2021/09/27 更新

写真a

カスガ ケンサク
春日 健作
KASUGA Kensaku
所属
脳研究所 生命科学リソース研究センター 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
▶ researchmapのプロフィールを表示
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2009年3月   新潟大学 )

研究キーワード

  • アルツハイマー病

  • リン酸化タウ

  • インスリンシグナル

  • βアミロイド

  • Alzheimer's disease

  • Fluid biomarker

  • バイオマーカー

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学

経歴(researchmap)

  • 新潟大学 脳研究所   遺伝子機能解析学分野   助教

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

  • 新潟大学 脳研究所   遺伝子機能解析学分野   特任助教

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学 研究推進機構   超域学術院   助教

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学 医歯学総合病院   神経内科   特任助教

    2012年10月 - 2014年3月

      詳細を見る

  • カリフォルニア大学サンディエゴ校   神経科学分野   博士研究員

    2010年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医歯学総合病院   その他

    2010年

      詳細を見る

▶ 全件表示

経歴

  • 新潟大学   脳研究所 生命科学リソース研究センター   助教

    2018年4月 - 現在

  • 新潟大学   脳研究所 生命科学リソース研究センター   特任助教

    2017年4月 - 2018年3月

  • 新潟大学   研究推進機構 超域学術院   助教

    2014年4月 - 2017年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2012年10月 - 2014年3月

  • 新潟大学   医歯学総合病院 神経内科   特任助教

    2009年4月 - 2009年9月

学歴

  • 新潟大学大学院   医歯学総合研究科

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

  • 新潟大学   医学部   医学科

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

所属学協会

委員歴

  • 日本認知症学会   代議員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

留学歴

  • 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校 (University of California, San Diego)   博士研究員 (Postdoctoral fellow)

    2010年4月 - 2012年9月

 

論文

  • An atlas of cortical circular RNA expression in Alzheimer disease brains demonstrates clinical and pathological associations. 査読 国際誌

    Umber Dube, Jorge L Del-Aguila, Zeran Li, John P Budde, Shan Jiang, Simon Hsu, Laura Ibanez, Maria Victoria Fernandez, Fabiana Farias, Joanne Norton, Jen Gentsch, Fengxian Wang, Stephen Salloway, Colin L Masters, Jae-Hong Lee, Neill R Graff-Radford, Jasmeer P Chhatwal, Randall J Bateman, John C Morris, Celeste M Karch, Oscar Harari, Carlos Cruchaga, Ricardo Allegri, Fatima Amtashar, Tammie Benzinger, Sarah Berman, Courtney Bodge, Susan Brandon, William Brooks, Jill Buck, Virginia Buckles, Sochenda Chea, Patricio Chrem, Helena Chui, Jake Cinco, Jack Clifford, Mirelle D’Mello, Tamara Donahue, Jane Douglas, Noelia Edigo, Nilufer Erekin-Taner, Anne Fagan, Marty Farlow, Angela Farrar, Howard Feldman, Gigi Flynn, Nick Fox, Erin Franklin, Hisako Fujii, Cortaiga Gant, Samantha Gardener, Bernardino Ghetti, Alison Goate, Jill Goldman, Brian Gordon, Julia Gray, Jenny Gurney, Jason Hassenstab, Mie Hirohara, David Holtzman, Russ Hornbeck, Siri Houeland DiBari, Takeshi Ikeuchi, Snezana Ikonomovic, Gina Jerome, Mathias Jucker, Kensaku Kasuga, Takeshi Kawarabayashi, William Klunk, Robert Koeppe, Elke Kuder-Buletta, Christoph Laske, Johannes Levin, Daniel Marcus, Ralph Martins, Neal Scott Mason, Denise Maue-Dreyfus, Eric McDade, Lucy Montoya, Hiroshi Mori, Akem Nagamatsu, Katie Neimeyer, James Noble, Joanne Norton, Richard Perrin, Marc Raichle, John Ringman, Jee Hoon Roh, Peter Schofield, Hiroyuki Shimada, Tomoyo Shiroto, Mikio Shoji, Wendy Sigurdson, Hamid Sohrabi, Paige Sparks, Kazushi Suzuki, Laura Swisher, Kevin Taddei, Jen Wang, Peter Wang, Mike Weiner, Mary Wolfsberger, Chengjie Xiong and Xiong Xu

    Nature neuroscience   22 ( 11 )   1903 - 1912   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Parietal cortex RNA-sequencing (RNA-seq) data were generated from individuals with and without Alzheimer disease (AD; ncontrol = 13; nAD = 83) from the Knight Alzheimer Disease Research Center (Knight ADRC). Using this and an independent (Mount Sinai Brain Bank (MSBB)) AD RNA-seq dataset, cortical circular RNA (circRNA) expression was quantified in the context of AD. Significant associations were identified between circRNA expression and AD diagnosis, clinical dementia severity and neuropathological severity. It was demonstrated that most circRNA-AD associations are independent of changes in cognate linear messenger RNA expression or estimated brain cell-type proportions. Evidence was provided for circRNA expression changes occurring early in presymptomatic AD and in autosomal dominant AD. It was also observed that AD-associated circRNAs co-expressed with known AD genes. Finally, potential microRNA-binding sites were identified in AD-associated circRNAs for miRNAs predicted to target AD genes. Together, these results highlight the importance of analyzing non-linear RNAs and support future studies exploring the potential roles of circRNAs in AD pathogenesis.

    DOI: 10.1038/s41593-019-0501-5

    PubMed

    researchmap

  • Serum neurofilament dynamics predicts neurodegeneration and clinical progression in presymptomatic Alzheimer's disease. 査読 国際誌

    Oliver Preische, Stephanie A Schultz, Anja Apel, Jens Kuhle, Stephan A Kaeser, Christian Barro, Susanne Gräber, Elke Kuder-Buletta, Christian LaFougere, Christoph Laske, Jonathan Vöglein, Johannes Levin, Colin L Masters, Ralph Martins, Peter R Schofield, Martin N Rossor, Neill R Graff-Radford, Stephen Salloway, Bernardino Ghetti, John M Ringman, James M Noble, Jasmeer Chhatwal, Alison M Goate, Tammie L S Benzinger, John C Morris, Randall J Bateman, Guoqiao Wang, Anne M Fagan, Eric M McDade, Brian A Gordon, Mathias Jucker, Ricardo Allegri, Fatima Amtashar, Randall Bateman, Tammie Benzinger, Sarah Berman, Courtney Bodge, Susan Brandon, William Brooks, Jill Buck, Virginia Buckles, Sochenda Chea, Jasmeer Chhatwal, Patricio Chrem, Helena Chui, Jake Cinco, Jack Clifford, Carlos Cruchaga, Mirelle D’Mello, Tamara Donahue, Jane Douglas, Noelia Edigo, Nilufer Erekin-Taner, Anne Fagan, Marty Farlow, Angela Farrar, Howard Feldman, Gigi Flynn, Nick Fox, Erin Franklin, Hisako Fujii, Cortaiga Gant, Samantha Gardener, Bernardino Ghetti, Alison Goate, Jill Goldman, Brian Gordon, Neill Graff-Radford, Julia Gray, Jenny Gurney, Jason Hassenstab, Mie Hirohara, David Holtzman, Russ Hornbeck, Siri Houeland DiBari, Takeshi Ikeuchi, Snezana Ikonomovic, Gina Jerome, Mathias Jucker, Celeste Karch, Kensaku Kasuga, Takeshi Kawarabayashi, William Klunk, Robert Koeppe, Elke Kuder-Buletta, Christoph Laske, Jae-Hong Lee, Johannes Levin, Daniel Marcus, Ralph Martins, Neal Scott Mason, Colin Masters, Denise Maue-Dreyfus, Eric McDade, Lucy Montoya, Hiroshi Mori, John Morris, Akem Nagamatsu, Katie Neimeyer, James Noble, Joanne Norton, Richard Perrin, Marc Raichle, John Ringman, Jee Hoon Roh, Stephen Salloway, Peter Schofield, Hiroyuki Shimada, Tomoyo Shiroto, Mikio Shoji, Wendy Sigurdson, Hamid Sohrabi, Paige Sparks, Kazushi Suzuki, Laura Swisher, Kevin Taddei, Jen Wang, Peter Wang, Mike Weiner, Mary Wolfsberger, Chengjie Xiong and Xiong Xu

    Nature medicine   25 ( 2 )   277 - 283   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Neurofilament light chain (NfL) is a promising fluid biomarker of disease progression for various cerebral proteopathies. Here we leverage the unique characteristics of the Dominantly Inherited Alzheimer Network and ultrasensitive immunoassay technology to demonstrate that NfL levels in the cerebrospinal fluid (n = 187) and serum (n = 405) are correlated with one another and are elevated at the presymptomatic stages of familial Alzheimer's disease. Longitudinal, within-person analysis of serum NfL dynamics (n = 196) confirmed this elevation and further revealed that the rate of change of serum NfL could discriminate mutation carriers from non-mutation carriers almost a decade earlier than cross-sectional absolute NfL levels (that is, 16.2 versus 6.8 years before the estimated symptom onset). Serum NfL rate of change peaked in participants converting from the presymptomatic to the symptomatic stage and was associated with cortical thinning assessed by magnetic resonance imaging, but less so with amyloid-β deposition or glucose metabolism (assessed by positron emission tomography). Serum NfL was predictive for both the rate of cortical thinning and cognitive changes assessed by the Mini-Mental State Examination and Logical Memory test. Thus, NfL dynamics in serum predict disease progression and brain neurodegeneration at the early presymptomatic stages of familial Alzheimer's disease, which supports its potential utility as a clinically useful biomarker.

    DOI: 10.1038/s41591-018-0304-3

    PubMed

    researchmap

  • Serum microRNA miR-501-3p as a potential biomarker related to the progression of Alzheimer's disease. 査読 国際誌

    Hara N, Kikuchi M, Miyashita A, Hatsuta H, Saito Y, Kasuga K, Murayama S, Ikeuchi T, Kuwano R

    Acta neuropathologica communications   5 ( 1 )   10 - 10   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-017-0414-z

    PubMed

    researchmap

  • Systematic review and meta-analysis of Japanese familial Alzheimer's disease and FTDP-17. 査読 国際誌

    Kasuga K, Kikuchi M, Tokutake T, Nakaya A, Tezuka T, Tsukie T, Hara N, Miyashita A, Kuwano R, Ikeuchi T

    Journal of human genetics   60 ( 5 )   281 - 3   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jhg.2015.15

    PubMed

    researchmap

  • Hyperphosphorylation of Tau induced by naturally secreted amyloid-β at nanomolar concentrations is modulated by insulin-dependent Akt-GSK3β signaling pathway. 査読 国際誌

    Tokutake T, Kasuga K, Yajima R, Sekine Y, Tezuka T, Nishizawa M, Ikeuchi T

    The Journal of biological chemistry   287 ( 42 )   35222 - 33   2012年10月

     詳細を見る

  • Differential levels of alpha-synuclein, beta-amyloid42 and tau in CSF between patients with dementia with Lewy bodies and Alzheimer's disease. 査読 国際誌

    Kasuga K, Tokutake T, Ishikawa A, Uchiyama T, Tokuda T, Onodera O, Nishizawa M, Ikeuchi T

    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   81 ( 6 )   608 - 10   2010年6月

     詳細を見る

  • Identification of independent APP locus duplication in Japanese patients with early-onset Alzheimer disease. 査読 国際誌

    K Kasuga, T Shimohata, A Nishimura, A Shiga, T Mizuguchi, J Tokunaga, T Ohno, A Miyashita, R Kuwano, N Matsumoto, O Onodera, M Nishizawa, T Ikeuchi

    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   80 ( 9 )   1050 - 2   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    BACKGROUND: The occurrence of duplications of the amyloid precursor protein gene (APP) has been described in European families with early-onset familial Alzheimer disease (EO-FAD) and cerebral amyloid angiopathy. However, the contribution of APP duplication to the development of AD in other ethnic populations remains undetermined. METHODS: The occurrence of APP duplication in probands from 25 families with FAD and 11 sporadic EO-AD cases in the Japanese population was examined by quantitative PCR and microarray-based comparative genomic hybridisation analyses. APP expression level was determined by real-time quantitative reverse-transcription (RT) PCR analysis using mRNA extracted from the peripheral blood of the patients. RESULTS: We identified APP locus duplications in two unrelated EO-FAD families. The duplicated genomic regions in two patients of these families differed from each other. No APP duplication was found in the late-onset FAD families or sporadic EO-AD patients. The patients with APP duplication developed insidious memory disturbance in their fifties without intracerebral haemorrhage and epilepsy. Quantitative RT-PCR analysis showed the increased APP mRNA expression levels in these patients compared with those in age- and sex-matched controls. CONCLUSIONS: Our results suggest that APP duplication should be considered in patients with EO-FAD in various ethnic groups, and that increased APP mRNA expression level owing to APP duplication contributes to AD development.

    DOI: 10.1136/jnnp.2008.161703

    PubMed

    researchmap

  • Follow-up study of a patient with early onset cerebral amyloid angiopathy following childhood cadaveric dural graft. 国際誌

    Kenji Yoshiki, Genjiro Hirose, Kazuhiko Kumahashi, Yukihiko Kohda, Kazunori Ido, Akihiro Shioya, Kouichi Misaki, Kensaku Kasuga

    Acta neurochirurgica   163 ( 5 )   1451 - 1455   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We retrospectively studied the T2 star (T2*)-weighted magnetic resonance imaging (MRI) of a 40-year-old patient diagnosed with symptomatic early-onset cerebral amyloid angiopathy (CAA), occurring 34 years following childhood neurosurgery using a cadaveric dural patch. Our findings revealed that CAA associated with cadaveric dural transplantation could progress rapidly, sometimes with bilateral bleeding. This microbleed evolution is suggestive of water-soluble amyloid-β transmission via cerebrospinal fluid alongside perivascular drainage pathways with deposition in the cerebral artery walls due to clearance disturbances. Multiple intracerebral hemorrhages associated with CAA with a childhood cadaveric dural graft should be considered a life-threatening medical complication.

    DOI: 10.1007/s00701-021-04751-0

    PubMed

    researchmap

  • Cingulate Island Sign in Single Photon Emission Computed Tomography: Clinical Biomarker Correlations in Lewy Body Disease and Alzheimer's Disease. 国際誌

    Akinori Futamura, Sotaro Hieda, Yukiko Mori, Azusa Sugimoto, Hideyo Kasai, Takeshi Kuroda, Satoshi Yano, Kensaku Kasuga, Hidetomo Murakami, Takeshi Ikeuchi, Kenjiro Ono

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   79 ( 3 )   1003 - 1008   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    We compared 'CIScore' determined by quantitative single photon emission computed tomography studies of the cingulate island sign to cerebrospinal fluid (CSF) biomarkers in Lewy body disease (LBD) and Alzheimer's disease (AD) to assess its usefulness and pathological background. Among the 16 each age-matched LBD and AD patients, the CIScore differed significantly but was not correlated with CSF biomarkers. In LBD, hippocampal atrophy significantly correlated with Clinical Dementia Rating and CSF p-tau and t-tau levels. Our results showed CIS was not related to CSF biomarkers in LBD and high CSF tau levels were related to clinical disease severity and hippocampal atrophy.

    DOI: 10.3233/JAD-201145

    PubMed

    researchmap

  • Serum BDNF as a Potential Biomarker of Alzheimer's Disease: Verification Through Assessment of Serum, Cerebrospinal Fluid, and Medial Temporal Lobe Atrophy. 国際誌

    Yukiko Mori, Mayumi Tsuji, Tatsunori Oguchi, Kensaku Kasuga, Atsushi Kimura, Akinori Futamura, Azusa Sugimoto, Hideyo Kasai, Takeshi Kuroda, Satoshi Yano, Sotaro Hieda, Yuji Kiuchi, Takeshi Ikeuchi, Kenjiro Ono

    Frontiers in neurology   12   653267 - 653267   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There is an urgent need to establish blood biomarkers for Alzheimer's disease (AD). Although it has been speculated that brain-derived neurotrophic factor (BDNF) is associated with AD, whether it can be used as a blood biomarker has yet to be determined. We used serum, cerebrospinal fluid (CSF), and medial temporal lobe atrophy from patients with AD to evaluate the association of BDNF with AD and assess its severity. For the blood analysis, 66 participants [21 normal controls (NCs) with normal cognitive function, 22 patients with mild cognitive impairment (MCI) due to AD, and 23 patients with AD] were included. For the CSF analysis, 30 participants were included. Magnetic resonance imaging, including a voxel-based specific regional analysis system for AD, and a Mini Mental State Examination were performed. Serum levels of BDNF and CSF levels of amyloid-β42, total tau, and phosphorylated tau were measured using ELISA. Serum BDNF levels were significantly lower in the MCI due to AD group than in the NC group (p = 0.037). Although there was no significant difference in the AD group, there was a downward trend compared to the NC group. Serum BDNF levels were positively correlated with CSF Aβ42 levels (r = 0.49, p = 0.005). There was a significant correlation between serum BDNF levels and medial temporal lobe atrophy. Decreased serum BDNF can potentially be used as a biomarker for early AD detection. Early detection of AD with a less invasive blood test is very beneficial, as it allows for intervention before dementia progresses.

    DOI: 10.3389/fneur.2021.653267

    PubMed

    researchmap

  • Toxic Amyloid-β42 Conformer May Accelerate the Onset of Alzheimer's Disease in the Preclinical Stage. 国際誌

    Akinori Futamura, Sotaro Hieda, Yukiko Mori, Kensaku Kasuga, Azusa Sugimoto, Hideyo Kasai, Takeshi Kuroda, Satoshi Yano, Mayumi Tsuji, Takeshi Ikeuchi, Kazuhiro Irie, Kenjiro Ono

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   80 ( 2 )   639 - 646   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Toxic amyloid-β protein (Aβ) conformers play an important role in the progression of Alzheimer's disease (AD). The ratio of toxic conformer to total Aβ42 in cerebrospinal fluid (CSF) was significantly high in AD and mild cognitive impairment (MCI) due to AD using an enzyme-linked immunosorbent assay kit with a 24B3 antibody. OBJECTIVE: We compared the toxic Aβ42, conformer at different stages of AD to identify its contribution to AD pathogenesis. METHODS: We compared 5 patients with preclinical AD, 11 patients with MCI due to AD, 21 patients with AD, and 5 healthy controls to measure CSF levels of total Aβ42, total tau, tau phosphorylated at threonine 181 (p-tau), and toxic Aβ conformers. All were classified using the Clinical Dementia Rating. Cognitive function was assessed using the Japanese version of the Mini-Mental State Examination (MMSE-J). RESULTS: Toxic Aβ conformer level was insignificant between groups, but its ratio to Aβ42 was significantly higher in AD than in preclinical AD (p < 0.05). Toxic Aβ42 conformer correlated positively with p-tau (r = 0.67, p < 0.01) and p-tau correlated negatively with MMSE-J (r = -0.38, p < 0.05). CONCLUSION: Toxic Aβ conformer triggers tau accumulation leading to neuronal impairment in AD pathogenesis.

    DOI: 10.3233/JAD-201407

    PubMed

    researchmap

  • Extracellular Release of ILEI/FAM3C and Amyloid-β Is Associated with the Activation of Distinct Synapse Subpopulations. 国際誌

    Masaki Nakano, Yachiyo Mitsuishi, Lei Liu, Naoki Watanabe, Emi Hibino, Saori Hata, Takashi Saito, Takaomi C Saido, Shigeo Murayama, Kensaku Kasuga, Takeshi Ikeuchi, Toshiharu Suzuki, Masaki Nishimura

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   80 ( 1 )   159 - 174   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Brain amyloid-β (Aβ) peptide is released into the interstitial fluid (ISF) in a neuronal activity-dependent manner, and Aβ deposition in Alzheimer's disease (AD) is linked to baseline neuronal activity. Although the intrinsic mechanism for Aβ generation remains to be elucidated, interleukin-like epithelial-mesenchymal transition inducer (ILEI) is a candidate for an endogenous Aβ suppressor. OBJECTIVE: This study aimed to access the mechanism underlying ILEI secretion and its effect on Aβ production in the brain. METHODS: ILEI and Aβ levels in the cerebral cortex were monitored using a newly developed ILEI-specific ELISA and in vivo microdialysis in mutant human Aβ precursor protein-knockin mice. ILEI levels in autopsied brains and cerebrospinal fluid (CSF) were measured using ELISA. RESULTS: Extracellular release of ILEI and Aβ was dependent on neuronal activation and specifically on tetanus toxin-sensitive exocytosis of synaptic vesicles. However, simultaneous monitoring of extracellular ILEI and Aβ revealed that a spontaneous fluctuation of ILEI levels appeared to inversely mirror that of Aβ levels. Selective activation and inhibition of synaptic receptors differentially altered these levels. The evoked activation of AMPA-type receptors resulted in opposing changes to ILEI and Aβ levels. Brain ILEI levels were selectively decreased in AD. CSF ILEI concentration correlated with that of Aβ and were reduced in AD and mild cognitive impairment. CONCLUSION: ILEI and Aβ are released from distinct subpopulations of synaptic terminals in an activity-dependent manner, and ILEI negatively regulates Aβ production in specific synapse types. CSF ILEI might represent a surrogate marker for the accumulation of brain Aβ.

    DOI: 10.3233/JAD-201174

    PubMed

    researchmap

  • Refractory Myositis Affecting the Intrinsic Muscles of the Hand. 査読

    Kosei Nakamura, Akihiro Sugai, Etsuji Saji, Kensaku Kasuga, Osamu Onodera

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 9 )   1211 - 1214   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Myositis generally affects the proximal muscles. However, we herein report a case of a 48-year-old woman with intractable myositis affecting the intrinsic muscles of the hands. Her myositis, which developed in childhood, was refractory to treatment with steroids and several immunosuppressants, causing walking disability. After experiencing pain and swelling in the hands for six months, she was diagnosed with myositis of the intrinsic muscles of the hands and tested positive for the anti-signal recognition particle antibody. Intravenous immunoglobulin therapy improved the myositis of the hands. This case suggests that inflammation caused by intractable myositis can extend to the hands.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3773-19

    PubMed

    researchmap

  • ヒト死後脳におけるAPP・APOEの遺伝子発現解析 査読

    Lixin Liu, 宮下 哲典, 村上 涼太, Bin Zhu, 原 範和, 菊地 正隆, 月江 珠緒, 樋口 陽, 春日 健作, 中谷 明弘, 赤津 裕康, 柿田 明美, 村山 繁雄, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   519 - 519   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Molecular Network Analysis of the Urinary Proteome of Alzheimer's Disease Patients. 査読

    Watanabe Y, Hirao Y, Kasuga K, Tokutake T, Semizu Y, Kitamura K, Ikeuchi T, Nakamura K, Yamamoto T

    Dementia and geriatric cognitive disorders extra   9 ( 1 )   53 - 65   2019年1月

  • Decrease in p3-Alcβ37 and p3-Alcβ40, products of Alcadein β generated by γ-secretase cleavages, in aged monkeys and patients with Alzheimer's disease. 査読 国際誌

    Saori Hata, Chiori Omori, Ayano Kimura, Haruka Saito, Nobuyuki Kimura, Veer Gupta, Steve Pedrini, Eugene Hone, Pratishtha Chatterjee, Kevin Taddei, Kensaku Kasuga, Takeshi Ikeuchi, Masaaki Waragai, Masaki Nishimura, Anqi Hu, Tadashi Nakaya, Laurent Meijer, Masahiro Maeda, Tohru Yamamoto, Colin L Masters, Chris C Rowe, David Ames, Kazuo Yamamoto, Ralph N Martins, Sam Gandy, Toshiharu Suzuki

    Alzheimer's & dementia (New York, N. Y.)   5   740 - 750   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Introduction: Neuronal p3-Alcβ peptides are generated from the precursor protein Alcadein β (Alcβ) through cleavage by α- and γ-secretases of the amyloid β (Aβ) protein precursor (APP). To reveal whether p3-Alcβ is involved in Alzheimer's disease (AD) contributes for the development of novel therapy and/or drug targets. Methods: We developed new sandwich enzyme-linked immunosorbent assay (sELISA) systems to quantitate levels of p3-Alcβ in the cerebrospinal fluid (CSF). Results: In monkeys, CSF p3-Alcβ decreases with age, and the aging is also accompanied by decreased brain expression of Alcβ. In humans, CSF p3-Alcβ levels decrease to a greater extent in those with AD than in age-matched controls. Subjects carrying presenilin gene mutations show a significantly lower CSF p3-Alcβ level. A cell study with an inverse modulator of γ-secretase remarkably reduces the generation of p3-Alcβ37 while increasing the production of Aβ42. Discussion: Aging decreases the generation of p3-Alcβ, and further significant decrease of p3-Alcβ caused by aberrant γ-secretase activity may accelerate pathogenesis in AD.

    DOI: 10.1016/j.trci.2019.09.015

    PubMed

    researchmap

  • Duplication and deletion upstream of LMNB1 in autosomal dominant adult-onset leukodystrophy. 査読 国際誌

    Naomi Mezaki, Takeshi Miura, Kotaro Ogaki, Makoto Eriguchi, Yuri Mizuno, Kenichi Komatsu, Hiroki Yamazaki, Natsuki Suetsugi, Sumihiro Kawajiri, Ryo Yamasaki, Takanobu Ishiguro, Takuya Konno, Hiroaki Nozaki, Kensaku Kasuga, Yasuyuki Okuma, Jun-Ichi Kira, Hideo Hara, Osamu Onodera, Takeshi Ikeuchi

    Neurology. Genetics   4 ( 6 )   e292   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective: To characterize the genetic and clinical features of patients with autosomal dominant adult-onset demyelinating leukodystrophy (ADLD) carrying duplication and deletion upstream of lamin B1 (LMNB1). Methods: Ninety-three patients with adult-onset leukoencephalopathy of unknown etiology were genetically analyzed for copy numbers of LMNB1 and its upstream genes. We examined LMNB1 expression by reverse transcription-qPCR using total RNA extracted from peripheral leukocytes. Clinical and MRI features of the patients with ADLD were retrospectively analyzed. Results: We identified 4 patients from 3 families with LMNB1 duplication. The duplicated genomic regions were different from those previously reported. The mRNA expression level of LMNB1 in patients with duplication was significantly increased. The clinical features of our patients with LMNB1 duplication were similar to those reported previously, except for the high frequency of cognitive impairment in our patients. We found 2 patients from 1 family carrying a 249-kb genomic deletion upstream of LMNB1. Patients with the deletion exhibited relatively earlier onset, more prominent cognitive impairment, and fewer autonomic symptoms than patients with duplication. The presence of cerebellar symptoms and lesions may be characteristic in our patients with the deletion compared with the previously reported family with the deletion. Magnetic resonance images of patients with the deletion exhibited a widespread distribution of white matter lesions including the anterior temporal region. Conclusions: We identified 4 Japanese families with ADLD carrying duplication or deletion upstream of LMNB1. There are differences in clinical and MRI features between the patients with the duplication and those with the deletion upstream of LMNB1.

    DOI: 10.1212/NXG.0000000000000292

    PubMed

    researchmap

  • Identification and functional characterization of novel mutations including frameshift mutation in exon 4 of CSF1R in patients with adult-onset leukoencephalopathy with axonal spheroids and pigmented glia. 査読 国際誌

    Miura T, Mezaki N, Konno T, Iwasaki A, Hara N, Miura M, Funayama M, Unai Y, Tashiro Y, Okita K, Kihara T, Ito N, Kanatsuka Y, Jones DT, Hara N, Ishiguro T, Tokutake T, Kasuga K, Nozaki H, Dickson DW, Onodera O, Wszolek ZK, Ikeuchi T

    Journal of neurology   265 ( 10 )   2415 - 2424   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-018-9017-2

    PubMed

    researchmap

  • Case Report: A patient with spinocerebellar ataxia type 31 and sporadic Creutzfeldt-Jakob disease. 査読 国際誌

    Saito N, Ishihara T, Kasuga K, Nishida M, Ishiguro T, Nozaki H, Shimohata T, Onodera O, Nishizawa M

    Prion   12 ( 2 )   147 - 149   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/19336896.2018.1436926

    PubMed

    researchmap

  • Preoperative Phosphorylated Tau Concentration in the Cerebrospinal Fluid Can Predict Cognitive Function Three Years after Shunt Surgery in Patients with Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus. 査読 国際誌

    Madoka Nakajima, Masakazu Miyajima, Ikuko Ogino, Chihiro Akiba, Kaito Kawamura, Chihiro Kamohara, Keiko Fusegi, Yoshinao Harada, Takeshi Hara, Hidenori Sugano, Yuichi Tange, Kostadin Karagiozov, Kensaku Kasuga, Takeshi Ikeuchi, Takahiko Tokuda, Hajime Arai

    Journal of Alzheimer's disease : JAD   66 ( 1 )   319 - 331   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH) is commonly treated by cerebrospinal fluid (CSF) shunting. However, the long-term efficacy of shunt intervention in the presence of comorbid Alzheimer's disease (AD) pathology is debated. OBJECTIVE: To identify AD-associated CSF biomarkers predictive of shunting surgery outcomes in patients with iNPH. METHODS: Preoperative levels of total and phosphorylated Tau (p-Tau) were measured in 40 patients with iNPH divided into low (<30 pg/mL) and high (≥30 pg/mL) p-Tau groups and followed up for three years after lumboperitoneal shunting. The modified Rankin Scale (mRS), Mini-Mental State Examination (MMSE), Frontal Assessment Battery, and iNPH Grading Scale scores were compared between the age-adjusted low (n = 24; mean age 75.7 years [SD 5.3]) and high (n = 11; mean age 76.0 years [SD 5.6]) p-Tau groups. RESULTS: Cognitive function improved early in the low p-Tau group and was maintained thereafter (p = 0.005). In contrast, the high p-Tau group showed a gradual decline to baseline levels by the third postoperative year (p = 0.040). Although the p-Tau concentration did not correlate with the preoperative MMSE score, a negative correlation appeared and strengthened during follow-up (R2 = 0.352, p < 0.001). Furthermore, the low p-Tau group showed rapid and sustained mRS grade improvement, whereas mRS performance gradually declined in the high p-Tau group. CONCLUSIONS: Preoperative CSF p-Tau concentration predicted some aspects of cognitive function after shunt intervention in patients with iNPH. The therapeutic effects of shunt treatment were shorter-lasting in patients with coexisting AD pathology.

    DOI: 10.3233/JAD-180557

    PubMed

    researchmap

  • A novel frameshift GRN mutation results in frontotemporal lobar degeneration with a distinct clinical phenotype in two siblings: case report and literature review. 査読 国際誌

    Hosaka T, Ishii K, Miura T, Mezaki N, Kasuga K, Ikeuchi T, Tamaoka A

    BMC neurology   17 ( 1 )   182 - 182   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12883-017-0959-2

    PubMed

    researchmap

  • Effects of super-hard rice bread blended with black rice bran on amyloid β peptide production and abrupt increase in postprandial blood glucose levels in mice. 査読 国際誌

    Nakamura S, Hara T, Joh T, Kobayashi A, Yamazaki A, Kasuga K, Ikeuchi T, Ohtsubo K

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81 ( 2 )   323 - 334   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1240605

    PubMed

    researchmap

  • A novel frameshift GRN mutation results in frontotemporal lober degeneration presenting a distinct clinical phenotype in a family 査読

    Hosaka T, Ishii K, Miura T, Mezaki N, Kasuga K, Ikeuchi T, Tamaoka A

    a literature review. BMC Neurology   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  • Globular Glial Tauopathyの臨床的特徴、自験2例と既報例との比較 査読

    三浦 健, 青木 賢樹, 高嶋 修太郎, 眞野 篤, 堅田 慎一, 目崎 直実, 石黒 敬信, 石黒 舞乃, 畠野 雄也, 相川 あかね, 石澤 伸, 竹内 亮子, 田中 英智, 豊島 靖子, 春日 健作, 三瓶 一弘, 柿田 明美, 高橋 均, 池内 健, 西澤 正豊

    臨床神経学   56 ( Suppl. )   S526 - S526   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • [Multifunctional Roles of APOE in Alzheimer's Disease Pathogenesis]. 査読

    Tokutake T, Kasuga K, Hara N, Ikeuchi T

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   68 ( 7 )   703 - 12   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1416200498

    PubMed

    researchmap

  • Multifocal hits for propagation of prion protein in sporadic Creutzfeldt-Jakob disease. 査読 国際誌

    Kasuga K, Takeuchi R, Takahashi T, Matsubara N, Koike R, Yokoseki A, Nishizawa M

    Neurology(R) neuroimmunology & neuroinflammation   2 ( 1 )   e53   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1212/NXI.0000000000000053

    PubMed

    researchmap

  • ApoE-isoform-dependent cellular uptake of amyloid-β is mediated by lipoprotein receptor LR11/SorLA. 査読 国際誌

    Yajima R, Tokutake T, Koyama A, Kasuga K, Tezuka T, Nishizawa M, Ikeuchi T

    Biochemical and biophysical research communications   456 ( 1 )   482 - 8   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.11.111

    PubMed

    researchmap

  • Reduced CSF Water Influx in Alzheimer's Disease Supporting the β-Amyloid Clearance Hypothesis. 査読 国際誌

    Suzuki Y, Nakamura Y, Yamada K, Igarashi H, Kasuga K, Yokoyama Y, Ikeuchi T, Nishizawa M, Kwee IL, Nakada T

    PloS one   10 ( 5 )   e0123708   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0123708

    PubMed

    researchmap

  • A Japanese family with idiopathic basal ganglia calcification with novel SLC20A2 mutation presenting with late-onset hallucination and delusion. 査読 国際誌

    Kasuga K, Konno T, Saito K, Ishihara A, Nishizawa M, Ikeuchi T

    Journal of neurology   261 ( 1 )   242 - 4   2014年1月

     詳細を見る

  • Parkinsonian features in a patient with diffuse neurofibrillary tangles with calcification (DNTC). 査読 国際誌

    Ikeuchi T, Katsui T, Kasuga K, Hirose M, Nishizawa M

    Parkinsonism & related disorders   18 ( 5 )   649 - 50   2012年6月

     詳細を見る

  • [Cerebrospinal fluid and plasma biomarkers for dementia with lewy bodies]. 査読

    Kasuga K, Ikeuchi T

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   64 ( 5 )   505 - 13   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

    researchmap

  • α-Synuclein as CSF and Blood Biomarker of Dementia with Lewy Bodies. 査読 国際誌

    Kasuga K, Nishizawa M, Ikeuchi T

    International journal of Alzheimer's disease   2012   437025 - 437025   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1155/2012/437025

    PubMed

    researchmap

  • A patient with fragile x-associated tremor/ataxia syndrome presenting with executive cognitive deficits and cerebral white matter lesions. 査読 国際誌

    Kasuga K, Ikeuchi T, Arakawa K, Yajima R, Tokutake T, Nishizawa M

    Case reports in neurology   3 ( 2 )   118 - 23   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000328838

    PubMed

    researchmap

  • Evidence for a Common Founder and Clinical Characteristics of Japanese Families with the MAPT R406W Mutation. 査読 国際誌

    Ikeuchi T, Imamura T, Kawase Y, Kitade Y, Tsuchiya M, Tokutake T, Kasuga K, Yajima R, Tsukie T, Miyashita A, Sugishita M, Kuwano R, Nishizawa M

    Dementia and geriatric cognitive disorders extra   1 ( 1 )   267 - 75   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000331243

    PubMed

    researchmap

  • Increased levels of soluble LR11 in cerebrospinal fluid of patients with Alzheimer disease. 査読 国際誌

    Ikeuchi T, Hirayama S, Miida T, Fukamachi I, Tokutake T, Ebinuma H, Takubo K, Kaneko H, Kasuga K, Kakita A, Takahashi H, Bujo H, Saito Y, Nishizawa M

    Dementia and geriatric cognitive disorders   30 ( 1 )   28 - 32   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000315539

    PubMed

    researchmap

  • Depression and psychiatric symptoms preceding onset of dementia in a family with early-onset Alzheimer disease with a novel PSEN1 mutation. 査読 国際誌

    Kasuga K, Ohno T, Ishihara T, Miyashita A, Kuwano R, Onodera O, Nishizawa M, Ikeuchi T

    Journal of neurology   256 ( 8 )   1351 - 3   2009年8月

     詳細を見る

  • The 28-amino acid form of an APLP1-derived Abeta-like peptide is a surrogate marker for Abeta42 production in the central nervous system. 査読 国際誌

    Yanagida K, Okochi M, Tagami S, Nakayama T, Kodama TS, Nishitomi K, Jiang J, Mori K, Tatsumi S, Arai T, Ikeuchi T, Kasuga K, Tokuda T, Kondo M, Ikeda M, Deguchi K, Kazui H, Tanaka T, Morihara T, Hashimoto R, Kudo T, Steiner H, Haass C, Tsuchiya K, Akiyama H, Kuwano R, Takeda M

    EMBO molecular medicine   1 ( 4 )   223 - 35   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/emmm.200900026

    PubMed

    researchmap

  • Prominent psychiatric symptoms and glucose hypometabolism in a family with a SNCA duplication 査読

    T. Uchiyama, T. Ikeuchi, Y. Ouchi, M. Sakamoto, K. Kasuga, A. Shiga, M. Suzuki, M. Ito, T. Atsumi, T. Shimizu, T. Ohashi

    NEUROLOGY   71 ( 16 )   1289 - 1291   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    DOI: 10.1212/01.wnl.0000327607.28928.e6

    Web of Science

    researchmap

  • Patients homozygous and heterozygous for SNCA duplication in a family with parkinsonism and dementia. 査読 国際誌

    Ikeuchi T, Kakita A, Shiga A, Kasuga K, Kaneko H, Tan CF, Idezuka J, Wakabayashi K, Onodera O, Iwatsubo T, Nishizawa M, Takahashi H, Ishikawa A

    Archives of neurology   65 ( 4 )   514 - 9   2008年4月

     詳細を見る

  • Contribution of APP duplication as a cause in a cohort of Japanese Alzheimer disease patients 査読

    Kensaku Kasuga, Atsushi Shiga, Takayoshi Shimohata, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa, Takeshi Ikeuchi

    NEUROSCIENCE RESEARCH   61   S264 - S264   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

    researchmap

  • Mutational analysis in early-onset familial dementia in the Japanese population. The role of PSEN1 and MAPT R406W mutations. 査読 国際誌

    Ikeuchi T, Kaneko H, Miyashita A, Nozaki H, Kasuga K, Tsukie T, Tsuchiya M, Imamura T, Ishizu H, Aoki K, Ishikawa A, Onodera O, Kuwano R, Nishizawa M

    Dementia and geriatric cognitive disorders   26 ( 1 )   43 - 9   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000141483

    PubMed

    researchmap

  • Enhanced accumulation of phosphorylated alpha-synuclein and elevated beta-amyloid 42/40 ratio caused by expression of the presenilin-1 deltaT440 mutant associated with familial Lewy body disease and variant Alzheimer's disease. 査読 国際誌

    Kaneko H, Kakita A, Kasuga K, Nozaki H, Ishikawa A, Miyashita A, Kuwano R, Ito G, Iwatsubo T, Takahashi H, Nishizawa M, Onodera O, Sisodia SS, Ikeuchi T

    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27 ( 48 )   13092 - 7   2007年11月

     詳細を見る

  • Novel locus for benign hereditary chorea with adult onset maps to chromosome 8q21.3 q23.3. 査読 国際誌

    Shimohata T, Hara K, Sanpei K, Nunomura J, Maeda T, Kawachi I, Kanazawa M, Kasuga K, Miyashita A, Kuwano R, Hirota K, Tsuji S, Onodera O, Nishizawa M, Honma Y

    Brain : a journal of neurology   130 ( Pt 9 )   2302 - 9   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/brain/awm036

    PubMed

    researchmap

  • Novel locus for benign hereditary chorea with adult onset maps to chromosome 8q21.3 q23.3. 査読

    Shimohata Takayoshi, Hara Kenju, Sanpei Kazuhiro, Nunomura Jin-ichi, Maeda Tetsuya, Kawachi Izumi, Kanazawa Masato, Kasuga Kensaku, Miyashita Akinori, Kuwano Ryozo, Hirota Koichi, Tsuji Shoji, Onodera Osamu, Nishizawa Masatoyo, Honma Yoshiaki

    Brain   130 ( Pt 9 )   2302 - 2309   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Autosomal dominant choreas are genetically heterogeneous disorders including Huntington disease (HD), Huntington disease like 1 (HDL1), Huntington disease like 2 (HDL2), dentatorubro-pallidoluysian atrophy (DRPLA), spinocerebellar ataxia type 17 (SCA17) and benign hereditary chorea (BHC). We identified two Japanese families with adult-onset benign chorea without dementia inherited in an autosomal dominant pattern. All affected individuals presented slowly progressive choreic movements in their upper and lower extremities, trunk and head with an age of onset ranging from 40 to 66 (average 54.3), which were markedly improved by haloperidol. The affected individuals also developed reduced muscle tones in their extremities. The findings obtained in the brain CT or MRI studies of nine affected individuals were normal. These clinical features resemble those of the so-called &#039;senile chorea&#039;. HD, HDL1, HDL2, DRPLA, SCA17 and BHC caused by mutations in the TITF-1 gene were excluded by mutational and linkage analyses. A genome-wide linkage analysis revealed linkage to chromosome 8q21.3-q23.3 with a maximum cumulative two-point log of the odds (LOD) score of 4.74 at D8S1784 (theta = 0.00). H

    DOI: 10.1093/brain/awm036

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • Generation of intracellular domain of insulin receptor tyrosine kinase by gamma-secretase 査読

    K. Kasuga, H. Kaneko, M. Nishizawa, O. Onodera, T. Ikeuchi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   360 ( 1 )   90 - 96   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    The proteolytic cleavage of a precursor protein into alpha- and beta-subunits by furin is required to form functional insulin receptor (IR). In this study, we examined if IR undergoes the additional presenilin (PS)/gamma- secretase-dependent processing. In cells treated with gamma-secretase inhibitors or expressing the dominant-negative PS1 variant led to the accumulation of an endogenous IR C-terminal fragment. In the presence of proteasome inhibitors, we detected a PS/gamma-secretase cleavage product of the IR, termed the IR intracellular domain (ICD). Cellular fractionation and confocal microscopy analyses showed that the IR-ICD is predominantly detected in the nucleus. These data indicate that IR is a tyrosine kinase receptor, which undergoes PS/gamma-secretase-dependent processing. We also show that the auto-phosphorylation levels of the IR P-subunit upon insulin stimulation were decreased by the inactivation of PS/gamma-secretase, raising the possibility that the PS/gamma-secretase proteolysis of IR may play a modulatory role in insulin signaling. (c) 2007 Elsevier Inc. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2007.06.022

    Web of Science

    PubMed

    researchmap

  • New locus for benign hereditary chorea with adult-onset maps to chromosome 8q22.2-q23.3 査読

    Kenju Hara, Takayoshi Shimohata, Sanpei Kazuhiro, Jin-ichi Nunomura, Izumi Kawachi, Masato Kanazawa, Kensaku Kasuga, Akinori Miyashita, Ryozo Kuwano, Koichi Hirota, Shoji Tsuji, Osamu Onodera, Masatoyo Nishizawa, Yoshiaki Honma

    NEUROLOGY   68 ( 12 )   A326 - A327   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

    researchmap

  • [Case of cerebral venous thrombosis due to graves' disease with increased factor VIII activity]. 査読

    Kasuga K, Naruse S, Umeda M, Tanaka M, Fujita N

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   46 ( 4 )   270 - 3   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

    researchmap

  • Recurrent hypertensive brainstem encephalopathy 査読

    M Kanazawa, K Sanpei, K Kasuga

    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY   76 ( 6 )   888 - 890   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:B M J PUBLISHING GROUP  

    DOI: 10.1136/jnnp.2004.059543

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-6337-8156

  • [Recent progress in genetic study of hereditary spastic paraplegia]. 査読

    Takano H, Kasuga K, Kobayashi H, Nishizawa M

    No to shinkei = Brain and nerve   55 ( 9 )   757 - 63   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

    researchmap

  • [Hereditary spastic paraplegia associated with thin corpus callosum]. 査読

    Kasuga K, Nishizawa M

    No to shinkei = Brain and nerve   55 ( 9 )   765 - 70   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

    researchmap

  • Delayed onset acute renal failure associated with Amanita pseudoporphyria Hongo ingestion. 査読

    Iwafuchi Y, Morita T, Kobayashi H, Kasuga K, Ito K, Nakagawa O, Kunisada K, Miyazaki S, Kamimura A

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   42 ( 1 )   78 - 81   2003年1月

     詳細を見る

▶ 全件表示

書籍等出版物

  • 非定型パーキンソニズム : 基礎と臨床

    下畑, 享良

    文光堂  2019年  ( ISBN:9784830615474

     詳細を見る

    総ページ数:xxvii, 242p   記述言語:日本語

    CiNii Books

    researchmap

MISC

  • パーキンソン病患者における軽度認知障害(PD-MCI)の検討

    黒羽 泰子, 吉野 美穂子, 荒井 祐生, 金山 武史, 青山 あずさ, 長谷川 有香, 高橋 哲哉, 松原 奈絵, 春日 健作, 池内 健, 小池 亮子

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S354 - S354   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【認知症の遺伝子研究のこれまでとこれから】各論 アルツハイマー病に関与する遺伝子 ゲノムワイド関連解析で見いだされた感受性遺伝子

    宮下 哲典, 原 範和, 劉 李きん, 春日 健作, 池内 健

    老年精神医学雑誌   30 ( 11 )   1226 - 1235   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ワールドプランニング  

    アルツハイマー病(AD)は糖尿病などと同じく「ありふれた疾患」である。遺伝的素因を背景にさまざまな環境要因が加わって潜行性に発症し、緩徐に不可逆的に進行する。ADは認知症全体のおよそ6〜7割を占め、最も頻度が高い。加齢が最大のリスク要因ではあるが、遺伝要因の寄与率はおよそ6割と見積もられている。これは、先天的な疾患感受性要因としてバリアント情報を軽視できないことを意味している。本稿では、AD感受性遺伝子について最新の知見を概説した。(著者抄録)

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーによるAlzheimer's clinical syndromeの検討

    春日 健作, 月江 珠緒, 原 範和, 樋口 陽, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S217 - S217   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • LMNB1関連常染色体優性遺伝性白質脳症の本邦例と既報例の比較

    目崎 直実, 三浦 健, 野崎 洋明, 今野 卓哉, 春日 健作, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S327 - S327   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 家族性アルツハイマー病で同定された新規PSEN1遺伝子変異の病的意義の検討

    三浦 健, 目崎 直実, Zhu Bin, 村上 涼太, Liu Lixin, 樋口 陽, 石黒 敬信, 月江 珠緒, 原 範和, 春日 健作, 宮下 哲典, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S352 - S352   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    臨床神経学   59 ( Suppl. )   S276 - S276   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • SORL1レアバリアントとアルツハイマー病発症リスクとの遺伝的関連

    月江珠緒, 原範和, 宮下哲典, LIU Lixin, 樋口陽, ZHU Bin, 春日健作, 桑野良三, 桑野良三, 岩坪威, 池内健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   524   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人におけるAPOEのコモン・レアバリアント解析

    宮下哲典, 原範和, 春日健作, LIU Lixin, 樋口陽, ZHU Bin, 月江珠緒, 石黒敬信, 村上涼太, 菊地正隆, 中谷明弘, 尾崎浩一, 新飯田俊平, 赤澤宏平, 桑野良三, 桑野良三, 岩坪威, 岩坪威, 池内健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   519   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 日本人集団におけるABCA7機能喪失型変異とアルツハイマー病発症リスクとの関連

    原範和, 宮下哲典, LIU Lixin, 樋口陽, 朱斌, 月江珠緒, 春日健作, 桑野良三, 岩坪威, 池内健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   547   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • ALSP患者において同定されたCSF1R変異の機能アッセイ

    朱斌, LIU Lixin, 三浦健, 樋口陽, 原範和, 月江珠緒, 今野卓哉, 春日健作, 宮下哲典, 池内健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   548   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 多系統萎縮症における脳脊髄液バイオマーカーと認知機能の検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 月江 珠緒, 石黒 敬信, 樋口 陽, 下畑 享良, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   531 - 531   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症は告知すべき?すべきではない? 認知症は告知「すべき」の立場から

    春日 健作

    Dementia Japan   33 ( 4 )   507 - 507   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • PARTとSNAPの最新知見 CSFバイオマーカーによるSNAPの再考

    春日 健作

    Dementia Japan   33 ( 4 )   495 - 495   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 血漿炎症系サイトカインと脳脊髄液バイオマーカーとの関連

    樋口 陽, 春日 健作, Bin Zhu, Lixin Liu, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 宮下 哲典, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   548 - 548   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 培養細胞を用いたAβ過剰産生がタウの細胞外分泌へ及ぼす影響の検討

    石黒 敬信, 春日 健作, 樋口 陽, 目崎 直実, 三浦 健, 徳武 孝允, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   545 - 545   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • ヒト死後脳におけるAPP・APOEの遺伝子発現解析

    Lixin Liu, 宮下 哲典, 村上 涼太, Bin Zhu, 原 範和, 菊地 正隆, 月江 珠緒, 樋口 陽, 春日 健作, 中谷 明弘, 赤津 裕康, 柿田 明美, 村山 繁雄, 池内 健

    Dementia Japan   33 ( 4 )   519 - 519   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 手内筋にまで炎症が波及し免疫グロブリン大量静注療法が奏功した難治性筋炎の51歳女性例

    中村 航世, 須貝 章弘, 春日 健作, 徳武 孝允, 小野寺 理

    臨床神経学   59 ( 9 )   615 - 615   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 【認知症の今と未来を捉える-超早期診断時代を迎える前に-】診断 アルツハイマー病のCSFバイオマーカー

    春日 健作

    クリニシアン   66 ( 7 )   578 - 583   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:エーザイ(株)  

    researchmap

  • COX10変異とPMP22欠失を伴った白質脳症の一家系 分子遺伝学的解析

    石黒 敬信, 黒羽 泰子, 原 範和, 目崎 直実, 三浦 健, 春日 健作, 長谷川 有香, 谷 卓, 高橋 哲哉, 松原 奈絵, 他田 真理, 河内 泉, 柿田 明美, 小野寺 理, 小池 亮子, 池内 健

    臨床神経学   58 ( Suppl. )   S327 - S327   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病の原因遺伝子と感受性遺伝子:我々の取り組みと国内外の最新情報

    宮下哲典, 原範和, 菊地正隆, 月江珠緒, 春日健作, 中谷明弘, 池内健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   365   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 認知症性疾患のバイオリソースの構築と活用:新潟大学脳研究所における取り組み

    宮下哲典, 月江珠緒, 原範和, 廣瀬美香, 小林智子, 佐藤怜奈, 河合麗子, 平井香織, 高殿恵子, 春日健作, 池内健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   450   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーAT(N)systemをもちいた認知症関連疾患の再考

    春日健作, 月江珠緒, 石黒敬信, 石黒敬信, 三浦健, 目崎直実, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   417   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 家族性アルツハイマー病で同定された新規PSEN1変異の病的意義の検討

    ZHU Bin, 村上涼太, LIU Lixin, 樋口陽, 石黒敬信, 三浦健, 目崎直美, 月江珠緒, 原範和, 春日健作, 宮下哲典

    Dementia Japan   32 ( 3 )   448   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • γセクレターゼ切断産物p3-Alcβペプチドの加齢およびAD発症による産生変化

    羽田 沙緒里, 木村 彩乃, 木村 展之, 池内 健, 春日 健作, 藁谷 正明, 西村 正樹, 鈴木 利治

    Dementia Japan   32 ( 3 )   423 - 423   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • APOE遺伝型はAPPの遺伝子発現量に影響を及ぼすか? ヒト死後脳における検証

    村上 涼太, 朱 斌, 原 範和, 菊地 正隆, 月江 珠緒, 春日 健作, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 赤津 裕康, 柿田 明美, 村山 繁雄, 池内 健

    Dementia Japan   32 ( 3 )   429 - 429   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 超硬質米および黒米を配合した高圧処理包装米飯の機能性

    大坪 研一, 中村 澄子, 前田 聡, 小林 篤, 池内 健, 春日 健作, 原 崇, 平山 匡男, 渡辺 賢一, 後藤 博, 小出 頼子, 山口 修, 山崎 彬

    応用糖質科学   8 ( 3 )   32 - 32   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本応用糖質科学会  

    researchmap

  • 長期間精神症状が先行した、PSEN1遺伝子変異を有する早期発症型家族性アルツハイマー病の1剖検例

    竹島 明, 他田 真理, 鈴木 正博, 春日 健作, 池内 健, 小野寺 理, 高橋 均, 柿田 明美, 伊古田 勇人

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   110 - 111   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • 長期間精神症状が先行した、PSEN1遺伝子変異を有する早期発症型家族性アルツハイマー病の1剖検例

    竹島 明, 他田 真理, 鈴木 正博, 春日 健作, 池内 健, 小野寺 理, 高橋 均, 柿田 明美, 伊古田 勇人

    信州医学雑誌   66 ( 1 )   110 - 111   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:信州医学会  

    researchmap

  • HDLS患者におけるCSF1R新規ミスセンス変異の同定及び変異CSF1R機能解析

    三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 春日 健作, 今野 卓哉, 野崎 洋明, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   595 - 595   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症疾患におけるアルツハイマー病関連脳脊髄液バイオマーカーの解析

    春日 健作, 徳武 孝允, 三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   610 - 610   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • パーキンソン病患者の認知機能およびADL低下と脳血流SPECT変化

    黒羽 泰子, 長谷川 有香, 谷 卓, 高橋 哲哉, 松原 奈絵, 春日 健作, 池内 健, 小池 亮子

    Dementia Japan   31 ( 4 )   582 - 582   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Lamin B1関連常染色体優性遺伝性白質脳症 コピー数多型と臨床的特徴

    目崎 直実, 三浦 健, 大垣 光太郎, 江里口 誠, 水野 裕理, 小松 研一, 山崎 博輝, 末次 南月, 河尻 澄宏, 山崎 亮, 野崎 洋明, 春日 健作, 大熊 泰之, 吉良 潤一, 原 英夫, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   596 - 596   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 尿プロテオミクスによるアルツハイマー病バイオマーカー探索

    渡邊 裕美, 平尾 嘉利, 春日 健作, 徳武 孝允, 池内 健, 中村 和利, 山本 格

    Dementia Japan   31 ( 4 )   611 - 611   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Lamin B1関連常染色体優性遺伝性白質脳症 コピー数多型と臨床的特徴

    目崎 直実, 三浦 健, 大垣 光太郎, 江里口 誠, 水野 裕理, 小松 研一, 山崎 博輝, 末次 南月, 河尻 澄宏, 山崎 亮, 野崎 洋明, 春日 健作, 大熊 泰之, 吉良 潤一, 原 英夫, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   596 - 596   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 神経細胞興奮がβ-amyloid precursor protein(APP) processingへ及ぼす影響

    石黒 敬信, 春日 健作, 斎藤 健智, 目崎 直実, 三浦 健, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   560 - 560   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の画像所見とバイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   590 - 590   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • HDLS患者におけるCSF1R新規ミスセンス変異の同定及び変異CSF1R機能解析

    三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 徳武 孝允, 春日 健作, 今野 卓哉, 野崎 洋明, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   595 - 595   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 認知症疾患におけるアルツハイマー病関連脳脊髄液バイオマーカーの解析

    春日 健作, 徳武 孝允, 三浦 健, 目崎 直実, 石黒 敬信, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   610 - 610   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の画像所見とバイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   31 ( 4 )   590 - 590   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 糖尿病および認知症の複合予防効果の期待される米飯開発の試み

    大坪 研一, 池内 健, 春日 健作, 原 崇, 山崎 彬, 小林 篤, 前田 聡, 大原 絵里, 後藤 博, 平山 匡男, 小出 頼子, 渡辺 賢一, 野呂 渉, 大坪 貞規, 中村 澄子

    応用糖質科学   7 ( 3 )   34 - 34   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本応用糖質科学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病の遺伝学的リスク (特集 認知症の発症,病状進行,治療反応性に関与するさまざまな因子)

    宮下 哲典, 原 範和, 春日 健作, 菊地 正隆, 中谷 明弘, 池内 健

    老年精神医学雑誌   28 ( 7 )   754 - 765   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ワールドプランニング  

    CiNii Article

    researchmap

  • 【アルツハイマー病の次世代診断・治療に向けた新知見】アルツハイマー病の新しい脳脊髄液バイオマーカーとその臨床的意義 査読

    春日 健作

    分子精神医学   17 ( 2 )   92 - 103   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)先端医学社  

    アルツハイマー病の病態を反映した脳脊髄液バイオマーカーとしてAβ1-42、総タウ蛋白、リン酸化タウ蛋白は、老人斑や神経原線維変化といった病理所見と相関し、その有用性はほぼ確立している。しかしアルツハイマー病の病態では早期からシナプスが障害されることや、炎症が深くかかわることが知られており、これらを反映する新規の脳脊髄液バイオマーカーとしてVILIP-1、neurogranin、YKL-40、sTREM2に関する知見が蓄積されつつある。いずれも早期からの病態検出を可能にし、予後予測における有用性が報告されているが、既存のバイオマーカーと比較し優越性を示せたものはない。(著者抄録)

    researchmap

  • アルツハイマー病の新しい脳脊髄液バイオマーカーとその臨床的意義 (特集 アルツハイマー病の次世代診断・治療に向けた新知見)

    春日 健作

    分子精神医学   17 ( 2 )   92 - 103   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:先端医学社  

    CiNii Article

    researchmap

  • 成人発症白質脳症におけるLaminB1関連常染色体優性白質脳症 遺伝子変異と臨床的特徴

    目崎 直実, 三浦 健, 野崎 洋明, 大垣 光太郎, 河尻 澄宏, 大熊 泰之, 小野 南月, 原 英夫, 春日 健作, 小野寺 理, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   56 ( Suppl. )   S444 - S444   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の臨床症状・画像的特徴・脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   583 - 583   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 末梢血・網羅的RNA-Seq解析により示されたアルツハイマー病に特徴的な遺伝子発現変動

    原 範和, 石黒 敬信, 目崎 直実, 三浦 健, 春日 健作, 月江 珠緒, 宮下 哲典, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   599 - 599   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 若年性アルツハイマー病の臨床早期にみられた非典型的進行性失語について

    横山 裕一, 春日 健作, 池内 健, 吉田 悠里, 染矢 俊幸

    Dementia Japan   30 ( 4 )   537 - 537   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 意味性認知症の臨床症状・画像的特徴・脳脊髄液バイオマーカーの検討

    徳武 孝允, 春日 健作, 三浦 健, 目崎 直実, 平井 香織, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   30 ( 4 )   583 - 583   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 【認知症の危険因子と防御因子】アポリポ蛋白E遺伝子(APOE) 査読

    徳武 孝允, 春日 健作, 原 範和, 池内 健

    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   68 ( 7 )   703 - 712   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    アポリポ蛋白E遺伝子(APOE)はアルツハイマー病(AD)の強力な感受性遺伝子である。APOEε4はAD発症リスクとなる一方,ε2は防御的に作用する。遺伝的リスクとしてのAPOEの役割に加え,APOE多型は健常者の認知機能,画像・バイオマーカー所見に関与する。APOEε4保因者では脳内アミロイド蓄積が早発化することから,ε4はADの病態早期に作用する可能性がある。APOEε4陽性の健常高齢者をAD発症の高リスク者として抽出し,予防介入を試みる探索的治験が海外で行われている。(著者抄録)

    researchmap

  • アルツハイマー病の早期臨床 査読

    春日 健作

    日本早期認知症学会誌   9 ( 1 )   5 - 9   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本早期認知症学会  

    アルツハイマー型認知症(AD dementia)は、発症の15〜20年以上前にはすでにβアミロイド蛋白(Aβ)蓄積が始まっている。抗Aβ抗体をはじめとする病態修飾薬の開発に伴い、今後はそのターゲットとなるプレクリニカルAD症例を効率よく、かつ安価、安全にスクリーニングする手法が求められる。またAD dementiaの発症抑制のためには、より早期からの血管危険因子の管理、知的活動の推奨が重要と考えられる。ADの病態におけるAβ、プレクリニカルAD、血管危険因子管理とAD dementia予防について述べた。

    CiNii Article

    researchmap

  • 【認知症の診断と治療:最近の進歩】ゲノム解析による認知症の臨床・病態解明 査読

    原 範和, 春日 健作, 宮下 哲典, 池内 健

    臨床精神医学   45 ( 4 )   395 - 403   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)アークメディア  

    researchmap

  • 【アルツハイマー病UPDATE】画像・バイオマーカー・病理 アルツハイマー病の脳脊髄液バイオマーカー 査読

    春日 健作, 池内 健

    医学のあゆみ   257 ( 5 )   511 - 518   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    脳脊髄液(CSF)中のAβ1-42の低下、総タウ蛋白およびリン酸化タウの上昇は、脳内の老人斑および神経原線維変化といったアルツハイマー病(AD)に特徴的な病理変化を反映する。そのため認知症患者および軽度認知障害(MCI)者におけるAD群の診断のみならず、認知機能正常者のなかからAD病態を有する症例の検出を可能にした。またこれらAD関連CSFバイオマーカーは、MCI者あるいは認知機能正常者のその後の認知機能低下を予測する。しかしその測定値には施設間でのばらつきが大きく、いまだ確立されたカットオフ値が存在しない点が重要な課題である。(著者抄録)

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の多様性 臨床症状、バイオマーカー

    徳武 孝允, 石井 賢二, 本間 篤, 荒川 博之, 赤岩 靖久, 石黒 敬信, 春日 健作, 笠原 壮, 小池 佑佳, 藤田 信也, 大野 司, 田中 晋, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S422 - S422   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 日本人アルツハイマー病に関連するコピー数変異のゲノム配列中での構造と分布

    中谷 明弘, 菊地 正隆, 宮下 哲典, 原 範和, 春日 健作, 西田 奈央, 徳永 勝士, 桑野 良三, 池内 健

    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   88回・38回   [2P1263] - [2P1263]   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    researchmap

  • 本邦における家族性アルツハイマー病データベース(JFADdb)の構築

    春日 健作, 菊地 正隆, 徳武 孝允, 手塚 敏之, 月江 珠緒, 原 範和, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 桑野 良三, 池内 健

    臨床神経学   55 ( Suppl. )   S424 - S424   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 脳アミロイドアンギオパチー関連炎症の臨床・画像の検討

    徳武 孝允, 石井 賢二, 赤岩 靖久, 春日 健作, 藤田 信也, 田中 晋, 豊原 潤, 石渡 喜一, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   29 ( 3 )   358 - 358   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病の血清バイオマーカーとしてのマイクロRNA解析

    原 範和, 菊地 正隆, 宮下 哲典, 初田 裕幸, 齊藤 祐子, 村山 繁雄, 春日 健作, 池内 健, 桑野 良三

    Dementia Japan   29 ( 3 )   338 - 338   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • APP遺伝子重複による家族性アルツハイマー病および脳アミロイド血管症の1剖検例

    横山 裕一, 豊島 靖子, 鈴木 正博, 春日 健作, 橋立 英樹, 染矢 俊幸, 高橋 均, 池内 健, 柿田 明美

    Dementia Japan   29 ( 3 )   388 - 388   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • Clinical/scientific notes

    Kensaku Kasuga, Ryoko Takeuchi, Toshiaki Takahashi, Nae Matsubara, Ryoko Koike, Akio Yokoseki, Masatoyo Nishizawa

    Neurology: Neuroimmunology and NeuroInflammation   2 ( 1 )   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Lippincott Williams and Wilkins  

    DOI: 10.1212/NXI.0000000000000053

    Scopus

    researchmap

  • 本邦・家族性アルツハイマー病のデータベース(JFADdb)の構築

    春日 健作, 菊地 正隆, 徳武 孝允, 手塚 敏之, 月江 珠緒, 原 範和, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 桑野 良三, 池内 健

    Dementia Japan   28 ( 4 )   485 - 485   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 【高齢者の糖尿病】中枢神経におけるインスリンシグナルと認知機能 査読

    徳武 孝允, 春日 健作, 池内 健

    糖尿病   57 ( 9 )   682 - 684   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    DOI: 10.11213/tonyobyo.57.682

    researchmap

  • 【高齢者脆弱性骨折の予防と治療】高齢者の特徴と周術期管理 認知症への対応 査読

    春日 健作, 池内 健

    整形外科   65 ( 8 )   895 - 901   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    researchmap

  • 12 原発性胆汁性肝硬変の経過中に筋炎・II型呼吸不全・不整脈を呈した1例(一般演題, 第54回下越内科集談会)

    上村 夏生, 黒川 允, 鈴木 涼子, 森山 寛史, 各務 博, 高田 俊範, 成田 一衛, 鈴木 栄一, 石原 智彦, 春日 健作, 河内 泉, 西澤 正豊

    新潟医学会雑誌   128 ( 6 )   281 - 281   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:新潟医学会  

    CiNii Article

    researchmap

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 変性疾患 認知症症状を主とする疾患 アルツハイマー病 家族性アルツハイマー病

    池内 健, 春日 健作, 宮下 哲典

    日本臨床   別冊 ( 神経症候群II )   7 - 11   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

    researchmap

  • アルツハイマー病における内側側頭葉の萎縮 VSRAD advanceを用いた左右差の検討

    手塚 敏之, 横関 明男, 徳武 孝允, 矢島 隆二, 関根 有美, 春日 健作, 西澤 正豊, 池内 健

    臨床神経学   53 ( 12 )   1550 - 1550   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • アルツハイマー病における内側側頭葉の萎縮 VSRAD advanceを用いた左右差の検討

    手塚 敏之, 横関 明男, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 関根 有美, 春日 健作, 西澤 正豊, 池内 健

    Dementia Japan   27 ( 4 )   510 - 510   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 家族性および早発型アルツハイマー病症例におけるAPP重複変異の探索

    池内 健, 温 雅南, 針谷 康夫, 宮下 哲典, 中谷 明弘, 月江 珠緒, 春日 健作, 田中 晋, 西澤 正豊, 桑野 良三

    Dementia Japan   27 ( 4 )   487 - 487   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 【神経疾患のバイオマーカー】レヴィ小体型認知症の脳脊髄液・血液バイオマーカー 査読

    春日 健作, 池内 健

    BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   64 ( 5 )   505 - 513   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    Lewy小体型認知症において臨床上有用なバイオマーカーの開発が望まれている。その候補として、血液や脳脊髄液を用いた体液マーカー、神経心理検査や自律神経機能検査、脳形態画像や脳機能画像といった画像検査が挙げられる。体液マーカー、特に脳脊髄液中・血液中・唾液中α-シヌクレインと脳脊髄液中・血漿中DJ-1について最近の知見を概説した。現段階ではα-シヌクレインおよびDJ-1のLewy小体病におけるバイオマーカーとしての有用性を結論づけることは難しい。

    researchmap

  • アルツハイマー病患者・髄液中における可溶性LR11の増加

    池内 健, 平山 哲, 三井田 孝, 深町 勇, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 春日 健作, 海老沼 宏幸, 田久保 耕平, 武城 英明, 西澤 正豊

    臨床神経学   51 ( 12 )   1397 - 1397   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • βアミロイド依存性タウリン酸化カスケードにおけるインスリンシグナル障害の関与

    徳武 孝允, 池内 健, 春日 健作, 篠崎 真, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1106 - 1106   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 健忘主体の臨床型を呈するタウ遺伝子R406W変異を伴う家族性認知症の臨床遺伝学的解析

    池内 健, 春日 健作, 宮下 哲典, 川瀬 康裕, 杉下 守弘, 桑野 良三, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 12 )   1080 - 1080   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 開眼失行を呈した筋萎縮性側索硬化症/前頭側頭葉変性症の1例 査読

    矢島 隆二, 春日 健作, 佐藤 朋江, 池内 健, 西澤 正豊

    臨床神経学   50 ( 9 )   645 - 50   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経学会  

    症例は76歳の男性である。両眼の開眼失行で発症し、脳幹、頸髄、腰仙髄の各レベルで上位・下位運動ニューロン障害を呈し、針筋電図検査では神経原性変化をみとめた。さらに前頭葉機能低下が前景に立つ認知機能低下と、特徴的な失語症をともなっていた。頭部MRIで両側前頭側頭葉の萎縮をみとめ、99mTc ECD SPECTでも同部の血流が低下していた。筋萎縮性側索硬化症/前頭側頭葉変性症に開眼失行をともなう比較的均一な病像を呈する一群がまれながら存在すると考えられた。(著者抄録)

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.50.645

    PubMed

    J-GLOBAL

    researchmap

  • アルツハイマー病患者・髄液中では可溶性LR11が増加する

    池内 健, 平山 哲, 三井田 孝, 深町 勇, 矢島 隆二, 徳武 孝允, 春日 健作, 金子 博之, 田久保 耕平, 海老沼 宏幸, 武城 英明, 西澤 正豊

    Dementia Japan   24 ( 3 )   311 - 311   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 遺伝子変異を伴った家族性アルツハイマー病の表現型の比較

    池内 健, 春日 健作, 野崎 洋明, 石原 智彦, 金子 博之, 篠崎 真, 桑野 良三, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   49 ( 12 )   984 - 984   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 認知症性疾患の髄液バイオマーカーとしてのαシヌクレインの検討

    春日 健作, 池内 健, 石川 厚, 徳田 隆彦, 中川 正法, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   49 ( 12 )   1141 - 1141   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Aβはインスリンシグナルを障害することでタウの過剰リン酸化を引き起こすか?

    春日 健作, 徳武 孝允, 篠崎 眞, 西澤 正豊, 小野寺 理, 池内 健

    Dementia Japan   23 ( 2 )   202 - 202   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • 健忘を主体とする特異な臨床型を呈するタウ遺伝子(MAPT)R406W変異を伴う家族性認知症の臨床分子遺伝学的解析

    池内 健, 春日 健作, 宮下 哲典, 川瀬 康裕, 小野寺 理, 杉下 守弘, 桑野 良三, 西澤 正豊

    Dementia Japan   23 ( 2 )   175 - 175   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • プレセニリン1変異による難溶性αシヌクレイン蓄積の分子機序

    池内 健, 金子 博之, 柿田 明美, 春日 健作, 野崎 洋明, 石川 厚, 高橋 均, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   48 ( 12 )   1244 - 1244   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 家族性および早発型アルツハイマー病におけるAPP遺伝子重複 2家系の臨床遺伝学的検討

    春日 健作, 池内 健, 志賀 篤, 徳永 純, 下畑 享良, 桑野 良三, 小野寺 理, 西澤 正豊

    臨床神経学   48 ( 12 )   1243 - 1243   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 認知症を伴う遺伝性パーキンソニズムにおけるα-synuclein遺伝子(SNCA)重複

    池内 健, 春日 健作, 志賀 篤, 金子 博之, 柿田 明美, 内山 剛, 大橋 寿彦, 石川 厚, 高橋 均, 西澤 正豊, 小野寺 理

    臨床神経学   47 ( 12 )   1125 - 1125   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • γセクレターゼによるインスリン受容体の膜内切断および細胞内局在の検討

    春日 健作, 池内 健, 金子 博之, 小山 哲秀, 他田 正義, 西澤 正豊, 小野寺 理

    臨床神経学   47 ( 12 )   1011 - 1011   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Chronic myositis with cardiomyopathy and respiratory failure associated with mild form of organ-specific autoimmune diseases

    K. Tanaka, A. Sato, K. Kasuga, M. Kanazawa, K. Yanagawa, M. Umeda, M. Tada, M. Tanaka, M. Nishizawa

    CLINICAL RHEUMATOLOGY   26 ( 11 )   1917 - 1919   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:SPRINGER  

    We report the four patients with chronic myositis characterized by a very slow progression with cardiomyopathy and frequently with marked respiratory muscle weakness associated with other organ-specific autoimmune diseases such as primary biliary cirrhosis. The histopathology of the muscle showed many degenerative and regenerative fibers, but inflammatory-cell infiltration were minimal. The patients showed favorable response to high-dose corticosteroid treatment. Because of these clinical features, these patients are sometimes misdiagnosed as muscular dystrophy and not treated properly. It is important to distinguish this type of treatable myositis.

    DOI: 10.1007/s10067-007-0698-7

    Web of Science

    researchmap

  • 第8番染色体長腕に連鎖する成人発症良性遺伝性舞踏病

    原 賢寿, 下畑 享良, 三瓶 一弘, 河内 泉, 金澤 雅人, 春日 健作, 宮下 哲典, 桑野 良三, 辻 省次, 小野寺 理, 西澤 正豊, 本間 義章

    臨床神経学   46 ( 12 )   1119 - 1119   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • Presenilin/γ-secretaseによるインスリン受容体の切断および細胞内局在に及ぼす影響

    春日 健作, 池内 健, 金子 博之, 小山 哲秀, 西澤 正豊, 小野寺 理

    Dementia Japan   20 ( 2 )   172 - 172   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • α-Synuclein遺伝子重複を認めた遺伝性Lewy小体病の分子遺伝学および生化学的解析

    志賀 篤, 池内 健, 春日 健作, 金子 博之, 譚 春鳳, 柿田 明美, 高橋 均, 西澤 正豊, 小野寺 理, 石川 厚

    Dementia Japan   20 ( 2 )   169 - 169   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本認知症学会  

    researchmap

  • バセドウ病にともなう第VIII因子活性亢進により脳静脈洞血栓症をきたした若年男性の1例

    春日 健作, 成瀬 聡, 梅田 麻衣子, 田中 みどり, 藤田 信也

    臨床神経学   46 ( 4 )   270 - 273   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    症例は38歳男性である.くりかえす頭痛の後,意識障害,失語,右片麻痺をきたし,上矢状静脈洞から両側横静脈洞にいたる脳静脈洞血栓症(cerebral venous thrombosis;CVT)と診断された.入院時にはじめてバセドウ病に気づかれ,第VIII因子活性が著明に亢進しており,発症の原因と考えられた.抗凝固療法に加えバセドウ病に対する治療をおこない,甲状腺機能の改善にともない第VIII因子活性も改善し,良好な経過がえられた.原因不明のCVTにおいて,第VIII因子の上昇をともなった甲状腺機能亢進症を念頭におくことが重要と考えられた(著者抄録)

    researchmap

  • 眼で見る神経内科 筋強直性ジストロフィーにおける側頭葉前部白質病変

    春日 健作, 成瀬 聡, 梅田 能生, 藤田 信也

    神経内科   64 ( 3 )   309 - 310   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

    researchmap

  • 大脳白質病変の重症度とMRAによる頭蓋内血管病変との相関

    金澤 雅人, 三瓶 一弘, 赤岩 靖久, 小野寺 理, 他田 正義, 川村 邦雄, 春日 健作, 高野 弘基, 西澤 正豊

    臨床神経学   45 ( 12 )   1155 - 1155   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    researchmap

  • 全身性筋萎縮に呼吸筋・心筋障害を伴い,慢性に経過する筋炎の3例

    谷 卓, 春日 健作, 金澤 雅人, 茨木 麻衣子, 他田 正義, 佐藤 晶, 田中 惠子, 西澤 正豊, 田中 正美

    神経治療学   21 ( 3 )   300 - 300   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本神経治療学会  

    researchmap

  • 無症候性原発性胆汁性肝硬変を合併し, 著明な呼吸筋障害を特徴とした慢性筋炎の1例

    春日 健作, 佐藤 晶, 金澤 雅人, 小林 央, 田中 惠子, 西澤 正豊

    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY   44 ( 4-5 )   280 - 285   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本神経学会  

    37歳女.5年前から歩行困難,全身に力が入らないことを自覚し,それが増悪したことを契機に精査を行った.傾眠傾向,四肢体幹筋の萎縮と筋力低下を認め,呼吸苦はなかった.しかし,呼吸筋障害があり,著明な低酸素・高炭酸ガス血症を呈し,心筋障害と不整脈を認めた.CKは4207IU/lと著高であり,筋生検にて変性・壊死・再生線維を認めたが,炎症性細胞浸潤は軽度であった.原発性胆汁性肝硬変に特徴的な抗ミトコンドリアM2抗体が陽性であり,原発性胆汁性肝硬変を合併した慢性の筋炎と考えられた.ステロイド内服と4回のパルス療法およびBiPAPにより,改善傾向にある

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    researchmap

  • 虚血性白質病変の感受性遺伝子同定に向けたMRIによる白質病変パターン分類の試み

    赤岩 靖久, 他田 正義, 川村 邦雄, 春日 健作, 三瓶 一弘, 高野 弘基, 小野寺 理, 西澤 正豊

    脳卒中   26 ( 1 )   255 - 255   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本脳卒中学会  

    researchmap

  • 【遺伝性痙性対麻痺】 脳梁菲薄化を伴う遺伝性痙性対麻痺

    春日 健作, 西澤 正豊

    脳と神経   55 ( 9 )   765 - 770   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

  • 【遺伝性痙性対麻痺】 遺伝性痙性対麻痺の遺伝子的研究

    高野 弘基, 春日 健作, 小林 央, 西澤 正豊

    脳と神経   55 ( 9 )   757 - 763   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    researchmap

▶ 全件表示

講演・口頭発表等

  • CSF and blood biomarkers for PSP 招待

    春日 健作

    第62回日本神経学会学術大会  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • CSFバイオマーカーによるSNAPの再考 招待

    春日健作

    第38回日本認知症学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • アルツハイマー病への先制医療実現に向けたバイオマーカーの必要性と落とし穴 招待

    春日健作

    第91回日本生化学会大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • CSF Biomarkers for Diagnosis of PSP 招待

    春日健作

    第59回日本神経学会学術大会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーの縦断的変化から考察するアルツハイマー病態の進展

    春日健作, 月江珠緒, 菊地正隆, 原範和, 宮下哲典, 桑野良三, 岩坪威, 池内健

    第62回日本神経学会学術大会  2021年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーの縦断的変化から考察するアルツハイマー病態の進展

    春日健作, 月江珠緒, 菊地正隆, 原範和, 樋口陽, Zhu Bin, Liu Lixin, Adyfitrah Yusran, 宮下哲典, 桑野良三, 岩坪威, 池内健

    第39回日本認知症学会学術集会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • ディベートセッション:認知症は告知すべき 招待

    春日健作

    第38回日本認知症学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    researchmap

  • CSF biomarkers of Alzheimer’s clinical syndrome

    Kensaku KASUGA, Tamao TSUKIE, Takayoshi TOKUTAKE, Yo HIGUCHI, Takanobu ISHIGURO, Akinori MIYASHITA, Osamu ONODERA, Takeshi IKEUCHI

    Alzheimer's Association International Conference 2019  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーによるAlzheimer’s clinical syndromeの検討

    春日健作, 月江珠緒, 石黒敬信, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    第60回日本神経学会学術大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  • The AT(N) system provides an insight into differential diagnosis of cognitive disorders

    Kensaku KASUGA, Tamao TSUKIE, Yo Higuchi, Takanobu ISHIGURO, Takayoshi TOKUTAKE, Akinori MIYASHITA, Osamu ONODERA, Takeshi IKEUCHI

    The 14th International Conference on Alzheimer's & Parkinson's Diseases (AD/PD 2019)  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • 脳脊髄液バイオマーカーAT(N) systemをもちいた認知症関連疾患の再考

    春日健作, 月江珠緒, 石黒敬信, 三浦健, 目﨑直実, 徳武孝允, 宮下哲典, 小野寺理, 池内健

    第37回日本認知症学会学術集会  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  • Non-Alzheimer’s disease subjects occasionally mimic CSF pattern of preclinical Alzheimer’s disease

    Tamao TSUKIE, Takayoshi TOKUTAKE, Takeshi MIURA, Naomi MEZAKI, Takanobu ISHIGURO, Akinori MIYASHITA, Osamu ONODERA, Takeshi IKEUCHI

    Alzheimer's Association International Conference 2018  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

▶ 全件表示

受賞

  • 学会奨励賞(臨床経過部門)

    2018年10月   日本認知症学会   脳脊髄液バイオマーカーAT(N) systemをもちいた認知症関連疾患の再考

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 進行性核上性麻痺におけるアルツハイマー病関連蛋白の挙動とバイオマーカーへの応用

    研究課題/領域番号:19K07991  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    春日 健作

      詳細を見る

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    本研究の目的は、進行性核上性麻痺(PSP)の診断に有用なバイオマーカーを確立させることである。申請者らは、PSP患者の脳脊髄液(CSF)内では、アルツハイマー病関連分子であるtauとβアミロイド(Aβ)が健常高齢者にくらべ低下していることを見出した。
    本研究では、なぜPSP患者のCSF内でtauとAβが低下するのかという問いを明らかにするため、CSF内のtauとAβ断片、および細胞種特異的バイオマーカーを解析する。
    本年度は、PSPを含む神経疾患コホートから採取したCSFのうち、tauおよびAβの定量をすでに行った124検体をもちいて、可溶性アミロイド前駆体蛋白断片(sAPPβ)およびニューロフィラメント軽鎖(NfL)の定量解析を行った。
    sAPPβは、Aβ分子種と相関を示し、なかでもAβ1-38およびAβ1-40と強く相関した(Spearman相関係数0.80および0.83)。一方でAβ1-42との相関は中等度であり(Spearman相関係数0.59)、CSF中におけるAβ1-38およびAβ1-40の低下は脳内でのAβ産生低下あるいは脳内からCSFへの移行障害を反映し、Aβ1-42の低下は脳内の沈着を反映していると考えられた。このことは、PSPにおいてすべてのAβ分子種がCSF内で低下していることは、アルツハイマー病での脳内のAβ沈着とは異なる機序によることを支持する。
    従来CSF内のtauは神経障害・神経変性を反映することが報告されていたが、同じく神経障害・神経変性を反映するとされるNfLとの相関は弱く(Spearman相関係数0.36)、CSF tauはアルツハイマー病以外の神経変性疾患では必ずしも神経障害・神経変性を反映していないと考えられた。このことは、神経変性疾患であるPSP患者のCSFにおいてtauが低下している知見を支持する結果であった。

    researchmap

  • プリオン病の早期診断基準の作成を目指した新たなエビデンス創出とその検証に用いる遺伝性プリオン病未発症例の臨床調査と画像・生体材料の収集

    2018年 - 2020年

    日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業 

    佐藤克也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 血液バイオマーカーを用いた認知症と精神・神経疾患の簡易鑑別診断システムの構築

    2017年 - 2019年

    日本医療研究開発機構研究費 認知症研究開発事業 

    池内健

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    researchmap

  • Aβ依存性の神経活動亢進によるアルツハイマ-病の病態促進機序の解明

    研究課題/領域番号:16K09669  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    春日 健作

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    アルツハイマー病 (AD) の主要な病理変化の一つは神経細胞外に沈着するβアミロイド (Aβ)から構成される老人斑である.Aβはアミロイド前駆体タンパク(APP)からβ-secretaseおよびγ-secretaseにより産生される.本研究では興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸による持続的な神経細胞興奮がAβ産生を含むAPP processingに及ぼす影響について検証した.
    神経細胞興奮の程度と興奮の持続時間に依存したAPP processingの変化を捉えるため,ラット大脳皮質由来初代神経培養細胞 (胎生17日)をもちいて検討した.グルタミン酸の添加濃度及び時間を段階的に設定し薬剤添加後に細胞溶解液及び培養上清を回収し,発現タンパクについてウエスタンブロット法あるいはsandwich ELISA法による解析を行った.
    グルタミン酸100 μMでは添加2時間で全長型APPの発現が一過性に低下し,これに伴いAPP C末端断片β(APP-CTFβ)も発現が抑制された.一方,グルタミン酸0.1 μMでは添加2時間でAPP-CTFβの発現亢進,添加24時間で可溶性APPβ(soluble APPβ,sAPPβ)の発現亢進およびAβ増加がみられた.これらの結果から,高濃度のグルタミン酸による神経細胞興奮はAβ産生に抑制的に,一方,低濃度のグルタミン酸による持続的な神経細胞興奮はAβ産生に促進的に働くと考えられた.
    本研究は,持続的な神経細胞の興奮がAβ産生亢進を介しAD病態に関与することを示唆し,持続する神経興奮の抑制がADの新たな治療ターゲットとなる可能性を支持する.

    researchmap

  • アルツハイマー病脳で生じるインスリン抵抗性に関する実証的研究

    研究課題/領域番号:15H04839  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    池内 健, 徳武 孝允, 豊島 靖子, 春日 健作, 里 直行, 手塚 敏行, 斎藤 健智, 宮下 哲典, 原 範和, 月江 珠緒

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    2型糖尿病がアルツハイマー病の発症に関与することが多くの疫学研究で示されている。しかし,その詳細な分子機序は不明である。研究代表者らは,培養細胞アッセイ系を用いた解析により,中枢神経におけるインスリン抵抗性がアルツハイマー病の病態に関与することを示唆する知見を蓄積してきた。本研究課題では,ヒト剖検脳を用いた網羅的な遺伝子発現解析を行い,生体内で生じるインスリンシグナル伝達ネットワークの破綻を実証することを試みた。アルツハイマー病脳では,インスリンシグナル関連分子群の遺伝子発現が有意に変動しており,中枢神経におけるインスリン抵抗性の関与について実証することができた。

    researchmap

  • 血漿中アミノ酸プロファイルに着目したアルツハイマー病の血液マーカー探索

    研究課題/領域番号:15K15335  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    池内 健, 春日 健作, 徳武 孝允, 河合 信宏

      詳細を見る

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    アルツハイマー病に対する侵襲性が低い診断マーカーの必要性が増している。血液中の微量成分を測定する血液バイオマーカーの開発が進歩している。本研究では,生体内の代謝経路の中心的な存在であるアミノ酸に着目し,アミノ酸を網羅的にプロファイルする技術をアルツハイマー病の血液バイオマーカーに応用する取り組みを行った。アルツハイマー病患者(n=36)と年齢をマッチさせた対照者(n=34)の血漿中アミノ酸プロファイルを測定した。アルツハイマー病患者で有意に変動するアミノ酸を5種類同定した。これらの結果から,血漿中アミノ酸はアルツハイマー病の診断に有用な血液マーカーとなる可能性が示された。

    researchmap

  • 神経細胞の過活動がネットワーク内のタウ蛋白リン酸化に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:26870209  2014年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    春日 健作

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    アルツハイマー病では、認知機能低下をきたす数年から数十年前には神経活動が亢進していることが報告されている。そこで研究代表者は、神経系培養細胞を用いて、興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸により刺激を行った。アミロイド前駆体蛋白のβ-セクレターゼによる切断が、神経活動依存性に亢進することを示唆する所見を認めた。このことから過剰な神経活動はAβ産生を亢進させると考えられた。研究代表者はこれまでに細胞外Aβ依存性に細胞内タウ蛋白のリン酸化が亢進することを報告しており、アルツハイマー病の早期病態における神経活動亢進は、Aβ産生の増加を介して細胞内タウ蛋白を過剰にリン酸化させる可能性が考えられた。

    researchmap

  • アルツハイマー病・異常リン酸化タウ蓄積におけるインスリンシグナル伝達障害の関与

    研究課題/領域番号:21890078  2009年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  研究活動スタート支援

    春日 健作

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2600000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:600000円 )

    アルツハイマー病の病態仮説として広く認められている「アミロイドカスケード」仮説において,βアミロイド(Aβ)産生亢進がタウ異常リン酸化を引き起こすメカニズムについてはいまだ不明な点が多い.近年,国内外の疫学研究により2型糖尿病の病態として重要なインスリン抵抗性がアルツハイマー病の発病リスクを高めるという知見が明らかにされたことから,研究代表者はAβ産生亢進がインスリンシグナル障害を介しタウ異常リン酸化を引き起こす可能性を考え,本研究課題を立案した.Aβがタウ異常リン酸化を引き起こす際のインスリンシグナルの役割を解析するため,研究代表者は新しいアッセイ系を確立した.ドナー細胞にAPPを過剰発現する細胞を,レシピエント細胞にタウを過剰発現する細胞を用いてこれらを共培養することにより,細胞外Aβがレシピエント細胞のタウのリン酸化に及ぼす影響を検討可能とした.この共培養システムにおいてAβ産生亢進が生じる培養細胞(APPswe)をドナー細胞した場合,野生型APPを発現する培養細胞(APP WT)をドナー細胞とした場合に比べ,レシピエント細胞のタウのリン酸化が上昇することをリン酸化特異抗体により確認した.さらに,このリン酸化タウの蓄積がインスリンシグナル障害に起因することを示すため,レシピエント細胞のインスリンシグナル関連蛋白(インスリン受容体,Akt,GSK 3β)の発現レベルおよびそのリン酸化の程度をウエスタンブロット法により確認した.これによりAPP sweをドナー細胞とした場合,インスリンシグナル関連蛋白は定常状態で既にリン酸化していることを確認した.研究代表者は,定常状態でのインスリンシグナル関連蛋白のリン酸化が増加した場合,インスリン抵抗性をきたすことを確認しており,Aβ産生亢進がインスリンシグナル障害を介しタウ異常リン酸化を引き起こす可能性が考えられた.

    researchmap

▶ 全件表示