2021/05/16 更新

写真a

モリヤマ マサト
森山 雅人
MORIYAMA Masato
所属
教育研究院 医歯学系 医学系列 准教授
医学部 医学科 准教授
医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御 准教授
職名
准教授
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2009年3月   新潟大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医化学  / 再生医学

  • ライフサイエンス / 病態医化学  / 分子腫瘍学

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / 医薬分子機能学

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学  / 血栓止血学

  • その他 / その他  / 腫瘍検査医学 病態検査学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   腫瘍内科学分野   准教授

    2015年9月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   腫瘍センター   がん相談支援センター長

    2013年5月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科   腫瘍内科学分野   助教

    2013年4月 - 2015年8月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   腫瘍センター   特任助教

    2012年10月 - 2013年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学医歯学総合病院   医師キャリア支援センター   特任助教

    2008年11月 - 2013年3月

      詳細を見る

経歴

  • 新潟大学   医学部 医学科   准教授

    2015年9月 - 現在

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御   准教授

    2015年9月 - 現在

  • 新潟大学   医学部 医学科   助教

    2013年4月 - 2015年8月

  • 新潟大学   医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻 遺伝子制御   助教

    2013年4月 - 2015年8月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 医師キャリア支援センター   特任助教

    2008年11月 - 2013年3月

学歴

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科   生体機能調整医学専攻

    - 2009年3月

      詳細を見る

  • 自治医科大学   医学部

    - 1994年3月

      詳細を見る

所属学協会

▶ 全件表示

委員歴

  • 日本検査血液学会   血栓止血検査標準化委員  

      詳細を見る

  • 日本血栓止血学会   代議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本抗リン脂質抗体標準化WS   幹事  

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

  • 新潟県・新潟市合同精度管理専門委員会   専門委員  

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    researchmap

  • 日本検査血液学会   評議員  

      詳細を見る

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Treatment of Gastric and Gastroesophageal Cancer Patients with Hemodialysis by CapeOX. 査読

    Sasaki K, Zhou Q, Matsumoto Y, Saiki T, Moriyama M, Saijo Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)58 ( 19 ) 2791 - 2795   2019年10月

  • Treatments and outcomes of older patients with esophageal cancer: Comparison with younger patients. 査読

    Matsumoto Y, Kimura K, Zhou Q, Sasaki K, Saiki T, Moriyama M, Saijo Y

    Molecular and clinical oncology11 ( 4 ) 383 - 389   2019年10月

  • Cancers among adolescents and young adults at one institution in Japan. 査読

    Kamimura K, Matsumoto Y, Zhou Q, Moriyama M, Saijo Y

    Oncology letters16 ( 6 ) 7212 - 7222   2018年12月

  • Trachea Engineering Using a Centrifugation Method and Mouse-Induced Pluripotent Stem Cells. 査読

    Zhou Q, Ye X, Ran Q, Kitahara A, Matsumoto Y, Moriyama M, Ajioka Y, Saijo Y

    Tissue engineering. Part C, Methods24 ( 9 ) 524 - 533   2018年9月

  • The Prognostic Nutrition Index Predicts the Development of Hematological Toxicities in and the Prognosis of Esophageal Cancer Patients Treated with Cisplatin Plus 5-Fluorouracil Chemotherapy 査読

    Yoshifumi Matsumoto, Qiliang Zhou, Kensuke Kamimura, Masato Moriyama, Yasuo Saijo

    Nutrition and Cancer70 ( 3 ) 447 - 452   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Routledge  

    The prognostic nutrition index (PNI), calculated based on serum albumin and lymphocyte counts, predicts the prognosis of several cancers, including operated esophageal cancers. In this study, we determined whether PNI could predict the occurrence of severe adverse events by chemotherapy and chemoradiotherapy, and overall survival in esophageal cancer. We collected data from 191 patients with esophageal cancer treated with at least one course of cisplatin and 5-fluorouracil from 2005 to 2016. We compared the incidences of severe adverse events and overall survival between a high- and a low-PNI group. The optimal cut-off value of the Onodera PNI was 43.2. Patients with low PNIs suffered more frequent severe adverse events than did those with high PNIs, and the latter patients survived longer. The PNI was independently prognostic of overall survival and stage. The PNI predicted the development of severe adverse events caused by chemotherapy or chemoradiotherapy, and overall survival, in esophageal cancer patients.

    DOI: 10.1080/01635581.2018.1445765

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • [Myelodysplastic syndrome with refractory hemorrhage due to reduced platelet aggregation activity]. 査読

    Tanaka T, Kozakai T, Kitajima T, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Shibazaki Y, Moriyama M, Takizawa J, Sone H, Fuse I, Masuko M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology58 ( 12 ) 2402 - 2405   2017年

  • Peripheral T-cell lymphoma, not otherwise specified: a retrospective single-center analysis. 査読

    Suzuki T, Kawamoto K, Tamura S, Uemura S, Kaihatsu A, Nemoto H, Kobayashi H, Ushiki T, Fuse K, Shibazaki Y, Moriyama M, Masuko M, Narita M, Sone H, Aoki S, Nakamura N, Oshima K, Takizawa J

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology58 ( 8 ) 905 - 911   2017年

  • Successful umbilical cord blood hematopoietic stem cell transplantation in a patient with adult T-cell leukemia/lymphoma initially achieving complete remission with anti-CC chemokine receptor 4 antibody combined chemotherapy. 査読

    Suwabe T, Shibasaki Y, Kaihatsu A, Katagiri T, Miyakoshi S, Fuse K, Kobayashi H, Ushiki T, Moriyama M, Takizawa J, Narita M, Sone H, Masuko M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology58 ( 1 ) 32 - 36   2017年

  • Inhibition of Glutaminolysis Inhibits Cell Growth via Down-regulating Mtorc1 Signaling in Lung Squamous Cell Carcinoma 査読

    Xulu Ye, Qiliang Zhou, Yoshifumi Matsumoto, Masato Moriyama, Shun Kageyama, Masaaki Komatsu, Seijiro Satoh, Masanori Tsuchida, Yasuo Saijo

    ANTICANCER RESEARCH36 ( 11 ) 6021 - 6029   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INT INST ANTICANCER RESEARCH  

    Background/Aim: Inhibition of glutaminolysis has been reported as a promising therapeutic strategy to target several solid carcinomas. We aimed to investigate the effects of glutaminolysis on cell proliferation in lung squamous cell carcinoma cell lines and to explore the potential of targeting glutaminolysis as an anticancer strategy. Materials and Methods: Glutamine (Gln) dependence was assessed in six lung squamous cell carcinoma cell lines. Cell proliferation, mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1) activity and the induction of autophagy were assessed after inhibition of glutaminolysis via Gln depletion or glutaminase (GLS) inhibition. Results: Five of six lung squamous cell carcinoma cell lines exhibited glutamine- dependence. The extent of dependence was correlated with the mRNA levels of GLS1/GLS2. Inhibition of glutaminolysis inhibited cell proliferation by down-regulating of mTORC1 signaling and inducing autophagy in Gln-dependent lung squamous cell carcinoma cell lines. Conclusion: Targeting glutaminolysis may represent a potential therapeutic strategy for the treatment of Gln-dependent lung squamous cell carcinomas.

    DOI: 10.21873/anticanres.11191

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Chromosomal rearrangements in myoepithelial carcinoma of the breast that presented as metachronic double cancer with invasive ductal carcinoma in the ipsilateral breast 査読

    Hiroyuki Kawashima, Takashi Ariizumi, Yasuo Saijo, Masato Moriyama, Hajime Umezu, Yoshiyuki Ikeda, Akira Ogose, Naoto Endo

    CANCER GENETICS209 ( 11 ) 501 - 505   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Myoepithelial carcinoma of the breast is an extremely rare tumor composed entirely of malignant spindle cells with myoepithelial differentiation. The majority of previously reported cases have mainly described the clinicopathological features of the disease, and few have presented cytogenetic data. We herein present the case of a 48-year-old woman who was admitted with a left sided breast lump in the inner upper quadrant that was initially diagnosed as a myoepithelioma with potentially malignant disorder. At 12 months after resection, she complained about a newly developed solid mass in the subareolar region of the ipsilateral breast that was diagnosed as an invasive ductal carcinoma. In addition, 16 months after the initial admission, a re-growing remnant lesion recurred in the inner upper quadrant and was ultimately diagnosed as a myoepithelial carcinoma. Lymph node metastasis of the myoepithelial carcinoma was also observed in her left axillary region 11 months after local recurrence. A cytogenetic analysis showed recurring specific chromosomal alterations both in the locally recurrent and in the lymph-node metastatic lesion: 48, XX, t(5;18)(q13;q23),del(6)(q?),+14. + marl. To our knowledge, this is the first published report of clonal chromosomal rearrangements in myoepithelial carcinoma of the breast that presented as metachronic double cancer with invasive ductal carcinoma in the ipsilateral breast.

    DOI: 10.1016/j.cancergen.2016.10.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Myelosuppression by chemotherapy in obese patients with gynecological cancers 査読

    Kensuke Kamimura, Yoshifumi Matsumoto, Qiliang Zhou, Masato Moriyama, Yasuo Saijo

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY78 ( 3 ) 633 - 641   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The American Society of Clinical Oncology provides clinical practice guidelines for appropriate cytotoxic chemotherapy dosing for obese adult patients with cancer. The panel recommends that actual body weight should be used when selecting cytotoxic chemotherapy doses regardless of obesity status. However, there have been no reports regarding the appropriate cytotoxic chemotherapy dosing for obese Japanese patients with cancer.
    We collected data from 216 gynecological cancer patients who were treated with at least one course of a paclitaxel and carboplatin (TC) regimen or a docetaxel and carboplatin (DC) regimen at Niigata University Medical and Dental Hospital from July 2006 to April 2014. Patients were divided into three groups according to body mass index (BMI): obese (BMI aeyen 25), normal (BMI 18.5-24.9), and underweight (BMI < 18.5), as defined by the Japan Society for the Study of Obesity. We analyzed hematological toxicities by full weight-based chemotherapy in each group.
    The rates of grade 3/4 leukocytopenia, neutropenia, and thrombocytopenia were not significantly different among the three BMI groups on all patient analyses. For the TC regimen, the obese and normal groups had significantly lower leukocytopenia (grade 3/4) rates than did the underweight group. Also, significant positive correlations between BMI and the nadirs of leukocytes, neutrophils, platelets, and hemoglobin were observed. For the DC regimen, no significant difference was observed among the BMI groups and the rate of grade 3/4 hematological toxicities.
    We did not observe stronger myelosuppression in obese cancer patients compared with non-obese cancer patients. Therefore, the cytotoxic chemotherapy dose should be calculated by the actual body weight and unnecessary dose reduction should be avoided.

    DOI: 10.1007/s00280-016-3119-2

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Relationship between HMGB1 and PAI-1 after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation 査読

    Shosaku Nomura, Yoshinobu Maeda, Kazuyoshi Ishii, Yuta Katayama, Hideo Yagi, Naoto Fujishima, Shuichi Ota, Masato Moriyama, Takayuki Ikezoe, Yasuhiko Miyazaki, Kunio Hayashi, Shinya Fujita, Atsushi Satake, Tomoki Ito, Taiichi Kyo, Mitsune Tanimoto

    Journal of Blood Medicine7   1 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dove Medical Press Ltd  

    Background: Conditioning regimens including total body irradiation (TBI) or cyclophosphamide can mobilize high-mobility group box 1 (HMGB1) to peripheral blood. Additionally, increased plasminogen activator inhibitor (PAI)-1 levels are associated with post-allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (aHSCT). However, changes to circulating levels of HMGB1 after aHSCT are poorly understood. Materials and methods: The study cohort included 289 patients who underwent aHSCT at one of 25 institutions in Japan. We have investigated the relationship between HMGB1 and PAI-1 following aHSCT. A significant increase in HMGB1 levels occurred after conditioning treatment. Additionally, levels of HMGB1 at day 0 were significantly increased in TBI+ patients and cyclophosphamide/TBI patients. Conclusion: Our data revealed that an increased level of HMGB1 at day 0 following aHSCT correlates with increased PAI-1 after aHSCT, which is consistent with previous reports. Increased HMGB1 at day 0 after a conditioning regimen may play a role in transplantation-associated coagulopathy following aHSCT, because PAI-1 can accelerate procoagulant activity.

    DOI: 10.2147/JBM.S93008

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • A case of pancreatic neuroendocrine tumors 査読

    Moriyama Masato, Matsumoto Yoshifumi, Zhou Qiliang, Yamana Kanako, Ikeda Yohei, Ayukawa Fumio, Abe Eisuke, Sato Seijiro, Takano Kabuto, Kaidu Motoki, Aoyama Hidefumi, Saijo Yasuo

    INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL5 ( 1 ) 1 - 4   2016年1月

  • Possible Involvement of Lung Cells Harboring an Abnormal Karyotype in the Pathogenesis of Pulmonary Alveolar Proteinosis Associated with Myelodysplastic Syndrome. 査読

    Moriyama M, Yano T, Furukawa T, Takada T, Ushiki T, Masuko M, Takizawa J, Sone H, Tazawa R, Saijo Y, Ishii H, Nakata K

    Annals of the American Thoracic Society12 ( 8 ) 1251 - 1253   2015年8月

  • The association of level of reduction of Wilms' tumor gene 1 mRNA transcript in bone marrow and outcome in acute myeloid leukemia patients 査読

    Yasuhiko Shibasaki, Yoshinobu Seki, Tomoyuki Tanaka, Syukuko Miyakoshi, Kyoko Fuse, Takashi Kozakai, Hironori Kobayashi, Takashi Ushiki, Takashi Abe, Toshio Yano, Masato Moriyama, Takashi Kuroha, Noriatsu Isahai, Jun Takizawa, Miwako Narita, Satoru Koyama, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    LEUKEMIA RESEARCH39 ( 6 ) 667 - 671   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    We focused on the level of reduction of Wilms' tumor gene 1 (WT1) mRNA in bone marrow as minimal residual disease during chemotherapies in adult acute myeloid leukemia (AML) patients. Forty-eight patients were enrolled in this study. Log levels of reduction of WT1 mRNA transcript after induction therapy compared with those at diagnosis were associated with disease-free survival (DFS) (P = 0.0066) and overall survival (OS) (P = 0.0074) in patients who achieved complete remission. Also log levels of reduction of WT1 mRNA transcript after final consolidation therapy compared with those at diagnosis were associated with DFS (P = 0.015) and OS (P = 0.012). By multivariate analysis, log levels of reduction of WT1 mRNA transcript after induction therapy and after final consolidation therapy compared with those at diagnosis were extracted as risk factors for outcome. Our results suggest that early and deep reduction of tumor burden may be important for the outcome of AML patients. In addition, it may be useful for the decision to proceed with allogeneic SCT as post-remission therapy. (C) 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.leukres.2015.03.021

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A case of severe thrombocytopaenia associated with acute HIV-1 infection 査読

    Ami Aoki, Hiroshi Moro, Takayuki Watanabe, Katsuaki Asakawa, Satoru Miura, Masato Moriyama, Yoshinari Tanabe, Hiroshi Kagamu, Ichiei Narita

    INTERNATIONAL JOURNAL OF STD & AIDS26 ( 3 ) 209 - 211   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE PUBLICATIONS LTD  

    A 23-year-old man was admitted to our hospital with severe thrombocytopaenia. He had unprotected sexual contact 6 weeks earlier. He was diagnosed with acute HIV infection by means of HIV RNA viral load testing and HIV-associated thrombocytopaenia. Although his thrombocytopaenia improved immediately with short-term dexamethasone therapy, this effect was not sustained after cessation of therapy. Antiretroviral therapy including raltegravir was initiated, and the patient recovered from severe thrombocytopaenia within several days. The findings from this case suggest that acute HIV infection should be suspected with unexplained thrombocytopaenia, and that antiretroviral therapy is the treatment of choice for severe HIV-associated thrombocytopaenia, even when in the early period following acquisition of the virus.

    DOI: 10.1177/0956462414531937

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Late Onset Post-Transfusion Hepatitis E Developing during Chemotherapy for Acute Promyelocytic Leukemia 査読

    Kyoko Fuse, Yuichi Matsuyama, Masato Moriyama, Shukuko Miyakoshi, Yasuhiko Shibasaki, Jun Takizawa, Tatsuo Furukawa, Ichiro Fuse, Hiro Matsumura, Shigeharu Uchida, Yoshifumi Takahashi, Kenya Kamimura, Hiroyuki Abe, Takeshi Suda, Yutaka Aoyagi, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    INTERNAL MEDICINE54 ( 6 ) 657 - 661   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report the case of a leukemia patient who developed hepatitis E seven months after undergoing a transfusion with contaminated blood products. The latency period in this case was significantly longer than that of typical hepatitis E. Recently, chronic infection with hepatitis E virus (HEV) genotype 3 has been reported in immunocompromised patients. There is a possibility that our patient was unable to eliminate the virus due to immunosuppression following chemotherapy and the administration of steroids. The prevalence of HEV in healthy Japanese individuals is relatively high and constitutes a critical source of infection via transfusion. Hepatitis E is an important post-transfusion infection, and immunocompromised patients may exhibit a long latency period before developing the disease.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.2332

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Log Reduction Levels of WT1 mRNA Expression in BM after Chemotherapies Are Predictive Markers of Good Prognosis in AML Patients Achieved CR after Induction Therapy 査読

    Yasuhiko Shibasaki, Yoshinobu Seki, Tomoyuki Tanaka, Syukuko Miyakoshi, Kyoko Fuse, Takashi Kozakai, Hironori Kobayashi, Takashi Ushiki, Takashi Abe, Toshio Yano, Masato Moriyama, Takashi Kuroha, Noriatsu Isahai, Jun Takizawa, Miwako Narita, Satoru Koyama, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD124 ( 21 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Imaging of Body Iron Stores in Transfusion-Dependent Patients By Liver Dual-Energy CT 査読

    Hironori Kobayashi, Norihiko Yoshimura, Takashi Ushiki, Yasuhiko Shibasaki, Masato Moriyama, Jun Takizawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD124 ( 21 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • Differentiation of Mouse Induced Pluripotent Stem Cells Into Alveolar Epithelial Cells In Vitro for Use In Vivo 査読

    Qiliang Zhou, Xulu Ye, Ruowen Sun, Yoshifumi Matsumoto, Masato Moriyama, Yoshiya Asano, Yoichi Ajioka, Yasuo Saijo

    STEM CELLS TRANSLATIONAL MEDICINE3 ( 6 ) 675 - 685   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ALPHAMED PRESS  

    Alveolar epithelial cells (AECs) differentiated from induced pluripotent stem cells (iPSCs) represent new opportunities in lung tissue engineering and cell therapy. In this study, we modified a two-step protocol for embryonic stem cells that resulted in a yield of similar to 9% surfactant protein C (SPC)(+) alveolar epithelial type II (AEC II) cells from mouse iPSCs in a 12-day period. The differentiated iPSCs showed morphological characteristics similar to those of AEC II cells. When differentiated iPSCs were seeded and cultured in a decellularized mouse lung scaffold, the cells reformed an alveolar structure and expressed SPC or T1 alpha protein (markers of AEC II or AEC I cells, respectively). Finally, the differentiated iPSCs were instilled intratracheally into a bleomycin-induced mouse acute lung injury model. The transplanted cells integrated into the lung alveolar structure and expressed SPC and T1 alpha. Significantly reduced lung inflammation and decreased collagen deposition were observed following differentiated iPSC transplantation. In conclusion, we report a simple and rapid protocol for in vitro differentiation of mouse iPSCs into AECs. Differentiated iPSCs show potential for regenerating three-dimensional alveolar lung structure and can be used to abrogate lung injury.

    DOI: 10.5966/sctm.2013-0142

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Manifestations of Fulminant CD8 T-cell Post-transplant Lymphoproliferative Disorder Following the Administration of Rituximab for Lymphadenopathy with a High Level of Epstein-Barr Virus (EBV) Replication after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Tomoyuki Tanaka, Jun Takizawa, Shukuko Miyakoshi, Takashi Kozakai, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Masato Moriyama, Koichi Ohshima, Ken Toba, Tatsuo Furukawa, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    INTERNAL MEDICINE53 ( 18 ) 2115 - 2119   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We herein report the case of a 22-year-old woman with severe aplastic anemia who underwent allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (HSCT). After HSCT, the Epstein-Barr virus (EBV)-DNA load in the peripheral blood gradually increased, and the patient presented with a fever and lymphadenopathy on day 56 post-HSCT. Although we administered rituximab, her clinical condition worsened. After rituximab treatment, CD8 T-cells emerged and became dominant in the peripheral blood, some of which were positive on an EBV-specific tetramer analysis. However, an open biopsy of the lymphadenopathy lesions revealed the CD8 T-cells to be infected with EBV, exhibiting proliferation with oligoclonality. The patient ultimately died of multiple organ failure on day 99 post-HSCT.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.53.2384

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Development of a new P-T controlling system for neutron-scattering experiments 査読

    Kazuki Komatsu, Masato Moriyama, Tamami Koizumi, Kazuya Nakayama, Hiroyuki Kagi, Jun Abe, Stefanus Harjo

    HIGH PRESSURE RESEARCH33 ( 1 ) 208 - 213   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS LTD  

    We developed a new device involving an individual PT controlling system for neutron-scattering experiments available at 010GPa and at 77473K. Thanks to the thermal insulators made of zirconia and glass-fiber-reinforced plastic under the anvils, temperature only around anvils can be controllable with fast heating/cooling rate of<20K/min, and it also allows us to use normal hydraulic oil even at low temperatures, which has much less risk of leaking compared with helium gas. The feasibility test for this system for neutron diffraction experiments for ice VIII shows that the full decompression is established without any technical difficulty, which used to be not straightforward by the previous systems.

    DOI: 10.1080/08957959.2012.762914

    Web of Science

    researchmap

  • Successful Treatment of Severe Newly Diagnosed Immune Thrombocytopenia Involving an Alveolar Hemorrhage with Combination Therapy Consisting of Romiplostim, Rituximab and Vincristine 査読

    Kiyoshi Okazuka, Masayoshi Masuko, Yuji Matsuo, Shukuko Miyakoshi, Tomoyuki Tanaka, Takashi Kozakai, Hironori Kobayashi, Kyoko Fuse, Yasuhiko Shibasaki, Masato Moriyama, Jun Takizawa, Ichiro Fuse, Ken Toba, Tatsuo Furukawa

    INTERNAL MEDICINE52 ( 11 ) 1239 - 1242   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    A 51-year-old man was admitted due to a severe bleeding tendency. After he was diagnosed with immune thrombocytopenia (ITP), several therapies, including steroids, steroid pulse, vincristine and rituximab, were administered; however, the patient's bleeding symptoms were not sufficiently controllable with these treatments. Subsequently, a diffuse alveolar hemorrhage was observed. Treatment with a thrombopoietin receptor agonist, romiplostim, was initiated to prevent lethal hemorrhaging, although the efficacy of thrombopoietic receptor agonists in such emergency situations has not been elucidated. The initiation of romiplostim achieved prompt remission in platelets. This case suggests that combination therapy with romiplostim, rituximab and vincristine is effective in cases of newly diagnosed severe therapy-resistant ITP.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.52.0080

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • A novel synthetic derivative of human erythropoietin designed to bind to glycosaminoglycans 査読

    Masato Moriyama, Ken Toba, Haruo Hanawa, Kiminori Kato, Takao Yanagawa, Tsugumi Takayama, Takuya Ozawa, Hironori Kobayashi, Masato Higuchi, Hideki Saito, Yoshifusa Aizawa

    DRUG DELIVERY19 ( 4 ) 202 - 207   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:INFORMA HEALTHCARE  

    To synthesize long-acting and antiangiogenic erythropoietin to be clinically applied for treatment of patients with solid tumors, we synthesized a hybrid molecule of human erythropoietin added onto the C-terminus with a heparin-binding motif of human PLGF-2 to develop a novel derivative of long-acting and antiangiogenic erythropoietin: heparin-binding erythropoietin (HEPO), and studied the characteristics of this novel erythropoietin derivative. HEPO cDNA was synthesized, expressed in insect cells, and the protein was purified using a heparin-sepharose affinity column. The erythropoietic and angiogenic effects of the partially purified protein were analyzed in vitro and in vivo. The erythropoietic activity of the protein was equivalent to natural EPO in vitro. In vivo administration of the protein to mice revealed its long-acting erythropoietic activity as expected. Administration of the protein inhibited angiogenesis in a mouse limb ischemia model. In conclusion, the heparin-binding motif of PLGF-2 may act as, so to speak, a superendostatin. This novel long-acting erythropoietin derivative may have an advantage to inhibit tumor growth while preserving hematopoietic and tissue-protective effects.

    DOI: 10.3109/10717544.2012.690004

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Myelodysplastic Syndrome with Ph Negative Monosomy 7 Chromosome following Transient Bone Marrow Dysplasia during Imatinib Treatment for Chronic Myeloid Leukemia 査読

    Kaori Karimata, Masayoshi Masuko, Takashi Ushiki, Takashi Kozakai, Yasuhiko Shibasaki, Toshio Yano, Takashi Abe, Masato Moriyama, Ken Toba, Tatsuo Furukawa, Yoshifusa Aizawa

    INTERNAL MEDICINE50 ( 5 ) 481 - 485   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE  

    We describe a 60-year-old Japanese patient with chronic myeloid leukemia (CML) who developed myelodysplastic syndrome (MDS) with Ph negative monosomy 7 chromosome following transient bone marrow dysplasia during imatinib treatment. Most cases that developed chromosomal abnormality in Ph negative cells during imatinib therapy were reported to have less clinical implications, while rare cases developed MDS/AML. The present case suggested that metaphase karyotype analysis and bone marrow examination should be performed for the long term follow-up under imatinib treatment in cases showing cytopenia. The results also suggested that monosomy 7 in Ph negative cells may be an indicator of a poor prognosis.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.50.4481

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Pharmacokinetic and pharmacodynamic analysis of cyclosporine A (CsA) to find the best single time point for the monitoring and adjusting of CsA dose using twice-daily 3-h intravenous infusions in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation 査読

    Tatsuo Furukawa, Tori Kurasaki-Ida, Masayoshi Masuko, Nobuhiro Tsukada, Kiyoshi Okazuka, Naoko Sato, Toshio Yano, Takashi Abe, Akihito Momoi, Yasuhiko Shibasaki, Masutaka Higashimura, Kaori Karimata, Masato Moriyama, Takashi Kuroha, Jun Takizawa, Ken Toba, Miwako Narita, Ichiro Fuse, Masuhiro Takahashi, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY92 ( 1 ) 144 - 151   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Pharmacological study is predictably effective in establishing an optimal monitoring strategy for the usage of cyclosporine A (CsA) to prevent graft-versus-host disease (GVHD) in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation recipients. Pharmacokinetic profiling of 33 recipients administered CsA twice daily by 3-h intravenous infusion revealed that levels peaked 2-3 h after the start of infusion, and an exponential decline of CsA concentrations after the termination of infusion was observed. The correlation between the area under the curve (AUC(0-12)) and CsA concentration at various time points after infusion revealed that C (2) and C (3) correlated best with AUC(0-12) (r (2) = 0.725), while the trough concentration correlated poorly. Ex vivo T cell stimulation followed by intracellular cytokine detection with flow cytometry revealed that the capacity of T cells to produce cytokines upon stimulation was inversely proportional to the CsA concentration, and reached a minimum at about 700 ng/mL with a marginal decrease above this concentration. Extrapolation using the regression equations of this study and the data from our retrospective study leads to the assumption that the dose adjustment of CsA based on maintaining the C (3) concentration above 800 ng/mL may effectively prevent acute GVHD. To confirm this assumption, a prospective clinical study is required.

    DOI: 10.1007/s12185-010-0610-0

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Serum erythropoietin level as a marker of limb ischemia 査読

    Takuya Ozawa, Kiminori Kato, Ken Toba, Masato Oda, Manabu Isoda, Fuyuki Asami, Noboru Ikarashi, Takao Yanagawa, Masato Moriyama, Masutaka Higashimura, Toshiki Kitajima, Keita Otaki, Tsugumi Takayama, Satoru Hirono, Yuji Okura, Haruo Hanawa, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY130 ( 1 ) 106 - 108   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Bone marrow implantation (BMI) has been utilized for the treatment of limb ischemia, however, serum markers have not yet been reported to express the degree of limb ischemia. We analyzed the serum levels of several cytokines including erythropoietin (EPO) in the treated legs and the contralateral ones in 11 patients with limb ischemia treated with BMI. The EPO level in the pre-treated legs in the 5 patients with arteriosclerosis obliterans revealed a good correlation with ankle-brachial pressure index. The EPO level, but not the levels of TNF-alpha, VEGF, and bFGF in the pre-treated legs was significantly higher than that in the contralateral legs in the 11 patients, and the EPO level decreased in 4 weeks after BMI. The serum EPO level may express the degree of limb ischemia presumably through the reactive production of EPO in ischemic tissue. (C) 2007 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2007.07.005

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Imatinib mesilate inhibits neointimal hyperplasia via growth inhibition of vascular smooth muscle cells in a rat model of balloon injury 査読

    Yashiro Makiyama, Ken Toba, Kiminori Kato, Satoru Hirono, Takuya Ozawa, Takashi Saigawa, Shiro Minagawa, Manabu Isoda, Fuyuki Asami, Noboru Ikarashi, Masato Oda, Masato Moriyama, Masutaka Higashimura, Toshki Kitajinia, Keita Otaki, Yoshifusa Aizawa

    TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE215 ( 4 ) 299 - 306   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TOHOKU UNIV MEDICAL PRESS  

    Restenosis is a major problem in percutaneous catheter intervension (PCT) for coronary artery stenosis in patients with acute myocardial infarction. Coronary restenosis arises from intimal hyperplasia, i.e., hyperplasia of the vascular smooth muscle cells (SMCs) caused by endothelial cell (EC) damage due to PCT. Drug eluting stent (DES), a novel stent coated with a cell-growth inhibitor, such as rapamycin, has been utilized to block SMC proliferation, but DES also blocks EC repair and thus requires the administration of anti-platelets for a lone, time to prevent thrombus formation after PCT. Moreover, insufficient prevention of platelet aggregation sometimes induces restenosis after PCT. One of the signal transduction inhibitors, imatinib mesilate, blocks tyrosine kinase activity of platelet-derived growth factor receptor (PDGFR), and therefore it may block the development of neointima through growth inhibition of SMCs without the obstructive effect on EC-repair. We therefore studied the effects of imatinib on neointimal hyperplasia in a balloon injury model of rat carotid arteries. Rats were orally administered with imatinib for 14 days after balloon injury, and sacrificed to analyze the neointimal formation. Intimal hyperplasia was inhibited by imatinib in a dose-dependent manner. Therefore imatinib presumably obstructed the growth of SMCs via interception on growth-signaling of PDGFR. The administration of imatinib after coronary stenting or the use of an imatinib-eluting stent may further reduce the risk of restenosis in patients.

    DOI: 10.1620/tjem.215.299

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Prognostic factors of critical limb ischemia after autologous bone marrow implantation 査読

    Masato Oda, Kiminori Kato, Ken Toba, Keita Otaki, Toshiki Kitajima, Noboru Ikarashi, Takao Yanagawa, Masutaka Higashimura, Fuyuki Asami, Manabu Isoda, Takuya Ozawa, Masato Moriyama, Satoru Hirono, Yuji Okura, Haruo Hanawa, Makoto Kodama, Yoshifusa Aizawa

    Journal of Cardiology50 ( 4 ) 235 - 242   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objectives. Autologous bone marrow implantation (BMI) is effective to treat critical limb ischemia, but the long-term prognosis is not clear. The outcome of BMI treatment for ischemic legs was investigated related to the clinical background of the patient, and short-term effects of BMI. The end event was defined as unexpected lower limb amputation. Methods and Results. This study included 21 consecutive patients (mean age 60.0 ± 13.6 years) with peripheral arterial disease who underwent BMI between December 2001 and March 2005. Twelve patients had arteriosclerosis obliterans (ASO), 5 had Buerger disease (thromboangiitis obliterans), 3 had thromboembolism, and 1 had hypereosinophilic syndrome. The patients with ASO had severe complications such as diabetes and hyperlipidemia. The total number of transplanted CD34-positive cells, ankle-brachial pressure index (ABI), and tissue oxygen pressure (TcO 2) were lower in ASO patients than non-ASO patients. Significant risk factors for the event were diagnosis of ASO and low TcO2 (&lt
    30 mmHg) according to the Kaplan-Meier survival curve and log rank test. All 6 patients who required limb amputation had ASO simultaneously with low TcO 2 (6 of 9, 67%). In contrast, there was no correlation between the end event and short-term effect of BMI such as improvements in ABI and TcO 2. Conclusions. Treatment with BMI could not save legs in some patients with ASO associated with severe leg ischemia.

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Erythroid cells play essential roles in angiogenesis by bone marrow cell implantation 査読

    Takuya Ozawa, Ken Toba, Kiminori Kato, Shiro Minagawa, Takashi Saigawa, Haruo Hanawa, Yashiro Makiyama, Masato Moriyama, Kei-ichiro Honma, Manabu Isoda, Go Hasegawa, Makoto Naito, Masuhiro Takahashi, Yoshifusa Aizawa

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY40 ( 5 ) 629 - 638   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Bone marrow cell implantation (BMI) has been utilized to treat patients with limb and heart ischemia. BMI provides angiogenic precursors and angiogenic cytokine-producing cells, especially erythroid cells. In this study, we induced in vitro angiogenesis cultures and in vivo BMI simulation using a marine limb ischemia model to examine the role of erythroid cells and the effect of erythropoietin (EPO). Human erythroid colonies (BFU-e) induced capillary networks around the colonies in vitro. Erythroid cells in human bone marrow produced vascular endothelial growth factor and placental growth factor. The angiogenic effects of erythroid cells were further amplified in the presence of EPO. Limb-ischemic mice were treated with BMI +/- EPO, and limb survival, blood flow recovery, and muscle histology were analyzed. Treatment with whole bone marrow cells + EPO significantly improved limb survival and blood flow. The cumulative effects of EPO on BMI induced and increase in capillary number and artery enlargement. Erythroid cells were essential for the in vivo effects of BMI, and CD14-positive cells supported the biological effects. In addition to the direct effect of EPO on angiogenesis, EPO showed indirect effect on angiogenesis through amplifying the angiogenic effects by erythroid cells supported by CD14-positive cells. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2006.01.023

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Masked MLL gene rearrangement was disclosed in the clinical course and sequential development of chromosome abnormality in a patient with therapy related acute myelogeneous leukemia 査読

    S Hashimoto, K Toba, N Izumi, N Sato, H Takahashi, T Ozawa, M Moriyama, S Aoki, T Furukawa, M Narita, M Takahashi, Y Aizawa

    LEUKEMIA RESEARCH27 ( 3 ) 285 - 290   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Therapy related acute myelogenous leukemia in a 55-year-old Japanese woman is described. She had been treated for a diagnosis of non-Hodgkin's lymphoma 2 years before the onset of the secondary leukemia. She was diagnosed as AML (FAB: M2) with monosomy 7, and successfully treated by an intensive combination chemotherapy followed by an autologous peripheral blood stem cell transplantation. The disease relapsed shortly after the treatment, and the karyotype analysis revealed a complex abnormality accompanied with t(9; 11)(p22;q23), however, monosomy 7 was absent. Southern blotting analysis was performed, and MLL rearrangement was evident in both the bone marrow samples obtained at that time and the cryopreserved marrow cells obtained at the onset of the disease. The bone marrow sample stored in a Camoy solution at the onset was further analyzed, and three karyotype panels showing 45,XX, -7, t(9;11)(p22;q23) were found. Like this situation, a masked MLL rearrangement may have existed in some cases with hematopoictic malignancies, and appear to be disclosed in the clinical course. (C) 2002 Elsevier Science Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0145-2126(02)00176-5

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebrand因子(VWF)関連検査の有用性の検討

    森山雅人( 担当: 単著)

    新潟県医師会報  2014年11月 

     詳細を見る

  • 肺がんにj対する抗体療法

    森山雅人( 担当: 単著)

    最新医学  2014年3月 

     詳細を見る

  • Heparin-Binding Erythropoietin. Frontiers in Drug Discovery,Ken Toba and Masato Moriyama,Erythropoietic Stimulating Agents

    森山雅人( 担当: 共著)

    2013年10月 

     詳細を見る

  • 高齢者のde novo急性白血病の治療

    森山雅人( 担当: 単著)

    科学評論社  2011年6月 

     詳細を見る

  • 大学病院連携型高度医療人養成推進事業「NAR大学・地域-連携『+α専門医』の養成」プログラム

    森山雅人( 担当: 共著)

    新潟医学会雑誌  2010年10月 

     詳細を見る

  • ヘパリン結合性エリスロポエチンの作成とその生物学的特性の検討

    森山雅人( 担当: 単著)

    新潟医学会雑誌  2008年7月 

     詳細を見る

▶ 全件表示

MISC

  • 出血性素因,血栓性素因の検出および抗凝固療法におけるSysmex社製新規APTT測定試薬の性能評価

    松田将門, 森山雅人, 坂東孝彦, 山本尚季, 小林克史, 鈴木健史, 星山良樹, 南野徹

    臨床病理67   187   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん関連血栓塞栓症の早期診断と治療効果判定に有用な臨床検査系の確立

    森山雅人, 松田将門, 小宮山豊, 鈴木健史, 末武司, 佐々木健太, 齋木琢郎, 周啓亮, 松本吉史, 西條康夫

    臨床病理67   250   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨髄異形成症候群と低悪性度B細胞リンパ腫を合併し、多彩な合併症を呈した1例

    海發 茜, 小堺 貴司, 田村 秀, 片桐 隆幸, 河本 啓介, 難波 亜矢子, 布施 香子, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液60 ( 10 ) 1503 - 1503   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • Sysmex社製新規APTT測定試薬の性能評価と特長の探索

    松田将門, 森山雅人, 坂東孝彦, 山本尚季, 小林克史, 星山良樹, 南野徹, 南野徹

    日本検査血液学会雑誌20   S135   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Sysmex社製新規APTT測定試薬の性能評価と特長の探索

    松田 将門, 森山 雅人, 坂東 孝彦, 山本 尚季, 小林 克史, 星山 良樹, 南野 徹

    日本検査血液学会雑誌20 ( 学術集会 ) S135 - S135   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    researchmap

  • 13因子欠乏によると思われる出血症状をきたした慢性好中球性白血病

    青木志門, 田中智之, 佐藤直子, 矢野敏雄, 黒羽高志, 森山雅人, 惣宇利正善, 尾崎司, 桐戸敬太, 一瀬白帝, 古川達雄

    臨床血液60 ( 5 ) 521   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 13因子欠乏によると思われる出血症状をきたした慢性好中球性白血病

    青木 志門, 田中 智之, 佐藤 直子, 矢野 敏雄, 黒羽 高志, 森山 雅人, 惣宇利 正善, 尾崎 司, 桐戸 敬太, 一瀬 白帝, 古川 達雄

    臨床血液60 ( 5 ) 521 - 521   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 3度目の同種造血細胞移植後ポナチニブ維持療法を行い,寛解を維持している再発・難治Ph陽性ALL

    海發茜, 柴崎康彦, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 田村秀, 片桐隆幸, 河本啓介, 難波亜矢子, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集41st   173   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胚盤胞補完法とES細胞を用いたマウス生体内における肺臓器再生

    冉慶松, 周啓亮, 北原哲彦, 叶許緑, 佐々木健太, 齋木琢郎, 松本吉史, 森山雅人, 泰江章博, 阿部学, 味岡洋一, 笹岡俊邦, 西條康夫

    日本再生医療学会総会(Web)18th   ROMBUNNO.O‐37‐6 (WEB ONLY)   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ループスアンチコアグラントを効率的に検出するスクリーニングテストとしての希釈プロトロンビン時間アッセイ(Dilute prothrombin time assay as a screening test to effectively detect lupus anticoagulant)

    松田 将門, 森山 雅人, 星山 良樹, 南野 徹

    臨床病理66 ( 補冊 ) 176 - 176   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

    researchmap

  • ループスアンチコアグラントを効率的に検出するスクリーニングテストとしての希釈プロトロンビン時間アッセイ(Dilute prothrombin time assay as a screening test to effectively detect lupus anticoagulant)

    松田 将門, 森山 雅人, 星山 良樹, 南野 徹

    臨床病理66 ( 補冊 ) 176 - 176   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本臨床検査医学会  

    researchmap

  • Trachea Engineering Using a Centrifugation Method and Mouse-Induced Pluripotent Stem Cells

    Qiliang Zhou, Xulu Ye, Qingsong Ran, Akihiko Kitahara, Yoshifumi Matsumoto, Masato Moriyama, Yoichi Ajioka, Yasuo Saijo

    Tissue Engineering - Part C: Methods24   524 - 533   2018年9月

     詳細を見る

    © Copyright 2018, Mary Ann Liebert, Inc., publishers 2018. The outcomes of tracheal transplantation for the treatment of airway stenosis are unsatisfactory. We investigated the feasibility of regeneration of the trachea using a rat decellularized tracheal scaffold and mouse-induced pluripotent stem (iPS) cells for in vivo transplantation. The rat trachea was first decellularized using a detergent/enzymatic treatment method. We successfully established a centrifugation method that can transplant cells onto the luminal surface of the decellularized rat tracheal scaffold circumferentially. Two types of mouse iPS cells were differentiated into definitive endoderm cells and transplanted onto the luminal surface of the decellularized tracheal matrix scaffold using this centrifugation method. For in vivo study, normal rat tracheas, no-cell rat tracheal scaffolds, or rat tracheal scaffolds recellularized with rat tracheal epithelial cells (EGV-4T) were orthotopically transplanted on F344 rats, and rat tracheal scaffolds recellularized with mouse iPS cells were transplanted on F344/NJc1-rnu/rnu rats. Rats transplanted with no-cell scaffolds or scaffolds recellularized with EGV-4T survived for 1 month, although airway stenosis was observed. One of the F344/NJc1-rnu/rnu rats transplanted with rat trachea regenerated using mouse iPS cells survived over 5 weeks. Histological analysis indicated the cause of death was airway stenosis due to colonic cellular proliferation of undifferentiated iPS cells. Re-epithelialization with numerous ciliated epithelial cells was observed in one of the rats transplanted with trachea bioengineered using iPS cells. In this study, we present a simple and efficient tracheal tissue engineering model using a centrifugation method in a small-animal model. Tissue-engineered trachea using decellularized tracheal scaffolds and iPS cells is potentially applicable for tracheal transplantation.

    DOI: 10.1089/ten.tec.2018.0115

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • がん関連血栓塞栓症 機序・診断・治療(Cancer-associated thromboembolism(CAT): mechanism, diagnosis and management)

    森山 雅人

    臨床血液59 ( 9 ) 1540 - 1540   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 凝固検査の標準化における遠心条件の重要性―5mL採血管の遠心条件の検討―

    松田将門, 森山雅人, 鈴木健史, 小宮山豊, 末武司, 星山良樹, 西條康夫, 南野徹

    日本検査血液学会雑誌19 ( 学術集会 ) S130 - S130   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 凝固検査の標準化における遠心条件の重要性 5mL採血管の遠心条件の検討

    松田 将門, 森山 雅人, 鈴木 健史, 小宮山 豊, 末武 司, 星山 良樹, 西條 康夫, 南野 徹

    日本検査血液学会雑誌19 ( 学術集会 ) S130 - S130   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    researchmap

  • シスプラチンの関与が疑われた即時型アレルギー性肝障害の一症例

    八重樫彩花, 吉田謙介, 島田泉, 鈴木直人, ZHOU Qiliang, 松本吉史, 森山雅人, 西條康夫, 外山聡

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)16th   ROMBUNNO.P1‐119   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • AYA世代におけるがん診療の実態調査

    上村賢介, 上村賢介, 松本吉史, ZHOU Qiliang, 森山雅人, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)16th   ROMBUNNO.P1‐275   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における後期高齢者の食道癌診療と治療成績

    ZHOU Qiliang, 木村和義, 佐々木健太, 松本吉史, 森山雅人, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)16th   ROMBUNNO.P3‐202   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • マーカー染色体が急性骨髄性白血病に対する同種造血細胞移植成績に与える影響

    田中智之, 布施香子, 諏訪部達也, 笠見卓哉, 河本啓介, 河本啓介, 牛木隆志, 森山雅人, 柴崎康彦, 柴崎康彦, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集40th   239   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血小板凝集能低下により止血が困難であった骨髄異形成症候群

    田中 智之, 小堺 貴司, 北嶋 俊樹, 布施 香子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 曽根 博仁, 布施 一郎, 増子 正義

    臨床血液58 ( 12 ) 2402 - 2405   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    症例は75歳の女性。血液検査で貧血と末梢血に芽球を認められたため、当院を紹介受診した。骨髄穿刺で骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome with excess blasts 2, MDS-EB-2)と診断された。血球減少の進行や芽球の増加、および出血症状はなく経過していた。診断から10ヵ月後、左手母指球に外傷を負い、内出血が持続し、止血困難となったため緊急入院した。血小板数は正常範囲であったが、血小板機能検査でコラーゲン凝集能とアラキドン酸凝集能の低下を認められた。抗血小板薬の内服はなく、またこれまで出血傾向の既往もなかったことから、MDSによる二次性の血小板機能低下による出血と判断し、血小板輸血を行い止血した。MDSの患者では、潜在的に血小板凝集能が低下していることが多く、血小板数の割に出血傾向が強い場合には血小板凝集能を調べ、血小板輸血などの治療介入を検討する必要がある。(著者抄録)

    researchmap

  • 当院での局所進行膵臓癌に対するS‐1併用化学放射線療法について

    松本吉史, 周啓亮, 森山雅人, 滝沢一泰, 若井俊文, 青山英史, 西條康夫

    日本癌治療学会学術集会(Web)55th   ROMBUNNO.P53‐5 (WEB ONLY) - 5   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本癌治療学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 単一施設における末梢性T細胞リンパ腫、非特定型の後方視的解析

    鈴木 隆晴, 河本 啓介, 田村 秀, 上村 駿, 海發 茜, 根本 洋樹, 小林 弘典, 牛木 隆志, 布施 香子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 増子 正義, 成田 美和子, 曽根 博仁, 青木 定夫, 中村 直哉, 大島 孝一, 瀧澤 淳

    臨床血液58 ( 8 ) 905 - 911   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    1998年から2015年までに新潟大学医歯学総合病院血液内科で診断したPTCL,NOS 28例について臨床像,病理学的特徴,治療内容,予後を後方視的に解析した。性別は男性16例,女性12例で年齢中央値62.5(26〜88)歳。IPIはHIが10例,Hが9例であり高リスク群が68%を占めていた。初回治療としてCHOPまたはTHP-COP療法が12例に行われ,第三世代化学療法が9例に行われた。予後の確認ができた26例の観察期間中央値30ヵ月(範囲1〜164ヵ月)における2年OSは61%,2年PFSは44%であった。初回治療における効果がCRであった11例は5年OS 83%,5年PFS 75%であり,CRに至らなかった9例に比べ予後良好であった(p<0.005)。PTCL,NOSに対する新規薬剤を用いた治療法の開発が望まれる。(著者抄録)

    researchmap

  • 臍帯血移植後にヒトパルボウイルスB19感染による自己免疫性溶血性貧血と赤芽球癆を発症した1例

    海發 茜, 柴崎 康彦, 上村 駿, 田村 秀, 小堺 貴司, 難波 亜矢子, 小林 弘典, 布施 香子, 牛木 隆志, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液58 ( 8 ) 1078 - 1078   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    researchmap

  • 凝固検査の標準化における遠心条件の重要性―高速遠心による凝固活性化の可能性―

    森山雅人, 松田将門, 鈴木健史, 小宮山豊, 末武司, 井藤ヒロミ, 高野操, 西條康夫, 松戸隆之, 曽根博仁

    日本検査血液学会雑誌18 ( 学術集会 ) S169 - S169   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本検査血液学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ELISAを測定原理とする抗凝固第VIII因子抗体測定キットZYMUTEST Anti VIII IgGの第VIII因子インヒビター検出能の評価

    松田将門, 森山雅人, 鈴木健史, 小宮山豊, 末武司, 星山良樹, 高野操, 松戸隆之, 曽根博仁

    日本検査血液学会雑誌18   S132   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Clinical Decision Makingに有用な血栓止血系検査の話題~血友病からがんと血栓塞栓症まで~

    森山雅人

    日本血栓止血学会誌28 ( 2 ) 168 - 168   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血栓止血学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 樹木構造接近法を用いた急性白血病,骨髄異形成症候群に対する造血細胞移植後の予後因子の解析

    布施香子, 上村駿, 海發茜, 鈴木隆晴, 田村秀, 片桐隆幸, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集39th   247   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植において生着後早期の免疫再構築はドナーソースや移植法により異なる

    上村駿, 柴崎康彦, 片桐隆幸, 井藤ヒロミ, 海發茜, 田村秀, 鈴木隆晴, 根本洋樹, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集39th   237   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移植後長期フォローアップにおける再発の早期発見を目的とした末梢血STR法の有用性

    海發茜, 柴崎康彦, 中村岳史, 椎谷恵子, 和田玲子, 田村秀, 鈴木隆晴, 上村駿, 片桐隆幸, 根元洋樹, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集39th   252   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗CCR4抗体併用化学療法による寛解後の臍帯血移植が奏効した成人T細胞白血病リンパ腫

    諏訪部 達也, 柴崎 康彦, 海發 茜, 片桐 隆幸, 宮腰 淑子, 布施 香子, 小林 弘典, 牛木 隆志, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 成田 美和子, 曽根 博仁, 増子 正義

    臨床血液58 ( 1 ) 32 - 36   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

    症例は成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)急性型の62歳男性。CHOP療法単独では治療抵抗性であったが,抗CCR4抗体mogamulizumab併用CHOP療法が奏効し寛解を得た。HLA一致血縁・非血縁ドナーが得られず,mogamulizumab最終投与後71日目に骨髄非破壊的前処置を用いた臍帯血移植を施行した。急性移植片対宿主病(GVHD)grade II(皮膚stage2)を発症したが,methylprednisolone投与により制御可能であり,移植後9ヵ月時点まで寛解を維持している。経過中,制御性T細胞(Treg)は著減したままの状態であった。同種造血幹細胞移植はATLLの根治的治療であるが,移植前にmogamulizumabを使用する際,Tregの減少による急性GVHDの発症頻度・重症度が増加する可能性が報告されている。寛解期移植を目指すためにmogamulizumabを使用せざるを得ない症例における至適なドナーソースや移植時期,GVHD予防法に関して,更なる症例の蓄積が望まれる。(著者抄録)

    researchmap

  • 当科におけるレンバチニブ治療を施行した進行期甲状腺がん5例の検討

    ZHOU Qiliang, 松本吉史, 森山雅人, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)15th   ROMBUNNO.O2‐10‐2   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当院における局所進行膵臓癌に対するS‐1併用化学放射線療法の検討

    松本吉史, 森山雅人, ZHOU Qiliang, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)15th   ROMBUNNO.P1‐116   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科におけるIVLBCL 14例の臨床病理学的検討

    諏訪部達也, 河本啓介, 片桐隆幸, 宮腰淑子, 小林弘典, 牛木隆志, 布施香子, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 成田美和子, 曽根博仁, 瀧澤淳, 中村直哉, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌56   92   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血漿中マイクロパーティクルの凝固活性を指標としたクロスミキシングテスト用正常血漿の評価

    松田将門, 森山雅人, 鈴木健史, 小宮山豊, 末武司, 松戸隆之, 高野操, 曽根博仁

    日本検査血液学会雑誌17   S150   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アルブミン,フェリチン,CRPを用いたBiomarker indexは,造血幹細胞移植前患者に対するHCT‐CIとは独立した予後予測因子である

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 宮腰淑子, 布施香子, 小林弘典, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集38th   221   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 生体由来気管スキャフォールドとiPS細胞を用いた気管再生の試み

    周啓亮, 叶許緑, 松本吉史, 森山雅人, 味岡洋一, 西條康夫

    再生医療15   200   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗CCR4抗体併用化学療法により寛解が得られた後に,臍帯血移植を行ったATLLの1例

    諏訪部達也, 柴崎康彦, 片桐隆幸, 宮腰淑子, 布施香子, 小林弘典, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    臨床血液57 ( 6 ) 776(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当科におけるPTCL,NOS28例の臨床病理学的解析

    鈴木隆晴, 田村秀, 上村俊, 海發茜, 河本啓介, 根本洋樹, 小林弘典, 牛木隆志, 布施香子, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 成田美和子, 曽根博仁, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一, 瀧澤淳

    臨床血液57 ( 11 ) 2426(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人肥満がん患者に対する実体重に基づく細胞障害性抗がん剤投与量による血液毒性

    上村賢介, 上村賢介, 森山雅人, 松本吉史, 周啓亮, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)14th   ROMBUNNO.P1‐187   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • HLA半合致移植を施行した最重症再生不良性貧血の1例

    宮腰淑子, 柴崎康彦, 諏訪部達也, 片桐隆幸, 小林弘典, 布施香子, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    臨床血液57 ( 11 ) 2416(J‐STAGE)   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Combination of Low Rate of gamma delta T Cells and High Rate of Regulatory T Cells after Allogeneic Stem Cell Transplantation Is a Poor Prognostic Factor for Patients with Hematological Neoplasm

    Yasuhiko Shibasaki, Syukuko Miyakoshi, Takayuki Katagiri, Kyoko Fuse, Hironori Kobayashi, Takashi Ushiki, Masato Moriyama, Jun Takizawa, Miwako Narita, Hirohito Sone, Masayoshi Masuko

    BLOOD126 ( 23 )   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER SOC HEMATOLOGY  

    Web of Science

    researchmap

  • 脳死両肺移植後の小腸DLBCL発症に対して化学療法施行後に気管支アスペルギローシスを発症した1例

    河本啓介, 河本啓介, 佐藤征二郎, 根本洋樹, 小林弘典, 柴崎康彦, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 土田正則, 曽根博仁, 増子正義

    臨床血液56 ( 11 ) 2361   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性AT‐III欠損症が疑われる上腸間膜静脈・門脈血栓症の1例

    品川陽子, 上村顕也, 小川光平, 水野研一, 竹内学, 阿部寛幸, 高橋祥史, 小林雄司, 野本実, 寺井崇二, 河久順志, 渡辺順, 森山雅人

    新潟医学会雑誌129 ( 10 ) 630   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 40 先天性AT-III欠損症が疑われる上腸間膜静脈・門脈血栓症の1例(Ⅰ.一般演題, 第39回リバーカンファレンス)

    品川 陽子, 上村 顕也, 小川 光平, 水野 研一, 竹内 学, 阿部 寛幸, 高橋 祥史, 小林 雄司, 野本 実, 寺井 崇二, 河久 順志, 渡辺 順, 森山 雅人

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌129 ( 10 ) 630 - 630   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • Possible involvement of lung cells harboring an abnormal karyotype in the pathogenesis of pulmonary alveolar proteinosis associated with myelodysplastic syndrome

    Masato Moriyama, Toshio Yano, Tatsuo Furukawa, Toshinori Takada, Takashi Ushiki, Masayoshi Masuko, Jun Takizawa, Hirohito Sone, Ryushi Tazawa, Yasuo Saijo, Haruyuki Ishii, Koh Nakata

    Annals of the American Thoracic Society12 ( 8 ) 1251 - 1253   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:American Thoracic Society  

    DOI: 10.1513/AnnalsATS.201503-175LE

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 再発時CCND1転座陽性となったCD5陽性MALTリンパ腫の1例

    根本洋樹, 笠見卓哉, 片桐隆幸, 河本啓介, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 成田美和子, 曽根博仁, 瀧澤淳, 大湊絢, 張大行, 尾山徳秀, 福地健郎, 竹内賢吾, 中村直哉, 栗田大輔, 市川理子, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌55   104   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PERIPHERAL BLOOD EOSINOPHIL COUNT AT DAY 28 AS A PROGNOSTIC INDICATOR IN ALLOGENEIC HEMATOPOIETIC STEM CELL TRANSPLANTATION

    K. Kawamoto, Y. Shibasaki, H. Kobayashi, T. Ushiki, N. Sato, T. Yano, M. Moriyama, T. Kuroha, J. Takizawa, S. Hashimoto, M. Narita, T. Furukawa, H. Sone, M. Masuko

    HAEMATOLOGICA100   280 - 280   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FERRATA STORTI FOUNDATION  

    Web of Science

    researchmap

  • PNH型赤血球の出現を合併したEvans症候群の1例

    小林弘典, 笠見卓哉, 片桐隆幸, 根本洋樹, 河本啓介, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 亀崎豊実, 増子正義

    臨床血液56 ( 5 ) 550 - 551   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 妊娠を契機に診断されたUpshaw‐Schulman症候群症例における第二子妊娠の周産期管理

    森山雅人, 玉木悦子, 松本雅則, 石西綾美, 松本吉史, 冨永麻理恵, 工藤理沙, 安達聡介, 生野寿史, 高桑好一, 宮腰淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 牛木隆志, 柴崎康彦, 増子正義, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 西條康夫

    日本血栓止血学会誌26 ( 2 ) 193   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 造血幹細胞移植後28日目の末梢血好酸球数50/μl未満は予後不良因子である

    河本啓介, 柴崎康彦, 小林弘典, 牛木隆志, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集37th   230   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植における血清蛋白と発熱・炎症反応との関連性の検討

    森山雅人, 柴崎康彦, 増子正義, 根本洋樹, 片桐隆幸, 笠見卓哉, 河本啓介, 田中智之, 宮腰淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 布施香子, 牛木隆志, 瀧澤淳, 曽根博仁, 西條康夫

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集37th   309   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MDSに対する同種移植によるMDS transplant risk indexの有用性

    片桐隆幸, 柴崎康彦, 小林弘典, 牛木隆志, 佐藤直子, 矢野敏雄, 森山雅人, 黒羽高志, 瀧澤淳, 橋本誠雄, 小池正, 曽根博仁, 古川達雄, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集37th   237   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臍帯血移植後,血漿HHV‐6DNA量が比較的低値でありながらHHV‐6脳炎を発症したEBウイルス関連リンパ増殖症(EBV‐LPD)の一例

    根本洋樹, 小林弘典, 笠見卓哉, 片桐隆幸, 河本啓介, 牛木隆志, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 成田美和子, 曽根博仁, 増子正義, 石原智彦, 西澤正豊

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集37th   306   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Associations between endothelial cell activation and acute GVHD after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation

    Shosaku Nomura, Kazuyoshi Ishii, Yoshinobu Maeda, Yuta Katayama, Hideo Yagi, Naohito Fujishima, Shuichi Ota, Masato Moriyama, Masanori Seki, Masaya Okada, Yasuhiko Miyazaki, Yoshio Saburi, Eitoh Boku, Takayuki Ikezoe, Kunio Hayashi, Nobuyoshi Arima, Shinya Fujita, Aya Nakaya, Atsushi Satake, Tomoki Ito, Masanori Matsumoto, Taiichi Kyo, Yoji Ishida, Shigeru Chiba, Hiroyasu Ogawa, Mitsune Tanimoto, Kenichi Sawada

    Current Trends in Immunology16   17 - 25   2015年1月

     詳細を見る

    Hematopoietic stem cell transplantation (HSCT) involves the potential for certain serious transplantrelated complications such as graft-versus-host disease (GVHD), and recovery from such complications is vital for a successful HSCT outcome. Acute GVHD (aGVHD) occurs in the early period after transplantation and is initiated by alloreactive donor T cells. The mechanisms whereby immune responses trigger this post-transplantation condition remain unclear, but endothelial cell function might play a role in this. We investigated the expression of endothelial cell activation markers such as sE-selectin, sVCAM-1, PAI-1 and microparticle (MP) in patients undergoing allogeneic HSCT. Additionally, we studied the effects of recombinant soluble thrombomodulin (rTM) on the expression of these markers. Our study cohort included 312 patients who underwent allo HSCT at 25 institutions in Japan. In the 143 patients who developed aGVHD, levels of endothelial cell activation markers were significantly higher compared to patients who did not develop aGVHD. Moreover, patients who received rTM exhibited a significantly lower frequency of aGVHD and reduced levels of endothelial cell activation markers. Our findings suggest that endothelial cell activation might be linked to aGVHD, and that rTM might at least in part act to prevent aGVHD by its effect on endothelial cells.

    Scopus

    researchmap

  • Erdheim‐Chester病に対してIFN‐αが効果的であった一例

    森山雅人, 松本吉史, 永橋昌幸, ZHOU Qi Liang, 遠藤麻巳子, 高井千夏, 渡辺博文, 成田一衛, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)13th   ROMBUNNO.P1-2-63   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • がん薬物療法における肥満患者に対する薬剤適正投与量についての検討

    上村賢介, 上村賢介, 森山雅人, 松本吉史, 周けい亮, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)13th   ROMBUNNO.P3-3-6   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebeand因子(VWF)関連検査の有用性の検討

    森山雅人

    新潟県医師会報 ( 776 ) 8 - 10   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重症再生不良性貧血に対する免疫抑制療法中に長期の潜伏期を経て発症したレジオネラ肺炎の1例

    小林弘典, 宮腰淑子, 小堺貴司, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 瀧澤淳, 曽根博仁, 田邊嘉也

    臨床血液55 ( 7 ) 827   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MALTリンパ腫65例の臨床病理学的検討

    瀧澤淳, 小林弘典, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 成田美和子, 大湊絢, 張大行, 尾山徳秀, 福地健郎, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌54   101   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • MALTリンパ腫65例の臨床病理学的検討

    瀧澤淳, 小林弘典, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 成田美和子, 大湊絢, 張大行, 尾山徳秀, 福地健郎, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌54   91   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 専門研修用高度シミュレーターを用いた専門研修への取り組み

    藤澤純一, 森山雅人, 鈴木栄一, 長谷川隆志

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌2   83 - 84   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 抗体によるがん分子標的治療 臓器別がんに対する抗体療法 肺がんに対する抗体療法

    森山雅人, 西條康夫

    最新医学69 ( 3 ) 433 - 442   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺がんに対する抗体療法 (特集 抗体によるがん分子標的治療) -- (臓器別がんに対する抗体療法)

    森山 雅人, 西條 康夫

    最新医学69 ( 3 ) 433 - 442   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:最新医学社  

    CiNii Article

    researchmap

  • MYC転座陽性アグレッシブB細胞リンパ腫15例の後方視的解析

    瀧澤淳, 宮腰淑子, 田中智之, 小堺貴司, 小林弘典, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁

    日本内科学会雑誌103   174   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性骨髄性白血病及び骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植成績に移植前骨髄の芽球率が与える影響

    柴崎康彦, 宮越淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 森山雅人, 古川達雄, 増子正義, 曽根博仁

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集36th   331   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植における血清蛋白と発熱・炎症所見との関連性の検討

    松本瑛生, 森山雅人, 平安座依子, 田中智之, 宮腰淑子, 小堺貴司, 小林弘典, 布施香子, 柴崎康彦, 増子正義, 瀧澤淳, 古川達雄, 曽根博仁, 西條康夫

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集36th   360   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 再発後の再移植後の汎血球減少期にgrade4の重症心不全を併発するも救命しえた急性骨髄性白血病

    宮腰淑子, 柴崎康彦, 布施香子, 森山雅人, 古川達雄, 勝海悟郎, 小田雅人, 渡部裕, 柏村健, 南野徹, 曽根博仁, 増子正義

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集36th   341   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植関連口腔粘膜炎の危険因子とsystematic oral managementの役割

    勝良剛詞, 増子正義, 古川達雄, 曽我麻里恵, 柴崎康彦, 森山雅人, 小堺貴司, 千葉香, 高木律男, 林孝文

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集36th   342   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新鮮凍結血漿にアレルギーを有する血栓性血小板減少性紫斑病に対し二重濾過血漿交換法を施行した1例

    河野恵美子, 風間順一郎, 中枝武史, 和田庸子, 谷江駿矢, 今井宗次郎, 近藤友希, 森山雅人, 中野正明, 成田一衛

    日本アフェレシス学会雑誌33 ( Supplement ) 191   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学医歯学総合病院におけるキャンサーボードの概要と現状

    森山雅人, 松本吉史, 白戸亨, 三星美奈子, 海津元樹, 青山英史, 西條康夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)12th   ROMBUNNO.O2-16-2   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 遅延性に輸血後E型肝炎を発症した急性前骨髄球性白血病の1例

    高橋祥史, 上村顕也, 阿部寛幸, 水野研一, 竹内学, 須田剛士, 野本実, 青柳豊, 布施香子, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁

    新潟医学会雑誌127 ( 10 ) 568   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4 遅延性に輸血後E型肝炎を発症した急性前骨髄球性白血病の1例(Ⅰ.一般演題, 第37回リバーカンファレンス)

    高橋 祥史, 上村 顕也, 阿部 寛幸, 水野 研一, 竹内 学, 須田 剛士, 野本 実, 青柳 豊, 布施 香子, 森山 雅人, 増子 正義, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌127 ( 10 ) 568 - 568   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 輸血によるE型肝炎ウイルス(HEV)感染症例の一考察

    松山雄一, 古俣妙, 瀬下敏, 今田恒芳, 布施一郎, 布施香子, 森山雅人, 増子正義, 高橋祥史, 上村顕也, 須田剛士

    血液事業36 ( 2 ) 438   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腹水を契機に発見されたTPLLの1例

    棚橋怜生, 布施香子, 田中智之, 小堺貴司, 森山雅人, 増子正義, 瀧澤淳, 古川達雄, 曽根博仁

    新潟医学会雑誌127 ( 7 ) 386   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4 腹水を契機に発見されたTPLLの1例(一般演題, 第53回下越内科集談会)

    棚橋 怜生, 布施 香子, 田中 智之, 小堺 貴司, 森山 雅人, 増子 正義, 瀧澤 淳, 古川 達雄, 曽根 博仁

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌127 ( 7 ) 386 - 386   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 当科における悪性リンパ腫と合併する悪性腫瘍の後方視的検討

    宮腰淑子, 瀧澤淳, 田中智之, 布施香子, 小堺貴司, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 尾山徳秀, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌53   113   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 治療後3ケ月の血清IL‐2R値はびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の長期予後を反映する

    田中智之, 瀧澤淳, 宮腰淑子, 小堺貴司, 布施香子, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 尾山徳秀, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌53   120   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Nelarabine/Fludarabine併用療法により寛解を得たT‐PLLの一例

    布施香子, 瀧澤淳, 宮腰淑子, 田中智之, 小堺貴司, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 曽根博仁, 三好寛明, 大島孝一, 横濱章彦

    日本リンパ網内系学会会誌53   151   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 妊娠を契機に診断された新規の遺伝子変異を伴うUpshaw‐Schulman症候群(USS)の一例

    小堺貴司, 森山雅人, 布施一郎, 柴崎康彦, 増子正義, 瀧澤淳, 鳥羽健, 吉田邦彦, 小亀浩市, 宮田敏行, 松本雅則, 藤村吉博, 曽根博仁

    日本血栓止血学会誌24 ( 2 ) 213   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 腎移植後の腎障害合併MDS患者に対して減量フルダラビン,ブスルファンによる前処置による骨髄非破壊的造血幹細胞移植を行った一例

    西脇邦恵, 岡塚貴世志, 宮腰淑子, 柴崎康彦, 増子正義, 森山雅人, 瀧澤淳, 中川由紀, 斎藤和英, 鳴海福星, 高橋公太, 曽根博仁, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集35th   265   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Disease Risk Index(DRI)が造血器腫瘍に対する同種造血幹細胞移植成績に与える影響

    田中智之, 増子正義, 小堺貴司, 布施香子, 柴崎康彦, 岡塚貴世志, 森山雅人, 宮腰淑子, 瀧澤淳, 鳥羽健, 曽根博仁, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集35th   212   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 骨髄破壊的前処置による同種造血幹細胞移植後早期の末梢血リンパ球数が予後に与える影響

    柴崎康彦, 増子正義, 森山雅人, 岡塚貴世志, 布施香子, 小堺貴司, 宮越淑子, 田中智之, 鳥羽健, 曽根博仁, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集35th   218   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 診断に苦慮し急速な肝不全の進行を来たした肝アミロイドーシスの1例

    星隆洋, 田村康, 佐藤裕樹, 横山純二, 山際訓, 青柳豊, 丸山弦, 大矢洋, 森山雅人, 後藤眞

    新潟医学会雑誌126 ( 11 ) 628   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 1 診断に苦慮し急速な肝不全の進行を来たした肝アミロイドーシスの1例(I.一般演題, 第36回リバーカンファレンス)

    星 隆洋, 田村 康, 佐藤 裕樹, 横山 純二, 山際 訓, 青柳 豊, 丸山 弦, 大矢 洋, 森山 雅人, 後藤 眞

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌126 ( 11 ) 628 - 628   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 専門研修医・指導医支援におけるビデオ会議システムの効用

    藤澤純一, 森山雅人, 井口清太郎, 長谷川隆志, 鈴木栄一

    医学教育43 ( Suppl. ) 187   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 急性GVHDがAML/MDSに対する同種造血幹細胞移植後後期の再発及び死亡に与える影響

    岡塚貴世志, 森山雅人, 増子正義, 瀧澤淳, 鳥羽健, 古川達雄

    日本内科学会雑誌101   316   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 移植後早期より出現してGrade3以上の胸水・心嚢液貯留を認めた非血縁者間骨髄移植の一例

    布施香子, 森山雅人, 田中智之, 東村益孝, 増子正義, 鳥羽健, 古川達雄

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集34th   302   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 悪性リンパ腫WHO分類病型別の血清IL‐2R値

    田中智之, 瀧澤淳, 宮腰淑子, 布施香子, 東村益孝, 岡塚貴世志, 阿部崇, 森山雅人, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    臨床血液52 ( 9 ) 1280   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Hodgkin リンパ腫における血清IL‐2Rの意義

    宮腰淑子, 瀧澤淳, 田中智之, 布施香子, 東村益孝, 岡塚貴世志, 森山雅人, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 青木定夫, 中村直哉, 大島孝一

    臨床血液52 ( 9 ) 1188   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 医学部6年生の地域医療に対する意識~6年間のアンケート調査を通して~

    藤澤純一, 森山雅人, 井口清太郎, 小川洋平, 影向晃, 鈴木栄一, 長谷川隆志

    医学教育42 ( Suppl. ) 58   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢者の血液疾患診療の進歩と実際 高齢者のde novo急性白血病の治療

    森山雅人

    月刊血液内科62 ( 6 ) 684 - 693   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 全身結節性皮疹で発症したtriple hit lymphomaの一例

    小堺貴司, 瀧澤淳, 北嶋俊樹, 東村益孝, 柴崎康彦, 阿部崇, 森山雅人, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 相澤義房, 木村芳三, 大島孝一

    日本リンパ網内系学会会誌51   96   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 高齢者のde novo急性白血病の治療 (特集 高齢者の血液疾患診療の進歩と実際)

    森山 雅人

    血液内科62 ( 6 ) 684 - 693   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:科学評論社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 皮膚に髄外病変を認めたinv(16)を有する急性骨髄性白血病の1例

    柴田怜, 柴崎康彦, 森山雅人, 滝澤淳, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 相澤義房

    新潟医学会雑誌125 ( 5 ) 291   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2 皮膚に髄外病変を認めたinv (16) を有する急性骨髄性白血病の1例(一般演題,第51回下越内科集談会)

    柴田 怜, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 滝澤 淳, 増子 正義, 古川 達雄, 鳥羽 健, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌125 ( 5 ) 291 - 291   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 「NAR大学・地域連携『+α専門医』の養成」プログラムの取り組み

    藤澤純一, 森山雅人, 鈴木栄一, 長谷川隆志, 井口清太郎, 小川洋平

    医学教育41 ( Suppl. ) 71   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 発熱,好酸球増多,皮疹で発症した悪性リンパ腫の1例

    水澤健, 東村益孝, 百都亜矢子, 柴崎康彦, 森山雅人, 瀧澤淳, 鳥羽健, 青木定夫, 相澤義房

    新潟医学会雑誌124 ( 6 ) 350 - 351   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 7 発熱, 好酸球増多, 皮疹で発症した悪性リンパ腫の1例(一般演題,第50回下越内科集談会)

    水澤 健, 東村 益孝, 百都 亜矢子, 柴崎 康彦, 森山 雅人, 瀧澤 淳, 鳥羽 健, 青木 定夫, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌124 ( 6 ) 350 - 351   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 大学病院連携型高度医療人養成推進事業「NAR大学・地域連携『+α専門医』の養成」プログラム

    藤澤純一, 森山雅人, 井口清太郎, 鈴木栄一, 長谷川隆志

    新潟医学会雑誌124 ( 3 ) 132 - 137   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学病院連携型高度医療人養成推進事業「NAR大学・地域連携『+α専門医』の養成」プログラム (シンポジウム 医学・医療における『連携』を考える 第646回新潟医学会)

    藤澤 純一, 森山 雅人, 井口 清太郎

    新潟医学会雑誌124 ( 3 ) 132 - 137   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 移植前の高フェリチン血症は急性白血病に対する同種造血幹細胞移植の予後不良因子である

    小堺貴司, 増子正義, 小林弘典, 東村益孝, 森山雅人, 鳥羽健, 古川達雄, 相澤義房

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集8th   295   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植後に認められる高フェリチン血症の意義

    小林弘典, 増子正義, 森山雅人, 鳥羽健, 古川達雄, 相澤義房

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集32nd   300   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • late rejectionを来したHLA class1拒絶方向一座不一致同種末梢血幹細胞移植例

    田中智之, 柴崎康彦, 森山雅人, 小林弘典, 増子正義, 古川達雄, 鳥羽健, 相澤義房

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集32nd   240   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ヘパリン結合性エリスロポエチンの作成とその生物学的特性の検討

    森山雅人

    新潟医学会雑誌123 ( 11 ) 563 - 572   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    【目的】 サイトカインには造血因子のように血流を介して遠隔臓器に作用するものとPDGF家系分子やケモカインのようにヘパリン親和性モチーフを介して分泌局所に濃度勾配を形成して作用するものがある. エリスロポエチン (EPO) は赤血球系造血因子として発見されたが, 血管内皮・心筋・中枢神経などにも作用し細胞保護的に働く. エリスロポエチンにヘパリン親和性モチーフを導入することで組織外マトリックスおよび血管内皮への特異的結合性を与え, EPOの細胞保護作用に有用な特性を付加することを目指した. 【方法と結果】 ヒトEPOのcDNAの3'-末端に合成プライマーを用いてヒトPLGFのヘパリン親和性モチーフ cDNAを追加し, 制限酵素を用いてバキュロウイルスベクターに組み込んだ. 昆虫細胞発現系を用いた無血清培養によりヘパリン親和性EPO (rhHEPO) を含む培養上清を大量に収穫した. 限外濾過により濃縮し, ヘパリンセファロースカラムを用いてアフィニティー精製した. EPO依存性白血病細胞株に対するrhHEPOの増殖活性はrhEPOとほぼ同等であった. 正常マウスに筋肉内授与して造血作用を観察したところ, rhEPOでは1週間後にヘモグロビンのピークを迎えたが, rhHEPOでは2週間目でもヘモグロビンの増加を観察した. マウス下肢虚血モデルの治療実験ではrhHEPO筋肉内投与により血流の改善が抑制された. 【結論】 組織内に投与したrhHEPOは組織外マトリックスに貯蔵され徐々に血中へ放出されることで長期に作用する造血活性を示したと推測された. また優先的に組織外マトリックスのヘパリン様物質のスルフォ基を占拠することでVEGF, FGF-2などの血管増殖因子の組織内蓄積と濃度勾配の形成を阻害し血管新生阻害活性を示したと推測された. rhEPOには腫瘍血管新生作用を介した腫瘍増殖作用が懸念されているが, rhHEPOは腫瘍の増殖を伴わない長期作用性EP0製剤として臨床応用できる可能性が示唆された.

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 造血幹細胞移植後,imatinib維持投与中にARDSを発症したPhALL

    竹之内章子, 矢野俊雄, 森山雅人, 増子正義, 鳥羽健, 古川達雄, 相澤義房

    臨床血液50 ( 9 ) 1091   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • IgM型温式自己抗体を伴い,再燃時に血小板減少,肝障害を合併し,不幸の転帰をとったAIHAの1例

    上田宗胤, 佐藤直子, 小池正, 塚田信弘, 矢野敏雄, 森山雅人, 増子正義

    臨床血液50 ( 8 ) 676   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 地域医療従事者を対象としたQOL・地域医療に関するアンケート

    藤澤純一, 井口清太郎, 森山雅人, 鈴木栄一, 長谷川隆志, 太田求磨

    医学教育40 ( Suppl. ) 104   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 新潟大学における医療人GP―「赤ひげチーム医療人の育成プログラム」―

    井口清太郎, 太田求磨, 森山雅人, 藤澤純一, 長谷川隆志, 鈴木栄一, 畠山勝義

    保健医療福祉連携1 ( 1 ) 43 - 47   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 同種造血幹細胞移植後の生着症候群による体液貯留に対するハンプ(カルペリチド)の有用性

    森山雅人, 柴崎康彦, 阿部崇, 矢野敏雄, 黒羽高志, 増子正義, 瀧澤淳, 鳥羽健, 古川達雄, 相澤義房

    日本内科学会雑誌98   155   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • Imatinib治療中にMonosomy 7を有するMDSを発症したCML症例

    狩俣かおり, 百都亜矢子, 柴崎康彦, 森山雅人, 増子正義, 鳥羽健, 古川達雄, 相澤義房

    臨床血液49 ( 9 ) 1016   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 胸腺内T細胞性リンパ芽球性リンパ腫の1例

    櫻井晋介, 黒羽高志, 岡塚貴世志, 森山雅人, 阿部崇, 東村益孝, 相澤義房, 増子正義, 古川達雄

    新潟医学会雑誌122 ( 7 ) 405 - 406   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4 胸腺内T細胞性リンパ芽球性リンパ腫の1例(一般演題,第48回下越内科集談会)

    櫻井 晋介, 黒羽 高志, 岡塚 貴世志, 森山 雅人, 阿部 祟, 東村 益孝, 相澤 義房, 増子 正義, 古川 達雄

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌122 ( 7 ) 405 - 406   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • c‐myc遺伝子再構成を認めたCD5<sup>+</sup>CD10<sup>+</sup>DLBCLの2症例

    瀧澤淳, 中村直哉, 桃井明仁, 矢野敏雄, 森山雅人, 布施一郎, 中田光, 青木定夫, 相澤義房

    日本リンパ網内系学会会誌48   75   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重症下肢虚血に対する細胞治療効果を規定する因子の解析

    小田雅人, 加藤公則, 鳥羽健, 高山亜美, 北嶋俊樹, 大瀧啓太, 五十嵐登, 柳川貴央, 東村益孝, 浅見冬樹, 小澤拓也, 森山雅人, 塙晴雄, 相澤義房

    新潟医学会雑誌122 ( 3 ) 168   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 慢性重症虚血下肢を対象とした体外増幅自己赤芽球を用いた血管再生治療に関する研究

    小田雅人, 加藤公則, 鳥羽健, 高山亜美, 北嶋俊樹, 大瀧啓太, 五十嵐登, 柳川貴央, 東村益孝, 浅見冬樹, 小澤拓也, 森山雅人, 広野暁, 塙晴雄, 相澤義房

    新潟医学会雑誌122 ( 3 ) 169   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 6 慢性重症虚血下肢を対象とした体外増幅自己赤芽球を用いた血管再生治療に関する研究(II.テーマ演題,第252回新潟循環器談話会)

    小田 雅人, 加藤 公則, 鳥羽 健, 高山 亜美, 北嶋 俊樹, 大瀧 啓太, 五十嵐 登, 柳川 貴央, 東村 益孝, 浅見 冬樹, 小澤 拓也, 森山 雅人, 広野 暁, 塙 晴雄, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌122 ( 3 ) 169 - 169   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 5 重症下肢虚血に対する細胞治療効果を規定する因子の解析(II.テーマ演題,第252回新潟循環器談話会)

    小田 雅人, 加藤 公則, 鳥羽 健, 高山 亜美, 北嶋 俊樹, 大瀧 啓太, 五十嵐 登, 柳川 貴央, 東村 益孝, 浅見 冬樹, 小澤 拓也, 森山 雅人, 塙 晴雄, 相澤 義房

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌122 ( 3 ) 168 - 168   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • plasmacytoid DC leukemiaと考えられる2例の解析

    高橋英伸, 成田美和子, 橋本誠雄, 岡塚喜世志, 土山準二郎, 渡部紀宏, 杼木希, 斉藤杏里, 森山雅人, 倉崎桃里, 北嶋俊樹, 東村益孝, 桃井明仁, 矢野敏雄, 増子正義, 瀧澤淳, 青木定夫, 古川達雄, 鳥羽健, 高橋益廣, 相澤義房

    日本リンパ網内系学会会誌47   107   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 重症下肢虚血に対する骨髄単核球移植治療後の予後因子

    小田雅人, 加藤公則, 鳥羽健, 大瀧啓太, 北嶋俊樹, 五十嵐登, 柳川貴央, 東村益孝, 浅見冬樹, 礒田学, 小澤拓也, 森山雅人, 廣野暁, 大倉裕二, 塙晴雄, 小玉誠, 相澤義房

    J Cardiol50 ( 4 ) 235 - 242   2007年

     詳細を見る

  • 新潟県立柿崎病院における高コレステロール血症に対するピタバスタチンの使用経験 ~高齢者に対する有用性を中心に~

    森山雅人

    医薬ジャーナル41 ( 9 ) 2281 - 2286   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 臨床研究・新潟県立柿崎病院における高コレステロール血症に対するピタバスタチンの使用経験--高齢者に対する有用性を中心に

    森山 雅人

    医薬ジャ-ナル41 ( 9 ) 123 - 128   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医薬ジャ-ナル社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 重篤な消化管出血に対して,塞栓術が有効であった難治性消化管GVHD例

    森山雅人, 加藤卓, 東海林俊之, 塚田信弘, 八木沢久美子, 橋本誠雄, 吉村宣彦, 斉藤弘行, 相沢義房

    臨床血液44 ( 8 ) 791   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 呼吸機能障害をきたした慢性骨髄単球性白血病急性転化例

    大瀧啓太, 橋本誠雄, 瀧沢淳, 塚田信弘, 森山雅人, 古川達雄, 鳥羽健, 相沢義房

    臨床血液44 ( 8 ) 756   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 4 Ph陽性急性骨髄性白血病の一例(第45回新潟造血器腫瘍研究会)

    竹越 聡, 橋本 誠雄, 森山 雅人, 鳥羽 健, 古川 達雄, 相澤 義房, 野本 信彦

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌117 ( 8 ) 436 - 436   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • ろ胞性リンパ腫に対する自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法の成績

    瀧沢淳, 青木定夫, 新国公司, 佐藤直子, 岡塚貴世志, 桃井明仁, 森山雅人, 塚田信弘, 相沢義房

    日本リンパ網内系学会会誌43   55   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 肺動脈血栓塞栓症を発症しACTの延長不全がヘパリン起因性血小板減少症の診断に有用であった1症例

    林正周, 田覚 健一, 吉田 剛, 渡辺 律雄, 林 学, 柏村 健, 太刀川 仁, 大倉 裕二, 中村 裕一, 加藤 公則, 塙 晴雄, 小玉 誠, 相澤 義房, 森山 雅人, 布施 一郎, 神宮字 伸哉, 長谷川 亨, 妻沼 到, 高橋 英明, 田中 隆一

    Circulation J67 ( 0 )   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 骨髄異形成症候群(不応性貧血)から急性白血病に移行,DICを併発し,急激な経過をとった一例

    森山雅人, 室岡寛

    新潟医学会雑誌115 ( 12 ) 652   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 3)骨髄異形成症候群(不応性貧血)から急性白血病に移行, DICを併発し, 急激な経過をとった一例(I. 一般演題, 第8回DIC研究会)

    森山 雅人, 室岡 寛

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌115 ( 12 ) 652 - 652   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 地域医療の質の向上を担う糖尿病クリニカルパス

    川崎松美, 阿部明子, 中条恵子, 中嶋直子, 目黒美由紀, 森山雅人, 山口義文, 布施克也, 樋口直子

    日本クリニカルパス学会誌3 ( 2 ) 104   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 潰よう性大腸炎に対するステロイドパルス療法の経験

    和田茂胤, 植木淳一, 本山展隆, 森山雅人, 相場恒男, 吉村朗, 渡辺健吾

    新潟医学会雑誌114 ( 1 ) 15   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 2)潰瘍性大腸炎に対するステロイドパルス療法の経験(Ⅰ.一般演題, 第37回新潟大腸肛門病研究会)

    和田 茂胤, 植木 淳一, 本山 展隆, 森山 雅人, 相場 恒男, 吉村 朗, 渡辺 健吾

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌114 ( 1 ) 15 - 15   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 腫よう内出血を来たした巨大肝血管筋脂肪腫の1切除例

    和栗暢生, 森山雅人, 橋立英樹, 本山展隆, 植木淳一, 田辺匡, 小山俊太郎, 高木健太郎, 小山高宣

    肝胆膵38 ( 1 ) 145 - 151   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 26)悪性胆道狭窄に対するEMSの使用経験(I. 一般演題, 第21回リバーカンファレンス総会)

    森山 雅人, 植木 淳一, 山崎 国男, 相場 恒男, 和田 茂胤, 吉村 朗, 渡辺 健吾, 高木 健太郎, 青野 高志, 斎藤 有子, 本間 英之, 本山 展隆

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌111 ( 8 ) 539 - 539   1997年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 7) 悪性胆道狭窄に対するEMSの使用経験(I. 一般演題, 第20回リバーカンファレンス総会)

    森山 雅人, 磯田 昌岐, 橋立 英樹, 和栗 暢生, 本山 展隆, 植木 淳一, 阿部 惇, 高木 健太郎

    新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌110 ( 8 ) 352 - 352   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • がん治療と支持療法〜発熱性好中球減少症管理の重要性〜

    森山雅人

    浜松市医師会 がん治療フォーラム  2019年  浜松市医師会

     詳細を見る

    開催地:浜松市  

    researchmap

  • がんと静脈血栓塞栓症

    森山雅人

    室蘭市医師会学術講演会  2019年  室蘭市医師会

     詳細を見る

    開催地:室蘭市  

    researchmap

  • がんと血栓塞栓症

    森山雅人

    鶴岡地区医師会消化器病懇話会  2018年  鶴岡地区医師会

     詳細を見る

    開催地:鶴岡市  

    researchmap

  • がん口腔支持療法への期待

    森山雅人

    日本がん口腔支持療法学会 第4回学術大会  2018年  日本がん口腔支持療法学会

     詳細を見る

    開催地:新潟市  

    researchmap

  • 頭頸部がんの化学療法

    森山雅人

    第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会  2018年  日本口腔腫瘍学会

     詳細を見る

    開催地:新潟市  

    researchmap

  • Cardio-Oncology Seminar 2018 〜がんと血栓塞栓症〜

    森山雅人

    上越医師会講演会  2018年  上越医師会

     詳細を見る

    開催地:上越市  

    researchmap

  • がんと血栓塞栓症

    森山雅人

    第728回新潟医学会  2017年  新潟大学

     詳細を見る

    開催地:新潟市  

    researchmap

  • Clinical Decision Making に有用な血栓止血系検査の話題〜血友病からがんと血栓塞栓症まで〜

    森山雅人

    第39回日本血栓止血学会学術集会  2017年  日本血栓止血学会

     詳細を見る

    開催地:名古屋市  

    researchmap

  • がんと血栓症

    森山雅人

    日本臨床腫瘍学会 第8回北信越地区セミナー  2017年  日本臨床腫瘍学会

     詳細を見る

    開催地:上越市  

    researchmap

  • 静脈血栓塞栓症の現状と治療

    森山雅人

    須高医師会学術講演会  2017年  須高医師会

     詳細を見る

    開催地:須坂市  

    researchmap

▶ 全件表示

産業財産権

受賞

  • 学術研究助成

    新潟県医師会   血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebrand因子(VWF)関連検査の有用性の検討

    森山雅人

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 直接経口抗凝固薬(DOAC)に対する血中モニタリング法の開発

    研究課題/領域番号:20K07842  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    森山 雅人

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    researchmap

  • ヘパリン親和性エリスロポエチンの組織保護・再生効果の検討

    2016年04月 - 2019年03月

    文部科学省  科研費 

    森山雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 体外増幅自己赤芽球移植と自己骨髄単核細胞移植による血管新生治療の比較試験

    2015年04月 - 2018年03月

    文部科学省  科研費 

    小澤拓也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 血栓形成の最初期段階における病態機序の解明とvon Willebrand因子関連検査の有用性の検討

    2014年04月 - 2015年03月

    新潟県医師会  研究助成金 

    森山雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • ヘパリン親和性エリスロポエチン発現系の確立と生物学的特性の検討

    2013年04月 - 2016年03月

    文部科学省  科研費 

    森山雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 体外増幅赤芽球移植を用いた血管新生治療の長期予後と治療効果の予測因子の検討

    2012年04月 - 2015年03月

    文部科学省  科研費 

    小澤拓也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

▶ 全件表示