明, 田邊 直仁, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   101 ( Suppl. )   286 - 286   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 左心耳血栓検出のための新手法 prone position CT

    小澤 拓也, 長谷川 奏恵, 大野 由香子, 小幡 裕明, 柳川 貴央, 渡辺 裕, 伊藤 正洋, 相澤 義房, 堀 祐郎, 吉村 宜彦

    新潟医学会雑誌   125 ( 10 )   578 - 578   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 肺高血圧症における右心系交互脈の出現

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 小幡 裕明, 柏村 健, 田邊 直仁, 相澤 義房

    Therapeutic Research   32 ( 10 )   1248 - 1249   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ライフサイエンス出版(株)  

    当科で2000〜2010年に肺高血圧症と診断された32例について右心系交互脈の出現頻度を調査した。8例(25%)に交互脈が認められた。8例とも交互脈は肺動脈、右心室位のみで認められ、大動脈、左心室、右心房、肺動脈楔入圧位での出現例はなかった。交互脈出現群と非出現群とで諸データの比較を行ったところ、出現群には次のような特徴が認められた。1)血中BNP濃度が有意に高い。2)WHO肺高血圧症機能分類の重症度が有意に高い。3)心拍が有意に速い。4)右室拡張末期圧が有意に高い。5)平均右房圧が有意に高い。

    researchmap

  • 2 左心耳血栓検出のための新手法 : prone position CT(II.テーマ演題,第266回新潟循環器談話会)

    小澤 拓也, 長谷川 奏恵, 大野 由香子, 小幡 裕明, 柳川 貴央, 渡辺 裕, 伊藤 正洋, 相澤 義房, 堀 祐郎, 吉村 宜彦

    新潟医学会雑誌   125 ( 10 )   578 - 578   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 【心房細動診療Update 2011】 心房細動の電気生理学的機序

    相澤 義房, 伊藤 正洋, 木村 新平

    成人病と生活習慣病   41 ( 8 )   900 - 904   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    ・心房細動は心房内に無秩序なリエントリーが生じた状態で、心房の同期的収縮も消失する。心房細動の発症には、心房のみならず肺静脈に沿って伸展している心筋の異常興奮がトリガーとして大きくかかわっていることが判明した。・トリガーとなる興奮が左房に侵入した場合、その頻度が大であるほど、また持続時間が長いほど心房細動の発生の可能性は高まる。・さらに、一端高頻度の興奮に見舞われると、不応期が短縮するという電気的リモデリングに陥る。・また、心房細動の持続はアポトーシス、肥大、線維化など構造的リモデリングをももたらす。・イオンチャネルの遺伝子異常や甲状腺機能亢進による活動電位持続時間の短縮なども、心房細動の発生を促す。・高血圧では、心房細動の発生前から心房には構造的リモデリングをもたらすRAASの亢進や酸化ストレス、炎症性サイトカインの発現も認められ、心房細動の電気生理学的基盤の形成の回避には、早期からのRAASの阻害が必要と思われる。(著者抄録)

    researchmap

  • 心房細動の電気生理学的機序 (特集 心房細動診療Update 2011)

    相澤 義房, 伊藤 正洋, 木村 新平

    成人病と生活習慣病   41 ( 8 )   900 - 904,881   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東京医学社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 神経調節性失神 器質的心疾患を有さない若年アスリート運動直後失神の1例

    長谷川 奏恵, 伊藤 正洋, 小田 雅人, 小幡 裕明, 保坂 幸男, 池主 雅臣, 小玉 誠, 荒川 正昭, 相澤 義房

    心電図   31 ( Suppl.2 )   S - 2   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    researchmap

  • 慢性心不全における心筋カルシウムサイクリングの臨床的解析の試み

    柏村 健, 小玉 誠, 園田 桂子, 小幡 裕明, 三間 渉, 伊藤 正洋, 広野 暁, 塙 晴雄, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   100 ( Suppl. )   125 - 125   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 当院における冠動脈バイパス術後心房細動の発症危険因子/予防因子についての検討

    八木原 伸江, 池主 雅臣, 古嶋 博司, 長谷川 奏恵, 真田 明子, 飯嶋 賢一, 和泉 大輔, 保坂 幸男, 渡部 裕, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 菊地 千鶴男, 竹久保 賢, 林 純一, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   125 ( 1 )   49 - 49   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 留置後10年が経過したステント内にIVUSにてlipid poolを伴うplaqueが観察された1例

    長谷川 奏恵, 小田 雅人, 伊藤 正洋, 田中 孔明, 小沢 拓也, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   125 ( 1 )   51 - 51   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 5 当院における冠動脈バイパス術後心房細動の発症危険因子/予防因子についての検討(一般演題,第262回新潟循環器談話会)

    八木原 伸江, 池主 雅臣, 古嶋 博司, 長谷川 奏恵, 真田 明子, 飯嶋 賢一, 和泉 大輔, 保坂 幸男, 渡部 裕, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 菊地 千鶴男, 竹久保 賢, 林 純一, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   125 ( 1 )   49 - 49   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 10 留置後10年が経過したステント内にIVUSにて lipid pool を伴うplaqueが観察された1例(一般演題,第262回新潟循環器談話会)

    長谷川 奏恵, 小田 雅人, 伊藤 正洋, 田中 孔明, 小沢 拓也, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   125 ( 1 )   51 - 51   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 心臓リモデリングにおけるSmall G蛋白Rac1の役割

    伊藤 正洋

    新潟県医師会報   ( 728 )   2 - 6   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    Small G蛋白(低分子量G蛋白)は様々な細胞内シグナル伝達系において分子スイッチとして機能している。Rac1はSamll G蛋白のRhoファミリーに属し、主にアクチン細胞骨格の制御を介して、細胞接着、細胞運動、細胞増殖などを制御していると考えられている。心房、心室のりモデリングにおけるRac1の役割について概説し、Rac1の抑制が心疾患治療の標的になりうることを述べた。

    researchmap

  • ダール高血圧ラットの心房リモデリングにおけるミネラルコルチコイド受容体の役割

    富田 任, 伊藤 正洋, 木村 新平, 池主 雅臣, 小幡 裕明, 小玉 誠, 相澤 義房

    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   33回   317 - 317   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本高血圧学会  

    researchmap

  • Dip and plateau型右室圧波形を呈した重症右心不全

    小幡 裕明, 林 由香, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 竹久保 賢, 林 純一, 土田 圭一, 小田 弘隆

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   578 - 579   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1 心室中部閉塞と流出路閉塞を合併した肥大型心筋症(一般演題,第261回新潟循環器談話会)

    鈴木 友康, 高山 亜美, 田中 孔明, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   576 - 576   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 11 PCPSによる長期 (14日間) 循環管理を必要とした劇症型心筋炎(一般演題,第261回新潟循環器談話会)

    八木原 伸江, 和泉 大輔, 長尾 智美, 田中 孔明, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 浅見 冬樹, 北原 哲彦, 菊池 千鶴男, 高橋 昌, 三間 渉, 岡田 慎輔, 阿部 暁, 樋口 浩太郎, 大塚 英明

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   581 - 581   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 6 Dip and plateau 型右室圧波形を呈した重症右心不全(一般演題,第261回新潟循環器談話会)

    小幡 裕明, 林 由香, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 竹久保 賢, 林 純一, 土田 圭一, 小田 弘隆

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   578 - 579   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • PCPSによる長期(14日間)循環管理を必要とした劇症型心筋炎

    八木原 伸江, 和泉 大輔, 長尾 智美, 田中 孔明, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 浅見 冬樹, 北原 哲彦, 菊池 千鶴男, 高橋 昌, 三間 渉, 岡田 慎輔, 阿部 暁, 樋口 浩太郎, 大塚 英明

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   581 - 581   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 心室中部閉塞と流出路閉塞を合併した肥大型心筋症

    鈴木 友康, 高山 亜美, 田中 孔明, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   124 ( 10 )   576 - 576   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 院内発症の急性冠症候群疑い患者におけるタコツボ心筋症の頻度は高い

    三間 渉, 伊藤 正洋, 富田 任, 小幡 裕明, 小澤 拓也, 柏村 健, 廣野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房

    日本心臓病学会誌   5 ( Suppl.I )   253 - 253   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 免疫と不整脈 自己免疫性心筋炎 リモデリングと心房細動

    伊藤 正洋, 保屋野 真, 木村 新平, 池主 雅臣, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    心電図   30 ( Suppl.3 )   S - 3   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    researchmap

  • 肺動脈性肺高血圧症におけるベラプロスト通常錠と徐放錠の薬物血中濃度の比較

    小幡 裕明, 鈴木 友康, 佐藤 光希, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相沢 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 9 )   484 - 485   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 2 肺動脈性肺高血圧症におけるベラプロスト通常錠と徐放錠の薬物血中濃度の比較(II.テーマ演題,258回新潟循環器談話会)

    小幡 裕明, 鈴木 友康, 佐藤 光希, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相沢 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 9 )   484 - 485   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 心房細動の治療戦略 ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬はラットの器質的心房リモデリングに対しリバースリモデリング作用を有し心房細動易誘発性を改善する

    伊藤 正洋, 保屋野 真, 木村 新平, 田中 孔明, 岡村 和気, 小幡 裕明, 三間 渉, 廣野 暁, 池主 雅臣, 小玉 誠, 相澤 義房

    日本心臓病学会誌   4 ( Suppl.I )   137 - 137   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 心肺停止蘇生後のクモ膜下出血患者における心電図、心エコー図の検討

    三間 渉, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 相澤 義房

    日本心臓病学会誌   4 ( Suppl.I )   446 - 446   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 分娩後に発症したたこつぼ型心筋障害

    八木原 伸江, 佐藤 光希, 太刀川 仁, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   123 ( 7 )   374 - 374   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 5 分娩後に発症したたこつぼ型心筋障害(一般演題,第49回下越内科集談会)

    八木原 伸江, 佐藤 光希, 太刀川 仁, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠

    新潟医学会雑誌   123 ( 7 )   374 - 374   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • レジオネラによる重症敗血症に合併した一過性心筋障害の1例

    鈴木 友康, 伊藤 正洋, 和泉 大輔, 小澤 拓也, 太刀川 仁, 廣野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 5 )   259 - 259   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1 レジオネラによる重症敗血症に合併した一過性心筋障害の1例(II.テーマ演題,第257回新潟循環器談話会)

    鈴木 友康, 伊藤 正洋, 和泉 大輔, 小澤 拓也, 太刀川 仁, 廣野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 5 )   259 - 259   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性心不全の経過中に進行する腎不全に対してCAPDが有効であった1例

    田中 孔明, 柳川 貴央, 伊藤 正洋, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 細島 康宏, 飯野 則昭, 丸山 弘樹

    Circulation Journal   73 ( Suppl.II )   911 - 911   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • PCIの治療戦略にMDCTが有用であった2例

    伊藤 正洋, 広野 暁, 小澤 拓也, 太刀川 仁, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 1 )   48 - 49   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 2 PCIの治療戦略にMDCTが有用であった2例(II.テーマ演題,第256回新潟循環器談話会)

    伊藤 正洋, 広野 暁, 小澤 拓也, 太刀川 仁, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   123 ( 1 )   48 - 49   2009年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 39) 末期腎不全期に認めた尿毒症性心筋症11例の治療反応性(第208回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    田中 孔明, 伊藤 正洋, 木村 新平, 保屋 野真, 三間 渉, 広野 暁, 大倉 裕二, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 0 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 末期腎不全期に認めた尿毒症性心筋症11例の治療反応性

    田中 孔明, 伊藤 正洋, 木村 新平, 保屋野 真, 三間 渉, 広野 暁, 大倉 裕二, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    Circulation Journal   72 ( Suppl.III )   1064 - 1064   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心房細動誘発における炎症の役割についての実験的検討

    保屋野 真, 伊藤 正洋, 木村 新平, 田中 孔明, 岡村 和気, 小村 悟, 三間 渉, 廣野 暁, 池主 雅臣, 小玉 誠, 相澤 義房

    心電図   28 ( 5 )   458 - 458   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    researchmap

  • リンパ腫の心筋内浸潤によりT波の陰性化を生じた2症例

    真田 明子, 池主 雅臣, 富田 任, 鈴木 友康, 飯嶋 賢一, 佐藤 光希, 和泉 大輔, 保坂 幸男, 伊藤 正洋, 古嶋 博司, 相澤 義房

    心電図   28 ( 5 )   471 - 471   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    researchmap

  • 全身疾患としての慢性腎臓病(CKD) 心疾患と腎疾患

    小玉 誠, 田中 孔明, 伊藤 正洋, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   122 ( 9 )   489 - 496   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    心臓と腎臓は脳、眼、動脈とともに高血圧症と動脈硬化症の標的臓器となっている。動脈硬化によりある器官に臓器障害が現れると、平行して他の臓器にも動脈硬化性病変が進行してくることから、心疾患と腎疾患は連動して進行することが多い。心血管疾患によって入院する症例の30%に慢性腎臓病が合併しており、代償不全の心不全で入院する症例の63.6%が推定糸球体濾過量60ml/分未満の腎機能障害を合併している。慢性心不全は診断時に腎機能が正常であっても、8年で20%、20年で50%が慢性腎臓病を併発する。心疾患患者を経過観察するときは推定糸球体濾過量に注目する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 心疾患と腎疾患 (シンポジウム 全身疾患としての慢性腎臓病(CKD))

    小玉 誠, 田中 孔明, 伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   122 ( 9 )   489 - 496   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2 心疾患と腎疾患(全身疾患としての慢性腎臓病(CKD),第637回新潟医学会)

    小玉 誠, 田中 孔明, 伊藤 正洋, 相澤 義房, Kodama Makoto, Tanaka Komei, Ito Masahiro, Aizawa Yoshifusa

    新潟医学会雑誌   122 ( 9 )   489 - 496   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    心臓と腎臓は脳, 眼, 動脈とともに高血圧症と動脈硬化症の標的臓器となっている. 動脈硬化によりある器官に臓器障害が現れると, 平行して他の臓器にも動脈硬化性病変が進行してくることから, 心疾患と腎疾患は連動して進行することが多い. 心血管疾患によって入院する症例の30%に慢性腎臓病が合併しており, 代償不全の心不全で入院する症例の63.6%が推定糸球体濾過量60ml/分未満の腎機能障害を合併している. 慢性心不全は診断時に腎機能が正常であっても, 8年で20%, 20年で50%が慢性腎臓病を併発する. 心疾患患者を経過観察するときは推定糸球体濾過量に注目する必要がある.

    CiNii Article

    researchmap

  • 高血圧性急性肺水腫を呈した全身性強皮症の2例

    木村 新平, 伊藤 正洋, 小田 雅人, 柏村 健, 布施 公一, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   478 - 478   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 肺動脈性肺高血圧症と血栓性肺高血圧症の予後比較

    小玉 誠, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   463 - 463   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 左主幹部閉塞による急性心筋梗塞に対する補助循環下Primary PCIの経験

    小澤 拓也, 富田 任, 小田 雅人, 五十嵐 登, 岡田 慎輔, 三間 渉, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 浅見 冬樹, 岡本 竹司, 竹久保 賢, 名村 理

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   467 - 467   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1 高血圧性急性肺水腫を呈した全身性強皮症の2例(I.一般演題,第44回新潟高血圧談話会)

    木村 新平, 伊藤 正洋, 小田 雅人, 柏村 健, 布施 公一, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   478 - 478   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 肺動脈性肺高血圧症と血栓性肺高血圧症の予後比較(II.一般演題,第253回新潟循環器談話会)

    小玉 誠, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   463 - 463   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2 左主幹部閉塞による急性心筋梗塞に対する補助循環下Primary PCIの経験(II.テーマ演題,第253回新潟循環器談話会)

    小澤 拓也, 富田 任, 小田 雅人, 五十嵐 登, 岡田 慎輔, 三間 渉, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 浅見 冬樹, 岡本 竹司, 竹久保 賢, 名村 理

    新潟医学会雑誌   122 ( 8 )   467 - 467   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 4) 失神の精査で行ったトレッドミル運動負荷試験で回復期に心停止をきたした運動誘発性冠攣縮性狭心症の1例(第206回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    小村 悟, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 0 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 116) 慢性肺高血圧症連続54例の病型と予後(第205回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    小玉 誠, 木村 新平, 羽尾 和久, 高山 亜美, 冨田 任, 田中 孔明, 保屋野 真, 三間 渉, 小幡 裕明, 小澤 拓也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   72 ( 0 )   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性肺高血圧症連続54例の病型と予後

    小玉 誠, 木村 新平, 羽尾 和久, 高山 亜美, 冨田 任, 田中 孔明, 保屋野 真, 三間 渉, 小幡 裕明, 小澤 拓也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Circulation Journal   72 ( Suppl.II )   901 - 901   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 失神の精査で行ったトレッドミル運動負荷試験で回復期に心停止をきたした運動誘発性冠攣縮性狭心症の1例

    小村 悟, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房

    Circulation Journal   72 ( Suppl.II )   938 - 938   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • たこつぼ心筋症22例の臨床的特徴

    三間 渉, 小玉 誠, 富田 任, 木村 新平, 田中 孔明, 小澤 拓也, 伊藤 正洋, 広野 暁, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   97 ( Suppl. )   186 - 186   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 不全心における心臓リモデリングの抑制 Small G蛋白、Rac1を標的とした治療の可能性

    伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   122 ( 2 )   65 - 72   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    心臓では様々な刺激に対し、心筋細胞肥大、間質線維化、各種細胞のアポトーシス等のリモデリングが起こってくる。心臓に不利に働くリモデリングを抑制することは、不全心に対する治療となりうる。本研究ではSmall G蛋白のひとつであるRac1に注目し、その心臓リモデリングに対する役割について検討を行った。(著者抄録)

    CiNii Article

    researchmap

  • 診断時に糸球体濾過量が基準範囲内に保たれていた拡張型心筋症患者の腎機能長期予後

    田中 孔明, 伊藤 正洋, 田辺 直仁, 保屋野 真, 三間 渉, 廣野 暁, 丸山 弘樹, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 11 )   654 - 655   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1 診断時に糸球体濾過量が基準範囲内に保たれていた拡張型心筋症患者の腎機能長期予後(II.テーマ演題,第249回新潟循環器談話会)

    田中 孔明, 伊藤 正洋, 田辺 直仁, 保屋野 真, 三間 渉, 廣野 暁, 丸山 弘樹, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 11 )   654 - 655   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1 非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が効果的であった急性高血圧性肺水腫の1例(I.一般演題,第249回新潟循環器談話会)

    山本 格, 伊藤 正洋, 肥田 誠治, 斉藤 直樹, 大矢 洋, 佐藤 暢夫, 大橋 さとみ, 山本 智, 木下 秀則, 風間 順一郎, 本多 忠幸, 遠藤 裕, 八木原 伸江, 布施 公一, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 11 )   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)が効果的であった急性高血圧性肺水腫の1例

    山本 格, 伊藤 正洋, 肥田 誠治, 斉藤 直樹, 大矢 洋, 佐藤 暢夫, 大橋 さとみ, 山本 智, 木下 秀則, 風間 順一郎, 本多 忠幸, 遠藤 裕, 八木原 伸江, 布施 公一, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 11 )   652 - 652   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 4)たこつぼ型心筋障害の経時的心電図変化(第203回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    三間 渉, 小玉 誠, 木村 新平, 八木原 伸江, 田中 孔明, 保屋野 真, 柏村 健, 布施 公一, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 塙 晴雄, 柏澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 0 )   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 27)Bentall手術後の左冠動脈入口部狭窄に対して経皮的冠動脈形成術を施行した1例(第204回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    木村 新平, 布施 公一, 和泉 大輔, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 名村 理, 竹久保 賢, 林 純一, 那須野 暁光

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 0 )   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • アンギオテンシンII受容体拮抗薬オルメサルタンは高血圧自然発症ラットにおける心房リモデリングを抑制する

    伊藤 正洋, 岡村 和気, 三間 渉, 田中 孔明, 廣野 暁, 池主 雅臣, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 10 )   595 - 596   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • たこつぼ型心筋障害の経時的心電図変化

    三間 渉, 小玉 誠, 木村 新平, 八木原 伸江, 田中 孔明, 保屋野 真, 柏村 健, 布施 公一, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Circulation Journal   71 ( Suppl.III )   934 - 934   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • Bentall手術後の左冠動脈入口部狭窄に対して経皮的冠動脈形成術を施行した1例

    木村 新平, 布施 公一, 和泉 大輔, 柏村 健, 伊藤 正洋, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 名村 理, 竹久保 賢, 林 純一, 那須野 暁光

    Circulation Journal   71 ( Suppl.III )   948 - 948   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 1 アンギオテンシンII受容体拮抗薬オルメサルタンは高血圧自然発症ラットにおける心房リモデリングを抑制する(I.一般演題,第42回新潟高血圧談話会)

    伊藤 正洋, 岡村 和気, 三間 渉, 田中 孔明, 廣野 暁, 池主 雅臣, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 10 )   595 - 596   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 NSAIDで血性心嚢液が減少した心膜炎の2例(第47回下越内科集談会)

    木村 新平, 保屋野 真, 田中 孔明, 柏村 健, 伊藤 正洋, 布施 公一, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   540 - 541   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 右頸部アプローチでの右心カテーテル後に、上甲状腺動脈胸鎖乳突筋枝-内頸静脈シャントが形成された1例

    當重 一也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 布施 公一, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 竹久保 賢, 名村 理, 林 純一

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   531 - 532   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • NSAIDで血性心嚢液が減少した心膜炎の2例

    木村 新平, 保屋野 真, 田中 孔明, 柏村 健, 伊藤 正洋, 布施 公一, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   540 - 541   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 4 右頸部アプローチでの右心カテーテル後に,上甲状腺動脈胸鎖乳突筋枝 : 内頸静脈シャントが形成された1例(I.一般演題,第248回新潟循環器談話会)

    當重 一也, 柏村 健, 伊藤 正洋, 布施 公一, 広野 暁, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 竹久保 賢, 名村 理, 林 純一

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   531 - 532   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 13 NSAIDで血性心嚢液が減少した心膜炎の2例(第47回下越内科集談会)

    木村 新平, 保屋野 真, 田中 孔明, 柏村 健, 伊藤 正洋, 布施 公一, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   121 ( 9 )   540 - 540   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 3 心筋炎により変化する心筋細胞の遺伝子発現の検討(I.一般演題,第247回新潟循環器談話会)

    塙 晴雄, 渡辺 律雄, 吉田 剛, 吉田 香織, 太田 好美, 眞田 明子, 常 賀, 伊藤 正洋, 大倉 裕二, 加藤 公則, 小玉 誠, 仲澤 幹雄, 相澤 義房, 田辺 恭彦, 小田 弘隆

    新潟医学会雑誌   121 ( 8 )   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 心筋炎により変化する心筋細胞の遺伝子発現の検討

    塙 晴雄, 渡辺 律雄, 吉田 剛, 吉田 香織, 太田 好美, 眞田 明子, 常 賀, 伊藤 正洋, 大倉 裕二, 加藤 公則, 小玉 誠, 仲澤 幹雄, 相澤 義房, 田辺 恭彦, 小田 弘隆

    新潟医学会雑誌   121 ( 8 )   478 - 478   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 8)術前にベータ遮断薬治療がおこなわれていた大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁置換術の一例(第202回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    曽川 正和, 林 純一, 八木原 伸江, 伊藤 正洋, 布施 公一, 加藤 公則, 相澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 ( 0 )   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 術前にベータ遮断薬治療がおこなわれていた大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁置換術の一例

    曽川 正和, 林 純一, 八木原 伸江, 伊藤 正洋, 布施 公一, 加藤 公則, 相澤 義房

    Circulation Journal   71 ( Suppl.II )   865 - 865   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 診断時に糸球体濾過率が基準範囲内に保たれていた拡張型心筋症患者の腎機能長期予後

    田中 孔明, 伊藤 正洋, 田辺 直仁, 丸山 弘樹, 廣野 暁, 大倉 裕二, 小玉 誠, 下条 文武, 相澤 義房

    日本腎臓学会誌   49 ( 3 )   323 - 323   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

    researchmap

  • 末端肥大症術後症例におけるInsulin-like growth factor-I(IGF-I)とBrain natriuretic peptide(BNP)の関係 IGF-Iは心臓保護的に働くのか?臨床からの検討

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 上村 宗, 平山 哲, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   96 ( Suppl. )   125 - 125   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 外来通院する収縮機能障害患者のhealth related quality of life(新潟・佐渡心不全研究第2報)

    劉 慧, 大倉 裕二, 大野 有希子, Ramadan Mahmoud M, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 石塚 修, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    呼吸と循環   54 ( 12 )   1357 - 1363   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    外来治療中の左室収縮機能障害(SD)患者を抽出し、左室拡張機能障害のQOLを評価したときと同じ手法により、そのQOLを評価し臨床指標との関連について検討した。連続7000件の心エコー検査より、SDがある60〜84歳の外来通院患者を全て抽出した。5年間で446例のSD患者を抽出した。生存した322例へ質問票を送付し、215例から回答を得た。身体機能、全体的健康感、心の健康が国民標準値と比し低下した。これらの下位尺度の低下は運動耐容能の低下と有意に相関した。外来治療中のSD患者は心身両面のHRQOLが低下した。HRQOLの低下は運動耐容能の低下と相関し、その改善を目標とした治療によりQOLの改善が期待された。

    DOI: 10.11477/mf.1404100510

    researchmap

  • 急速に進行し死の転帰をとった肺毛細血管腫症の1例

    小幡 裕明, 大倉 裕二, 小玉 誠, 末武 修二, 渡部 裕, 阿部 暁, 広野 暁, 三間 渉, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 長谷川 剛, 相澤 義房

    心臓   38 ( 12 )   1192 - 1198   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は25歳、男性。平成16年3月より呼吸困難を自覚し特発性肺動脈性肺高血圧症と診断された。ベラプロスト投与、抗凝固療法、酸素吸入にて改善せず、7月よりエポプロステノール持続静注療法を開始したが、12月に呼吸不全のため死亡した。剖検で初めて肺毛細血管腫症と診断された。本症は肺高血圧をきたす疾患のなかでは極めて稀である。罹患血管床の分布や病変の程度にもよるが、多くは進行性で、治療抵抗例は肺移植の適応となる。われわれは通常のCT検査を行っていたが、本疾患を指摘できなかった。治療抵抗性の肺高血圧症のなかには本症が含まれている可能性が高く、その診断には高分解能CTが有用とされている。エポプロステノールは本疾患による肺高血圧を助長する可能性が指摘されており、治療抵抗例では厳重な観察が必要である。(著者抄録)

    DOI: 10.11281/shinzo1969.38.12_1192

    researchmap

  • 50)冠動脈バイパス術前後で左室収縮特性を比較した虚血性心筋症の1症例(第200回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    柏村 健, 小玉 誠, 伊藤 正洋, 田中 孔明, 保屋 野真, 三間 渉, 大野 有希子, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   70 ( 0 )   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 冠動脈バイパス術前後で左室収縮特性を比較した虚血性心筋症の1症例

    柏村 健, 小玉 誠, 伊藤 正洋, 田中 孔明, 保屋野 真, 三間 渉, 大野 有希子, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Circulation Journal   70 ( Suppl.III )   1193 - 1193   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心臓の拡張機能障害患者のhealth related quality of life(新潟・佐渡心不全研究)

    大野 有希子, 大倉 裕二, Ramadan Mahmoud M, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 劉 慧, 石塚 修, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    呼吸と循環   54 ( 9 )   1019 - 1026   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    1998年1月〜2002年12月に,佐渡市の医療機関で施行の連続7000件の心エコー検査により拡張障害(DD)を有した外来通院患者288名(男180名,女108名,60〜84歳の)の診療録の調査及び2004年末に生存していた236名を対象とした郵送法によるアンケート調査で回収された172名(男109名,女63名)からの回答から健康関連QOL(HRQOL)について検討した.その結果,2004年末までに52名(男38名,女14名)が死亡しており,平均3.6年(中央値3.2年)の外来治療を経てSF-36スコアによる比較では男女とも身体機能,全身的健康感,活力及び心の健康が国民標準値より低下しており,下位尺度の低下は運動耐容能の低下と有意に相関していた.以上より心身両面のHRQOLの低下はDD患者の抱える重大な問題であり,その生理的背景には運動耐容能低下があり,その改善が重要な治療目標の一つと考えられた

    DOI: 10.11477/mf.1404100463

    researchmap

  • 拡張機能障害患者の生命予後と心血管イベント発症率の検討(新潟佐渡心不全研究)

    大野 有希子, 大倉 裕二, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 柏村 健, 布施 公一, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   48 ( Suppl.I )   385 - 385   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 収縮および拡張機能障害患者と地域住民の生命予後の比較

    保屋野 真, 大倉 裕二, 大野 有希子, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 柏村 健, 布施 公一, 伊藤 正洋, 広野 暁, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   48 ( Suppl.I )   725 - 725   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 左室収縮機能障害の有病率算出を目的としたリクルート調査期間の妥当性の検討 新潟・佐渡心不全研究

    大倉 裕二, 大野 有希子, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 柏村 健, 布施 公一, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   48 ( Suppl.I )   328 - 328   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 7 左室緻密化障害に対して左室部分切除術を施行した1例(I.一般演題,第245回新潟循環器談話会)

    保屋野 真, 佐藤 光希, 西川 尚, 柏村 健, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 菊地 千鶴男, 名村 理, 曽川 正和, 林 純一, 梅津 哉, 磯村 正

    新潟医学会雑誌   120 ( 6 )   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 左室緻密化障害に対して左室部分切除術を施行した1例

    保屋野 真, 佐藤 光希, 西川 尚, 柏村 健, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 菊地 千鶴男, 名村 理, 曽川 正和, 林 純一, 梅津 哉, 磯村 正

    新潟医学会雑誌   120 ( 6 )   348 - 348   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 巨大陰性T波の変化を伴った心筋浸潤非ホジキンリンパ腫の1例

    富田 任, 伊藤 正洋, 土山 準二郎, 佐藤 洋, 大崎 暁彦, 高橋 雄一, 木村 新平, 本間 圭一郎, 増子 正義, 八木沢 久美子, 池主 雅臣, 小玉 誠, 相澤 義房

    心臓   38 ( 4 )   382 - 386   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例は29歳,男性.2001年に骨原発の非ホジキンリンパ腫と診断され,大量化学療法,放射線療法で寛解に入っていた.2003年11月,非ホジキンリンパ腫再発のため入院となった.2004年3月,左室心尖部にガリウムシンチグラフィで集積像を指摘され,リンパ腫の心筋への浸潤が疑われた.心筋MRI,心エコー図では,心尖部の壁肥厚が出現し,同時期の心電図で胸部誘導V3〜6において巨大陰性T波を認めた.化学療法により心筋MRI,心エコー図では心尖部病変の退縮を,ガリウムシンチグラフィでは同部位の取り込み減少を来し,心電図においてT波はほぼ正常化した.その後,心尖部病変の再増大,縮小とともに心電図上,陰性T波の出現,消失を繰り返した.非ホジキンリンパ腫の心尖部浸潤により,特異な心電図経過を示した1例を経験した.心疾患におけるST-T変化の成因については不明な点も多い.本症例では腫瘍細胞の浸潤により,心筋局所で興奮伝導遅延あるいは活動電位持続時間延長が起こり,巨大陰性T波が形成されたものと推察された(著者抄録)

    DOI: 10.11281/shinzo1969.38.4_382

    researchmap

  • 左室緻密化障害に対して左室部分切除術を施行した一例

    保屋野 真, 佐藤 光希, 西川 尚, 柏村 健, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 菊地 千鶴男, 名村 理, 曽川 正和, 林 純一, 磯村 正

    循環器科   59 ( 3 )   306 - 306   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 冠動脈疾患患者におけるMPO-ANCAの挙動

    太刀川 仁, Ramadan Mahmoud, 小玉 誠, 大川原 明子, 三間 渉, 伊藤 正洋, 柏村 健, 広野 暁, 鈴木 和男, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   95 ( Suppl. )   178 - 178   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 新潟・佐渡地域における慢性心不全による疾病負担の評価

    大倉 裕二, 大野 有希子, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 伊藤 正洋, 広野 暁, 加藤 公則, 田辺 直仁, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 新潟, 佐渡心不全研究グループ

    新潟県医師会報   ( 668 )   9 - 12   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟県医師会  

    新潟市と佐渡市の専門医グループと連携して,慢性心不全による日本人への疾病負担(burden)の解析を行った.自己記入式の質問票を郵送,回答後,回収した.収縮機能障害を指摘された患者の有病率は2003年1月現在,確認されているだけでも,45〜85歳の男性1.3%,女性0.4%であった.有病率は加齢とともに上昇し,70歳以降では男性の2〜3%,女性の1%に認めた.EFが40%以下の患者の生命予後も,41〜50%と比較的保たれている患者の予後も一般住民よりも有意に悪かった.総死亡の予測因子は,左室駆出率の低下,うっ血性心不全による入院の既往,脳血管障害,腎機能障害,人工透析であった.慢性心不全群では「身体の痛み」を除いたその他の指標が総じて低下した.身体機能の低下のみならず,活力や心の健康の低下も認めた

    researchmap

  • 急速に進行し死の転帰をとった肺毛細血管腫症の1例(第196回日本循環器学会関東甲信越地方会)

    小幡 裕明, 渡部 裕, 阿部 暁, 広野 暁, 三間 渉, 伊藤 正洋, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 長谷川 剛

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   69 ( 0 )   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Epoprostenol導入過程で死亡した肺高血圧症の3例

    小幡 裕明, 小玉 誠, 大倉 裕二, 真田 文博, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Therapeutic Research   26 ( 10 )   1999 - 2001   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ライフサイエンス出版(株)  

    Epoprostenol導入過程で死亡した3症例(症例1:31歳女,症例2:25歳男,症例3:25歳男)を経験した.症例1は混合性結合組織病で,epoprostenol持続静注開始後にカテーテル感染からと思われる敗血症を併発し,呼吸不全により死亡した.症例2は原発性肺高血圧症で,epoprostenol持続静注療法への反応は乏しく,呼吸不全で死亡した.病理解剖では全肺野に広がる散在性の血管腫様変化がみられ,肺胞壁の肥厚と毛細管の増殖を示すことから肺毛細血管腫症と診断した.症例3は門脈肺高血圧症で,Ca拮抗薬,抗凝固療法,在宅酸素療法を行っており,epoprostenol持続静注療法後に肝移植を検討することとなっていた.Epoprostenol持続静注療法への反応は良好であったが,突然の喀血で死亡した.Epoprostenol持続静注療法の施行は,個々の症例で適応を十分に検討し,治療反応性を評価しながら,他の治療法との併用も考慮していく必要があると思われた

    researchmap

  • 急速に進行し死の転帰をとった肺毛細血管腫症の1例

    小幡 裕明, 渡部 裕, 阿部 暁, 広野 暁, 三間 渉, 伊藤 正洋, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 長谷川 剛

    Circulation Journal   69 ( Suppl.III )   931 - 931   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 血中ヘモグロビン濃度は心不全患者の独立した生命予後因子である 新潟・佐渡心不全研究

    種田 宏司, 大倉 裕二, 大野 有希子, 鈴木 啓介, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   292 - 292   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 肺高血圧症に対するepoprostenol持続静注療法の治療成績と死亡例の検討

    小幡 裕明, 真田 文博, 伊藤 正洋, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   512 - 512   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • たこつぼ型心筋障害12例の臨床像と冠攣縮誘発性

    三間 渉, 小玉 誠, 小幡 裕明, 柳川 貴央, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   342 - 342   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 慢性心不全に合併する心房細動の危険因子 新潟・佐渡心不全研究

    大倉 裕二, 田辺 直仁, 鈴木 啓介, 大野 有希子, 種田 宏司, 小幡 裕明, 三間 渉, 伊藤 正洋, 広野 暁, 加藤 公則, 池主 雅臣, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   380 - 380   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 心不全患者の予後予測因子としての炎症の評価 新潟・佐渡心不全研究

    鈴木 啓介, 大倉 裕二, 大野 有希子, 種田 宏司, 小幡 裕明, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   325 - 325   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 心不全患者における予後層別化指標としての拡張能評価の有用性 新潟・佐渡心不全研究より

    大野 有希子, 大倉 裕二, 鈴木 啓介, 種田 宏司, 小幡 裕明, 三間 渉, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   328 - 328   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 慢性心不全患者における脳血管障害合併の予測因子 新潟・佐渡心不全研究

    大倉 裕二, 田辺 直仁, 鈴木 啓介, 大野 有希子, 種田 宏司, 小幡 裕明, 三間 渉, 伊藤 正洋, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 本田 康征, 小玉 誠, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   46 ( Suppl.I )   241 - 241   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 1 出血性胃潰瘍を合併した不安定狭心症の1例(第241回新潟循環器談話会)

    小幡 裕明, 渡部 裕, 廣野 暁, 畑田 勝治, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   119 ( 5 )   319 - 320   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 出血性胃潰瘍を合併した不安定狭心症の1例

    小幡 裕明, 渡部 裕, 廣野 暁, 畑田 勝治, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   119 ( 5 )   319 - 320   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • いわゆる「たこつぼ型心筋障害」10例の臨床橡

    三間 渉, 小玉 誠, 伊藤 正洋, 畑田 勝治, 土田 圭一, 広野 暁, 大倉 裕二, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   119 ( 4 )   242 - 250   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The ampulla cardiomyopathy or Tako-tsubo like left ventricular (LV) dysfunction, is recently characterized as a reversible left ventricular apical wall motion abnormality which mimics acute myocardial infarction without no significant coronary artery occlusion. However, the clinical features and the precise mechanism of this syndrome are still unclear. We reported the clinical characteristics of 10 consecutive patients who were diagnosed as Tako-tsubo like left ventricular dysfunction. The frequency was 0.8% among the patients who underwent coronary angiography (CAG) at the Niigata University Hospital from January, 1999 to December, 2003. The age ranged from 66 to 83 years old (mean age 73.3 years old, and 8 were female). Emotional or physical stress preceded the attack in 8 patients. All patients had ST-T segment elevation and subsequent giant negative T wave in several leads, which mimicked acute coronary syndrome. QT interval was prolonged in 8 patients without lethal arrhythmia. Serum creatine phosphokinase level was normal or slightly elevated. CAG showed no significant stenosis or occulusion in all 5 patients who were investigated in the acute phase, while their electrocardiogram showed ST segment elevation. The LV dysfunction was improved. In the chronic phase coronary spasm was provocated in 3 of 8 patients studied. Myocardial stunning might be involved as the underlying mechanism of this disease but to be studied. In summary so-called Tako-tsubo like left ventricular dysfunction seemed not to be rare and should be considered in the differential diagnosis of acute coronary syndrome. Although clinical course was benign, the etiology is to be studied.

    CiNii Article

    researchmap

  • たこつぼ型心筋障害10例の臨床像

    三間 渉, 小玉 誠, 大倉 裕二, 広野 暁, 伊藤 正洋, 畑田 勝治, 小澤 拓也, 小幡 裕明, 岡田 慎輔, 真田 文博, 相澤 義房

    Circulation Journal   69 ( Suppl.II )   782 - 782   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • いわゆる「たこつぼ型心筋障害」10例の臨床像

    三間 渉, 小玉 誠, 伊藤 正洋, 畑田 勝治, 土田 圭一, 広野 暁, 大倉 裕二, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   119 ( 4 )   242 - 250   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    1999年1月から2003年12月までにたこつぼ型心筋障害症例連続10例を経験した.いずれも急性心筋梗塞が疑われ,緊急カテーテル検査,または急性期心エコー図で心尖部を中心とした左室壁運動異常(たこつぼ状)を認め,冠動脈造影上の器質的病変はないかあっても壁運動異常が説明できない症例で,かつ臨床経過,理学所見,検査所見などから,心筋炎などの疾患が否定できるものとした.男2例,女8例であった.診断の契機は胸痛,胸部圧迫感が5例と半数を占め,呼吸困難もあわせると8例に心症状を認めた.急性期はほぼ全例でヘパリンおよび硝酸薬を使用した.Achで冠攣縮が誘発された3例を含む7例でCa拮抗薬,7例でアンギオテンシン変換酵素阻害薬/アンギオテンシンII受容体拮抗薬の内服を開始した.アスピリンも7例で投与した.全例軽快退院した.再発は認めなかった

    researchmap

  • 特異な心電図経過を示した非ホジキンリンパ腫の一例

    富田 任, 大崎 暁彦, 高橋 雄一, 木村 新平, 本間 圭一郎, 増子 正義, 土山 準二郎, 八木沢 久美子, 渡部 裕, 伊藤 正洋, 小玉 誠, 相澤 義房

    Circulation Journal   69 ( Suppl.II )   845 - 845   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 【心筋症 変貌する概念と進歩する治療法】 心筋症はここまで診断できる 心電図で診断する

    伊藤 正洋, 小村 悟, 岡村 和気, 小幡 裕明, 小玉 誠, 相澤 義房

    内科   95 ( 4 )   627 - 632   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    心筋症の診断に際し,12誘導心電図はスクリーニングとして有用であり,Holter心電図は不整脈の重症度評価に不可欠である.心筋症に特異的な心電図変化は少ないため,何らかの異常が心電図上認められた場合,心筋症の可能性を疑うことが重要である.低電位やQRS幅の延長と,異常Q波を認めた場合は拡張型心筋症を念頭に置く必要がある.肥大型心筋症では,R波の増高とST部分の低下,陰性T波を呈することが多い.虚血性心疾患との鑑別は1枚の心電図からは困難なことがある.経時的な心電図変化,心エコー,逸脱酵素,さらに臨床症状と心電図の対比が重要であり,これらの所見を総合的に判断する必要がある(著者抄録)

    researchmap

  • 【これだけは知っておきたい不整脈の診かたと治療のポイント】 不整脈の診かた 放置してよい不整脈と治療を要する不整脈

    池主 雅臣, 阿原 静枝, 伊藤 正洋

    Medicina   42 ( 4 )   580 - 582   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • 骨髄破壊的造血幹細胞移植におけるBNPの推移

    増子 正義, 伊藤 正洋, 瀧澤 淳, 橋本 誠雄, 青木 定夫, 鳥羽 健, 小玉 誠, 古川 達雄, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   94 ( Suppl. )   163 - 163   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • 1 感染性心内膜炎との鑑別が困難であった心膜膿瘍の1例(第240回新潟循環器談話会)

    外山 美沙, 佐藤 絢子, 三間 渉, 伊藤 正洋, 藤田 聡, 大倉 裕二, 小玉 誠, 相澤 義房, 高橋 昌, 白石 修一, 若林 貴志, 土田 正則, 橋本 毅久, 渡辺 弘, 林 純一

    新潟医学会雑誌   119 ( 1 )   56 - 57   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 感染性心内膜炎との鑑別が困難であった心膜膿瘍の1例

    外山 美沙, 佐藤 絢子, 三間 渉, 伊藤 正洋, 藤田 聡, 大倉 裕二, 小玉 誠, 相澤 義房, 高橋 昌, 白石 修一, 若林 貴志, 土田 正則, 橋本 毅久, 渡辺 弘, 林 純一

    新潟医学会雑誌   119 ( 1 )   56 - 57   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 特発性巨細胞性心筋炎と心サルコイドーシスの組織像・臨床像・予後 リンパ球性心筋炎及び特発性拡張型心筋症との比較

    大倉 裕二, 広野 暁, 伊藤 正洋, 布施 公一, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, レスリー・クーパー

    Journal of Cardiology   42 ( Suppl.I )   134 - 134   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • <学会記事>3 慢性心不全患者における夜間低用量酸素吸入療法の急性効果に関する検討(I. 一般演題)(第 228 回新潟循環器談話会)

    伊藤 正洋, 阿部 亮, 遠藤 太郎, 三浦 理, 丸山 誠太郎, 山口 修, 真田 えい, 丸山 聡一, 大西 昌之, 渡部 透, 柴田 昭, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   116 ( 3 )   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性心不全患者における夜間低用量酸素吸入療法の急性効果に関する検討

    伊藤 正洋, 阿部 亮, 遠藤 太郎, 三浦 理, 丸山 誠太郎, 山口 修, 真田 えい, 丸山 聡一, 大西 昌之, 渡部 透, 柴田 昭, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   116 ( 3 )   134 - 134   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 実験的自己免疫性心筋炎ラットに対するフェノフィブレート(PPARα活性化薬)の効果

    丸山 誠太郎, 加藤 公則, 小玉 誠, 仲澤 幹雄, 塙 晴雄, 大倉 裕二, 廣野 暁, 塩野 方明, 山浦 正幸, 布施 公一, 伊藤 正洋, 太刀川 仁, 吉田 剛, 林 学, 阿部 暁, 馬 梅蕾, 上村 宗, 中川 理, 樋口 宗史, 三井田 孝, 山本 格, 渡辺 賢一, 相澤 義房

    心筋の構造と代謝   23   33 - 38   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    ヒト巨細胞型心筋炎の動物モデルである実験的自己免疫性心筋炎に対するペルオキシソーム増殖剤活性化受容体αの活性化薬であるフェノフィブレートの炎症抑制と心機能改善効果について雄性ルイスラットを用いて検討した.その結果,フェノフィブレート投与群(F群)は対照群(C群)と比べ体重は約7%増加,心室重量は約14%低下していたが有意差は認めず,心体重比では約17%有意に低下していた.2群間で血清総コレステロール・中性脂肪・HDLコレステロール・非エステル化脂肪酸に有意差は認めなかったが,F群ではC群に比べ血清アルブミン濃度が有意に高く,血清学的炎症反応指標であるシアル酸濃度は有意に低かった.血行動態の比較ではF群でLVPとHRが増加する傾向がみられ,dP/dt maxとdP/dt minもC群に比べ18%増加していたが有意差は認めなかった.病理組織では全断面積に対する残存心筋の比率はF群でC群に比べ有意に心筋が残存していた.以上よりフェノフィブレートの投与により心筋炎の炎症巣や線維化が抑制されたと考えられた

    researchmap

  • ラット心筋におけるCoxsackievirus Adenovirus receptorの発現について

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 本田 岳夫, 堀田 優子, 吉田 剛, 林 学, 太刀川 仁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 渡辺 賢一, 桑野 良三, 相澤 義房

    心筋の構造と代謝   23   45 - 49   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    コクサッキーウイルスBとアデノウイルスは細胞内への侵入経路の一つとして細胞表面レセプターであるCoxsackievirus Adenovirus receptor(CAR)を使用している.今回,正常新生仔・成体ラット心筋を用いてCARを誘導する因子,CARの局在について検討した.正常新生仔ラットでのCARの発現は心筋細胞のほぼ全周に認められ,正常成体ラット心筋では著明に減少していた.生後8週の正常成体ラットにconcanavalin A(Con A)を第1日目に静注,第5日目に屠殺したA群と第1日目,第5日目にCon Aを静注,第8日目に屠殺したB群で比較した.その結果,対照群ではCARは発現せず,A群ではわずかにCARの発現を認めたが局在は明確にできず,B群ではCARの発現は明らかに増加し,局在は介在板とほぼ一致していた.以上よりCARの発現は心筋の発達に伴い変化し,生体では炎症性物質で再誘発され,発現部位は介在板の部分にほぼ一致した.CARは心筋細胞同士のシグナル伝達,心筋細胞障害時の修復過程への関与が示唆された

    researchmap

  • ラット自己免疫性心筋炎に対するsuraminの効果

    塩野 方明, 布施 公一, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    心筋の構造と代謝   23   51 - 56   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    ラット自己免疫性心筋炎(EAM)に対する非特異的増殖因子阻害効果や種々のサイトカイン抑制効果を有するスラミンの治療効果について検討した.11週齢の雄ルイスラットをブタ心筋ミオシンにて免疫して作成したEAMラットに生理食塩水(C群)又はスラミン溶液4mg/kg(L群)・10mg/kg(M群)・40mg/kg(H群)を週2回皮下注し,第28病日に屠殺して心室筋の解析に使用した.その結果,心体重比ではM群・H群において有意に低値を示し明らかな心筋炎の抑制を認めたが,L群・C群では炎症性巨細胞を含む激しいび漫性心筋炎所見であった.細胞増殖因子TGF-β1のmRNA発現量はM群・H群において有意に低下していた.第15病日におけるサイトカインバランスではスラミン投与群で濃度依存的にTh2優位の状態となっていた.EAMでは心筋炎の自然寛解後に壊死した心筋領域を置換する線維化が進行し,心拡大や左室機能低下など拡張型心筋症様の病態に移行した.以上の結果よりスラミンはEAMの発症を抑制したものと考えられた

    researchmap

  • 3)カテコラミン製剤に反応せずミルリノンとピモペンダンにて心不全をコントロールしえた拡張型心筋症の一例(一般演題, 第41回下越内科集談会)

    小菅 恵一朗, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 樋口 浩太郎

    新潟医学会雑誌   115 ( 11 )   594 - 595   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • カテコラミン製剤に反応せずミルリノンとピモペンダンにて心不全をコントロールしえた拡張型心筋症の一例

    小菅 恵一朗, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 樋口 浩太郎

    新潟医学会雑誌   115 ( 11 )   594 - 595   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 7) 逸脱した大動脈弁尖による心室中隔欠損孔の完全閉鎖をみとめた若年大動脈弁閉鎖不全症の一例(日本循環器学会 第179回関東甲信越地方会)

    小菅 恵一朗, 伊藤 正洋, 青木 芳則, 堀 知行, 加藤 公則, 塙 晴雄, 松原 琢, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 渡辺 弘, 北村 昌也, 林 純一

    Japanese circulation journal   65 ( 0 )   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 逸脱した大動脈弁尖による心室中隔欠損孔の完全閉鎖を認めた若年大動脈弁閉鎖不全症の一例

    小菅 恵一朗, 伊藤 正洋, 青木 芳則, 堀 知行, 加藤 公則, 塙 晴雄, 松原 琢, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和

    Japanese Circulation Journal   65 ( Suppl.III )   719 - 719   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 実験的自己免疫性心筋炎におけるINF-gamma受容体-IgGキメラ蛋白の治療効果

    塙 晴雄, 林 学, 阿部 暁, 吉田 剛, 太刀川 仁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 加藤 公則, 小玉 誠

    Journal of Cardiology   38 ( Suppl.I )   155 - 155   2001年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 63) ステロイド治療に反応した原発性肺高血圧症の一例

    林 学, 吉田 剛, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 横川 明裕, 筒井 牧子

    Japanese circulation journal   65 ( 0 )   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 目で見る臨床経過 術前診断が困難であった膜様部心室中隔欠損症に合併した大動脈弁逸脱による,若年者慢性大動脈弁閉鎖不全症の1例

    小菅 恵一朗, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 曽川 正和, 渡辺 弘, 北村 昌也, 林 純一

    Heart View   5 ( 4 )   558 - 562   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    researchmap

  • ステロイド治療に反応した原発性肺高血圧症の一例

    林 学, 吉田 剛, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 横山 明裕, 筒井 牧子

    Japanese Circulation Journal   65 ( Suppl.II )   611 - 611   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 3) 原発性肺高血圧症に対するエポプロステノールの使用経験( I. 一般演題, 第224回新潟循環器談話会)

    林 学, 那須野 暁光, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   115 ( 3 )   91 - 91   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 原発性肺高血圧症に対するエポプロステノールの使用経験

    林 学, 那須野 暁光, 伊藤 正洋, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌   115 ( 3 )   91 - 91   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 心筋炎の臨床病型と予後

    小玉 誠, 布施 公一, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    日本内科学会雑誌   90 ( 臨増 )   257 - 257   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    researchmap

  • ラット実験的自己免疫性心筋炎におけるcoxsackievirus adenovirus receptorの発現

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 増子 正義, 本田 岳夫, 堀田 優子, 尾崎 和幸, 布施 公一, 塩野 方明, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 渡辺 賢一, 桑野 良三, 相澤 義房

    心筋の構造と代謝   22   37 - 42   2000年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    自己免疫性心筋炎の障害心筋ではCARの発現が誘導され,その機序として炎症性物質の関与が考えられた.CARは心筋細胞の接着,心筋の再生に関与している可能性が示唆された

    researchmap

  • 心筋炎における血中Monocyte Chemoattractant Protein-1(MCP-1)測定の意義

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 渡辺 賢一, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   36 ( Suppl.I )   160 - 160   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 慢性心不全における機械的交互脈と電気的交互脈

    小玉 誠, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 伊藤 正洋, 布施 公一, 塩野 方明, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   36 ( Suppl.I )   266 - 266   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • CD36I型欠損症の遺伝子解析

    塙 晴雄, 渡辺 賢一, 布施 公一, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 広野 暁, 加藤 公則, 小玉 誠, 相澤 義房, 中村 智樹

    Journal of Cardiology   36 ( Suppl.I )   132 - 132   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 52) 慢性心不全例における左室mechanical restitutionの解析

    小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 青木 芳則, 塩野 方明, 伊藤 正洋, 布施 公一, 福永 博, 相澤 義房, 佐伯 牧彦

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    DOI: 10.1253/jcj.64.745

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性心不全例における左室mechanical restitutionの解析

    小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 青木 芳則, 塩野 方明, 伊藤 正洋, 布施 公一, 福永 博, 相澤 義房, 佐伯 牧彦

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.II )   745 - 745   2000年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    DOI: 10.1253/jcj.64.745

    researchmap

  • 0719 心サルコイドーシスの活動性評価における血中炎症性サイトカイン, ケモカイン濃度測定の意義について

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 青木 芳則, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房, 渡辺 賢一

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P745 Fluvastatinが培養血管内皮細胞におけるNOおよびET-1産性へおよぼす作用

    尾崎 和幸, 阿部 晃, 山浦 正幸, 馬 梅蕾, 伊藤 正洋, 上村 宗, 関 義信, 松原 琢, 山添 優, 相澤 義房, 山本 格, 石橋 隆治

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P786 β遮断薬投与により心機能の改善に伴って拡張型心筋症における^<201>TI心筋シンチグラフィ欠損部位は改善する

    加藤 公則, 小玉 誠, 広野 暁, 青木 芳則, 塩野 方明, 伊藤 正洋, 布施 公一, 丸山 誠太郎, 木村 元政

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P156 Carvedilol治療による心不全回復期の心臓交感神経機能と脂肪酸代謝

    渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 相澤 義房, 高橋 俊博, 仲澤 幹雄, 樋口 宗史

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P157 心不全モデルラットにおけるBMIPPと9MPAによる脂肪酸代謝の検討

    渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 相澤 義房, 高橋 俊博, 仲澤 幹雄, 樋口 宗史, 芦野 広樹, 田沢 周作, 井上 実

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P082 実験的自己免疫性心筋炎に対する非特異的細胞増殖因子阻害薬suraminの効果

    塩野 方明, 布施 公一, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 小玉 誠, 相澤 義房

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P083 ラット心筋におけるCoxsackievirus Adenovirus Receptorの発現時期、機序に関する検討

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 増子 正義, 布施 公一, 広野 暁, 加藤 公則, 相澤 義房, 本多 岳雄, 堀田 優子, 桑野 良三

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0746 心房細動を有する慢性心不全例におけるinterval-force特性の検討

    広野 暁, 小玉 誠, 加藤 公則, 伊藤 正洋, 布施 公一, 相澤 義房

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0914 心筋炎におけるMonocyte Chemoattractant Protein-1の意義について

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 青木 芳則, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房, 渡辺 賢一

    Japanese circulation journal   64 ( 0 )   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Fluvastatinが培養血管内皮細胞におけるNO及びET-1産性へ及ぼす作用

    尾崎 和幸, 阿部 晃, 山浦 正幸, 馬 梅蕾, 伊藤 正洋, 上村 宗, 関 義信, 松原 琢, 山添 優, 相澤 義房

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   646 - 646   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心筋炎におけるMonocyte Chemoattractant Protein-1の意義について

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 青木 芳則, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   415 - 415   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心房細動を有する慢性心不全例におけるinterval-force特性の検討

    広野 暁, 小玉 誠, 加藤 公則, 伊藤 正洋, 布施 公一, 相澤 義房

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   373 - 373   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • Carvedilol治療による心不全回復期の心臓交感神経機能と脂肪酸代謝

    渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 相澤 義房, 高橋 俊博, 仲澤 幹雄

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   498 - 498   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心不全モデルラットにおけるBMIPPと9MPAによる脂肪酸代謝の検討

    渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 相澤 義房, 高橋 俊博, 仲澤 幹雄

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   498 - 498   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • β遮断薬投与により心機能の改善に伴って拡張型心筋症における201Tl心筋シンチグラフィ欠損部位は改善する

    加藤 公則, 小玉 誠, 広野 暁, 青木 芳則, 塩野 方明, 伊藤 正洋, 布施 公一, 丸山 誠太郎, 木村 元政

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   656 - 656   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • ラット心筋におけるCoxsackievirus Adenovirus Receptorの発現時期,機序に関する検討

    伊藤 正洋, 小玉 誠, 増子 正義, 布施 公一, 広野 暁, 加藤 公則, 相澤 義房, 本多 岳雄, 堀田 優子, 桑野 良三

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   479 - 479   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 実験的自己免疫性心筋炎に対する非特異的細胞増殖因子阻害薬suraminの効果

    塩野 方明, 布施 公一, 伊藤 正洋, 廣野 暁, 加藤 公則, 小玉 誠, 相澤 義房

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   479 - 479   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 心サルコイドーシスの活動性評価における血中炎症性サイトカイン,ケモカイン濃度測定の意義について

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 塩野 方明, 青木 芳則, 広野 暁, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房

    Japanese Circulation Journal   64 ( Suppl.I )   366 - 366   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 実験的自己免疫性心筋炎の病態

    小玉 誠, 布施 公一, 伊藤 正洋, 広野 暁, 大倉 裕二, 加藤 公則, 塙 晴雄, 相澤 義房, 渡辺 賢一, 猪又 孝元, 和泉 徹

    心筋の構造と代謝   21   81 - 87   1999年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)六法出版社  

    researchmap

  • 急性心筋炎における血中可溶性Fas及びFasリガンド濃度の意義について

    布施 公一, 小玉 誠, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 広野 暁, 加藤 公則, 相澤 義房, 渡辺 賢一

    Journal of Cardiology   34 ( Suppl.I )   230 - 230   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 急性心筋梗塞をきたした器質的冠狭窄のない閉塞性肥大型心筋症の2例

    伊藤 正洋, 広野 暁, 佐伯 牧彦, 大和田 真紀子, 北沢 仁, 佐藤 政仁, 岡部 正明, 小玉 誠, 相澤 義房

    心臓   31 ( 8 )   601 - 606   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公財)日本心臓財団  

    症例1は68歳男,胸部圧迫感出現2時間30分後に来院.190/分の単形性持続性心室頻拍であった.プロカインアミドの使用で洞調律に回復したが,その後CPKの上昇を認めた.症例2は68歳男,出血性胃潰瘍で入院中に再出血を認め,ショック状態となった.その後引き続きCPKの上昇,Q波の出現を認めた.2例とも心臓エコー検査で壁運動は低下しておらず,心筋シンチグラフィでは心内膜下への全周性の集積を認めた.心臓カテーテル検査では,冠動脈に有意狭窄を認めなかった.左室造影は,症例1では心室中部閉塞と心尖部の心室瘤を認め,心室中部で120mmHgの圧較差を認めた.症例2は壁運動は正常であり,左室流出路で86mmHgの圧較差を認めた

    DOI: 10.11281/shinzo1969.31.8_601

    researchmap

  • 肺血流シンチグラムにて片肺全体の完全欠損像を呈した原発性心臓悪性腫瘍

    保坂 幸男, 田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 伊藤 英一, 鈴木 薫

    Journal of Cardiology   34 ( Suppl.I )   397 - 397   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 慢性心不全に対するβ遮断薬療法の効果と心筋Ca++ハンドリングの改善

    小玉 誠, 加藤 公則, 広野 暁, 大倉 裕二, 伊藤 正洋, 布施 公一, 渡辺 賢一, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   34 ( Suppl.I )   184 - 184   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 日本人の拡張型心筋症におけるTumor Necrosis Factor遺伝子多型に関する検討

    伊藤 正洋, 高橋 英伸, 高綱 友美, 小玉 誠, 相澤 義房, 古川 達雄, 山崎 房子, 稲野 浩一

    Journal of Cardiology   34 ( Suppl.I )   260 - 260   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 拡張型心筋症における201Tl心筋シンチ欠損部位の経時的変化とβ遮断薬の治療効果の検討

    加藤 公則, 小玉 誠, 広野 暁, 伊藤 正洋, 布施 公一, 相澤 義房

    Journal of Cardiology   34 ( Suppl.I )   357 - 357   1999年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 0097 慢性心不全における機械的交互脈の易出現性と予後

    小玉 誠, 大倉 裕二, 広野 暁, 伊藤 正洋, 布施 公一, 鷲塚 隆, 加藤 公則, 相澤 義房, 渡辺 賢一

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P049 ラット糖尿病性心筋症における心筋Na^+-K^+ATPaseと心機能に対するEtomoxirの効果

    加藤 公則, 那須野 暁光, 阿部 暁, 伊藤 正洋, 福崎 徹, 田川 実, 広野 暁, 大倉 裕二, 松原 琢, 小玉 誠, 相澤 義房

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P829 ラット実験的自己免疫性心筋炎におけるサイトカインの経時的解析Th1/Th2 balanceの病態形成における重要性について

    大倉 裕二, 伊藤 正洋, 尾崎 和幸, 布施 公一, 広野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 猪又 孝元, 和泉 徹

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0437 拡張型心筋症様心不全ラットにおけるカルベジロールの効果

    太田 好美, 渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 大倉 裕二, 小川 祐輔, 広野 暁, 相澤 義房, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 長友 孝文, 仲澤 幹雄, 樋口 宗史

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0478 心不全モデルラットにおける脂肪酸代謝について

    渡辺 賢一, 太田 好美, 小玉 誠, 加藤 公則, 相澤 義房, 大蔵 裕二, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光, 高橋 俊博, 長友 孝文

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0041 核内レセプター(PPAR_α)ノックアウトマウスにおける脂肪酸代謝について

    渡辺 賢一, 太田 好美, 小玉 誠, 加藤 公則, 相澤 義房, 那須野 暁光, 大倉 裕二, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 高橋 俊博, 井上 実, 田沢 周作

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 心不全モデルラットにおける脂肪酸代謝について

    渡辺 賢一, 太田 好美, 小玉 誠, 加藤 公則, 相澤 義房, 大倉 裕二, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋, 那須野 暁光

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   268 - 268   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • ラット実験的自己免疫性心筋炎におけるサイトカインの経時的解析Th1/Th2 balanceの病態形成における重要性について

    大倉 裕二, 伊藤 正洋, 尾崎 和幸, 布施 公一, 広野 暁, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 猪又 孝元, 和泉 徹

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   657 - 657   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 拡張型心筋症様心不全ラットにおけるカルベジロールの効果

    太田 好美, 渡辺 賢一, 小玉 誠, 加藤 公則, 大倉 裕二, 小川 祐輔, 広野 暁, 相澤 義房, 布施 公一, 伊藤 正洋

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   257 - 257   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 慢性心不全における機械的交互脈の易出現性と予後

    小玉 誠, 大倉 裕二, 広野 暁, 伊藤 正洋, 布施 公一, 鷲塚 隆, 加藤 公則, 相澤 義房, 渡辺 賢一

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   171 - 171   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • ラット糖尿病性心筋症における心筋Na+-K+ ATPaseと心機能に対するEtomoxirの効果

    加藤 公則, 那須野 暁光, 阿部 暁, 伊藤 正洋, 福崎 徹, 田川 実, 広野 暁, 大倉 裕二, 松原 琢, 小玉 誠

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   461 - 461   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 核内レセプター(PPAR) ノックアウトマウスにおける脂肪酸代謝について

    渡辺 賢一, 太田 好美, 小玉 誠, 加藤 公則, 相澤 義房, 那須野 暁光, 大倉 裕二, 広野 暁, 布施 公一, 伊藤 正洋

    Japanese Circulation Journal   63 ( Suppl.I )   157 - 157   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    researchmap

  • 症例 急性心筋梗塞をきたした器質的冠狭窄のない閉塞性肥大型心筋症の2例

    伊藤 正洋, 広野 暁, 佐伯 牧彦, 大和田 真紀子, 北沢 仁, 佐藤 政仁, 岡部 正明, 小玉 誠, 相澤 義房

    心臓   31 ( 8 )   601 - 606   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:心臓  

    急性心筋梗塞をきたした器質的冠狭窄のない閉塞性肥大型心筋症の2例を経験した.症例1は68歳の男性で,胸部圧迫感出現2時間30分後に来院.心電図は190/分の単形性持続性心室頻拍であり,血圧は触診で80mmHgであった.プロカインアミドの使用で症状出現より3時間30分後,洞調律に回復したが,その後CPKの上昇を認めた.症例2は68歳の男性で,出血性胃潰瘍で入院中に再出血を認め,ショック状態となった.その後引き続きCPKの上昇,Q波の出現を認めた.2例とも心臓エコー検査で心室壁の肥厚を認めたが,壁運動は低下しておらず,ピロリン酸心筋シンチグラフィでは心内膜下への全周性の集積を認めた.心臓カテーテル検査では,2例とも冠動脈に有意狭窄を認めなかった.左室造影は,症例1では心室中部閉塞と心尖部の心室瘤を認め,心室中部で120mmHgの圧較差を認めた.症例2は壁運動は正常であり,左室流出路で86mmHgの圧較差を認めた.肥大型心筋症では,左室内閉塞の存在下に頻拍やショックによる血行動態の悪化が加わることにより,心筋梗塞を発症することがあり,注意を要すると考えられた.

    DOI: 10.11281/shinzo1969.31.8_601

    CiNii Article

    researchmap

  • 左房原発の血管肉腫の一例

    伊藤 正洋, 中村 裕一, 小玉 誠, 相澤 義房

    THE CIRCULATION FRONTIER   2 ( 4 )   67 - 69   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    researchmap

  • 左室起源の特発性心室頻拍におけるリエントリー回路について

    伊藤 正洋, 鷲塚 隆, 山浦 正幸, 古嶋 博司, 種田 宏司, 庭野 慎一, 池主 雅臣, 相澤 義房

    心電図   18 ( 6 )   886 - 891   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    左室起源の特発性心室頻拍のリエントリー回路について,プルキンエ線維を順行し,正常心筋を回路の一部に持つ比較的大きな回路が考えられた

    DOI: 10.5105/jse.18.886

    CiNii Article

    researchmap

  • 巨大左室血栓摘出及び左室瘤縫縮術後重症左心不全に対し左心バイパスを行い救命しえた1例

    青木 正, 菅原 正明, 篠永 真由美, 大関 一, 林 純一, 伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   112 ( 11 )   737 - 737   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 30)巨大左室血栓摘出及び左室瘤縫縮術後重症左心不全に対し左心バイパスを行い救命しえた一例( I. 一般演題, 第47回新潟麻酔懇話会 第26回新潟ショックと蘇生・集中治療研究会)

    青木 正, 菅原 正明, 篠永 真由美, 大関 一, 林 純一, 伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   112 ( 11 )   737 - 737   1998年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 慢性心不全例における左室予備力と心機能,及び生命予後の関連に関する検討

    伊藤 正洋, 尾崎 和幸, 土田 圭一, 高 明順, 青木 芳則, 大倉 裕二, 中村 裕一, 鷲塚 隆, 塙 晴雄, 小玉 誠

    Journal of Cardiology   32 ( Suppl.I )   167 - 167   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 左室起源の特発性心室頻拍におけるリエントリー回路の検討 比較的大きなリエントリー回路

    鷲塚 隆, 伊藤 正洋, 笠井 英裕, 田川 実, 山浦 正幸, 古島 博司, 柴 正美, 藤田 聡, 池主 雅臣, 庭野 真一

    心電図   18 ( 5 )   714 - 714   1998年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本不整脈心電学会  

    DOI: 10.5105/jse.18.886

    researchmap

  • 心筋疾患 血圧低下により心筋梗塞をきたした閉塞性肥大型心筋症の2例

    伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   112 ( 3 )   156 - 156   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 4)血圧低下により心筋梗塞をきたした閉塞性肥大型心筋症の2例(II. テーマ演題「心筋疾患」, 第213回新潟循環器談話会)

    伊藤 正洋, 佐伯 牧彦, 小玉 誠, 佐藤 政仁, 岡部 正明

    新潟医学会雑誌   112 ( 3 )   156 - 156   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1)徐脈性不整脈を伴った頻脈性不整脈に対する高周波焼灼術( I. 一般演題, 第213回新潟循環器談話会)

    鈴木 薫, 佐藤 匠, 伊藤 英一, 田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 庭野 慎一, 相沢 義房

    新潟医学会雑誌   112 ( 3 )   153 - 154   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P882 心不全患者における運動後回復期の心拍出動態

    田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 佐藤 匡, 鈴木 薫, 熊倉 眞, 高橋 稔

    Japanese circulation journal   62 ( 0 )   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 当院における経皮的冠動脈形成術の成績

    田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 田辺 靖貴

    新潟医学会雑誌   112 ( 1 )   37 - 43   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    院内にて緊急バイパス手術のできない状況下にてPTCAを行った1年間の104例の初期成績を示した.待機的PTCAでは死亡,Q波梗塞,急性冠閉塞,緊急バイパス手術等の主要合併症は認めなかった.ステントの使用によって冠解離や急性冠閉塞による心血管イベントの発生を極めて低く抑えることが可能となり,アスピリンとチクロピジンの併用にてステントの亜急性閉塞の危険も極めて低率となった.このような状況において,危険性が少ないと判断された患者に対するPTCAは,院内での緊急バイパス手術の準備なしでも安全に施行可能と考えられた.しかし,常に緊急手術になる可能性を考慮して心臓血管外科医との密な連携は必須である

    CiNii Article

    researchmap

  • 左室起源の特発性心室頻拍におけるリエントリー回路について

    伊藤 正洋, 鷲塚 隆, 山浦 正幸, 古嶋 博司, 種田 宏司, 庭野 慎一, 池主 雅臣, 相澤 義房

    日本心電学会誌   18 ( 6 )   886 - 891   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本不整脈心電学会  

    症例は27歳男性.25歳時より動悸発作が出現し, 発作時に右脚ブロック+左軸偏位型の持続性心室頻拍 (VT) が認められた.諸検査では器質的心疾患は認めず, VTはprooainamide, verapamil静注で停止効果を認めたが, これらの内服で予防効果は認められなかった.心臓電気生理検査では, 右室流出路よりの単発心室早期刺激で, 自然発作時と同型のVTが誘発され, 右室流出路よりの頻回刺激にてエントレインメント現象が確認された.頻拍中の心内膜マッピングで左室心尖部中隔側後壁寄りにQRS波の開始より45msec先行する明瞭なプルキンエ電位が同定され, 同部での通電でVTは数秒後に停止し, 誘発不能となった.通電部位で認められたプルキンエ電位は洞調律時にも認められ, 中隔に沿って基部から心尖部の順で認められた.VT時には同様の興奮川頁序が確認されたが, 局所の心室電位は逆方向であった.左室起源の特発性心室頻拍の回路に, プルキンエ線維を下行し正常心筋を上行する回路を有する症例の存在が想定され報告した.

    DOI: 10.5105/jse.18.886

    CiNii Article

    researchmap

  • 1)膿胸治療中に冠攣縮による急性心筋梗塞を起こした1例(一般演題, 第51回長岡地区循環器懇話会)

    佐伯 牧彦, 小玉 誠, 伊藤 正洋, 沢田 宏樹, 島田 正久, 岩島 明

    新潟医学会雑誌   111 ( 11 )   732 - 733   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Mid-ventricular obstructionを呈した脚気心の一例 冠攣縮の関与

    伊藤 正洋

    Journal of Cardiology   30 ( Suppl.I )   280 - 280   1997年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本心臓病学会  

    researchmap

  • 【術後症例の心不全について】 心房中隔欠損症術後に発症した滲出性収縮性心膜炎の1例

    伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   111 ( 6 )   396 - 397   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 1)心房中隔欠損症術後に発症した滲出性収縮性心膜炎の1例(II. テーマ演題「術後症例の心不全について」, 第210回新潟循環器談話会)

    伊藤 正洋, 田辺 恭彦, 鈴木 薫, 熊倉 真, 中山 健司, 山口 明, 上野 光夫, 金沢 宏, 山崎 芳彦

    新潟医学会雑誌   111 ( 6 )   396 - 397   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • P042 心不全治療による運動中の肺静脈圧上昇の改善と呼吸困難感の改善。

    田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 鈴木 薫, 熊倉 真

    Japanese circulation journal   61 ( 0 )   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 0079 新発田地域(新潟県)の急性心筋梗塞発症率・致命率とその国際比較

    熊倉 真, 鈴木 薫, 田辺 恭彦, 伊藤 正洋

    Japanese circulation journal   61 ( 0 )   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 2)当院におけるPTCAの成績(I.一般演題, 第209回新潟循環器談話会)

    田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 鈴木 薫, 熊倉 真

    新潟医学会雑誌   111 ( 2 )   120 - 120   1997年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 1)持続型心室頻拍, 心室細動の誘発性とQTc dispersion(I.一般演題, 第208回新潟循環器談話会)

    鈴木 薫, 田辺 恭彦, 伊藤 正洋, 熊倉 真

    新潟医学会雑誌   111 ( 1 )   60 - 60   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • <原著>急性心筋梗塞の院内予後に及ぼす循環器診療体制の役割 : 早期再灌流療法の有効性

    山浦 正幸, 五十嵐 裕, 伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   110 ( 10 )   429 - 437   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟大学  

    The aim of our study was to determine whether therapeutic modalities have influences on the in-hospital prognosis in patients with acute myocardial infarction (AMI). The study population consisted of consecutive 275 patients from November 1988 to August 1995. After cardiac catheterization and cardiac surgery became available in our hospital on July 1992, we actively performed reperfusion therapy (intracoronary thrombolysis and/or coronary angioplasty) for treatment of AMI if indicated. The patients were divided into two groups according to therapeutic modalities:group A (conservative therapy era between November 1988 and June 1992, n=134) and group B (reperfusion therapy era after July 1992, n=141). The in-hospital mortality was compared between the two groups and the clinical variables related to in-hospital mortality were examined. None in group A were treated with reperfusion therapy, and 57 patients (40%) in group B were treated with reperfusion therapy. The overall in-hospital death developed in 65 patients (24%). The mortality in group A was significantly higher than in group B (29% vs. 18%, p&lt;0.05). In subgroup with age&lt;76 years old and ongoing chest pain of≦6h in duration, 46 (73%) of 63 group B patients received reperfusion therapy. In this subgroup, a significant reduction of in-hospital mortality was found in group B compared with group A (34% vs. 11%, p&lt;0.0001). By multivariate analysis, reperfusion therapy was an only independent negative predictor for in-hospital mortality (p=0.025). In conclusion, reperfusion therapy improves in-hospital prognosis in patients with AMI. Equipment of medical circumstances by which reperfusion therapy makes possible may contribute to local medical service.

    CiNii Article

    researchmap

  • 急性心筋梗塞の院内予後に及ぼす循環器診療体制の役割 早期再灌流療法の有効性

    山浦 正幸, 五十嵐 裕, 伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   110 ( 10 )   429 - 437   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    今回の検討では,積極的な早期再灌流療法によって循環器診療体制整備後の短期間に心筋梗塞の院内予後を改善することが明らかになった

    researchmap

  • 透析導入時に著しいせん妄状態をきたし,チアプリドと血液透析によって改善した糖尿病性腎症の1例

    伊藤 正洋, 鈴木 芳樹, 轡田 達也

    腎と透析   41 ( 1 )   145 - 148   1996年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

    researchmap

  • 3) 透析導入時に著しいせん妄状態をきたしチアプリドと血液透析によって改善した糖尿病性腎症の1例(I. 一般演題, 第24回糖尿病談話会)

    伊藤 正洋, 鈴木 芳樹, 轡田 達也, 伊藤 聡, 荒川 正昭

    新潟医学会雑誌   110 ( 6 )   249 - 249   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 透析導入時に著しいせん妄状態をきたしチアプリドと血液透析によって改善した糖尿病性腎症の1例

    伊藤 正洋

    新潟医学会雑誌   110 ( 6 )   249 - 249   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    researchmap

  • 同種骨髄移植後,一部はLGL形態のoligoclonalなリンパ球増多を持続している慢性GVHDの1例

    伊藤 正洋

    臨床血液   36 ( 9 )   1093 - 1093   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

▶ 全件表示